LINEの年齢認証

LINEで友達を追加する際に使用する、ID検索。IDを登録するには、キャリアの年齢認証を申し込まないといけません。また、オンラインで購入した人も使用者登録をすれば

LINEの年齢認証

 

Last update 2015-05-22 04:09

 

LINEには、電話番号を登録しなくても友達を追加できる「ID検索」という機能があります。ただし、未成年やスパムによる迷惑行為を防止するために、年齢認証が必要です。
今回は、この年齢認証を申し込む方法を紹介します。

Sponsored Link

 

ID検索には必須 LINEの年齢認証とは

LINEには友達を追加する方法が色々用意されているのですが、Skypeなどと同じように相手のIDを利用した登録方法があります。
この登録方法だと、相手の電話番号を知らなくても、またこちらの電話番号を教えなくても友達を追加できるので、覚えておくといいかもしれません。ただし、キャリアが用意する年齢認証に申し込まないといけません。
年齢認証はすぐにオンラインで登録できます。
ただし、何度年齢認証をしてもうまくいかない、失敗するという人は、年齢認証が失敗する場合を参考にしてください。

年齢確認が出来ないパターン

当然ですが、18歳未満は年齢認証が出来ません。
また、最近流行のMVNOや自宅の電話番号などで取得したLINEアカウントの場合、年齢認証はキャリア(ドコモやau、SoftBankのこと)が提供する機能なので、基本的には出来ません。が、キャリアと契約している人は年齢認証時にキャリアのページに飛んだ時に、契約しているIDでログインすることで、年齢認証が可能です。
家族や親しい友達の中に、ドコモなどと契約している人は、IDとパスワードを教えてもらえば、MVNOでも年齢認証が可能だったりします。

年齢認証済みか確認する

年齢確認をするLINEをインストールし、アカウントを登録するときに「年齢確認」という項目があり、ここで「年齢確認をする」を選択した人は、すでに年齢確認済みの可能性があります。
年齢認証済みか確認するには、以下。

その他の設定をタップLINEを起動したら、iPhoneの場合は①画面左下の「その他」をタップします。
続いて画面真ん中の上の方にある「設定」をタップします。

アンドロイドの場合アンドロイドの場合は、その他が右上にあります。ここをタップして、②「設定」をタップします。

「年齢確認」という部分をタップします。

年齢認証結果ここが「ID検索可」になっている人は、すでに年齢確認が済んでいます。
すぐにID検索をすることが出来ます。
なお、ID検索にはお互いが年齢確認が済んでいる必要があります。

18歳以上になったLINEのバージョンによっては「18歳以上」と表示されている場合も、年齢認証済みです。

年齢認証をする

年齢認証結果をタップ年齢認証を開いた時に、このように「不明」となっている場合は、まだ年齢認証が済んでいません。
この場合は、この「年齢認証結果」をタップします。

年齢確認をタップ年齢確認をするか聞いてくるので、「年齢確認」をタップします。

Softbankの場合

My SoftbankにログインSoftBankの場合、スマートフォンの電話番号と契約した時に設定したパスワードを入力し、ログインをタップします。

同意するをタップ年齢確認のページになるので、下の方にスクロールし、「注意事項を確認しました」にチェックを入れ、「同意する」をタップします。

処理が完了しました処理が完了しましたと出るので、OKをタップすれば完了です。

docomoの場合

docomo IDでログインドコモの場合、docomo ID(ドコモのメールアドレス)を入力し、設定したパスワードを入力。
「ログイン」をタップします。

OKをタップdocomoログインが表示されるので、「OK」をタップします。

通知するにチェックを入れる「判定結果の通知」が「通知する」にチェックが付いていることを確認し、下にスクロールします。

実行をタップこの画面での選択内容を、LINEに関する情報通知の設定値として反映し、今後は確認画面を表示しない。にチェックを入れ、「実行」をタップします。

処理が完了しました処理が完了しましたと表示されるので、OKをタップします。

auの場合

残念ながらauのスマートフォンは持っていないので、確認できませんでしたが、auの場合も同じような手順で年齢確認ができます。

ID検索

IDを登録する

ID検索をするには、年齢認証以外にもIDの登録が必要です。なお、一度登録したIDは変更できないので、注意してください。

その他の設定をタップ①画面右下の「その他」をタップし、②「設定」をタップします。

アカウントをタップ「アカウント」をタップします。

アカウントのIDをタップ「ID」をタップします。

IDを入力半角英数字で20文字以内のIDを登録します。
IDを入力したら、「使用可能か確認」をタップします。
なお、IDは誰かがすでに登録していると、使用することが出来ないので注意。

保存をタップまだ誰も使用していないIDだとこのように「保存」というボタンになるので、タップします。

IDが追加されたIDの部分に登録したIDが表示されました。

友達に自分のLINEを登録してもらいたいときは、このIDを教えてあげればOK。

ID検索を使用不可にする

登録したIDは、変更することが出来ません。なので、何らかか原因でIDが漏れてしまい、知らない人から友だち登録された場合は、ID検索による友だち登録の追加をオフにすることも出来ます。

プロフィールをタップ「その他」の「設定」を開き、「プロフィール」をタップします。

IDで友だち追加を許可IDの下に、「IDで友だち追加を許可」の部分をオフ(灰色)にすれば、IDで検索されるのを防ぐことが出来ます。

年齢認証が失敗する場合

なお、何度やっても年齢認証がうまくいかない場合があります。それは、iPhoneやスマートフォンをオンラインで購入した場合です。
私もそうですが、iPhoneをネット上で購入しました。この場合、何度やっても年齢認証が失敗します。
その場合は、近くのキャリアのショップに行きます。(docomoの場合は、ドコモショップ)

使用者登録

申込内容確認ショップに行ったら、「使用者登録」をしたい。といえば、すぐに「使用者情報変更」をしてくれます。
なお、この時身分を証明できるもの(免許証など)が必要になります。
使用者登録をすると、このような申込内容確認書をもらうことが出来ます。

なお、使用者登録はオンラインでは出来ないようなので、近くのショップに(ヤマダ電機のような販売店でも出来ないと思います)足を運んでください。

関連ページ

最終更新日 2015-05-22 04:09

 

Sponsord Link

 

 

投稿日: | このページのトップへ | コメントを書く | 管理