Eye-Fi Centerの設定

iPhoneの画像をパソコン側で受信するには、Eye-Fi Centerをインストールし、設定が必要です。

 
 

Home  About this site  BBS  Mail  Link

 
 

Eye-Fi Centerの設定

Last update 2010/11/21 06:01

 

 

Eye-Fiは、iPhoneの画像をパソコンやWeb上にアップロードできるアプリで、製品版のEye-Fiを購入すると、使えるようになります。
今までiPhoneの画像を転送するには、USBケーブルを繋ぐしかなかったんですけれど、このアプリを使うと無線LANや3G回線を使用してアップロードできます。
今回は、パソコンで受信するための設定です。
なお、画像はいったんサーバー上にアップロードされるため、パソコンの電源が入っていなくても転送できます。
パソコンを起動し、ソフトを起動すれば受信が始まります。

Eye-Fi Center

受信するためのソフトがEye-Fi Centerで、製品版をUSBに刺すとインストールすることができます。

設定

Eye-Fi Centerの設定のiPhoneを選択Eye-Fi Centerを起動したら、「ファイル」→「設定」→「iPhone」を選択します。

このPCに写真を送信するにチェックこのPCに写真を送信する」にチェックを入れ、保存先のフォルダを選択します。
iPhoneの画像は、1枚当たりのファイルの大きさが結構大きいので容量が十分ある場所に保存するようにしてください。

日付フォルダを作成する」にチェックを入れておくと、送信日別にフォルダを作成してその中に保存してくれます。

設定終了設定するとこのように表示されます。
日本語がちょっと変ですが・・・。

こんな感じで転送された写真の一覧を見れる左側に「iPhone」という項目が追加されるので、クリックすると今までiPhoneから転送された画像がフォルダごとにサムネイル表示されます。

転送が始まる転送中は、右下に状況が表示される
転送が始まると、右下に転送中の画像が表示されます。

エクスプローラーで開いたところエクスプローラーで確認してみると、このように転送されていることがわかります。

関連ページ

 

カテゴリー

同じカテゴリーの記事

Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 にほんブログ村 携帯ブログ iPhoneへ 2010/08/21 20:03 | このページのトップへ | コメントを書く | 管理