iPhone入門

iPhoneの購入の仕方から、電話を使えるようにする設定をはじめ、おすすめアプリや活用術を紹介しています。

iPhone5を購入する

人気記事

スポンサードリンク

iPhone活用記

兄弟サイト

Sponsored Link

 

iPhoneの連絡先が消えた場合の復元方法

私の周りやサイトでの相談の中でも多い質問が、急にiPhoneの連絡先(電話帳)のデータが消えて真っ白になってしまったのでどうにかならないか?というものです。パソコンがなくてもレラ草木のデータの復元がで

意外と多い、iPhoneの連絡先が急に消えてしまう現象。今回は、パソコンがなくても連絡先のデータを復元する方法を紹介します。

連絡先が真っ白に私の周りの友達でも何件かあったのですが、iPhoneは急に連絡先の中身が真っ白になってしまうことがあります。(すべての連絡先が「連絡なし」と表示される)

原因は不明ですが、普段使用していないパソコン(友達のパソコンとか)と同期してしまった場合などやiCloudとの同期がうまく行かなかった場合、このように電話帳のデータが消えてしまうことがあるようです。

連絡先が消えた場合の対処方法

iPhoneの連絡先のデータは、常にネット上に保存されています。なので連絡先が消えても慌てず、以下の方法でほぼ確実に復元できます。
注意しなければならないのは、データが消えた状態で、新たに連絡先を追加しないこと。真っ白なデータに1件でも追加すると、この1件だけの連絡先が本当の連絡先と認識されて、本当に消えてしまう可能性があります。

目次

上からやさしく、すぐにできる方法です。上から順に試していき、復元できなかったら次のやり方を試す。という感じで行ってください。

設定の確認

何かをいじったら消えてしまった。なんて場合は、まず以下の設定を確認してください。

連絡先のグループの確認

iPhoneの連絡先ではグループごとに表示・非表示させる機能があります。まずは全てのグループが表示される設定か確認します。

連絡先のグループをタップ連絡先 「連絡先」を開いたら、左上に「グループ」があるか確認してください。
もし、「グループ」がなければ、今回の設定は関係ありません。
iCloudとの同期を確認するへ進んでください。
「グループ」がある人は、ここをタップします。

すべてにチェックを入れるすべてにチェックが入っているか確認してください。

もし、すべてにチェックが入っていたり、チェックを入れても標示されない場合は、
iCloudとの同期を確認するへ進んでください。

iCloudの設定を確認する

設定のiCloudを開くiCloud(アイクラウド)の連絡先がオンになっているか確認します。

設定 設定」を開き、「iCloud(アイクラウド)」をタップします。

連絡先がオンになっているか確認「連絡先」がオン(黄緑色)になっているか確認します。
ここがオフ(灰色)になっていると、連絡先が真っ白になることがあります。

ここがオン(黄緑色)なのに連絡先の中身が真っ白の場合は、次のステップに進みます。

解決方法

では、連絡先が全て消えてしまった場合の解決策を紹介していきます。

iPhoneを再起動してみる

私の周りの友達は、このiPhoneの再起動でほぼ、連絡先が復元します。iPhoneを再起動するには、以下。

スリープ解除ボタンを長押しiPhoneの右側面にある、電源ボタン(正式にはスリープ解除ボタン)を5秒ほど長押しします。

電源をオフこのような画面になるので、「スライドで電源オフ」の右側を指でタップしたまま、左へスライド(スワイプ)します。

iPhoneが再起動し終わったら、連絡先 連絡先を開きます。
もし、何人か連絡先に登録されている名前が復元できていれば成功です。
しばらく待っていると、ネット上に保存された連絡先のデータが完全にダウンロードされ、連絡先のデータがちゃんと復元します。

iCloudからデータを復元する

ここまで確認し、再起動しても連絡先のデータが消えたままだ。という人は、最終手段に行きます。以下の方法で強制的にデータを復元できます。
かなり裏技的な方法ですが、パソコンを使わなくてもiPhoneだけでアドレス帳を復元することが出来ます。

iCloudのページへアクセスまずは、AppleのiCloudのページを開きます。
このような画面が表示されるので、画面下の丸で囲った部分をタップします。

デスクトップ用サイトを表示をタップ2列目の部分を横にスライド(スワイプ)して、「デスクトップ用サイトを表示」をタップします。

左へスクロールこのような画面になります。
隠れている部分をスワイプさせて表示させます。

Apple IDとパスワードを入力してサインインApple IDとパスワードを入力します。
Apple IDとは、iPhoneを初期設定するときに作成したIDで、アプリのインストールなどに必要な会員情報です。

IDとパスワードを入力したら、矢印の部分をタップします。

二段階認証の場合は確認コードを入力「二段階認証」を設定している人には、このような画面になります。
登録した電話番号に「確認コード」が届くので、「メッセージ メッセージ」を開いて確認します。

二段階認証を設定していない人は、iCloudの画面からの操作に進んでください。

確認コードが届くメッセージ メッセージに「確認コード」が届きました。この4桁の数字を覚えておきます。

確認コードを入力先程の画面に戻るかSafari ブラウザ Safariを開き、確認コードを入力します。

ブラウザを信頼するか「このブラウザを信頼しますか?」という表示が出たら、「信頼する」をタップします。

iCloudから連絡先データを抽出する

連絡先をタップ残念ながらiPhoneの小さな画面だと見にくいのですが、左上の方に表示されている連絡先 連絡先をタップします。
もし、隠れてタップできない場合は、画面を横にしてみてください。

最初はスクロールできないiPhoneでアクセスするとこのような画面で、スクロールも何も出来ないと思います。

三角をタップそこで、「iCloud 連絡先」と書かれた部分の右にある三角の部分をタップします。

カレンダーをタップ表示されたアイコンの中から、「カレンダー」をタップします。

カレンダーの右横をタップカレンダーの画面が表示されたら、もう一度同じように「iCloudカレンダー」の右横にある三角をタップします。

画面を横にし連絡先をタップ今度はiPhoneを横向きにして、連絡先 連絡先をタップします。

連絡先が表示されたこのように横長の連絡先が表示されます。
ここでiPhoneを縦向きに持ち直します。

縦向きにしダイヤルをタップすると先程の連絡先では表示されなかった、左下にダイアルのようなアイコンが表示されるようになるので、ここをタップします。

すべてを選択をタップ吹き出しが表示されるので、「すべてを選択」をタップします。

連絡先がすべて選択された連絡先に登録してある名前の背景が、水色に変化します。この状態になったら・・・

vCardを書き出すをタップもう一度ダイアルの部分をタップし、今度は「vCardを書き出す」をタップします。

連絡先で開くをタップデータを抽出することが出来ました!
ここで「"連絡先"で開く」をタップします。

すべての連絡先を追加をタップ「○○件すべての連絡先を追加」と表示された部分をタップします。

標示されたこれで抽出した連絡先のデータが、iPhoneの連絡先に取り込まれました。

手順

iCloudのページを表示させる

② 画面下の共有共有ボタンをタップ

③ 「デスクトップ用サイトを表示」をタップ

④ 「カレンダー」をタップ

⑤ 「iCloudカレンダー」の右横の三角をタップ

⑥ iPhoneを横向きにする

連絡先 連絡先をタップ

⑧ iPhoneを縦向きに戻す

⑨ 左下の 設定ボタン ダイアルをタップ

⑩ 「すべてを選択」をタップ

⑪ 左下の 設定ボタン ダイアルをタップ

⑫ 「vCardを書き出す」をタップ

⑬ 「連絡先で開く」をタップ

⑭ 「○○件すべての連絡先を追加」をタップ

⑮ iPhoneの連絡先 にデータが取り込まれているか確認

iPadやパソコンが有ればもっと簡単

iPadかパソコンがあれば、iCloudのページにアクセスすると、最初から 設定ボタン ダイアルのアイコンが表示されているので、上記のような「カレンダー」と「連絡先」を行ったり来たりしなくてもOKです。

縦向きにしダイヤルをタップ連絡先 連絡先を開いたら、左下の 設定ボタン ダイアルをタップ(もしくはクリック)し

すべてを選択をタップ「すべてを選択」をタップし

連絡先がすべて選択されたすべての連絡先が選択(水色の背景)になったら、もう一度 設定ボタン ダイアルをタップし、

vCardを書き出すをタップ「vCardを書き出す」をタップ。

iPadの場合は、「その他」をタップし

メールで送信をタップ「メールで送信」をタップし

iPhone宛に送るiPhone宛にメールで送信します。

すべての連絡先を追加をタップメールに添付されたファイルをタップすると、このような画面になるので、「○○件すべての連絡先を追加」をタップすれば完了です。

関連ページ

iPhoneのパスコードを忘れた!パスコードのリセット方法

iPhoneのロック解除時に入力する「パスコード」を忘れた場合、iPhoneを初期化するしか解決方法はありません。ロックされたiPhoneを初期化してリセットする方法を紹介します。

パスコードを間違えるとiPhoneのロック解除には、基本的に「指紋認証」が使われていますが、何らかの原因でうまく指紋認証が行われなかったり、長い間ロックを解除していない場合は、パスコードの入力が必要になります。
このパスコードを忘れてしまった場合の解除方法は残念ながらありません。
もし、パスコードを忘れてしまった場合は、iPhoneを初期化(リセット)しなければなりません。

ロックされたiPhoneを初期化するには

iPhoneを初期化するには、iPhone上から操作する(参照:iPhoneを工場出荷に戻す(初期化))必要があります。が、パスコードでロックされているとそれが出来ません。そこで「iPhoneを探す」を利用してiPhoneをリセットします。

パスコードを間違え続けると

iPhoneを初期化すると、それまでのデータやアプリが全て消えてしまいます。iCloudやパソコン上に保存したバックアップから復元出来ますが、なるべく初期化は避けたいところ。
まずは今回紹介紹介する方法を試す前に、思い当たるパスコードを何度か入力してみてください。

1分間入力を受け付けなくなるパスコードは5回連続間違えると、1分間入力が受付できなくなります。(ただし、緊急電話はかけることが出来ます)

5分後と15分後60分後に伸びる1分後、入力できるようになりますが、今度は1回でもパスコードを間違えると5分間入力受付ができなくなります。

5分の次は15分。15分の次は60分・・・と、どんどん増えていくので、実質的に4桁のパスコードでも、ほぼ解除は不可能になります。

iPhoneを探す で初期化

iPhoneを探すiPhoneにはデフォルトでインストールされている「iPhoneを探す」があります。(Find iPhoneという名前のときもある)
基本的にはこのアプリは、なくしてしまったiPhoneを探すアプリですが、なくしてしまったiPhoneを不正利用されないように初期化することも出来るんです。

iPadか家族や友達のiPhoneを借りる

といっても、肝心のiPhoneはパスコードでロックがかかってしまってるんだよ!という声が聞こえてきそうですが、「iPhoneを探す」は、iPadや家族か友達などのiPhoneでもOK。
とにかく誰かしらのiPhoneかiPadを借りてください。
またはパソコンを持っている人であれば、パソコン上からも「iPhoneを探す」は使えます。
※ パソコン版のiPhoneを探すはこのページの後半に説明します。

Apple IDでログイン「iPhoneを探す」を立ち上げたら、パスコードがかかっているiPhoneで使っているApple IDでサインインします。

解除したいiPhoneをタップすると、パスコードのロックがかかったiPhoneが表示されます。
なお、同じApple IDで複数のiPhoneやiPadを使っている人は、この画像のように幾つか表示されます。

パスコードを解除したいiPhoneをタップします。

アクションをタップディスプレイの下の方に「アクション」というボタンが表示されるので、ここをタップします。

iPhoneを消去をタップ右下の「iPhoneを消去」をタップします。

iPhoneを消去確認画面が表示されるので、「iPhoneを消去...」をタップします。

注意!

iPhoneを消去(初期化のこと)すると、全てのアプリ、データが消えます。バックアップから復元できますが、バックアップを取っていなかったり、バックアップから日にちが経過していると、そのあいだのデータは消える可能性があります。
※ 撮影した写真は「フォトストリーム」というネット上に保存されるサービスがオンになっていれば、復元できます。
参照:フォトストリームとは?設定と使い方

Apple IDのパスワードを入力もう一度Apple IDのパスワードを入力し、「消去」をタップします。

電話番号を入力初期化後に表示される電話番号を入力します。が、これは特に入力しなくてもOK。
この機能は、iPhoneを何処かになくしてしまい、誰かが拾ってくれた場合に連絡が欲しい場合に表示させる電話番号です。
なので今回は、入力してもしなくてもどちらでも構いません。

②の「次へ」をタップします。

完了をタップここも、iPhoneをなくしてしまったときに、誰かが拾った場合に画面に表示させたいメッセージなのでこのままでOK。
上の「完了」をタップします。

初期化開始

初期化が開始されるここでようやくパスコードをリセットしたいiPhoneが初期化されます。

こんにちは初期化は5~15分で終了します。その後、このような画面になります。
iCloudから復元するには、iCloudから復元するに進んでください。

パソコンを使ってパスコードをリセットする

周りにアイフォンを持っている人がいない場合、パソコンを使ってパスコードをリセットする事もできます。と言うか、iPhoneを初期化する方法もあります。

パソコンからiCloudにアクセスパソコンのブラウザからiCloudのページへアクセスします。

サインインしたら、「iPhoneを探す」のアイコンをクリックします。

サインインもう一度パスワードを入力します。

パスコードをリセットしたいiPhoneをクリック①「すべてのデバイス」をクリックし、②パスコードをリセットしたいiPhoneをクリックします。

「iPhoneの消去」をクリックします。

消去をクリックこのiPhoneを消去しますか?と聞いてくるので、「消去」をクリックします。

パスワードを入力もう一度、Apple IDのパスワードを入力します。

初期化が開始されます。
初期化後、パソコンやiCloudにバックアップしたデータから復元するには、

に進んでください。

関連ページ

ナビタイムを解約するには

iPhoneやアンドロイドの有料カーナビアプリの、カーナビタイムの月々の支払いを止める(契約解除)方法を紹介します。

有料カーナビアプリの中でも使いやすく、おすすめのカーナビタイム。が、以前、契約したままになっていて解約するのを忘れてしまいました。
今回は、アンドロイド(スマホ)でナビタイムを契約した場合の、解約方法です。

スマホのナビタイムの契約

ナビタイムの契約方法は、iPhoneとアンドロイドで違います。iPhoneの場合は、iPhoneの有料アプリを解約する方法を参考にしてください。
今回はアンドロイドのNAVITIME(ナビタイムナビタイム)の解約方法です。

Sponsored Link

 

無料で31日間使えるが・・・

初回のみ月額コースを無料でお試しナビタイムは、初回のみ月額コースを無料でお試しができる試用期間があります。が、解約しないままでいると、料金が発生してしまいます。
しかも、この支払い方法って「spモード決済」のような、スマホ側で解約できない(サイトにアクセスすればできますが)ので、解約方法がイマイチわかりにくいんですよね~。というわけで、ドコモやau、ソフトバンクの携帯電話代の明細を見ていたら、「カーナビタイム」の契約があった場合は、以下の方法で解約することができます。
今回はドコモの場合ですが、auやソフトバンクでも似たような手順で解約できると思います。

明細を確認

決済サービスご利用明細また明細も確認しづらい場所にあって、これが一層気がつかないままでいる原因だと思います。
まず、「spモード決済」の明細を見るには、My docomoにログインし、料金・データ量の確認 | My docomo | NTTドコモを開き、下の方にある「商品など購入履歴の確認」にある

・決済サービスご利用明細
(spモード決済・ドコモ ケータイ払い/dケータイ払いプラス)

の部分をタップします。

spモード決済のご利用履歴すると、見覚えのないご利用料金(324円)が表示されています。
「ご利用履歴・お支払い明細」をタップします。

「NAVITIMEドライブサポータ(spモード決済)」と表示されています。
今月だけかな?と思ったのですが・・・

詳細をタップ過去を遡っても毎月請求されていたようです。
この「spモード決済」がわかりにくい原因の1つとして、携帯電話の明細には乗らないんですよね。この明細・・・

解約する前に「決済番号」という12桁の数字を表示させます。
「詳細」の部分をタップします。

決済番号をメモしておくすると、「決済番号」が表示されるので、この「決済番号」をメモしておくか、コピーします。

解約ページ

ドライブサポーターをタップ続いてナビタイムの解約ページに行きます。
該当するナビタイムの契約をタップします。私の場合は、「ドライブサポーター」というやつですね。

決済番号を入力し登録解除先程メモしておいた「決済番号」を入力します。(ハイフンは必要ありません)

「登録解除」をタップします。

会員を解除するをタップ解約後も期限が来るまで使用できる、という説明が表示されるので、「会員を解除する」をタップします。

spモードパスワードを入力「spモードパスワード」を入力します。なお、「spモードパスワード」がわからない場合は、spモードパスワードを調べるにはを参考にしてください。

「解除する」をタップします。

解除手続き完了解除手続きが完了しました。
「次へ」をタップします。

解除完了これで料金が発生しません。
いつから料金が発生したか調べてみたところ、なんと去年の今頃から発生していたようで、324円 x 12ヶ月の3,888円が無駄に支払われていました・・・。

無料を使い続けるとスマホのナビタイムには、このように「spモード決済」で支払う方法と、「クレジットカード」による支払い、「Googleウォレット決済」による支払いといろいろ選択することができます。
iPhoneの場合は、App Store経由で支払われるので、解約などがかんたんなのですが、スマホ(アンドロイド)の場合はわかりにくいので注意してください。

関連ページ

2016-11-15 22:10 【 ナビタイムを解約するには 】 | コメント |

トップへ

 

Copyright (c) iPhone入門 All Rights Reserved.