iPhone5の設定

iPhoneを購入したら使えるように設定しましょう。古いiPhoneからの乗り換えをはじめ、新規でiPhoneを購入した場合も解説しています。

 
 

Home  About  BBS  Mail  Link

 
 

iPhone5の設定

 

 

Last update 2012/10/07 11:16

 

iPhone5が家に到着しました!さっそく開封して、使えるように設定。
時間はかかりましたが、指示に従っていけば古いiPhoneと同じ状態に復元。
電話の切り替えも終わり、なんと自宅はLTEの圏内!(LTEでなくて3G回線でも6Mbpsも出るように!)
今回は、iPhone4やiPhone4Sからの機種変や新規でiPhoneを購入した人用に画像で設定の仕方を紹介します。

はじめに用意しておくこと

iPhoneを100%活用するには、iTunesというパソコンソフトをあらかじめインストールする必要があります。
iTunesのインストールを参考にインストールしておいてください。

もともとiPhoneユーザーの人

iPhone4S以前の機種を使っている人は、iCloudかiTunesを使って必ずバックアップを取っておいてください。バックアップをとっておくと、音楽と動画以外、メール(SMS・MMS)、アプリ、設定など、アプリの配置、写真などはすべてiPhone5に自動で復元されます。
音楽はiTunesにつなげれば復元されます。
なるべくならiCloudでバックアップしたほうが楽かもしれません。
以下のページを参考にバックアップしておいてください。

はじめてiPhoneを使用する人

はじめてiPhoneを購入する人は、電話帳のバックアップをしておいてください。

iPhone5の設定をする

ナノSIMカードの取り付け

付属のピンを取り出す箱の奥に入っている小さな紙の封筒に、金属のピンが入っているので外します。

ナノSIMケースを取り出すiPhoneの右側面に小さな穴があるので、ピンをぐっと差し込みます。
するとSIMをセットするための入れ物が飛び出すので、抜き取ります。

同封されたSIMカードを切り取るSoftBankやauからiPhoneを購入した場合、箱とは別に小さな封筒にはいったSIMカードが入っていたと思います。
カードについているチップのようなものを外します。
これがSIMカードになります。

SIMカードをセットします先ほどのケースにSIMカードをセットし、iPhoneに差し込みます。

電源投入

電源ボタンを長押しまず箱から取り出したら、iPhoneの上側面の電源ボタンを2秒ほど押したままにすると、電源が入ります。

矢印のボタンをスライドさせる画面下に矢印のマークが出るので指で触れながら、矢印の方にスライドさせます。
画面を指で触れることを「タップ」。
画面に指を触れたままスライドさせることを「スワイプ」といいます。

言語と地域を選択

日本語を選択言語を選択します。
画面下の日本語と書かれている部分の下の▽をタップすると、いろいろな言語を選択できるので、「日本語」を選択します。
続いて画面右上の矢印をタップします。

日本になっていることを確認「国または地域」を選択。
「日本」になっていると思うので、画面右上の「次へ」をタップします。

Wi-Fi経接続する

Wi-Fiのアクセスポイントをタップ接続可能なWi-Fiのアクセスポイントの一覧が表示されるので、使用しているWi-Fiをタップします。
なお、ここですでにSIMを差し込んでいる場合は「モバイルデータ通信回線を使用」を選択することで、Wi-Fiでなくてもインターネットに繋ぐことが出来きます。

アクセスポイントのパスワードを入力Wi-Fi接続用のパスワードを入力します。
Wi-Fiのパスワードが分からない人は・・・

ルーターの裏側に書かれているルーターの裏側に記載されている8桁の英数字がパスワードになります。

画面右上の次へをタップWi-Fiに接続が完了すると、このようにアクセスポイント名の前にチェックが付きます。
画面右上の「次へ」をタップします。

アクティベート

アクティベート開始アクティベートが開始されます。が、一瞬で終わります。

位置情報サービスを利用するか

位置情報のオン・オフ位置情報サービス(GPSなどを使用した現在位置の取得)を使うか選択します。
位置情報はGPSや天気など、ほとんどのアプリで使用するので、「位置情報サービスをオンにする」を選択します。
位置情報サービスは後でオフにしたり、アプリごとにオンオフできます。
右上の「次へ」をタップします。

Appleアカウントでサインイン

新規か既存ユーザーか選択新規で使用するか、既にApple製品を利用していてApple IDを所有しているか、で、違ってきますが、iPhoneなどを一度も購入したことがない人は、「新しいiPhoneとして設定」を。
既にiPhoneやiPadなどを使用してApple IDを所有している人で、iCloudを利用したバックアップをしている人は「iCloudバックアップから復元」を。
パソコンにバックアップを保存している人は「iTunesバックアップから復元」をタップします。
もし、古いiPhoneを利用していてバックアップを取っていない場合、どちらかの方法でバックアップを取っておいてください。

はじめてiPhoneを使う人

無料のApple IDを作成をタップはじめてiPhoneやiPadなどを使う人は、上記の選択で「新しいアイフォンとして設定」をタップするとこの画面になります。
既にApple IDを取得している人(iPhoneは持っていないけれど、iTunesなどで曲を購入している人)は、「Apple IDでサインイン」をタップします。

Apple IDがない人は、「無料のApplle IDを作成」をタップします。

Apple IDとは?

Apple IDとは、アプリをインストールしたり購入したり、曲をダウンロードしたり、iCloudを利用したり・・・と、いろいろな場面で入力する必要があるIDのことで、IDにはメールアドレスが使用されます。
パスワードはアプリをインストールするたびに入力する必要があるので、決して忘れないようにしてください。

あたらしくApple IDを作る人

名前を入力新しくApple IDを作る人は名前(苗字と名前)を入力します。

現在使用しているメールか新しく作る現在使用しているメールアドレスを登録するか、新たにメールアドレスを作成するか選択します。
既にパソコン用のメールアドレスを使用している人は、「現在のメールアドレスを使用」をタップ。
メールアドレスが全くない人は「無料iCloudメールアドレスを入手」をタップします。

ここで登録・作成したメールアドレスがApple IDになります。

既に使っているメールアドレスを入力する場合

既存のメールアドレスを入力現在既にパソコン用のメールアドレスを使っている人は、ここに入力します。

iCloudメールアドレスを入手する場合

もしくはiCloud.comのメールアドレスを作成「無料iCloudメールアドレスを入手」を選択した人は、欲しいメールアドレスを入力します。
@より後ろは「icloud.com」になるので@より前の部分を決めます。
既に誰かに使われていないものを登録します。

作成をタップ「作成」をタップすると新しいメールアドレスが作成されます。

このあと、Apple ID用のパスワードを登録します。

iCloudから復元する場合

Apple IDでサインインしますさて、私のようにすでにiPhoneを使用していたり、iPadやiPod touchなどを使っている人で、iCloudにバックアップをとっている人は、Apple IDを使ってiCloudにサインインします。

パソコンにバックアップをとっている場合

パソコンにバックアップをとっている場合、パソコンとiPhoneをUSBでつなげ、iTunesを起動させます。

復元が開始されるするとiCloudかパソコンのバックアップデータから復元が開始されます。
復元には20分ぐらいかかるので、しばらくこのまま待ちます。

iCloudからバックアップする人もバッテリーが0にならないようにUSBでパソコンにつないで充電しながら復元したほうがいいかも。
なお、パソコンから復元する人はUSBケーブルを途中で抜かないようにしてください。

電話機の切り替え作業

もし、SoftBankのケータイやiPhoneからiPhone5に機種変する場合、復元はしばらく時間がかかるので、この間に古い携帯電話から新しいiPhoneに電話機の切り替えを行なっておきましょう。
auの切り替え作業は、auサイトのiPhoneの設定を参考にしてください。

メールに記載されたURLをクリック本注文が完了した知らせが記載されているメールに、「商品到着後の切替手続きに関するご案内」という部分で、「WEBでのお切替の場合」のところにURLが記載されているので、ここをクリックします。

お申込み受付番号・生年月日・メールアドレスを入力受付番号と生年月日、メールアドレスを入力し、「機種変更オンライン切り替えを行う」をクリックします。

切り替え手続き切り替え作業が完全に完了するまで、古い携帯も新しいiPhoneも圏外表示で使えなくなるので、注意してください。
また、切り替え後は古い携帯電話の方のSIMは使えなくなってしまうので、注意。
切り替えには30分から1~2時間かかる場合があるそうです。
また、切り替えは9時から20時30分までの間しか出来ません。

復元の完了

iOS6の表示が出たらロック解除画面が消えて電源ボタンを押したときにこのような画面になっていれば、復元は完了です。
ロック解除の部分の矢印に触れ、矢印の方向に指をスライドさせてやります。
この動作をロック解除といいます。

続けるをタップ実はまだまだiPhoneの設定はまだ終わっていません。
「続ける」をタップします。

Apple IDでサインインFaceTime(テレビ電話)やiMessage(無料でiPhone同士でできるメール)を使用するためにApple IDでサインインします。

FaceTimeに結びつける連絡先を選択FaceTimeやiMessage用の電話番号、メールアドレスにチェックを入れます(このままでOK)。

Siriを使うかどうかSiriを使うかどうか選択します。
Siriとは、声でテキストを入力したり、iPhoneに機能を指示することができる便利な音声入力機能です。
あまり使いこなしていない人が多いみたいですが、ちゃんと使うとすごく便利なので当然使うにしておいたほうがいいでしょう。

Appleにユーザ登録をするAppleにユーザー登録をするか聞いてくるので「オン」のまま「次へ」をタップします。

設定の完了やっと設定が完了しました。
10月5日の午前9時40分から開始して、10時30分ぐらいまでかかりました。
私の場合は、写真を撮影しながら行ったので時間がかかりましたが、普通なら30分ぐらいで完了すると思います。

iPhoneを使うをタップしてください。

アプリ・写真や音楽の復元

Apple IDパスワードを入力しますApple IDパスワードの入力が表示されるので、パスワードを入力します。

アプリなどのダウンロードが始まります続いてアプリや写真などの復元が始まります。
iTunesと繋いでいれば音楽のコピーも自動的に行われます。
「OK」をタップします。

iPhone5のホーム画面ようやくiPhone5のホーム画面にたどり着きました。
なお、アプリのダウンロードや写真などの復元はまだまだ続いているので、アプリのアイコンの移動は、完全にアプリが復活するまで実行しないほうがいいかもしれません。
アプリを並べ直してもすぐにリセットされてしまうんです・・・。
30分以上かかる場合もあるので、このまま待ちます。

電波を受信できるようにする

この段階では圏外古い携帯電話から新しいiPhoneに電話を切り替える場合、30分から1時間程度で切り替えが完了するのですが、この間は古い携帯電話、新しいiPhone、共に圏外になります。
私の場合、2時間たってもずっと圏外のままだったのでおかしいなぁ。と思って、iPhoneを一度電源を切り、再び電源を入れると・・・

再起動したら受信できたソフトバンクの電波をキャッチできるようになっていました。
もしなかなか圏外表示から変わらない。という人は、一度iPhoneを再起動してみるといいかもしれません。

電話機の切り替えが完了する知らせ電話機の切り替えが完了するとこのようにSMSが届きます。

このSMSが来たら完了このお知らせメールが来たらようやくiPhoneが使えるようになります。

メールの設定

初めてiPhoneを使う人は、このあとメールアドレス等を設定する必要があります。
メールアドレスの設定は、以下のページを参考にしてください。

また、曲をiPhoneに転送したり、アプリをインストールしたり、着信拒否をしたりといった細かい使い方は、iPhoneの設定・準備をしよう!を参考にしてください。

 

カテゴリー

同じカテゴリーの記事

にほんブログ村 携帯ブログ iPhoneへ 2012/10/07 11:16 | このページのトップへ | コメントを書く | 管理