iPhone入門

iPhoneの購入の仕方から、電話を使えるようにする設定をはじめ、おすすめアプリや活用術を紹介しています。

iPhoneを購入する

人気記事

スポンサードリンク

iPhone活用記

兄弟サイト

Sponsored Link

 

YouTube Premiumで動画をダウンロードしたりバックグラウンドで再生するには

YouTubeの有料サービス、Premiumが始まりました。有料ですがバックグラウンドで再生したり、動画をダウンロードしてオフライン再生が可能です。

YouTubeの有料サービス「YouTube Premium」と「YouTube Music」が日本でも開始されました。
Premium会員になると、「広告が表示されなくなる」、スマホで「バックグラウンド再生」が可能になる、動画をダウンロードして「オフライン再生」が可能になります。
それ以外にも「YouTube Music」も利用できるようになります。

目次

YouTube Premiumを開始するには

ようやく日本にも有料版YouTubeの「Premium(プレミアム)」が開始されました。私の友人たちもYouTubeにはまっている人が多いので、待っていた人も多いかと思います。
「YouTube Premium」は、有料のYouTubeサービスですが、「広告が表示されなくなる」「オフライン再生」「バックグラウンド再生」などの特典があります。

YouTube Premiumとは?

オフライン再生

オフライン再生とは、動画をスマホにダウンロードしておき、パケットを消費せずに再生できる機能のことです。自宅などのWi-Fi環境であらかじめダウンロードしておき、通勤時などにパケットを気にせず再生させることができます。
また、何度も見たい動画をダウンロードしておけば、リストからすぐに再生させることができます。
オフライン再生のやり方は、動画をオフライン再生(ダウンロード)するにはに進んでください。

バックグラウンド再生とは

バックグラウンド再生とは、YouTubeアプリは仕様上、別のアプリを開いたりスマホの画面を消したりすると再生がストップしてしまいます。が、「YouTube Premium」ではバックグラウンドで再生させ続けることが可能です。
私の友人はYouTubeをBGM代わりに聞いているらしいので、こうした使い方の人にはぴったりです。
また、後で紹介する指定した時間に自動で再生を停止するにはを組み合わせて、寝落ちしてしまった時も自動で停止させることもできます。

広告が表示されなくなる

今までは無料で視聴できるので仕方がない、と思っていましたが、意外と広告が表示されないとストレスフリーです。ただ、私の場合はそれほど広告がうざいと思っていなかったせいなのか、最初は全然気がつきませんでした(笑)。単に広告がない動画を見てたのかな。と思っていました。

有料会員(プレミアム)になるには

YouTubeアプリ有料会員になるには、YouTubeアプリを立ち上げます。

YouTubeアカウントを入力まだYouTubeにログインしていない場合は、Googleアカウントでログインします。

自分のアイコンをタップYouTubeにサインインした状態だと、画面の右上に丸の自分のアイコンが表示されるので、ここをタップします。

YouTube Premiumを購入「YouTube Premiumを購入」をタップします。

使ってみる 無料 をタップ今のところ、最初の3か月は無料で使用できるので「使ってみる(無料)」をタップします。

3か月のトライアルこの時、無料で使用できる期限日が表示されるので必要に応じてカレンダーなどに登録しておくといいかも。
また、3か月経過する前に解約しても3か月目までは無料で使えます。

購入手続きが完了購入手続きが完了しました。
「OK」をタップします。

YouTube PremiumYouTube Premiumの紹介が始まるので、左へスワイプしていってください。

説明をスキップしていく一応紹介に目を通しておいたほうがいいかも。

バックグラウンド再生対応一番要望が高いのはこの「バックグラウンドで再生」かもしれません。

YouTube Musicも使える最後のページまで進むと「YouTube Music」の紹介が表示されます。
YouTube Musicは別のアプリで再生するので、もし必要なら「見てみる」をタップ。
このままYouTube Premiumに進むなら、「アプリを試す」をタップします。

無料と有料の違い

有料版「YouTube Premium」も同じYouTubeアプリを使います。違いは以下。

YouTube無料会員の場合は、左上の表記が「YouTube」です。

Premiumが、有料会員だと「Premium」になっています。

料金は?iPhoneだと高い?

YouTube Premiumは、iPhoneユーザーかそうでないかで実は料金が違います。iPhoneの場合、Appleへの手数料分が加わるようで、月々1,550円です。
が、アンドロイドやパソコンユーザーの場合は、月々1,180円です。
なお、スマホやPCで音楽を再生中は他の端末では再生できなくなります。

動画をオフライン再生(ダウンロード)するには

まずは好きな動画をスマホにダウンロードし、以後、オフライン(ネットに繋がない状態)で再生できるようにしてみましょう。

オフライン再生をタップ適当な動画を表示させたら、「オフライン」と記載されたアイコン(画像の丸で囲った部分)をタップします。

画質を選択画質を選択します。
「HD(ハイビジョン)」の場合、高画質な動画をダウンロードできますがファイルサイズが大きくなります(約4~5倍)。
「中」を選択すると画質は落ちますが、その分ファイルサイズが小さくなります。(HDの4~5分の1)

②「OK」をタップします。
なお、Wi-Fi環境がある人はなるべくWi-Fiに接続して実行してください。
コンビニのWi-Fiに簡単に接続させる

保存中になる保存の進行状況が表示されます。
画面の下に「オフラインに保存しています」という表示が消えたらダウンロード完了です。

下にスワイプ動画のページから元に戻るには、上から下にスワイプ(指をスライドさせること)します。

下にスワイプこんな感じ。

オフライン再生するには

保存した(ダウンロード)動画を再生させてみましょう。

ライブラリをタップ画面の右下に「ライブラリ」というボタンがあるので、ここをタップします。

オフライン再生可能するとこのような画面が表示されます。
この「オフライン再生可能」の下の「オフライン」をタップします。

ダウンロードされた動画するとスマホに保存した動画のリストが表示されます。
ここに表示されている動画は、パケットを使わずに再生されます。

バックグラウンドで再生できる?

有料会員(プレミアム)の特典の1つ、バックグラインドでの再生が本当にできるか試してみました。

スリープ状態で再生し続ける?

ロック画面で再生画面を消してスリープ状態にさせてみましたが、YouTubeが再生続けていました。
ロック画面を表示させると再生ボタンやスキップ、巻き戻し、音量調節のボタンが表示されました。

コントロールセンターの操作画面また、他のアプリを使用している間もYouTube動画は再生し続けます。
コントロールセンターを表示させると、再生ボタンなどが表示されます。

指定した時間に自動で再生を停止するには

意外と多くの人がYouTubeを再生させながら寝落ちしてしまうらしいので、ここでは指定した時間が来たらバックグラウンドで再生されているYouTubeを自動で停止する方法を紹介します。

時計アプリまずは指定した時間でストップさせたい動画を再生したらホーム画面に戻り、iPhone標準の時計アプリを開きます。

タイマーの設定右下の「タイマー」を選択し、②何分後(もしくは何時間後)に再生をストップするか設定します。

③続いて「タイマー終了時」をタップします。

再生停止一番下までスクロールし、「再生停止」にチェックを入れます。

②「設定」をタップします。

開始をタップ「タイマー終了時」のところが「再生停止」になっていることを確認したら、「開始」をタップします。

これで指定した時間が来たら自動的にバックグラウンドで再生されているYouTubeをストップさせることができます。
なお、この方法はYouTubeに限らず音楽アプリに対しても使えます。

解約するには

YouTube Premiumの解約はアプリ上からは行えません。iPhoneの課金は、Appleのシステム経由で解約することになっています。解約方法は以下。

設定のiTunes StoreとApp Store設定 設定を開き、「iTunes StoreとApp Store」をタップします。

Apple IDをタップします「Apple ID」をタップします。

登録をタップします「登録」をタップします。
なお、「登録」がない場合は、基本的には課金中のアプリはありません。

YouTube Premiumをタップします「YouTube Premium」をタップします。

登録をキャンセルするをタップ「登録をキャンセルする」をタップします。

キャンセルの確認登録をキャンセルしても指定された期限までは使えるようです。
「確認」をタップします。

終了予定が表示されるこれでYouTube Premiumを解約できました。
引き続き無料で使える期日が表示されています。

関連ページ

iPhoneをダークモードにしてバッテリーを長持ちさせるには

iPhone XSなど有機ELディスプレイ搭載のiPhoneは、壁紙を黒くしたり、ダークモードにすることでバッテリー持続時間を長持ちさせることが出来ます。

iPhone XSやiPhone Xなど「有機ELディスプレイ」を搭載したスマートフォンが増えてきました。今までの「液晶ディスプレイ」は、色がついた薄いフィルムにバックライトでLEDで透かすような仕組みだったのですが、有機LEではドット1つ1つが発光するので、黒い部分はついていない状態になります。
この仕組みを利用し、iPhoneの画面を暗くするモード(ダークモード)に設定すると、最大70%ほどバッテリー消費が抑えられる、というので、iPhoneの画面をダークモードにする設定や、iPhoneの壁紙を真っ黒にする方法を紹介します。

目次

iPhoneをダークモードにするには

iPhoneにはダークモードが用意されているわけではありませんが、「アクセシビリティ」を利用して疑似的にダークモードにすることが出来ます。やり方は以下。

電源ボタン3回押しでダークモード

電源ボタンを素早く3回押す最も手軽なのが、電源ボタン(スリープ/スリープ解除ボタン)を3回連続で押してダークモード/ダークモード解除する方法。
以下の手順で準備します。

設定の一般をタップ設定 設定を開き、「一般」をタップします。

アクセシビリティを開く「アクセシビリティ」を開きます。

一番下のショートカットをタップ一番下にある「ショートカット」を開きます。

色を反転(スマート)を選択「色を反転(スマート)」にチェックを入れます。
なお、「色を反転(クラシック)」の方でも似たような画面になりますが、見にくいのでお勧めできません。

電源ボタンを素早く3回押すiPhoneの右サイド上部にある電源ボタン(正式にはスリープ/スリープ解除ボタン)を3回連続で押します。

iPhoneがダークモードになったするとこのように下地が黒く文字が白いダークモードになりました。

ダークモードから通常モードに戻すには

もう一度電源ボタンを3回連続で押すと元の画面に戻ります。

ボタンが押しにくい場合

私のようにiPhoneにケースをかぶせている場合、電源ボタン3回は意外と押しにくいです。そこでゆっくり3回押してもダークモードにできるように調節してみましょう。

アクセシビリティのサイドボタン先ほどの「アクセシビリティ」を開き、「サイドボタン」を開きます。

クリックの感覚を遅くする「クリックの感覚」を「遅く」か「最も遅く」のどちらかを選択します。
この状態だとゆっくり3回ボタンを押しても、素早く3回押してもちゃんと反応するようになります。

ダークモード中のアプリの画面

ダークモードのホーム画面iPhoneをダークモードにしてもホーム画面自体はさほど変わりません。画像はダークモードのホーム画面ですが、アイコンが若干暗く色があせたような感じになります。
このままだとダークモードにしても、あまり効果がないのであとで紹介する、壁紙を真っ黒にする方法も併せて行ってください。

ダークモード中のLINEの画面LINEなどはほぼ全体が黒くなり、文字が白、もしくは灰色になります。

写真・カメラロールは普通に表示写真などアルバムは普通に表示されますが、上下のバーが黒くなっています。

マップは黒くなる地図やGoogleマップは黒くなってしまいました。夜間モードっぽい感じ。

Siriでダークモード

SiriでダークモードSiriに頼んでダークモードにすることも可能です。
この場合、「ヘイ、シリ。色を反転して」と頼んでみてください。
画像のように「色を反転」がオンになります。

Siriでダークモードをオフ解除するときは「ヘイ、シリ。色反転をオフ」と頼んでみてください。もしくはダークモード中に「ヘイ、シリ。色を反転して」でも元に戻すことが出来ます。

壁紙を黒くする

ダークモードにしてもホーム画面ではそのまま元の壁紙が表示されます。これだとホーム画面を表示している間は、あまり効果がないので壁紙自体を真っ黒にしてみます。
下の黒い四角をタップし続けてください。

壁紙 黒

イメージを保存2~3秒待っているとこのように画面の下に「イメージを保存」というボタンが出てくるので、ここをタップします。

写真を開く次に「写真」アプリを開きます。

マイアルバムを開く「マイアルバム」を開きます。

保存した画像をタップ先ほど保存した真っ黒の画像が下に表示されているので、ここをタップします。

共有ボタンをタップ左下の共有 共有ボタンをタップします。

壁紙に設定をタップ画面が切り替わるので一番下の段を右から左にスワイプして、「壁紙に設定」を探しタップします。

設定をタップ「設定」をタップします。

両方に設定ロック画面とホーム画面の両方に設定します。「両方に設定」をタップします。

ロック画面が真っ黒になったロック画面が真っ黒になりました。

ダークモードのホーム画面ホーム画面も真っ黒になりました。
最初にも書きましたが、有機ELのiPhoneやスマホ(GalaxyやPixel 3、Xperia XZ3など)は、黒い部分は発光していないので消えた状態と同じになり、つけっぱなしにしていてもディスプレイ自体で電力をあまり消費しなくなります。

アプリのダークモードを使う

LINEをダークモードにする

友達リストのダイアルをタップ友達リスト画面を表示させ(一番左側)、左上のダイアルをタップします。

着せ替えをタップ下にスクロールし、「着せかえ」をタップします。

マイ着せかえをタップ「マイ着せかえ」をタップします。

着せ替えショップへ一番下までスクロールし、「着せかえショップへ」をタップします。

ブラックをタップ①「イベント」をタップし、②「ブラック」をタップします。

ダウンロードをタップ「ダウンロード」をタップします。

今すぐ適用するをタップ「今すぐ適用する」をタップします。

LINEがダークモードになったLINEがダークモードになりました。

トーク画面もダークモードになったトーク画面もダークモードになりました。
なお、上で紹介した「色を反転(スマート)」によるiPhone全体をダークモードにしていると、逆に白くなってしまうので注意。

ツイッター

最近はアプリ自体がダークモード対応になってきました。さきがけはYouTubeアプリです。
以下ではツイッターをダークモードにするやり方です。

ツイッターの自分のアイコンをタップアプリの左上にある自分のアイコンをタップします。

ダークモードのボタン左サイドからメニューが表示されるので、左下にある月のアイコンをタップします。

ツイッターのダークモードこのようにダークモードになりました。

関連ページ

iPhoneを探すの場所がわからない?

iPhoneをリセットや復元するときに必要になる、「iPhoneを探す」をオフにする作業。が、iOS12以降、iPhoneを探すの位置が分かりにくくなりました。どこにあるか紹介します。

iPhoneを探すをオフにする必要がありますそれほど頻繁にお目にかかるわけではありませんが、iPhoneを初期化したり、復元する場合に必要になる「iPhoneを探すをオフにする」作業。
ところが、最新のiOS12では、「iPhoneを探す」の場所が分かりにくくなりました。

iPhoneを探すの場所

設定の名前の部分をタップ設定 設定を開き、一番上にある自分の名前が書かれた場所をタップします。

iCloudをタップ下にスクロールすると、「iCloud」という項目があるので、ここをタップします。

iPhoneを探すがあったやはり下にスクロールすると・・・ありました。
「iPhoneを探す」は、「設定 設定」→「名前」→「iCloud」→「iPhoneを探す」にあります。

iPhoneを探すをオフにする初期化や復元をするときは、ここをオフにします。

Apple IDのパスワードを入力Apple IDのパスワードを入力します。

iPhoneを探すがオフになったiPhoneを探すをオフにできました。

オンにしておく

なお、「iPhoneを探す」はなくしてしまったiPhoneを地図上から探し出すだけでなく、パスコードを忘れてしまった場合のリセットとしても使用できるので、なるべくここをオフにしたままにするのはお勧めしません。

関連ページ

 

カテゴリー

最新の記事