iPadが充電できない!?

iPadを充電しようとしたら「充電していません」と表示されたり、そもそも充電できなかったり。そこでAmazonの1.8AのUSB充電器を購入して使ってみました。

home HOME about About this site Mail Mail

iPadが充電できない!?

Last update 2017-07-06 23:41:36

twitter Facebook はてブ LINE pocet

 

充電していません今まであまり意識していなかったんですけれど、iPadを充電しようとUSBケーブルをさしたところ、「充電していません」との表示。
あれ?と思って、Windowsを再起動して挿しなおしても「充電していません」の表示のまま。

Sponsored Link

 

1Aの充電器だと充電していませんになるケーブルは刺しているし、表示は充電していませんってなっているし、バッテリーも残り少なくなっていたので、何とかしなきゃと思ったんですけれど、いくら挿しなおしてもiPadを再起動しても表示は変わらない。
ケーブルがいけないのかな、と思って、他のケーブルに交換してみたものの変わらず・・・。

そっか!電圧(実際には電流)が足りないのか!?と思い、最初、パソコンのUSBにケーブルを挿していたんですけれど、ちゃんとコンセントに刺す急速USB充電器につなげようと、差し替えてみたもののやはり「充電していません」の表示のまま・・・。
どうやらパソコンのUSBやアンドロイド用に購入したコンセントに刺すUSB充電器だと、このように「充電していません」になってしまうらしい。

でも、もうこれしか方法がなかったので、iPadの電源を落としてこのまま放置していたら少しずつでも充電されているようです。

iPadの充電と電流の関係

色々調べてみると、iPadの充電には1.2A(アンペア)以上の電流が必要らしい。
ところがパソコンのUSB2.0の供給電流は0.5A
また、たいていのUSB充電器は最大で1Aの電流しか流れないようで、そのままiPadを充電しようとしても、このように「充電していません」という表示になってしまうらしい。

AmazonのKindle Powerfastなんとか1.2A以上のUSB充電器を探してみると、AmazonのKindle用の充電器Amazon Kindle PowerFast急速充電器が、1.8Aで出力できるらしいというのでさっそく購入しました。
990円で割りと安い。

夜注文したのですが、注文後すぐに「発送しました」のメールが届き、翌日のお昼すぎには届きました。

もともとAmazonのKindle用ですが、もちろんiPadやiPhoneにも使えます。あとで紹介しますが、iPhoneをこれで充電すると、あっという間に充電が終了します。

幅が広いので延長コードでつなげたすごくおしゃれな充電器だったんですけれど、ちょっと横幅が広くてこのように延長コードに刺して使わないと、2つ分のコンセントを占領してしまいます。

iPadにつないだところさっそくiPadにつなげて充電してみました。

Kindlefastで充電した場合するとちゃんと充電中の表示が!!

iPad対応 充電器

充電器我が家にはいろいろな充電器が溜まってきたので、どの製品がどれくらいの出力ができるか調べてみました。

安い充電器

安い充電器まずは、100円ショップで購入したのかもしれないぐらい、安っぽい製品。

1アンペア裏側に詳しい仕様が記載されています。
すると、1A(アンペア)まで出力できるようです。

充電中もちろん、この製品でiPadを充電しようとすると、反応なし・・・でした。

純正の充電器

iPad専用充電器こちらはiPadに付属してきた充電器。おしゃれです。
口が1つしかないのが難点。

2.4アンペアさすが純正だけあって、2.5アンペアまで出力可能。
当然iPadも充電できました。

4つ口

PLANEX 充電万能スマホやタブレットが増えてきたので、4つ口の充電器「PLANEX PL-WUCHG03 4ポート」を購入してみました。

2アンペア2アンペアで十分・・・の気がしますが、残念ながら2台同時に充電しようとすると、互いが充電のオンオフを繰り返してしまい、充電できません。iPad以外でも2台同時に充電しいようとすると、充電のオンオフが繰り返されてうまく充電できませんでした。
せっかく4つも充電口があるのに・・・

というわけで、現在は使用していません。

Anker の充電器

Anker PowerPort 2充電器としてはAnkerの製品が有名らしい?ということで、ankerの充電器を購入してきました。本来は4つ口にしようかと思ったのですが、レビューによっては発熱がすごいとか書かれていたので、2つ口にしました。

4.8アンペアこちらはアンペア数が桁違い。4.8アンペアのようです。
この製品で充電したところ、2台のiPadを同時に充電することが出来ました。

USBコネクタ付きタップ

USBジャック付きタコ足最近はケーブルが邪魔なので、机に設置でき、なおかつUSBコネクタ付きの製品を購入しました。
やっぱり2つUSBがあると、iPhone・iPad用、Android用の2つのケーブルを混在できて便利。
スイッチ付きなので写真のようにニッケル水素電池の充電器を刺したままでも使わない時は、オフにしておけば通電しないので便利。

充電中この製品もタブレット2台を同時に充電できました。

ケーブル

Apple認定のLightningケーブルiPadの場合はケーブルにも注意が必要です。
Apple認定のLightningケーブルでないと、iPhoneは充電できてもipadは充電できない可能性があります。
なお、Apple認定のLightningケーブルは価格が高い(最低でも800~900円ぐらい)するので、安価なケーブルは使わないほうがいいかもしれません。

充電時間

iPad Retina

11時ちょうど61%最初に紹介したAmazonのKindle用の充電器を使い、1.8Aのパワーを確かめるため、1時間でどれくらい充電されるか、確認してみました。
午前11時の段階で充電開始。この時は61%のバッテリー残量でした。

12時ちょうど74%1時間後の12時には74%まで充電出来ました。
大体1時間で13%充電できるようです。
ということは、100%に充電されるには、7時間半位かかる計算に。

iPhone5

5時28分に29%こんどは同じ充電器(Kindlefast)にiPhone5を繋いでみました。
午前5時28分の段階で29%でした。

5時58分には64%30分後の5時58分には、64%に!!速い!

30分で35%充電されていたということは、1時間で70%。
大体1時間半で0%から100%まで充電できる計算になります。
(実際には90%になると自動的に供給電流を下げてゆっくり充電される・・・らしい)

今までiPhoneの充電には、0%から100%まで2時間半かかっていたので、やはりこのAmazon Kindle PowerFast急速充電器だと、高速に充電できるようです。

電圧を測ってみた

普通のUSB充電器だと3.1W今度はワットモニターで電圧を計測してみました。
まずは、アンドロイド用の急速充電器にiPadを繋いで計測。
電力はだいたい3.1Wでした。

Kindlefastだと8.8W続いてKindle PowerFastにつなげてみると・・・、なんと8.8W

倍以上の電力が供給されているようです。

改めて計測したところ13.1WiPadに付属してきた充電器12W USB電源アダプタで充電して、電圧を計測したところなんと13.1Wを記録。
iPad用の充電器だと5時間ほどで充電できるらしい。

iPhoneを充電したところ5.6WこれでiPhone5を充電したらもっとはやく充電できるんじゃないか、と思ってiPhone5を繋いで計測してみると・・・。5.6Wにセーブされて充電しているようです。

アンドロイドの場合2.9W今度はアンドロイド機をつなげて充電してみると・・・、なんと2.9~3.0Wまで落ちてしまいました。
アンドロイドの充電に時間がかかるのは、電圧をセーブしてしまうせいでしょうか?

まとめ

充電表示すら表示されない安価な充電器に挿した場合

普通のUSB充電器で充電した場合
アンドロイドように購入した急速充電器1AやパソコンのUSBポートにさした場合

Kindlefastで充電した場合
今回購入したAmazon Kindle PowerFastやUSB3.0ポートに挿した場合

iPadのバッテリー容量は約1万1666mAhと言われていて、最大10時間の連続駆動時間となっています。
iPhoneのバッテリー容量が約1,440mAhと言われているので、約8倍の容量になる計算になります。
最近発売されたタブレット端末の中でも、iPadの駆動時間の長さは軍を抜いており、その分バッテリーの充電時間が長かったんですけれど、今回購入したAmazon Kindle PowerFast急速充電器のお陰で、まあ割と早くiPadを充電できそうです。

iPadはアンドロイドのタブレットと違い、使わないときはホントバッテリーの減りがほとんどありません。
アンドロイドのタブレット(例えばNexus 7)は、スリープ状態でも3~4日経過するとバッテリーが0になったりするのですが、iPadは1ヶ月スリープ状態にしていても、殆どバッテリーは減らないんですよね。
ただ、逆に使っているときはガンガン減っていきます。

もし、充電しようとしたけれど「充電していません」と表示されたり、そもそも充電している表示が出ない場合は、電流が1.2A以上のUSB充電器を購入してみるといいかもしれません。

関連ページ

最終更新日 2017-07-06 23:41:36

 

twitter Facebook はてブ LINE pocet

Sponsord Link

 

【 ほすけ 】 2013/09/23 00:20

ずっとこの事で悩んでたんですが
わかりやすい図付きで解決できました!
追記なんですが、自分はiPadを使用していて、
電源アダプタが無くなって、残り5%ってところで、PCにUSBつないだんですが、やはり同じく「充電できません」と表示されていました、でも、パソコン使ってて1~2時間くらい経ってからiPadをみたら5%から18%まで充電されていましたよ!微力ながらも充電されているのではないでしょうか

 

【 管理人 】 2013/09/23 00:26

ほすけさん、こんにちは。
えぇ。本文中にも書いてありますが、「充電できません」という表示でも少しずつですが、充電はされています。
ただ、電圧が低いのですごく時間がかかるみたいですね。

 

【 おおむらさき 】 2013/10/28 16:44

ありがとう。
とっても分かりやすくためになりました。

 

【 サイエ 】 2014/03/03 17:05

同じような症状で悩んでいたのですが、解決しました!すっきり!
ありがとうございます!

 

【 ありがとう 】 2015/03/05 22:16

いい記事ですね。
素直な文体も好感!
ありがとう

 

【 管理人 】 2017/07/05 00:41:54

お役に立ててうれしいです。
今後もよろしくお願い致します。

 

【 ぶんちゃん 】 2017/08/11 11:08:07

最近、iPad Pro10.5を購入しました。これまでは5年位前に買ったiPadRetinaだったので、使用頻度が極端に増え、車載用の充電器で充電しようとすると、充電していませんとの表示、iPhoneは充電できるのにおかしいと思っていました。これで解決です。ありがとうございました。

 

投稿日:2013-04-14 | このページのトップへ | コメントを書く | 管理

カテゴリー

同じカテゴリーの記事