iPhone入門

iPhoneの購入の仕方から、電話を使えるようにする設定をはじめ、おすすめアプリや活用術を紹介しています。

iPhoneを購入する

人気記事

スポンサードリンク

iPhone活用記

兄弟サイト

Sponsored Link

 

iPhoneでプラスメッセージを使うには

iPhoneでも「+メッセージ」が使えるようになりました。ダウンロードとインストールの仕方、エンターキーで送信する方法や既読をオフにする方法なども紹介します。

+メッセージいよいよiPhoneでも「+メッセージ」が使えるようになりました。
LINEに代わる必須アプリになりうるのでしょうか?今回はインストールの仕方や簡単な使い方(エンターで送信する方法や既読をオフにする方法)を紹介したいと思います。

目次

+メッセージのダウンロードとインストール

App Storeからインストールアンドロイドのスマホは「+メッセージ」がはじめからインストールしてありますが、iPhoneの場合は手動でインストールしないといけません。
+メッセージのダウンロードページを開くとApp Storeが起動するので、「入手」をタップしてダウンロード、インストールします。

次へをタップ簡単な+メッセージの説明が表示されるので、「次へ」をタップします。

連絡先へのアクセスの許可連絡先へのアクセスを許可するか聞かれるので、「OK」をタップします。
なお、LINEと違い基本的にはSMS(ショートメール)と同じで、相手の電話番号がわかっていればメッセージを送ることができちゃいます。(設定で友達登録のみにも出来る)

通知の許可通知を許可するか聞いてくるので「許可」をタップします。

Wi-Fiをオフにして認証

Wi-Fiを一時解除最初の1回だけ「Wi-Fi」をオフにして認証の必要があるようです。
Wi-Fiを使っている人は、Wi-Fiをオフにします。
※ Wi-Fiを使っていない人はなにもしなくてOK

Wi-Fiをオフにするコントロールパネルを表示させ、Wi-Fiのアイコンをタップして白い丸にしてください。

利用規約に同意する「利用規約」が表示されるので目を通したら、「同意する」をタップします。

設定が完了しました設定が完了しました。

プロフィールの設定

プロフィールの設定プロフィールの設定をします。
このプロフィールは自分の連絡先に登録してある相手、また登録していなくてもメッセージを送信した相手に表示されます。
名前や簡単なメッセージ、場所、そして写真が設定できます。

こちらを登録していない相手にメッセージを送った場合、ここの名前が相手に表示されます。
ただし、相手がiPhoneの連絡先に写真を設定してある場合で、相手が写真を登録していない場合は、iPhoneの連絡先の写真が表示されるようです。

「次へ」をタップします。

メッセージ一覧以上で設定は完了です。すべて完了すると、このようなメッセージボックスの画面になります。
すでに1件、メッセージが届いています。
ドコモの場合は、ドコモからの登録完了のメッセージが届きます。

連絡先「連絡先」を開くと、iPhoneの連絡先に登録している人の連絡先が表示されます。
この「連絡先」には「すべて」と「+メッセージ」というタブがあり、こちらは「すべて」。

プラスメッセージを使っている相手相手も+メッセージをインストールして使っている場合は、このように連絡先の右側に吹き出しのアイコンが表示されます。

プラスメッセージの登録しているユーザー「+メッセージ」タブをタップすると、+メッセージをインストールして使っている人のみが表示されます。

設定

自分のプロフィールの設定

マイページ右下の「マイページ」をタップすると、自分の登録データや設定画面を開くことができます。
また、スタンプのダウンロードもここから行います。

既読をオフにするには

LINEとの最大の違いが、+メッセージは既読をオフにすることが出来る点。

設定をタップ「マイページ」を開き、「設定」をタップします。

プライバシーをタップ「プライバシー」をタップします。

メッセージの既読機能「メッセージの既読機能」をオフ(灰色)にすると相手には既読なのか未読なのかわからなくなります。

改行キーで送信

LINEのように「改行キー」で送信したい場合は

設定をタップ「マイページ」を開き、「設定」をタップします。

メッセージをタップ「メッセージ」を開きます。

改行キーでメッセージを送信「改行キーでメッセージを送信」をオンにします。

ここにある「連絡先未登録車をフィルタリング」をオンにすると、iPhoneの連絡先に登録してない人からのメッセージは届きません。デフォルトでオフになっているので、知らない人からのメッセージは受信したくないという人は、ここをオンにしてください。

iMessageやSMS(ショートメール)の送信は出来る?

+メッセージを使っていても今までどおり「iMessage」や「SMS」の送信はできます。
iPhoneの場合は、メッセージ メッセージアプリはそのまま使えるので、相手がiPhoneやiPadを使っているのであれば、iMessageは送信できます。

SMSの送信また、SMSも今まで通り使うことができます。
+メッセージの「連絡先」の画面には「SMS」という小さなアイコンがありますが、ここをタップすると同じ相手にSMSでメッセージを送信できます。

その場合は、メッセージ メッセージアプリが立ち上がり、直接+メッセージからSMSを送信できるわけではないので注意。

iMessageも使える相手にiMessageで送信したい場合は、やはりメッセージ でiMessageを送信できます。
こちらの吹き出しの色が青であれば、iMessageでのやり取りです。

+メッセージは普及する?

私の予想はあてにならないのですが(笑)、私が思うに、多分+メッセージは普及はしないと思います。
現に私の周りで使っている人は、はじめからインストールされている最新のアンドロイドを購入した友達と、私が無理やりインストールさせた(笑)iPhoneユーザー一人だけです。
そもそもiPhoneでは、iMessageがはじめから使えますが、やはり私の周りで使っている人は殆どいません。
メッセージのやり取りにLINE以外にいろいろなアプリが登場しましたが、今のところ日本では全滅状態です。
今更LINEがあるのにあえて他のアプリを使う人は、私のような新しもの好きか、仕事で使いたい人じゃないかな、と思います。

とはいえ、友達登録が必要なく(設定で友達のみのやり取りにすることも可)、アンドロイドユーザーであれば使い勝手がいいので、普及する可能性も秘めていますが、難しいでしょうね~。

関連ページ

パソコンで使っているパスワードをiPhoneやスマホでも使うには

WindowsなどのパソコンのChromeに保存されたIDやパスワードをiPhoneやアンドロイドなどのスマホで使う方を紹介します。

iPhoneなどのスマホでパスワード管理アプリを使っている人も多いと思います。私は少し高いのですが、1Passwordというアプリを使っています。
また、パソコン側ではLastPassという機能拡張を使用しています。が、どちらも両方で使えるようにするには、月極(もしくは年ごと)にお金を払わないといけないんですよね~。
ただ、最近はGoogle Chromeにパスワード自動入力及び保存機能がついたので、パソコンとスマホ側で同じパスワード管理機能を使えるようになりました。
今回はGoogle Chromeのパスワード管理機能を利用した、パソコンとスマホで同じようにパスワードを管理する方法を紹介します。

目次

パソコン側でパスワードの管理・保存

必要なアプリ

パソコン側にもスマホ側にも「Google Chrome」というアプリが必要です。

IDとパスワードをChromeに保存するには

IDとパスワードを入力して送信ChromeにIDとパスワードを保存させるには、入力欄に入力したあと送信するだけです。

Chromeのパスワードの保存URLの右側にこのように確認画面が表示されるので、「保存」をクリックすると、以後、自動入力されます。

保存の確認画面が表示されない

保護されていませんただし、URL欄の左側が「保護されていません」となっているようなページのIDとパスワードは保存されません。
これはiPhoneのパスワード管理機能「iCloudキーチェーン」と同じで、暗号化に未対応のサイトでは保存することができません。

保護された通信 SSLの場合このようにURLの左が「保護された通信」と表示されているページのみ、IDとパスワードを保存することができます。

保存されているIDとパスワードを確認する

一度保存したIDやパスワードは、自由に確認することができます。確認方法は以下。

Chromeの設定を開くChromeの右上にある①メニューボタンをクリックします。

続いて②の「設定」をクリックします。

Chromeの設定画面が開いたChromeの設定画面が表示されるので、下にスクロールします。

詳細設定をクリック一番下までスクロールすると、「詳細設定」というボタンがあるので、ここをクリックします。

パスワードを管理をクリック「パスワードとフォーム」という部分に「パスワードを管理」があるのでここをクリックします。

保存したパスワードをクリック「パスワードを管理」が表示されます。
この時、「パスワードを保存できるようにする」と「自動ログイン」がオンになっていることを確認してください。(逆にここをオフにしておけば保存されない、もしくは自動入力されません)

左下の丸で囲まれた部分をクリックします。

Chromeに保存されたパスワードの一覧保存されているID(ユーザー名)とパスワード、そして保存したURLが表示されます。

パスワードを表示

目のアイコンをクリックただし、このままだとパスワードは表示されません。パスワードを表示させるにはその隣の「目」のようなアイコンをクリックします。

Windowsアカウントでログインこのような認証画面が表示されます。
ここにはWindowsのログイン用のIDとパスワードを入力してください。

パスワードが表示されたパスワードが表示されました。

iPhoneやアンドロイドでパスワードを表示させる

iPhoneのChromeアプリパソコンのChromeで保存したIDとパスワードをiPhoneやアンドロイドなどスマホでも使うには、iPhone、アンドロイドにも「Chrome」アプリをインストールしてログインしておきます。

Chromeにログイン

メニューをタップChromeをインストールしたらログインしておきます。
Chromeアプリの右上のまるで囲った部分をタップします。

設定をタップ「設定」をタップします。

Chromeにログインをタップ「Chromeにログイン」をタップします。

アカウントを追加をタップ「アカウントを追加」をタップします。

メールアドレスを入力メールアドレス、もしくは電話番号を入力してログインします。

パスワードの候補が表示されたIDやパスワードを入力するページを表示させると、このようにキーボードの上に候補が表示されます。

すべて表示をクリック「すべて表示」をタップします。

パスワードの一覧が表示されるパソコンのChromeに保存してあるIDとパスワードが表示されました。

コピーできる「コピー」をタップするとコピーできます。

自動で入力される大抵はこのように自動入力されます。

他のパスワード管理アプリ

LastPass

LastPassパソコンで有名なパスワード管理アプリの「LastPass」は、スマホ版が有料なんですよね。

30日間プレミアムトライアル最初の30日間は無料トライアルで使用できますが・・・

1年間で2900円1年で29000円の年会費で使用できます。

関連ページ

個人事業主でも契約できた Viewカードの申し込み

Apple PayでSuicaを使っている場合は、Viewカードを登録すればチャージするだけでポイントが貯まります。個人事業主の私でも契約できたViewカードの申込み方法。

Apple PayでSuicaを利用している人も多いかと思いますが、Viewカードを登録し、Suicaにチャージすると3倍のポイントが付きます。
私のように頻繁にコンビニやスーパーでApple Payを使っている人は、ぜひ、Viewカードを申し込んで契約しておくことをお勧めします。

目次

個人事業主やフリーターでも申し込める?

クレジットカードを申し込む際に最も気になるのが、個人事業主やフリーターでも発行することができるのか、ということではないでしょうか。
私は個人事業主とアルバイトを兼業しているのですが、問題なく審査に通過しました。(笑)Viewカードは比較的審査が厳しいと聞いていたので、ちょっと落ちるかもしれないなぁ。と不安だったのですが、すんなり審査に通過。
なのでおそらく個人事業主なのかフリーターなのかよりも、持ち家の所有者や負債があるかどうかのほうが重視されるような気がします。
また、交通系クレジットカードなので、学生の場合も審査が通りやすいようです。

年会費がかかる?ポイントと相殺できるか

一つ注意点があります。Viewカードには年会費がかかる、ということ。
Viewカードは477円(税抜き)の年会費がかかります。他のクレジットカードのように、前年度に10万円以上の買い物をしていれば翌年の年会費は無料・・・というようなサービスもありません。
なのであまり使わない人はポイントよりも年会費のほうが高くなってしまう可能性があります。
ちなみに「ビュー・スイカカード」には「ビックカメラSuicaカード」というものがあるのですが、年1回の使用で年会費が無料になるので、年会費が気になる人はこのカードがいいかもしれません。

Apple Payにチャージすると3倍のポイント

3倍のポイントが貯まるJRの公式サイトを見てみると、「ビューカードでチャージすれば、もちろんポイント3倍」と書かれています。

例えば1000円の使用で2ポイントが貯まりますが、iPhoneのApple Payデビューカードを使ってSuicaにチャージをすると、3倍の6ポイントが貯まります。
貯まったポイントはSuicaにチャージすることも可能なのですが、現金に換算すると6ポイントは15円相当になります。
つまり1000円のチャージで15円分のポイントが貯まるので、1.5%のポイント還元になります。

他のクレジットカードだと、Apple Payのチャージでは、0.5~1.0%の還元率なので、iPhoneのApple PayでViewカードからチャージしたほうがお得になるわけです。

どれくらいポイントが付くか

実際にどれくらいのポイントが貯まるかシミュレーションしてみました。公式サイトのシミュレーションで確認できます。

Suicaチャージ私の場合は、コンビニやイオン、業務スーパー(!)でほぼ買い物をしているのですが、1ヶ月2万円以上を使用しています。

そこで、「Suicaチャージ」に1ヶ月20,000円として1年間でどれくらいポイントが貯まるかシミュレーションしてみました。

Web明細ポイント明細を発行せず、インターネット上で確認する「Web明細ポイントサービス」に登録すると、毎月20ポイント(50円相当)がたまります。
よってここにチェックを入れ・・・

年会費と相殺するには

1年間で4000円分貯まるポイントは400ポイント毎に1,000円分のSuicaと交換可能なのですが、1年間で1,680ポイントも貯まる事がわかりました。
つまり4,000円分のSuicaに交換できるんですね。
とすると、年会費477円(税込みで515円)は簡単に超えてしまうことになります。

年会費477円をポイントで相殺させるには、1ヶ月3,000円以上をViewカードでチャージすればよいことになります。

Apple Payにチャージしたときのポイントの還元率

さて、実際にViewカードからApple Payにお金をチャージしてコンビニやスーパーで買物をし、3ヶ月ほど経過がしたので、どれくらいポイントが付いたか確認してみました。
なお、ポイントの確認はView's NETにログインすると確認することができます。
また、実際にサポートへ電話をかけて尋ねてみました。

5万円のチャージで300ポイント私の場合は1万年単位でViewカードからApple Payにチャージをしているのですが、4月にチャージした額は5万円でした。それが5月の15日にポイントとして反映されたのですが、300ポイントが付加されています。

このポイントをApple PayのSuicaにもチャージすることができるのですが、1ポイントは2.5円としてチャージすることができます。
つまり300ポイントは750円分となります。

50,000円のApple Payへのチャージで、750円分のポイントがつくということは、還元率は1.5%。
イオンカードやdカードの場合は0.25~0.5%の還元なので、もし、コンビニやスーパーでの買い物にiPhoneのSuicaを多用する場合は、Viewカードのほうが得ってことですね。

サポートで聞いてみた

実際にサポートへ電話をかけてみたところ、はじめはJRの改札での使用において、1000円につき3倍のポイント還元と言っていたのですが、上のポイントのことを聞いてみたところ、スーパーなどへの使用目的でのApple Payへのチャージでも3倍のポイント(1000円につき15円相当)がつくとのことでした。

Viewカードの申込み

Viewカードはオンラインですべて手続きすることができます。クレジットカードなどの申込みには、本人確認書類(免許証など健康保険証など)のコピーを郵送したり、アップロードする必要がありますが、Viewカードのオンラインの申込みには必要ありません。

本人証明書は送らなくていい

本人確認書類 郵送不要Viewカードの審査が通ると、郵便局から「本人限定受取郵便」で本人確認をするので郵送やアップロードの必要はありません。

入会申込をタップViewカード公式サイトを開き、「入会申込」をタップします。

オンライン入会 下にスクロールオンライン入会のページが表示されるので、下にスクロールします。

カード入会お申込みインターネットでの申し込みの手順が表示されます。
申し込みにあたって、請求の引き落としに指定する口座番号等が必要です。
*申込み後、銀行のオンラインページが表示され、自動引き落としの手続きをする必要があります

ビュー・Suicaカードを選択ビューカードの種類を選択します。
私はノーマルの「ビュー・スイカ」カードを選択しましたが、今から思えばビックカメラSuicaカードでもよかったかなと思いました。

「次へ」をタップします。

ビューカード会員規約にチェック「ビューカード会員規約」と「個人情報の取扱に関する重要事項等」の2つにチェックを入れます。
なお、先程も書きましたが、「ビックカメラSuicaカード」は年1回の使用で、年会費が無料になるのでビックカメラを利用しなくてもおすすめです。

同意するをタップ「同意する」タップします。

氏名と生年月日氏名・生年月日を入力します。

電話番号と住居と郵便番号性別、電話番号、住居、郵便番号を入力します。
「住居」は・・・

電話番号と住居郵便番号持家(自己)か(家族)か、賃貸などかの選択になります。

家族との同居や配偶者「生計を共にする家族人数(本人含む)」と家族と同居しているか、配偶者の有り無しを選択します。

職業や副業をしている場合は、該当するものにチェックを入れます。

副業がある方「次へ」をタップします。

年収と住宅ローンや債務年間支払「年収」「住宅ローンもしくは家賃の支払いの有無」「クレジットカードの債務年間支払予定額」を入力します。

この「クレジット債務年間支払予定額」ですが、クレジットカードの使用で1回払以外(リボ払い、ボーナス払いなど)の支払い予定がある人、ということらしいです。
なので私は0を入力しました。

カードブランドの選択「カードブランド」を選択します。
「JCB」「VISA」「MasterCard」の3つから選択できます。

4桁の暗証番号を2回入力し、決定します。

カードの利用目的カードの利用目的(生活費としてか事業用としてか)を選択します。
「家族カード」「ビューETCカード」「オートチャージサービス」を申し込むかを選択します。

私は「オートチャージサービス」のみ申し込みました。

VIEWs NET登録「VIEW'S NET」と「Web明細ポイントサービス」は必ず申し込んでください。ポイントが付きます。

VIEWsNET利用規約に同意「VIEW's NET利用規約」に同意するにチェックを入れ、「同意する」をタップします。

証明書の選択本人確認証明書類を選択します。

口座振替依頼書「三菱東京UFJ銀行」「みずほ銀行」「三井住友銀行」「ゆうちょ銀行」「住信SBIネット銀行」「新生銀行」「りそな銀行」「埼玉りそな銀行」その他信用金庫、地方銀行では口座振替依頼書の作成・郵送が不要です。

申込むをタップオンライン口座振替と本人限定受取郵便の申込みを選択し、次へをタップします。

口座振替を設定するをタップ「口座振替を設定する」をタップします。

口座振替の申込

金融機関選択所有する銀行口座の銀行を選択します。

ゆうちょ銀行私の場合は「ゆうちょ銀行」にしました。
タップします。

金融機関へをタップ「金融機関へ」をタップすると、申し込み終了後、ゆうちょ銀行のHPに移動します。

申込み内容の確認オンラインでのViewカードの申込みが終了しました。
「申込内容の確認」をタップします。

申込をタップ今まで入力してきた内容が表示されるので、間違いがないか目を通します。
よければ「申込」をタップします。

申し込みの受付が完了これで申し込みは完了です。

ゆうちょ銀行にログイン続いてゆうちょ銀行のページが表示されるので、お客様番号を入力してログインします。

申込口座内容が表示されるので、「次へ」をタップします。

自動払込既定に同意「自動払込み規定」の内容に同意するにチェックを入れ、次へをタップします。

ダイレクト暗証番号入力「ダイレクト暗証番号」を入力し、「実行する」をタップします。

確認自動振替をしてもいいか確認してくるので、「はい」をタップします。

自動振込の申込みが完了自動振替の申込みが完了しました。

審査結果はいつごろ?

私がViewカードを申し込んだのが、2月20日でした。
その後、翌月の3月3日に郵便局から「本人限定受取郵便物」のお知らせが届きました。だいたい2週間程度でViewカードが届くようです。と同時に審査結果も審査に通ったことがわかりました。
このお知らせが来たら該当する郵便局(下に郵便局の支店名が記載されている)に、

①免許証もしくは個人番号カード、健康保険証など
②印鑑
③届いた「本人限定受取郵便物特定事項伝達型の到着のお知らせ」

を持って訪ねてください。はじめ私は一番近い郵便局に行ってしまったのですが、うちではないと断られてしまいました。(笑)
一番大きい郵便局かな?と思ったのですが、それも違う。結局、少し離れた郵便局でした・・・

Viewカードが届いた

viewカードが届いたようやくViewカードを手にすることができました。

viewカードこちらがSuica機能付きのノーマルのViewカードです。
私の場合はVISAカードは何枚ももっているので、MasterCardにしました。

Apple Payでの使い方Apple Payへの登録の仕方などが記載された小冊子が入っていました。

まとめ

というわけで個人事業主でもViewカードの審査に通りました。まぁ、Amazon クラシックカードも審査に通ったので大丈夫だろうと思ってはいましたが、審査が厳しいと聞いていたので、ほっと胸をなでおろしました。
ただ、私はJRの電車はほぼ使わないので、何が何でもViewカードでないとだめ!というわけではありませんでしたが、私の使うコンビニ、スーパーがSuica対応のお店が多いので、単に支払いが楽だからという理由でApple Payを使うだけではもったいないと思っていたので、よかったです。

最近、私の近所の業務スーパーも電子マネーに対応しました。ただ、すべての業務スーパーが対応しているわけではないようで、まだ未対応のお店もありました。
あとはドラッグストアで未対応のお店が多いので、対応してくれないかなぁ。

関連ページ

 

カテゴリー

最新の記事