LINEや050PlusなどでBluetoothヘッドフォンは使える?

LINEや050Plusなど音声通話アプリでBluetoothのハンズフリーヘッドフォンが使えるか検証してみました。アンドロイド版も検証。

LINEや050PlusなどでBluetoothヘッドフォンは使える?

 

Last update 2014/07/14 06:35

Sponsord Link

 

LINEでBluetoothハンズフリーヘッドフォンは使えるか

LINEでBluetoothのハンズフリーヘッドフォンが使えるか、当サイトに問い合わせる人が多いので、調べてみました。

使用したハンズフリーヘッドフォンは、Bluetooth ハンズフリー設定方法でも紹介した、 PLANTRONICS Bluetooth ワイヤレスヘッドセット Marque2 M165
ちょっと価格は高いものの、耳にすごくフィットして、バッテリーも長持ちし、相手の声がよく聞こえるお気に入りの製品です。
特にiPhoneの時計の隣に、ハンズフリーヘッドフォンのバッテリー残量が表示されるので、使いやすいんです。
実は、いくつかBluetoothのハンズフリーイヤフォンなどを購入したんですけれど、選ぶコツとしてはオン・オフが物理的なスライド式のスイッチであること。
多くのハンズフリーは、小型化もしくは低価格化するために、ボタン長押しでオン・オフってパターンが多いんですけれど、これだといちいちオンにしたり、オフにするのがすごく面倒!しかも、今オンなのかオフなのかがわかりにくい!
なので、購入するとしたらスライドスイッチを選ぶといいです。

さて、iPhoneでもアンドロイドでも、普通の電話がかかってきた場合は、Bluetoothハンズフリーヘッドフォンで接続していれば、ヘッドフォンのボタンを押すだけで電話に出れるし、電話をきることも出来ます。
さらに1回前にかけた相手にも、ボタンを押すことでかけ直すことも出来ます。

LINEや050PlusでBluetoothハンズフリーは使える?

LINEやSkype、050Plusなど無料電話アプリや、格安電話アプリでも同じように使えたら、すごく便利ですよね。
ところが・・・
以下、Bluetoothのハンズフリーヘッドフォンで、通話アプリ(LINE、050Plus、Skype、SMARTalk)にかけた時に、ハンズフリーヘッドフォンで各種操作が出来るか、また通話ができるか確認してみました。

iPhoneの場合

  音声通話にでる・切る かけ直す 通話
携帯電話 出来る 出来る 出来る
LINE 出来ない 出来ない 出来る
050Plus 出来ない 出来ない 出来る
Skype 出来ない 出来ない 出来る
SMARTalk 出来ない 出来ない 出来る

結果はかなり残念なことに・・・。
結局Bluetoothハンズフリーヘッドフォンでは、通話はできるもののかかってきた時にハンズフリー側だけで操作はできませんでした。
ただ、普通の電話は、「電話に出る」「電話を切る」「1つ前にかけた電話にリダイアルする」などは出来ます。

動画を見れば分かる通り、残念ながら通話自体はできるものの、電話に出たり、切ったり、かけたりすることは出来ませんでした・・・。
さらに言うと、アンドロイドの場合、機種によってはBluetoothのハンズフリーヘッドフォンで通話自体ができないものもありました。

アンドロイドの場合

以下は、AQUOS Phone SH-02Eでの検証。

  音声通話にでる・切る かけ直す 通話
携帯電話 出来る 出来る 出来る
LINE 出来ない 出来ない 出来る
050Plus 出来ない 出来ない 出来る
Skype 出来ない 出来ない 出来る
SMARTalk 出来ない 出来ない 出来ない

アンドロイドの場合も、iPhoneとほぼ同じでハンズフリー側で着信操作はできませんでしたが、通話はできるアプリがほとんど。ただし!
なぜか「SMARTalk」は、通話ができず、本体のスピーカーとマイク経由で音声通話が出来ました。

また音声通話がもともと出来ないタブレットのAQUOS Padではペアリングは出来たし、音楽やYouTubeの音はハンズフリーヘッドフォンで聞こえるものの、LINEや050Plusで通話しようとすると本体のマイクとスピーカーしか使えず、ハンズフリーヘッドフォンは使えませんでした。

アンドロイドでBluetoothハンズフリーヘッドフォンが使えない理由

今ではほとんどのスマホでBluetoothに対応しているんですけれど、Bluetoothに対応していても「HSP」や「HFP」というプロファイルにスマホ側が対応していないと、通話ができないらしい。
また、「A2DP」というプロファイルに対応していないと、音楽などもBluetoothのヘッドホンで聞くことが出来ないようなんです。
AQUOS Padは「A2DP」には対応しているものの、「HSP」や「HFP」には対応していないので、音楽は聞けるものの電話やLINEと言った音声通話はできないってことらしい。
最近のアンドロイドは、たいていHSP、HFP、A2DPに対応しているんですが、古いアンドロイドや、通話に未対応なタブレットの場合、対応していない可能性があるので注意が必要です。

ちなみに同じシャープのアンドロイドでも、SH-02Eのようなスマートフォンの場合は、HSPやHFPに対応しているので、普通に音声通話が出来ました。
が、こちらもiPhoneと同じで、ヘッドフォンのボタンを押してLINEや050Plusの着信に出たりといった操作はできませんでした。

まとめ

Bluetoothのハンズフリーヘッドフォンは、電話(普通の携帯の電話)であれば、iPhoneでも最近のアンドロイドであれば、ハンズフリーのボタンで電話に出たり、電話を切ったり、かけ直したり・・・ということが出来ます。
が、LINEや050PlusやSkypeなどは、通話自体ができるものの、電話に出たり、というような操作はハンズフリーでは出来ませんでした。

で、LINE通話中に電話に着信があると、LINEの通話は終了し、電話が優先的に着信します。
その時に、ハンズフリーヘッドフォンから着信音以外に独特のアラームのような音が聞こえました。

関連ページ

 

Sponsord Link

 

 

2014/07/14 06:35 | このページのトップへ | コメントを書く | 管理