iPhone入門

iPhoneの購入の仕方から、電話を使えるようにする設定をはじめ、おすすめアプリや活用術を紹介しています。

iPhoneを購入する

人気記事

スポンサードリンク

iPhone活用記

兄弟サイト

Sponsored Link

 

Apple Watchやスマートウォッチの心拍数は正確?検証してみた

Apple Watchや他のスマートウォッチ、そして安価なスマートブレスレッドに搭載された心拍数計測機能は正確なのでしょうか?血圧計で計測して比較・検証してみました。

Apple Watchの登場によって、好きな時に心拍数を計測したり、24時間心拍数を監視し続けたり、指定した心拍数以下、もしくは以上になったら通知することもできるようになりました。が、そもそもApple Watchや他のスマートウォッチ、そして3000円程度で売られている安いスマートブレスレッドの心拍数は正確なのでしょうか?
オムロンの血圧計には心拍数も測れるので、実際に5つの機器で心拍数を計測してみました。

目次

心拍数計測の仕組み

Apple Watchなどで心拍数を計測しているときは、裏側(皮膚に設置する部分)の黄緑色のLEDライトが激しく点滅します。これは他のスマートウォッチもまったく同じ挙動をします。
このときLEDライトは1秒間に数百回ほど点滅するのですが、その反射光を分析して心拍数を測定しているようです。

健康番組などで血管に血液が送られる様子の映像を見たことがある方もいるかもしれませんが、心臓の鼓動に合わせて血液が送られていますよね。
血液が送られているときは血管が広がるので、LEDの反射して返ってきた光の変化によって心拍数を測定しているようです。
単純にそれだけを元に計測すると、個人差が出てくるので、多くの被験者から得られたデータなども加えて、より正確に測定できるようになっているようです。

心拍数を測定してみた

そこで、「Apple Watch Series2」、安価な「スマートブレスレット」、スマートウォッチとして有名な「Fitbit charge 2」、アンドロイドOS(Wear OS by Google)を搭載した「Ticwatch Pro」、そしてオムロンの血圧計で同時に心拍数を計測してみました。

どれもほぼ正確っぽい

血圧計による心拍数の測定は、実際に測定してみると分かるのですが、血管の鼓動に合わせて正確に測定します。ベルトで腕を縛られると腕の血液の鼓動が自身でもわかりますが、鼓動に合わせて血圧計のアイコンも正確に点滅するのが分かります。

同時に心拍数を測定してみたで、実際に5つの機器で測定してみると、ほぼどれも同じような値をたたき出しているのが分かります。

微妙に値が違うただし、スマートウォッチによる測定は1~数秒ごとに更新されるので、微妙に数値が違っているときもありますが、これは心拍数自体が数秒ごとに変化するため。
安静しているときはほぼ同じような値を表示します。

血圧計は1回しか計測できない

血圧計の心拍数血圧計の心拍数は、計測したときの1度しか測定できません。それに対してスマートウォッチはリアルタイムに測定できるので、正確さだけでなく運動強度や病気の防止などとしても使用できるというメリットがあります。

手動で心拍数を測定するには

Apple Watchの場合

Apple Watchは初期設定の状態で腕につけているときは24時間、心拍数を計測し続けます。
オフにすることもできます
実際には1時間に数回の頻度で計測されます。

Apple Watchの心拍数計測アプリ手動で計測したいときは、Apple Watchのアプリ一覧の中にある丸で囲ったアプリを立ち上げます。

手動で計測できるするとこのように計測が開始されます。

計測アプリの画面の様子1分ほど待っているとこのように心拍数が表示されました。
単位は「BPM」で、「Beats Per Minute」の頭文字をとったもの。1分間の脈数で心拍数の単位ですね。

計測されたデータを見るには

ヘルスケア手動で測定した心拍数はその場限りのデータですが、自動で測定される心拍数はデータとしてiPhoneに送られ、「ヘルスケア」というアプリで確認することが出来ます。

心臓の項目「心臓」の項目があるので、ここで「安静時心拍数」と「心拍変動」が確認できます。

タップすると・・・

心臓の心拍数のグラフこのように1時間に数回、そしてその日の最大値と最小値が分かりやすく表示されています。
Apple Watchは他のスマートウォッチなどと比べて、iPhoneとの連携が協力でまた、グラフやアプリの操作性が見やすく扱いやすいのが特徴です。

最大が161になっているのは、クロスバイクで15キロほど走ったため。

Ticwatch Proで心拍数を測定する

Apple Watchのアンドロイド版「Wear OS by Google」(旧名 Android Wear)を搭載したスマートウォッチ「Ticwatch Pro」を購入しました。
この「Ticwatch Pro」はApple Watchと違い、初期設定では24時間の心拍数記録機能がオフになっています。
手動で心拍数を測定するには・・・

TicPulseアプリ一覧を表示(デバイスの右側の上のボタンを押す)させ、「TicPulse(ティックパルス)」をタップして立ち上げます。

心拍数の計測中このような画面になるので、タップして測定開始します。

リアルタイムに更新される1分ほど待っているとこのように現在の心拍数がリアルタイムで表示されます。

Ticwatch Proで24時間心拍数を記録するには

右から左へスワイプTicwatch Proで24時間心拍数を計測し、記録し続けるには「TicPulse」を表示させたら、右から左へスワイプします。

24時間モニターをオンにするこのような設定画面が表示されるので、「24時間モニター」をオン(紫色)にします。
※警告が表示されるので「OK」もしくは「はい」をタップします

スマホで心拍数のグラフを見る

Mobvoiすごく残念なことに、Ticwatch Proは、アンドロイドの「Fit」とうまく連携ができていません。が、専用の「Mobvoi(モバボイ?)」で記録された心拍数を確認できます。

デバイスの詳細をタップ基本画面が表示されるので、まるで囲った右上の部分をタップします。

健康センターをタップその日の活動データが表示されます。
右上の丸で囲った部分をタップします。

健康センターを上にスワイプその日の詳細な活動データが表示されるので、下から上にスワイプします。

24時間の心拍数が表示された24時間の心拍数が表示されました。
その日の平均値と、最高、最低値も表示されました。
ちなみに夜中の3時頃にもかかわらず、心拍数が高いのは、夜中肉体労働で働いているからです。(笑)

スマートブレスレットの心拍数の測り方

基本的に心拍数測定機能付きのスマートブレスレットは、デフォルトで心拍数を記録し続けます。が、マニュアルで測定したい場合は、まるで囲った部分をタップしていくと、心拍数測定モードになるので、もう一度まるで囲った部分を長押しすると測定が開始されます。
なお、安価なスマートブレスレットは種類も多く、機種によってはやり方も違うと思われるので、注意。

Fitbit charge 2の心拍数の測り方

Fitbit charge 2はデフォルトで心拍数を記録し続けるので、画面を点灯させると自動で心拍数が表示されます。

心拍数を測定して役立つこと

正確な消費カロリーを知ることが出来るらしい

Apple Watchを購入したころは、心拍数なんて測定して何の意味があるのだろう?心臓に問題を抱えている人ならまだしも、バッテリーの無駄じゃないのだろうか?と思ったのですが、心拍数を計測するとより運動による消費カロリーの正確性が上がるらしいです。
そういえば激しい運動をしたときは心拍数が上がるし、当然その分カロリーを消費する。腕立て伏せや室内トレーニングのようなGPSから運動データが取得できないエクササイズに関しては、消費カロリーを推測しようにもあてになりませんよね。
なるほど。

また、心拍数と運動強度には相関関係があるので、ある程度計算から求めることができるそうです。
体重・心拍数・時間でおおまかな消費カロリーは算出できるのでしょうか?- Yahoo!知恵袋

安静にしているのに心拍数が上がる

心拍数警報をタップ実際にApple Watchなどで心拍数を計測し続けていると、運動も何もしていないのに安静時(60BPM程度)の倍ぐらいの心拍数になるときがあります。
私が購入したスマートブレスレット(V07)は、心拍数が指定した値以上になると振動で知らせてくれる機能があるのですが、実はびっくりするほど1日に何度も通知してきます。(笑)
実際にはそうした状態が短時間に連続して何度も続かない限りは心配しなくても言いそうなのですが、Apple Watchを購入したときは、心拍数計測なんて必要ないや。などと思っていましたが、今は必須の機能だと思っています。

安静時の心拍数の上限安静時に一定の値以上の心拍数が計測されると、振動で知らせてくれます。

関連ページ

Apple WatchをWatchOS5.0にアップデートした

Apple Watchの最新OS、WatchOSをバージョン5.0にアップデートしました。新たな機能としては「トランシーバー」アプリが追加されました。

Apple Watchの最新OS、WatchOS5.0にアップデートしました。残念ながら初代Apple Watchは、5.0にアップデートはできなくなってしまいましたが、Series(シリーズ)2をWatchOS5にアップデートしてみました。
それほど魅力的な機能が追加されたわけではありませんが、最新のWatchOSを試したい、という人は参考にしてください。

アップデートするための条件

WatchOSのバージョンアップには、いくつか条件があります。

Watchアプリを開くWatchOSのバージョンアップにはペアリングしたiPhone(もしくはiPad)が必要です。
ペアリング中のiPhoneにある「Watch」アプリを立ち上げます。

一般を開く「一般」を開きます。

ソフトウェア・アップデートを開く「ソフトウェア・アップデート」をタップします。

ダウンロードとインストールをタップこのように「watchOS5」と表示されていればアップデート可能です。
もし、画面が真っ白でなかなか画面が更新されない場合は、一度「Watch」アプリを強制終了してからもう一度アクセスしてみてください。

「ダウンロードとインストール」をタップします。

パスコードを入力Apple Watchのパスコードを入力します。

利用条件に同意する「利用条件」が表示されるので、右下にある「同意する」をタップします。

ダウンロード中ダウンロードとインストールが開始されます。
私の経験上、だいたい高速なネットに接続していれば30~40分ほどで終了すると思います。

ダウンロードの進行状況アップデート中はiPhoneの「Watch」アプリで進行状況を見ることが出来ます。

watchOS5.0にアップデートApple Watchの方は1度、再起動しました。
再びiPhone側の「Watch」アプリで確認してみると、watchOS5.0にアップデートされていました。

バージョン5.0になっていたApple Watch側でも「バージョン」が5.0になっていました。
※ 「設定」→「一般」→「情報」で確認可能

画面が点灯したときの黄色いアイコンは何?

黄色い丸watchOS5.0にして気が付いたのは、画面が点灯したときに中央上部に一瞬だけ表示される黄色い丸のアイコン。一瞬しか表示されないのでなんだろう??と思っていたのですが、どうやらwatchOS5から搭載された「トランシーバー」のアイコンらしい。

トランシーバーアプリwatchOS5から、Apple Watch(ただしwatchOS5以上のもの)を身に着けている知り合いとトランシーバーアプリで音声による会話ができるようになったのですが、ここに友人を登録していると、画面が点灯したときにちらっとこの黄色い丸が表示されるっぽい。
※削除すると表示されなくなりました

変更点としては、Series3以降であれば腕を持ち上げて口元に近づければ、Siriと会話できる機能が追加されたのですが、残念ながら私はSeries2なので、この機能は使えませんでした・・・。まぁ、もともとApple WatchのSiriは反応が悪かったり、うまく聞き取ってくれなかったりするのであまり魅力的ではないんですけれどね。

あとは先ほどの画面でもわかるとおり、天気予報に最低気温、最高気温、そして今いる市町村が表示されるようになりました。
私は暑いのが苦手で買い物に自転車で往復15キロほど走ったりするので、最高気温が一目瞭然なのはうれしいです。

まとめ

残念ながら、watchOS5は待ち望んでいたような目新しい新機能の搭載はありませんでした。そもそも画面が小さいので、正直言うとApple Watchでなくてもいいかな、とも思うように。(笑)
ただ、私の場合仕事で時間を簡単に知る必要がる点や、クロスバイクでサイクリング的な運動もしているのでスマートウォッチは必須なわけですが、最新のApple Watchでなくても安くなったSeries2あたりでも十分な気がします。

関連ページ

iOS12へアップデートするには

2018年9月18日、iPhoneの新しいOS、iOS12が公開されました。このページではiOSのアップグレード方法を紹介します。

毎年恒例のiPhoneの基本ソフト「iOS」のアップデートの時期がやってきました。最近はほぼ、目新しい機能の追加はなくなりましたが、今回のバージョンiOS12では、古い機種でも動作が早くなるような改良が付け加えられたようです。
毎年新しいiPhoneを購入してきましたが、今年は新しいiPhoneを見送ろうと思っているので、古い機種でもサクサク動作するのは嬉しいですよね。
このページでは、iOS12へのアップグレードの手順や新機能などをざっと紹介したいと思います。

目次

iOS12の不具合

残念ながら(?)今回も正常にアップグレードできました。(笑)
いつも以上にすんなりアップグレードできた気がします。LINEがiOS12に未対応なので、使えなくなる。という発表を見たのですが、今動作確認したところちゃんとLINEも立ち上がりましたし、メッセージも送受信できました。ちなみにiPhon Xです。

また、iOS12ではアプリの立ち上げなど動作が軽くなる、と言われていましたが、全く実感できませんでした。(笑)
iPhone Xが高性能なのでもともと不満がなかったから・・・というのもあるのかもしれませんが。。。

iOS12へのアップデート手順

では、iOS12へのアップデート方法・手順を画像つきで紹介します。なお、iOS12へのアップグレードは、「充電した状態であること」「Wi-Fiに接続していること」などが条件となっています。
Wi-Fi環境がない場合は、PCにつなげてiTunes経由でもバージョンアップできます。

iPhone単独でアップデートする場合

設定の一般をタップ設定 設定を開き、「一般」をタップします。

ソフトウェア・アップデートをタップ「ソフトウェア・アップデート」をタップします。

iOS12の説明このように「iOS12」の説明が表示されればアップデート可能状態です。(逆に表示されない場合は、アップデートができません)

ダウンロードとインストールをタップ一番下までスクロールすると「ダウンロードとインストール」という項目があるので、ここをタップします。

パスコードを入力iPhoneのパスコードを入力します。
iPhoneのパスコードを忘れた!パスコードのリセット方法

同意するをタップ「利用規約」が表示されるので、目を通したら右下にある「同意する」をタップします。

利用条件「利用条件」に同意するか聞いてくるので、「同意する」をタップします。

今すぐインストールをタップ「今すぐインストール」をタップします。
インストール中はiPhoneの操作ができなくなるので、もし、キャンセルしたい場合は「あとで」をタップしてください。

iOS12のダウンロードとインストールが開始されます。
私の場合は、このまま放置して出かけてしまったのでどれくらい時間がかかったか不明なのですが、1時間もかからないと思います。

ロック画面しばらくたったのち、ロック解除しようとしたらこのような通知が表示されていました。
ロック解除して続けます。

アップデートが完了しましたアップデートが完了したようです。「続ける」をタップします。

自動で最新OSにする

iPhoneを常に最新の状態に「iPhoneを常に最新の状態に」とは、iOS12からは、設定で「Wi-Fiに接続している状態」で「充電中」であれば、自動的に最新のiOSにアップデートすることが出来るようになりました。
もちろんオフにもできます。
「続ける」をタップします。

スクリーンタイム

スクリーンタイムについてiPhoneばかりいじってしまう人のために、「スクリーンタイム」という機能が追加されました。この機能により、1日、iPhoneの画面をどれだけ見つめていたのか、どのアプリを使っていたのか、などが表示されるようになりました。
また、指定した時間ではアプリを立ち上げられないようにすることもできるようになりました。
スマホに夢中になって、日々の生活がおろそかになっている人にはいい薬になるかも。

ようこそiPhoneへ「ようこそiPhoneへ」が表示されたら、上にスワイプ(iPhone Xの場合)します。

iOS12のホーム画面iOS12が使えるようになりました。見た目はほぼ変わっていません。

パソコンに接続してアップデート(Wi-Fiが無い場合)

Wi-Fi環境がない場合は、パソコンにつなげてiTunes経由でアップデートも可能です。

iTunesのiPhoneのアイコンをクリックパソコンとiPhoneをUSBケーブルで繋げたら、iTunesを立ち上げます。
するとまるで囲った部分にiPhoneのアイコンが表示されるので、ここをクリックします。
iTunesやエクスプローラーでiPhoneが認識されない場合の対処法

ダウンロードして更新をクリックこのように新しいバージョンのiOSがある場合は通知してくる場合があります。
この場合は「ダウンロードして更新」をクリックしてもいいし、「キャンセル」をクリックして以下の手順で進めてもOK。

更新をクリックiTunesの右上に「更新」というボタンがあるので、ここをクリックします。
なお、私のiPhoneはしばらくiOSを更新していなかったので、1つ前の「iOS11.4」と表示されていますが、ちゃんとiOS12にアップデートできました。

ライブラリの転送パソコンにつなげてiTunesを立ち上げると、まれに「iPhoneで購入した一部の項目はiTunesライブラリに転送されていません。このiPhoneを更新する前にitunesライブラリに転送してく台。続けてもよろしいですか?」と表示されることがあります。
これはiPhoneで購入した曲などが、パソコン側にダウンロードされていない場合に表示されるので、「続ける」をクリックしてかまいません。

更新ボタンアップデートしていいか聞いてくるので、「更新」をクリックします。
なお、更新には20~30分ほどかかるので、その間はパソコンの電源を切らないでください。

iPhoneソフトウェア更新「iPhone ソフトウェア更新」が表示されます。
iOS12になると何が変わるか、が書かれているので、目を通したら「次へ」をクリック。

同意するをクリック「製品についての重要なお知らせ」が表示されるので、「同意する」をクリックします。

ダウンロード中のボタンiOS12のダウンロードが始まります。
ここをクリックすると…

ダウンロード状況を確認進行状況を見ることが出来ます。

ソフトウェアを抽出中ダウンロードが完了すると、インストールが始まるようです。
iTunesの中央上部に進行状況が表示されます。

バックアップ中バックアップが開始されました。

パスコードを入力すると、しばらくするとiPhoneでパスコードを入力してくれ、と言ってきました。

パスコードを入力iPhone側でパスコードを入力します。

更新プログラムの準備中再び更新が再開されました。

ここから先は、iPhone単独でアップデートした場合と同じです。
アップデートが完了したらに進んでください。

iOS12の新機能

二人の顔を登録

Face IDで2つの顔を登録iOS11までは、顔認証(Face ID)は一人の顔のみでした。が、iOS12からは二人の顔を登録することが出来るようになりました。家族で同じiPhoneを使用する場合、今までは指紋認証のiPhoneを選択していた人も、顔認証搭載のiPhoneを選択できます。

マスクをしていると顔認証が行えないので、マスクをした状態の顔認証も登録しようとしたのですが、マスクをつけていると顔認証に登録ができないので登録が行えませんでした…。

なお、Face IDの登録は、設定 設定の「Face IDとパスコード」を開くとあります。

スクリーンタイム

スクリーンタイム先ほどもちらっと紹介しましたが、新しく「スクリーンタイム」が加わりました。設定 設定から表示させることが出来ます。

iPhoneを使っていた時間が分かるスクリーンタイムを開くと、画面を点灯させていた時間が表示されます。
この画像では「7分」となっていますね。

その下に「休止時間」「App使用時間の制限」「常に許可」「コンテンツとプライバシーの制限」があります。

休止時間

iOS12の「休止時間」は、ここで指定した時間になると、特定のアプリ(電話やメール)以外は立ち上げることが出来なくなります。
勉強に集中したい。とか、仕事に集中したい。また、子供にiPhoneを使わせる場合にここで設定しておくと便利。

App使用時間の制限

「App使用時間の制限」とは、特定のジャンルのアプリの1日の使用時間を制限する機能。例えばゲームを指定し、時間を決めると、ゲーム関連のアプリを使い続けて指定した時間の5分前になると通知が表示され、そのまま使い続け、指定した時間使用し続けると0時になるまでゲームアプリが使用できなくなります。

常に許可

「電話」や「メール」など、使用できなくなると困るアプリをここで指定します。

Siriのショートカット

SiriのすべてのショートカットSiriに新しく「ショートカット」という機能が追加されました。
これは指定したコマンド(声)で、登録した動作を行える機能です。
例えば今まではSiriに、「田中さんに電話をかけて」と話しかけていたところを、「田中」だけで電話を掛けたりできるようになります。

ショートカットただし、今のところ設定できる動作はまだほとんどそろっていないので、あまり便利とは言えないかも・・・。

Siriに頼んでライトをつける

SiriでLEDをつける震災時などに急に停電になった場合、Siriに頼んでLEDランプをつけたり消すことが出来るようになりました。

関連ページ

2018-09-19 21:29 【 iOS12へアップデートするには 】 | コメント |

トップへ

 

 

カテゴリー

最新の記事