iPhone入門

iPhoneの購入の仕方から、電話を使えるようにする設定をはじめ、おすすめアプリや活用術を紹介しています。

iPhoneを購入する

人気記事

スポンサードリンク

iPhone活用記

兄弟サイト

Sponsored Link

 

LINEの送信したメッセージを削除する送信取消とは

LINEでは、誤って送信してしまったメッセージなどを削除できる「送信取消」という機能があります。相手側に表示されるメッセージを削除することが出来ます。

LINEで誤って違う人にメッセージを送ってしまったり、傷つくようなことを言ってしまい、送信したメッセージを取り消ししたい、なんてことがありますよね。
24時間以内に送ったメッセージであれば、相手に送った履歴を削除することが出来ます。

LINEの履歴を削除する方法

LINEの履歴(メッセージ)を削除するには、2つのやり方があります。
1つは、自分のLINEに表示されている履歴を削除(相手側は削除されない)する「削除」と、自分も相手側も両方の履歴を削除する「送信取消」です。
ただし、「送信取消」は送ってから24時間以内のものしか使えません。また、あとで紹介しますが、メッセージを削除したことが相手にバレます。

送信取消のやり方

ではさっそく「送信取消」のやり方と、実際に削除するとどう表示されるのかを紹介します。

削除したいメッセージを長タップまずは削除したい自分が送ってしまったメッセージをタップし、そのまま画面から指を離さないでくっつけておきます。

三角をタップするとこのような吹き出しが表示されるので、一番右側の三角をタップします。

削除なお、ここにある「削除」だと、メッセージを削除することが出来ますが、相手に表示されているメッセージは削除できません。

送信取消をタップ「送信取消」をタップします。

警告が表示されるこのような警告(相手のLINEのバージョンが古すぎると、消せない可能性がある)が表示されるので、「送信取消」をタップします。

メッセージの送信を取り消しましたメッセージの送信を取り消しましたと表示され、相手に送ってしまったメッセージを削除できました。

削除したことが相手にバレる

相手にバレる送信取消をすると相手には「○○がメッセージの送信を取り消しました」と表示され、削除したことが相手にバレます。
が、相手側に表示されていた履歴がちゃんと削除されました。

アンドロイドのLINEの場合

削除と送信取消アンドロイドのLINEの場合、吹き出しではなくこのような画面が表示されます。
相手に送ってしまったメッセージを削除する場合は、「送信取消」をタップします。

アンドロイドの場合このような警告が表示されるので、「送信取消」をタップします。

相手にはどう表示される?

相手が削除した場合「送信取消」は自分が送信してしまったメッセージしか削除できません。相手がメッセージを削除した場合は、このように相手の名前が表示され、
「○○がメッセージの送信を取り消しました」
と表示されます。

自分が削除した場合逆に自分が送信取消をした場合は、「メッセージの送信を取り消しました」と表示されます。

一度削除するともとに戻せない

一度削除してしまうと、元には戻せません。なので、本当に取り消していいのか確認してから実行してくださいね。

24時間が経過したメッセージの場合

24時間が経過したメッセージなお、送信が取り消せるのは24時間以内に送ったメッセージのみです。
24時間が経過してしまったメッセージはこのように「送信取消」というボタンが表示されません。

関連ページ

iPhoneのポートレートとは?

iPhone XやiPhone Plusのカメラにあるポートレートとは?今回はポートレートと写真で撮影した場合の違いを紹介します。

iPhone XのポートレートiPhone XやiPhone Plusのカメラには「ポートレート」と呼ばれる機能が搭載されています。実はこれ、普通のiPhone 8には搭載されていない機能で、このポートレートで撮影すると高級な一眼レフカメラで撮影したように背景をきれいにぼかすことが出来るんです。

目次

ポートレートとは

ミラーレスで撮影した高い一眼レフカメラやミラーレスカメラで撮影すると、このように被写体以外がきれいにぼやけてくれます。

ノーマル写真iPhoneの普通のカメラで撮影すると、このように手前の被写体も奥の被写体もそれほどピンぼけせずに撮影されます。

一眼レフで撮影したような効果ところが「ポートレート」で撮影すると、このように被写体の背景が一眼レフやミラーレスで撮影したかのようにぼやけてくれます。
※ いちごがぼやけています

ポートレートがない!?

iPhone8にはポートレートがない残念ながらiPhone7やiPhone 8、そしてiPhone SEには「ポートレート」が搭載されていません。

iPhone Xの2つのカメラポートレートを使うにはiPhone XやiPhone Plusのように2つのカメラが搭載されていないと使えないようです。

ポートレートを使うには

ポートレートをタップポートレートで撮影するには、iPhone標準のカメラを起動し、「ポートレート」をタップします。

被写体をタップ続いて撮影したい被写体をタップします。

背景がぼやけるするとこのように背景がぼやけてくれます。
あとはシャッターをタップすればOK。

写真普通の写真だとこんな感じですが・・・・

ポートレート被写体をタップするとリアルタイムで背景をぼかしてくれます。
ディスプレイ上は被写体の一部もぼやけていますが、撮影後に綺麗に調節してくれます。

写真とポートレートの比較写真とポートレートの比較。

スイセン 写真普通のiPhoneの写真で撮影した場合です。

スイセン ポートレートポートレートモードで撮影したものです。

きれいに背景がぼやけ、手前のスイセンが浮き上がって見えます。

ポートレートと写真との比較

キャベツ 写真普通のカメラで撮影するとこんな感じ。

キャベツ ポートレートポートレートで撮影するとこんな感じ。

ポートレートと記載されているポートレートで撮影した写真は、このように「写真」で表示させた時に「ポートレート」と記載されます。

インカメラでも有効

セルフィー実はインカメラでもポートレートは使えます。
こちらは普通に撮影した場合。

後ろがぼやけたポートレートモードで撮影した場合です。

ボケ具合に注目背景がぼやけているのがわかります。

照明効果

自然光ポートレートモードで撮影しようとすると、このように画面中央下部に、アイコンが表示されます。ここをタップすると照明効果を選択できます。

スタジオ照明「スタジオ照明」にすると若干被写体が明るくなります。

自然光とスタジオ照明の比較屋外写真だとあまりわかりづらいのですが、「スタジオ照明」で室内で撮影すると、ストロボをたいたような写真になります。

輪郭強調照明他にも「輪郭強調照明」があります。

自然光と輪郭強調照明の比較が、いまいち区別がつきませんでした。

ステージ照明「ステージ照明」にすると、被写体だけくり抜いて背景が真っ暗になります。

ステージ照明 モノ「ステージ照明(モノ)」は被写体が白黒になります。

編集をタップ実はこのポートレートの照明効果は、撮影後も編集できるんです。
「写真」アプリで開き、右上の「編集」をタップすると、照明効果を変更できます。

ポートレートがうまく撮影できない場合

ポートレートモードをうまく活用するには被写体がある程度の距離に収まらないとならないようです。

近すぎる場合例えば近すぎると、このように「離れてください」と表示されてうまく効果が出ません。

暗すぎる場合また暗すぎてもうまく撮影できないようです。

遠すぎる場合被写体が最低でも2.5m以内にないと、効果がないようです。

iPhoneのポートレートまたあまり被写体と背景が近すぎるとあまりうまくぼやけてくれません。

ミラーレスで撮影したミラーレスカメラで撮影すると、このようにきれいにぼやけてくれます。

きれいに背景をぼかすには

一眼レフで撮影iPhoneのポートレートは、背景をデジタル処理で擬似的にぼかしているだけなので、このように高価な一眼レフカメラやミラーレスで撮影したような写真はかないません。

撮像素子とは背景をきれいにぼかすには、「撮像素子」と呼ばれる光を読み込むセンサーが大きくないとむずかしいんです。
iPhoneのような撮像素子が数ミリのカメラでは、なかなか難しいでしょう。

また、「F値」と呼ばれるレンズの明るさも、値が小さいほどきれいに背景がぼやけます。

関連ページ

2017-12-08 00:03 【 iPhoneのポートレートとは? 】 | コメント |

トップへ

 

iPhone Xでアプリ一覧表示やアプリの強制終了のやり方

iPhone Xは、ホームボタンが搭載されていません。ホームボタンが搭載されていないiPhoneのアプリ一覧表示やアプリの強制終了のやり方を紹介します。

iPhone Xではホームボタンが廃止されてしまいました。使い勝手はそれほど悪くないのですが、今までホームボタンを利用した動作の利用方法がわからないという人もいるかと思います。
今回はiPhone Xのようなホームボタンが搭載されていないiPhoneで、アプリの履歴(一覧)を表示させたり、アプリを強制終了する方法を紹介します。

アプリの一覧表示

画面下端から中央へスワイプ画面の下端(ディスプレイとベゼル)の境あたりをタッチし・・・

指を画面に付けたままにするそのまま画面中央まで指をスライドさせます。
このとき、指を画面につけたままだとブルッと振動がして、アプリ一覧が表示されます。

アプリ一覧が表示された指を画面から話します。
あとは今までのiPhoneと同じように左右にスワイプしてアプリを切り替えたり選択することが出来ます。

なお、アプリではない部分をタップするとホーム画面に戻ります。

アプリの強制終了

指をタップしたままにするどのアプリでもかまわないので、指を画面に触れ、そのまま離さないでいると、各アプリの左上に赤い丸が表示されます。

赤い丸が表示されたこんな感じ。

アプリを上にスワイプあとは強制終了させたいアプリを上に弾いてやるか、赤い丸をタップするとそのアプリを強制終了させることが出来ます。

別の角度で解説

画面中央下部から上に向かってスワイプ画面下端から中央に向かって指をスワイプします。

アプリ一覧が表示されたすぐに指を離すとホームボタンをおした時と同じ動作になりますが、この時画面から指を離さないでおくとこのようにアプリ一覧が表示されます。

アプリの強制終了

アプリ上をタップし続けるもう一度指を画面に付け、1~2秒そのままでいると、各アプリの左上に赤い丸が表示されます。

強制終了したいアプリを上に弾くあとは強制終了したいアプリを上にすライプさせるか、赤い丸をタップするとアプリが強制終了します。

関連ページ

 

カテゴリー

最新の記事