iPad 2 発表・発売

iPad2が発表されました。日本時間の3月3日午前3時。iPad2は、iPadに比べてどこがどう変わったかをまとめてみました。

 
 

Home  About this site  BBS  Mail  Link

 
 

iPad 2 発表・発売

 

 

Last update 2011/03/04 15:26

iPad2が発表されました。
日本での発売は、2011年3月25日だそうです。
Appleの発表は、毎回我々を熱狂させてくれるんですけれど、いつもその熱が冷めぬうちに製品を販売してくれるのはうれしいですね。
これが、「発売は6月!」なんて聞いたら、ちょっとがっかりしてしまいますからね。

で、気になるiPadからのバージョンアップのポイントは・・・

iPad 2のレベルアップしたポイント

薄さが33%減

iPad2の薄さは、iPhone4よりも薄い、8.8mmになるそうです。
現行のiPadが、13.4mmですから33%ほど薄くなるみたいです。
約5ミリほど薄くなるって事ですけれど、これってけっこう触れてみると違いがわかる規模の改変ですね。

重さも軽く

重さも680gから590gに減ったようです。
意外とiPadは重い。っていう意見が多かったので、今iPadをもっている人も買い換えたくなるんじゃないでしょうか。
私はまだもっていないので、このありがたみ(?)は、それほど実感できていませんが。

バッテリーのもち

重さや薄さで犠牲になりそうなのは、バッテリーだと思うんですけれど、これはかわらず10時間だそうです。
スリープ状態であれば、1ヶ月もつんだとか?!

CPU

そして気になる性能、CPUは、デュアルコアのA5プロセッサーを搭載。
最大2倍の速さを実現。
グラフィックも進化。GPUは以前の9倍の速さだそうです。
iPadのCPUは、iPhone4とほぼ同じものなんですけれど、iPhone4では、特に不満もなくこれ以上の性能を望んでなかったんですけれど、やはり画面が大きい分、グラフィック性能は重要なんですかね。
あ、でも、iPadでフルサイズのハイビジョンをみる場合は影響が出てくるかもしれませんね。

2つのカメラ搭載

前面と後ろ側にカメラを搭載しているみたいです。
これはデジカメ代わりというよりは、Facetimeで使うことを想定していると思います。
私自身は、Facetimeはほとんどやらないので、カメラ機能はうーん。って感じだったんですけれど、でもノートパソコンでは、Webカメラが当たり前になってるので、あればあれでいいのかな。なんて思います。
出来れば、角度を変えれたらよかったんですけれどね。

カラー

カラーは、白と黒の2色。
今回は、最初から白が発売されるみたいです。
iPhone4も白が欲しかったんですけれど、今使っている皮カバーがすごく気に入っていて、こうしたカバーをつけてしまうと色なんてどうでもいいや。って思うようになってしまいましたが。

料金

気になる料金は、かわらずWi-Fiモデルは16GBモデルが499ドル。
32GBモデルが599ドル。
64GBモデルが699ドル。

3Gモデルはそれぞれ、629ドル、729ドル、829ドルになるみたいです。
また、それに伴って現行モデルのiPadは値下げするみたいです。
日本では、Wi-Fi版の16Gバイトモデルを4万8800円から3万5800円に1万3000円値下げ。
32Gバイトモデル:4万4800円(旧5万8800円)
64Gバイトモデル:5万2800円(旧6万8800円)
Wi-Fi+3G版は、
16Gバイトモデル:4万7800円
32Gバイトモデル:5万6800円
64Gバイトモデル:6万4800円

まとめ

今回は、iPad2という名前が付いたものの、初代iPadのマイナーチェンジ的な感じですね。
iPadの不満の多くが、重さに関することだったので、今回はそうした弱点を解決したモデル。ということになりそうです。

iPad 2の購入を踏みとどまる

私は、iPadももっていないのですが、今回のiPad2の登場によって購入に踏み込むかな。と思っていたんですけれど、発表を聞いてちょっと思いとどまりました。
その理由は・・・

7インチモデル

7インチモデルが出るんじゃないか。なんて騒がれていましたが、結局出ませんでしたね。
iPadは、初代も今回の新型も、9.7インチなんですけれど、このぐらいの大きさだとライバルはノートパソコン。
インターネットを見たり、アプリを楽しむんだったら、あの大きさじゃなくてもいい気が。
iPhone4で十分かなぁ。と。
でも、iPhone4だと小さすぎる。って不満は前々からあったんですよね。
かといって9.7インチも必要ない。
だったら7インチぐらいのが出たら買おうかなぁ。なんて思っていたんですが・・・。

Retinaディスプレイ

これも噂になっていましたが、Retinaディスプレイではなかったですね。
そのため、解像度は初代と同じ1024×768ピクセル。
iPhone4並の高解像度だったら、9.7インチだとどれだけすごいんだろう。なんて期待していたんですけれど・・・。

この2つが、iPad2の購入を思いとどまった最も大きな理由です。

SDカード

SDカード用のスロットがつく。なんて言われていましたが、つきませんでしたね~。
たぶん、SDカードのような外部保存メディアは、今後も対応しないんじゃないかなぁ。なんて思います。
iPadの売れ行きが危ぶまれるぐらい、アンドロイド製品が普及したらあり得ますけれど。
Mac Book Airとの差別化の意味も含めて、iPadはよりシンプルな製品のままなんじゃないですかね。

USBポート

これもいろいろいわれていましたが、結局未搭載。
これもSDカードと同じ理由じゃないんでしょうか。

GPS

WiFiモデルでもGPSがつけばまたいろいろな使い道があったんでしょうけれど、発表されなかったってことはつかなかったのかな?

まとめ

iPhone4の購入によって、ノートパソコンの購入なんてどうでもいいや。なんて思うようになってしまいましたが、iPhoneとiPadは、だいぶかぶる部分があるので、どちらかをもっていれば、どちらかはいらない。なんて思う人が多いかもしれませんね。

でも、私もiPhoneを購入する前は、正直、iPhoneなんて必要ない。なんて思っていたぐらいなんで、iPadを手にしてしまったら、それはそれで「ないと生きていけない!」なんて言い出しているかも。

個人的には、もっと進化したアンドロイドのPDAが気になります。

TSUTAYA GALAPAGOSは、3月2日、電子書籍ストア「TSUTAYA GALAPAGOS」のシャープ製スマートフォン向けサービスを開始した。メディアタブレット「GALAPAGOS」だけでなく、スマートフォンにサービスを拡大することで新規ユーザーを獲得を狙う。

 「TSUTAYA GALAPAGOS」は、シャープのメディアタブレット「GALAPAGOS」向けに、昨年12月に開始したコンテンツ提供サービス。新聞や雑誌などを扱う定期配信サービスのほか、文芸、ビジネス・ITなど、多彩なジャンルの書籍を揃える。今回、メディアタブレット「GALAPAGOS」だけでなく、シャープ製スマートフォンでもサービスが利用できるようになった。
http://www.asahi.com/digital/bcnnews/BCN201103030008.html

Androidの一部の製品には、シャープのTSUTAYA GALAPAGOSを使えるようになったんですけれど、これが今iPad購入を思いとどまらせてる原因で、たぶんiOSにはインストールできるようにならないんでしょうね・・・。
iPadやiPhoneでこのアプリがでれば、すぐ飛びつくんだけれどなぁ。

値下げしたiPad

iPad2は、iPadのマイナーチェンジ的な進化だったのが、iPad2の購入を思いとどまらせている理由の1つなんですけれど、逆に考えれば、iPad2に近い性能を有した初期iPadが大幅に値下げされたので、初期iPadを購入するってのもいいかもしれません。
記憶容量は16GBと少ないんですけれど、ノートパソコンと比較した35,800円は、すごいお買い得な気がします。
AndroidでWi-Fiオンリーバージョンで魅力的な製品がでてないので、月々のコストがかからなく、安い初期iPadはほしいなぁ。。。

 

カテゴリー

同じカテゴリーの記事

Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 にほんブログ村 携帯ブログ iPhoneへ 2010/08/21 20:03 | このページのトップへ | コメントを書く | 管理