ドコモからiPhone発売!?

日経ビジネスオンラインのサイトに、来年の夏に次世代携帯通信網LTE(Xi)に対応したiPadを。秋までにLTEに対応したiPhoneを発売するらしい!?

 
 

Home  About this site  BBS  Mail  Link

 
 

ドコモからiPhone発売!?

 

 

Last update 2013-09-06 15:20

 

2013年秋、DoCoMoからiPhoneが発売される見通しとなったようです。

発売時期は?

そもそも時期iPhoneがいつ発売されるか、まだ発表されていないため確定はできませんが、2013年9月10日のAppleの発表で公開される可能性が高いと言われています。

噂では今秋と見られていて、次期iPhoneがそのままDoCoMoから販売されると思われます。
ニュースを公開した朝日新聞によると、「早ければ9月20日」らしい。

auとSoftBankは?

以前からauとSoftBankはDoCoMoからiPhoneが発売されることを見越していて、対策はじゅうぶん練られているようです。
現在、公開されている音声通話プラン、パケット定額プランがそのまま持ち越されるとすると、

  • DoCoMoの「タイプXiにねん」は、ドコモ同士の無料通話がつかない
  • 「Xiパケ・ホーダイ ライト」は4,935円で、au、SoftBankの5,460円より安い

という違いが発生します。
おそらくこれを契機に、どちらかが歩み寄り同一条件になる可能性が高いと思われます。

LTEの速度に関しては、いろいろな雑誌やサイトの調査結果から、SoftBankが最も速く、範囲も広いとなっていますが、普及に関しては時間の問題なのであまり気にしなくていいかも。

iPhone同士なら無料

iPhoneやiPad、iPod Touch同士であれば、無料で通話ができる「Facetime」と無料でメールが出来る「iMessage」があるので、どこへ乗り換えても無料で通話できるようになります。
LINEと同じですね。
ただ、LINEよりFacetimeの方が遅延が少なく、音質もいいのでより使いやすくなるかも。
次期iOSでは、ビデオ通話のオン・オフもできるようになるので、より使いやすくなるかも(そもそもビデオ通話なんて使ってる人がいるのだろうか・・・?あの至近距離で?)。

今さら感

SoftBankがiPhoneを発売した2008年7月11日。当時は私も含め、DoCoMoやauでは、「iPhoneは日本のような風土には、定着しない」と散々言ってきた結果が、これです。
ま、私もはじめてiPhone4を購入した2010年9月までそう思っていたんですけれどね・・・。

なんだかんだ言っても、DoCoMoやauのお偉いさん方も、私とそう中身は違わないんだ、と感じさせてくれたのがiPhoneでした。
あんな巨大な企業でも、iPhoneとSoftBankの小さな勢力に翻弄されたんだ、と。

Microsoftがブイブイいわせていた時、日本の国宝レベルの書物・絵画をスキャナーで電子化する、というニュースが流れた時、そのうちMicrosoftが世界を牛耳る日が来るかも・・・。と思いましたが、その結果が今のMicrosoft、と思うと、今度はgoogleもAppleも追われる立場であり、頂点から下り坂へ差し掛かっているとも言えると思います。

iPhone5で、LTEとテザリングに対応した反面、値上げも実施されたので、今回は値下げ競争が激化するかもしれませんね。

さて、私の周りのiPhoneユーザーは、SoftBankのiPhoneに残り続けるか、DoCoMoに乗り換えるか、という議論で盛り上がりました。
殆どの人が(私も含めて)DoCoMoの携帯も所有しているため、SoftBankのiPhoneと2台もちというパターンが多いんですけれど、なんと最終的に落ち着いたのが、「DoCoMoを解約して、SoftBankのiPhoneだけにする」という結果に落ち着いた人が、多かったです。(というか全員そう答えた)
なぜかというと、友だちを含め、頻繁に電話する人がSoftBankの人が多い、というのが第一の理由。
iPhone云々という以前に、ホワイトプランが公開された時、1~21時と時間指定があるものの、私の周り(仕事関係も含め)では、一気にSoftBankのケータイを持つ人が増えたんですね。
で、あれから数年が経過して、結局SoftBank1台でいいじゃん。という結果に落ち着いた人がほとんどで、iPhoneに関係なくこの際、2台もちを卒業してもいいんじゃないか、と。

ワタシ的にはAndroidもいいよ。と、触れ回ったんですけれど、結局、色々できるよりシンプルなiPhoneで充分。という人がほとんどで、2台もちを続けるのは、私一人という結果になりました・・・。
まぁ、私の場合、Androidは5台ほど持っているので、2台もちどころじゃないんですけどね・・・。

iPhoneとAndroid、どちらがいいの?なんていう人は、iPhoneとAndroidの比較を参考にしてください。
いずれにしても、DoCoMoしか持ったことがない人も、iPhoneに触れて見ては、と思います。
おそらくなぜiPhoneが売れているか、がわかるかと思います。

iPhoneとAndroid、どちらが多い?

日本ではiPhoneの所有率が世界的に見ても、高いらしい。というわけで、私が所有する、数々のサイトでiPhoneのアクセス数とAndroidのアクセス数の割合を調べてみると・・・
ほとんどのサイトで、iPhone約53%、Android約47%と若干iPhoneの方が多いことがわかりました。
ただ、このiPhoneのサイトではiPhoneの割合が85%を超え、アンドロイドのサイトでは85%がアンドロイドという結果になりました。

ほんとに発売される?

DoCoMoはこのニュースに対して、「当社が発表したものではございません」と否定しています。

昔の記事

以下は2011年12月1日の第一回DoCoMoからiPhoneが発売される期の記事。

iPhoneとiPadがドコモから発売されるらしい?
どうやら正確には、NTTドコモグループの、NTTレゾナントが運営するショッピングサイトNTT-X Storeが、香港で売られているSIMフリーのiPhoneを、データ専用SIMの「OCN モバイル エントリーd LTE 980」とセットで発売するってことらしい。
このデータ専用SIMってとこがミソで、音声通話が出来ません。
では、電話はどうするかって言うと、050Plusといった音声通話アプリを使用してってことでカバーさせるっぽい。
電話ができないだけでなく、携帯メールとショートメール(SMS)が使えません。
しかもauとSoftBankでは、端末価格が割り引かれるサービスがあるので、16GB版などは実質0円(参照:auとソフトバンクのiPhoneの違いは?)だったりするのですが、このNTT-X Storeで発売されるiPhoneは、なんと8万9100円!!!

このiPhoneはドコモ回線を使ったデータ通信は出来るのですが、いろいろなサイトや雑誌の検証では、速度ではauやSoftBankの方が圧倒的に速く、電波が届く範囲もauやSoftBankとそれほど変わらないので、あえてドコモの回線を使うメリットは・・・?

OCN モバイル エントリーd LTE 980は、1日30MBまでLTEが使える、ちょっと変わったMVNOで、月々980円。
30MBというと少なく感じますが、実は050Plusなど電話だけしか使わなければ、じゅうぶんな量なんです。つまり、050Plusやfusion IP Phone SMARTなど電話番号がもらえる(050で始まる番号)サービスを利用すれば、電話機としても使えます。
でも、8万9100円は高い!
と、思うかもしれません。

からくり

SoftBankもauも標準的なプランを選択すると、月々の料金は6,755円になります。
iPhone5 16GBは実質0円なので、通話代を除くと6,755円ほどで納まります。
ただし、2年契約が条件なので2年間で支払額は、

6,755円 X 24ヶ月 = 16万2120円

がかかります。
ところがこのNTT版(?)iPhone5は、

iPhone5 16GB:89,100円
OCN モバイルエントリーd LTE 980
980円 X 24ヶ月 = 23,520円
合計:11万2620円

と、2年間の支払額の合計は5万円ぐらい安くなるんです。
「外であまりインターネットをしない」「電話はあまり使わない」という人で、少しでも安くiPhoneがほしい。って人は、検討してもいいかもしれません。

注意点

注意点として、

  • SMSが使えないのでLINEを使うにはちょっとしたテクニックがいる
  • 故障した時の保証がない

SMSと携帯メールがもらえないので、「メッセージ」を使ったやりとりがiMessageのみになります。
(参照:iMessageの設定と使い方

個人的には、そこまでしてiPhoneがほしいんだったら、auかSoftBankのiPhoneを購入したほうがうんと幸せになれると思うんですが・・・。
少なくとも5万円の差はペイできるぐらいのメリットはあるかと(ソフトバンク同士で通話が無料。とか)
それに、私だったらiPod+アンドロイドでいいじゃん。って思うんですけれどね。(笑)
あと、わざわざiPhoneでなくても、中古のアンドロイドであれば、端末価格が1万~3万程度で売られているので、どうしても安く、っていうのであれば、こちらを選択した方がいいと思うんですけれどね。(笑)
「高くてもiPhoneじゃないとやだ!」っていう気持ちは、私もiPhoneとアンドロイドを両方持っているのでわからなくはないのですが、であれば尚更auかSoftBankの日本版iPhoneでいい気が・・・。

最近、ドコモのアンドロイドSH-02Eを購入したのですが、2013年夏モデル以降のスマホは、だいぶiPhoneに近づいてきた気がします。
防水やワンセグ、フルセグ搭載、おさいふケータイなどを考えると、iPhoneを超えている部分も多いんです。
正直、アイフォンとの差は埋まりつつあるので、よほど「iPhoneじゃなきゃやだ!」とか「ドコモじゃないと嫌だ!」という人以外は、あんまり大騒ぎするニュースじゃないかな。と思います。

関連ページ

 

カテゴリー

同じカテゴリーの記事

 

にほんブログ村 携帯ブログ iPhoneへ 2010/08/21 20:03 | このページのトップへ | コメントを書く | 管理