CarPlayとは?iPhoneとカーナビを接続

iPhoneと車載カーナビを接続すると、iPhoneの画面をカーナビに表示させることが出来ます。この機能のことをCarPlayと呼び、対応している車載カーナビであれば簡単に実現できます。

home HOME about About this site Mail Mail

CarPlayとは?iPhoneとカーナビを接続

Last update 2019-07-06 09:54:36

twitter Facebook はてブ LINE pocet

 

iPhoneのCarPlayとはなんでしょう?CarPlayとは、iPhoneと車載カーナビを接続し、iPhoneの画面をカーナビに表示させることが出来る機能です。
車内でiPhoneを使う場合は、車載ホルダーなどが必要ですが、CarPlayを使えばiPhoneは伏せたままでも車載カーナビの画面に表示されるので、スマートに車中でiPhoneを操作することが出来ます。
今回はCarPlayを始めるにはどうすればいいのか、またどのような機能があるのかを動画や写真を用いて紹介したいと思います。

Sponsored Link

 

目次

CarPlayとは?

iPhoneの画面をカーナビ・車載ディスプレイに表示させることが出来る

CarPlayとはCarPlayとは、iPhoneの画面を車に搭載されたカーナビのディスプレイに表示させることが出来る機能で、2014年に発表されました。

使えるアプリは対応アプリのみ

ただし、iPhoneにインストールされているすべてのアプリが使用できるわけではなく、CarPlay対応のアプリのみが表示されます。基本的にYouTubeやゲームのような画面を注視するようなアプリは使えません。運転に支障が出ますからね。

対応アプリの系列

主にカーナビ系のアプリや電話、メッセージ、音楽再生アプリなどが対応しています。これらのアプリはiPhoneにインストールしてあれば、自動的にCarPlayの画面に表示されます。

メッセージ メッセージは対応していますが、メール メールは対応していません。やはりメールだと画面を注視する必要があるからでしょう。また、メッセージ メッセージも内容を表示してくれるのではなく、Siriが読み上げてくれる使い方になります。(返事を送信したり、も出来ますが、声による入力になります)

CarPlayの始め方

CarPlay対応カーナビ

残念ながらすべてのカーナビがCarPlay対応というわけではありません。基本的に車のメーカー純正のカーナビや一部のカーナビにしか対応していません。

SUZUKI対応車例えばSUZUKIは、日本の自動車メーカーとしては最も早くからCarPlayを対応を謳っている車種を発売してきました。
特にハスラーやLapin、スペーシアなど安価な軽自動車でも選択可能です。

MAZUDAのCarPlay対応車逆にマツダは高級車のみのようです。

NissanのCarPlay対応車私は日産のクリッパーバンに乗っているのですが、リストには乗っていません・・・・。

CarPlay 対応の車種は、Apple公式ページに記載されています。

市販カーナビ CarPlay対応製品

残念ながら純正以外の市販のカーナビでは、いまだにあまり対応機器はありません。2019年現在、CarPlay対応のカーナビ、カーオーディオを発売しているのはパイオニアやケンウッドの上位機種のみ。吸盤でダッシュボードに取り付けるポータブルカーナビ(ゴリラなど)は、対応していないようです。
以下はカロッツェリアや彩速ナビと言ったカーナビ、カーオーディオのCarPlay対応製品です。

カロッツェリア

カロッツェリア カーオーディオカーナビは内蔵していませんが、ディスプレイ付きのカーオーディオのSPH-DA700は、実売価格4万円弱程度でCarPlay対応のカーオーディオです。
ただし、カーナビや地デジなどは付属していないので注意。

彩速ナビ

CarPlay対応彩速ナビ私の車(日産クリッパーバン)も純正のカーナビはCarPlayに対応していないので、CarPlay対応の彩速ナビを購入して取り付けました。
最新のモデルはMDV-Z905になります。または、MDV-M906HDW
こちらはアマゾンでも7万円強もする価格なので、CarPlayを実現するためだけにこの価格は手を出しにくいのが弱点。
ただし、フルセグ付きでドライブレコーダーにも対応しているので、カーナビでいろいろ実現させたい人にはお勧め。

CarPlay対応の彩速ナビ彩速ナビでCarPlay対応は、一番高価なグレードの90Xシリーズのみです。
ちなみに905Wや905のように「W」がついているついていない、の違いは、ワイドかどうか。ワイド版は画面右端に操作ボタンが並んでいます。

では、続いてCarPlayを使う方法を紹介します。といっても対応しているカーナビが用意できていれば、すぐに使えます。

接続方法

カーナビ付属のUSB差込口市販カーナビを使う場合は、カーナビから伸びているCarPlay用のUSBケーブルに接続する必要があります。彩速ナビの場合は3本のUSBケーブルが取り出せるのですが、そのうちCarPlay対応のケーブルは1本のみ。

カーナビのUSB入力ケーブル彩速ナビの裏側。3本のUSBケーブルが伸びています。このうちの1本のみ。

グローブボックス内のUSBケーブルこのケーブルにiPhone充電用のUSBケーブル(ライトニングケーブル)を接続します。

USBケーブルを差し込む純正ナビの場合はスイッチ類に設置されているUSBコネクタにケーブルを差し込みます。

ライトニングケーブルを差し込む続いてiPhoneにもケーブルを差し込みます。

Bluetoothで接続

CarPlay対応カーナビの中にはBluetoothで接続する製品もあるようですが、今のところほとんどないようです。私が持っている彩速ナビもBluetoothでiPhoneと接続できるのですが、CarPlayを使うにはUSBケーブルでつなげないと使えないようです。

初期設定

CarPlayを使うには特別なアプリは必要ありません。

ロックを解除iPhoneと接続すると「CarPlayを使用するにはiPhoneのロックを解除してください」と表示されるのでロックを解除します。

許可をタップ最初だけiPhoneのロック中(画面が消えた状態)でもCarPlayを使えるようにするか聞いてくるので、「許可」をタップします。

無視をタップ「Appがインストールされていません」と表示されますが、「無視」をタップしてかまいません。

CarPlayとはするとカーナビ側でこのようなCarPlayの画面が表示されます。
CarPlayでは対応アプリしかアイコンが表示されません。

CarPlay中のiPhoneのロック画面iPhone側はこのような画面になります。が、ロックを解除すれば普通にiPhoneも使うことが出来ます。

カーナビの機能も使うことが出来る?

カーナビの画面からCarPlayを呼び出すCarPlay使用時もカーナビ機器の機能や地デジ・ラジオは使えます。「HOME」ボタンを押せばCarPlayの画面が消え、カーナビ本来の画面になります。
CarPlayに戻りたい場合は、画面左上にある「Apple CarPlay」のボタンをタップするだけです。

CarPlayで出来ること

Siriを使う

ホームボタンを長押しCarPlay中は画面右下に丸いホームボタンが表示されます。
ここを軽くタップすると、iPhoneのホームボタンの役割になりますが、指を触れたままにするとSiriが起動します。

Siriが起動するなお、Siriを呼び出すにはこのホームボタンをタップし続ける方法でもいいのですが、声で「ヘイ、Siri」と呼びかけても起動できます。
ただし、走行中は騒音が大きいせいか、反応は鈍いです。

電話をかける

電話のダイアル画面CarPlayで電話をかけるには、電話 電話のアイコンをタップします。
基本的にSiriが起動し、かけたい相手を連絡先に登録されている名前で指示します。が、このようにダイアルや連絡先を表示させて電話をかけることも出来ます。

カーナビのマイクその場合、こちらの音声はカーナビ付属のマイクで。

車のスピーカー相手の音声は車のスピーカー経由になります。
何度か使いましたが、かなり音声はクリア。

Bluetoothのハンズフリー

彩速ナビではCarPlayを使わなくてもBluetoothでiPhoneと連携が出来ます。BluetoothでiPhoneと連携させると、CarPlayのように音楽を再生することも出来ますし、電話をかけることも出来ます。なのでわざわざ高いCarPlay対応のカーナビを買わなくてもBluetooth対応のカーナビであれば、「電話」「音楽再生」に関しては実現できてしまいます。
CarPlayでないと実現できない機能は、Googleマップなどスマホのマップが使える、Siriが使える、メッセージが使えるぐらいしかありません。
7万円以上出してCarPlay対応のカーナビを購入するか迷うところではあります(いちいちケーブルで接続しないといけないし・・・)。

Googleマップ

もちろんCarPlayでは地図アプリのナビを使うことも可能。ですが私は渋滞情報も正確なGoogleマップを使うことが多いです。
他にもYahoo!カーナビカーナビタイムもCarPlayに対応しています。

Googleマップの画面Googleマップでカーナビをするには、Googleマップを立ち上げ、画面のどこかをタップします。

目的地を追加左上に「目的地を追加」というボタンが表示されるのでここをタップ。

Googleマップの目的に指定画面保存してある自宅や職場をすぐに目的地にすることも出来るし、保存した登録地点もすぐに呼び出せます。

Googleマップのナビ画面使い方はほぼiPhone版のGoogleマップと同じ。

Android Auto

CarPlayのアンドロイド版の「Android Auto」ですが、CarPlayに対応しているカーナビであれば基本的にAndroid Autoも使用できます。CarPlayと同じでUSBケーブルで接続すればすぐに使えます(ただし、Android Autoはアプリが必要)。

どちらも使ってみましたが、どちらも使えるアプリが限られています。また、Android Autoではカーナビは「Googleマップ」のみ。
それとAndorid Autoはまだまだ不安定で、かなりの確率で固まってしまうことが多いようです。使いやすさ、安定さではCarPlayの方が上かもしれません。

まとめ

まだまだCarPlayで出来ることは限られているので、頻繁に車でどこかに出かける人(仕事とかで)にとっては非常に便利な機能ですが、通勤に使う程度とか、休みの日に車に乗る程度の人にとってはあると、必要な機能か?というと難しいところです。

ただし、私のようにGoogleマップで渋滞情報を確認して運転したい、という人にはCarPlayはなかなか便利でおもしろい機能です。
「こういうことは出来るの?」といった疑問があれば、コメント欄から送信してください。わかる範囲で答えます。

関連ページ

最終更新日 2019-07-06 09:54:36

 

twitter Facebook はてブ LINE pocet

Sponsord Link

 

投稿日:2019-07-04 | このページのトップへ | コメントを書く | 管理

カテゴリー

同じカテゴリーの記事