源平大戦絵巻 不思議でハマるゲーム

源平大戦絵巻というiPhoneのゲームが、絵巻がそのまま動くきれいで、そしてすごくおもしろいゲームです。ルールはすごく簡単。はさみ将棋の感覚で出来ます。

 
 

Home  About  BBS  Mail  Link

 
 

源平大戦絵巻 不思議でハマるゲーム

 

 

Last update 2011/12/17 14:12

 

源平大戦絵巻をインストール源平大戦絵巻iconという、ちょっと不思議なゲームアプリをインストールして遊んでみました。
パッと見ると、これがゲーム??なんて感じなんですけれど、絵巻が動く動く。
しかもなかなかこれがおもしろい。
何となく、ルールが難しそうでめんどくさそうだな。なんて思ったんですけれど、評価がすごくいいし、値段も安い(85円。2011年12月時)ので、インストールしてみました。
ルールはすごく簡単。
今回、動画と画像で源平大戦絵巻のおもしろさとルールを紹介したいと思います。

源平大戦絵巻ゲームを起動すると、源平大戦絵巻
iconのタイトル画面が懐かしい「セ~ガ~~」という音と共に表示されます。
セガのゲームだったんですね。

これからゲームの説明を画像で紹介しますが、説明すると長くて難しそうに見えますが、実際はすごく単純。
まずは動画を見てもらった方がわかりやすいかも。

まずは名前を決めます初めて起動させると、名前を決める画面になります。
この名前は、オンライン対戦で使う名前で、このゲームはオンライン対戦が熱いらしい。
Bluetoothを使った近距離の対戦も出来るみたいです。

ひとり用はキャンペーンをタップまずはひとりで遊んでみます。
というかひとりでもすごくおもしろく遊べます。
ひとりで遊ぶ場合は、「キャンペーン」をタップします。

出陣する戦場を選択出陣する場所を選択します。
最初は1カ所しか選べませんが、ゲームを進めて行くにつれいろいろなステージで遊ぶことが出来ます。

レベルを選択難易度を選択します。
難易度が高くなると、敵のレベルや出現数などが違ってきます。

兵種を選択したら出陣すべての合計が右上の数になるように分配
はじめは歩兵しか選べませんが、合戦に勝ち進んでいくと騎馬兵や槍兵など強い兵種を手に入れることが出来ます。
右上の「20/20」は、現在の兵力になります。
この20枚まで兵士を雇うことが出来ます。
この雇える兵士数は、合戦に勝利するともらえるカードで増やすことが出来ます。
たとえば右の画像では、23枚になっています。この場合、
騎馬兵:7枚
歩兵:14枚
持盾兵:2枚
の合計23枚になるように兵種を分配することが出来ます。

分配が住んだら、「出陣」をタップ。すぐにゲームが始まります。

基本画面

基本画面の説明

  • 左上は今所有している銭の数。
    配置するにはこの銭を消費して兵を雇わなければなりません。
    銭は、1秒程度で1銭ずつ自動で増えていきます。
  • その下の第1波は、敵の攻撃回数。
    敵は最大10波まで攻撃してきます。
    この10回の攻撃をふせぎきれば勝利になります。
  • 右下の「兵士徴用」は、新たに兵士を雇う場合。
    20枚のカードは、無料で使えるわけでなくその都度銭を消費して雇わなければなりません。
  • 下の3枚のカードは、雇った兵士です。最大5枚のカードをストックできます。
    このカードを増やすためには、右下の「兵士徴用」で兵士を雇うわけです。
  • 左上の二十は、残りの雇える兵士の枚数。
    これが0になる前に10回の敵の攻撃をふせがなくてはなりません。

兵士を配置では、さっそくプレーしてみましょう。
下に表示されているカードの中から出陣させる兵士を選び、陣地内に配置します。

敵が出現した敵が右側に出現します。
画面は指でスクロールできます。
このスクロールしないと見えない。ってのがまたはらはらドキドキするんです。
この敵の延長線上に、自分の兵士を配置します。

勝つと相手は血しぶきをはいて倒れる敵を倒すと、このように血しぶきを上げて相手が倒れます。
これがけっこう残酷・・・。
パターンは色々あって、首が飛ぶ場合もあります。
この残酷な描写は、設定でオフにすることが出来ます。
苦手な人にはオフにしておいた方がいいかも・・・。

移動も出来る兵士は配置後、自由に移動させることが出来ますが、兵種によって移動できる場所が違ってきます。
歩兵は縦横斜めすべてに移動できますが、騎馬兵は斜めと前方にしか進めません。
レベルが上がってくると、敵がどんどん出現してくるので、素早く移動できるかどうかが勝負の分かれ目になるので、強いから騎馬兵を多くしても困る場合があります。

段が上がると強くなる同じ兵種は重ねて配置することが出来、その分強くなります。
最大5段まで強くなることが出来、新たに重ねると体力が全開します。
やられそうになったら素早く、同じカードを重ねて体力回復と、攻撃力アップさせるのがポイント。
レベルが高くなると、敵も強くなった兵士が出てきます。

騎馬隊を後方に配置2つの兵種で攻撃できる
手持ちの札をどんどん配置することが出来ます。
騎馬兵は1つ前まで攻撃できます。
1つ前の歩兵と同時に攻撃できます。
同じ兵種同士だと、互角の強さですが、二つの兵種で攻撃すると攻撃力が増すので相手をすぐに倒すことが出来ます。
そうしたテクニックを利用して、少ないカード数で敵をふせぎきるのがポイント。

兵士徴用をタップするとカードを購入できる兵士を雇うには右下の「兵士徴用」をタップします。
兵士は1~3枚まで選べます。
梅は1枚(10銭)。
竹は2枚(18銭)。
松は3枚(26銭)手に入れることが出来ます。
松が一番お得なんですけれど、一度にストックできる枚数は5枚までなので、すでに3枚以上カードを持っている場合は、竹か梅しか選択できません。
また、銭の数が足りないと選択できません。

ステージをクリアするとアイテムがもらえる10回の攻撃を無事ふせぎきると、アイテムがもらえます。
このときに茶碗がでると、雇える兵士の数が1つ増えます(20枚だったやつ)。
こうして戦をこなすことで、自分自身も少しずつ強くなっていきます。

勝利勝利すると、このようにお姫様達が祝福してくれるんですけれど、なんかすごく動きが不気味です。笑
逆にそこがいいんですけれど。

有料で強いカードを取得したりできるアイテムはお金を出して買うことも出来るみたいです。

兵種もたくさんあるまた、戦闘が終わると兵士のカードが一枚もらえます。
より強い騎馬兵や防御力がある持盾兵など、70種類ぐらいの兵種があるみたいです。
すべて集めるには気が遠くなりそう。。。
でも、それだけ長く遊べるってことかもしれない。

複数の兵士が交差レベルが高くなると、このように複数の兵士が入り乱れて対戦するようになります。
結構頻繁に敵が出現するので、あわただしく配置しないと突破されてしまうことも。
敵兵をふせぎきらず、左側に突破されてしまうと負けになります。

まとめ

私はゲームが苦手というか、すぐに飽きてしまうのでiPhoneではあまりゲームをしないつもりだったんですけれど、このゲームはそんなゲームが嫌いな人でもお勧め。
特に最近はNHKの大河ドラマで平家物語が放送されるようなので、時期的にもぴったりかも。
絵巻がスムーズに動く様子やBGMも雰囲気ばっちり。
iPhoneのグラフィック性能の良さを見せつけてくれるアプリです。

パッと見、取っつきにくそうな感じを受けますが、ルールはいたってシンプル。
頭を使うこともありますが、テンポよく進むので難しく考えずにプレーできます。
1つの合戦は、5分ぐらいで終わるのでちょっとした空き時間にもいいかも。
また、ステージもクリアしてしまえば飽きる。って感じではなく、1つのステージで繰り返し遊べるのもグッド。
インストールしてから、ついつい時間があるとやってしまうんですよね~。
注意点として、電池をはやく消耗してしまうので気をつけてくださいね。

 

カテゴリー

同じカテゴリーの記事

にほんブログ村 携帯ブログ iPhoneへ 2010/08/21 20:03 | このページのトップへ | コメントを書く | 管理