iPhone入門

iPhoneの購入の仕方から、電話を使えるようにする設定をはじめ、おすすめアプリや活用術を紹介しています。

iPhoneを購入する

人気記事

スポンサードリンク

iPhone活用記

兄弟サイト

Sponsored Link

 

iPhoneの充電音を変える・充電が完了したら音を鳴らす

iPhoneに充電ケーブルを差し込んだ時に鳴る音を変えたり、充電が完了したら音を鳴らすようにするオートメーションの作成方法を紹介します。

iOS14から使えるようになった「ショートカット」「オートメーション」を利用して、充電するときに鳴るフォン!という音を変えたり、充電が完了したら音を鳴らせて知らせてくれるオートメーションの作成方法を紹介します。

目次

充電開始の音を変更する

以下は、パソコンがある場合の充電開始音を変更する方法です。パソコンがなくても充電開始音は変更できますが、ややこしいのでパソコンがある人は以下の方法で行った方が楽です。

音・サウンドを用意する

まずは充電した時に鳴らせたい音、もしくは音楽を用意します。
なお、すでに鳴らしたい音が用意してある人は、iPhoneに転送し、オートメーションで充電の音を変更に進んでください。

フリーの効果音をダウンロード今回使用したのは、効果音などを公開しているDOVA-SYNDROMEというサイト。
いろいろな効果音がダウンロードできます。
パソコン内にあるWindowsの効果音などを使っても面白いかもしれません。

音楽などを効果音にしたい場合は、iPhoneの着信音を好きな音楽にする設定を参考に、着信音を作成しておいてください。

サンプルを再生プレイボタンを押して好きな効果音を探してください。

ダウンロードをクリックダウンロードをクリックすると効果音をパソコンにダウンロードできます。

効果音をiPhoneに転送する

ダウンロードした効果音をiPhoneに転送します。

iTunesに効果音を登録する

iTunesのプレイリストを作成効果音を探しやすいように専用のプレイリストを作成しておきます。
①iTunesの「ファイル」をクリックし、②「新規」を選択。
③「プレイリスト」を選択します。

着信音のプレイリスト適当な名前のプレイリストを作成します。今回は「着信音」にしました。

作成したプレイリストをクリック作成したプレイリストをクリックし、選択状態にします。

ダウンロードした効果音をドラッグダウンロードした(充電開始音にしたいファイル)ファイルをiTunesへドラッグします。

着信音が登録されたプレイリストに効果音が登録されました。

iPhoneに転送

ミュージックをクリックiPhoneをケーブルでつなげ、iTunesの「ミュージック」をクリック。

ミュージックを同期「ミュージックを同期」にチェックを入れ、「ミュージックライブラリ全体」もしくは、「選択したプレイリスト、アーティスト、アルバム、およびジャンル」にチェックを入れます。

選択したプレイリストのみiPhoneの容量を節約したい場合は、「選択したプレイリスト、アーティスト、アルバム、およびジャンル」にチェックを入れ、先ほど作成したプレイリスト(ここでは「着信音」)にチェックを入れ「同期」をクリックして転送します。

オートメーションで充電の音を変更

ショートカットを起動iOS14から登場した「ショートカット」アプリを開きます。

オートメーションを開く画面下、中央の「オートメーション」をタップします。

プラスアイコンをタップ右上のプラスのアイコンをタップします。

個人用オートメーションを作成「個人用オートメーションを作成」をタップ。

充電器をタップ一番下にある「充電器」をタップします。

接続されているにチェック①「接続されている」にチェックが入っていることを確認し、②の「次へ」をタップ。

アクションを追加をタップ「アクションを追加」をタップします。

メディアをタップ「メディア」をタップします。

ミュージックを再生下の方にある「ミュージックを再生」をタップ。

ミュージックの部分をタップこのような画面になるので、薄くなっている「ミュージック」の部分をタップ。

ライブラリをタップ「ライブラリ」をタップ。

ライブラリ一覧ミュージックライブラリが表示されるので、充電音を探しやすいライブラリをタップ。私の場合は、「プレイリスト」→「着信音」とたどりました。

効果音を追加充電音にしたい曲のプラスの部分をタップ。

再生この時右下のプレイボタンをタップすると、再生させることができます。

次へをタップ右上の「次へ」をタップします。

次へ進む「表示を増やす」をタップすると、リピートするかなどを選択できます。

右上の「次へ」をタップ。

実行の前に尋ねるをタップ今までの設定が表示されます。「実行の前に尋ねる」をオフにします。
ここをオフにしないと、いちいちタップしないと実行されないので必ずオフにしてください。

尋ねないをタップもう一度聞いてくるので、「尋ねない」をタップします。

完了をタップこれで設定は完了です。
右上の「完了」をタップします。

注意点

実は今回の充電するときの音を変更するですが、がっかりする点があります。

マナーモードをオンにする実はiPhoneのサイレントスイッチをオン(オレンジ色)にしないと、今までのフォン♪という標準の充電音も鳴ってしまうのです。
このサイレントスイッチをオンにすると、設定した音楽・効果音のみが流れるのですが、そうすると電話などの着信音も聞こえなくなるので・・・

というわけで、今回の充電するときの音を変更するという裏技は、いたずらとしては使えるかもしれませんが、それほど実用的ではないので注意。

充電が完了したら音を鳴らせて知らせる

それより私がお勧めするのは、充電が完了したら音を鳴らせて知らせるオートメーションです。
もしくは、充電残量が90%以上に達したら音で知らせる、でもかまいません。
ずっと充電しっぱなしだとバッテリーが痛んできます。そこでバッテリー残量が100%、もしくは90%以上になったら音で知らせて、すぐに充電ケーブルを抜けるようにするオートメーションの作成を紹介します。

ショートカットを起動作り方は充電音を変更する方法とほぼ同じ。あらかじめiPhoneに効果音などを転送しておきます。

「ショートカット」を開きます。

オートメーションを開く「オートメーション」をタップします。

プラスアイコンをタップ右上のプラスをタップします。

個人用オートメーションを作成「個人用オートメーションを作成」をタップします。

バッテリー残量をタップ「バッテリー残量」をタップします。

バーを移動音を鳴らしたいバッテリー残量をスライダーで調節します。
スライダーは5%間隔で調節できます。

90%以上スライダーの下にある3つの条件の中から、「〇〇%より上」にチェックを入れます。
100%、つまり充電が完了したら音を鳴らす設定の場合は、「100%と等しい」にしてください。

いつ調節が完了したら右上の「次へ」をタップします。

バッテリーが完了したら知らせるオートメーション今回は充電中、バッテリー残量が90%を超えたら効果音を鳴らす設定にしてみました。

これで充電が完了したら、もしくはバッテリー残量が〇〇%を超えると、効果音を鳴らすことができるようになりました。

「オートメーション」ではほかにも充電を開始したら、天気予報を表示する、などいろいろ設定することができます。

関連ページ

LINEやインスタグラムでiPhone内の写真が消えた?見えなくなった

iOS14から権限の許可が厳しくなりました。そのため、iOSをアップデートした途端、LINEやツイッター、インスタグラムからiPhone内の写真が見られなくなってしまいました。

先日、友人がiPhoneのiOSをアップグレードしたら、LINEから写真が見られなくなって送られなくなった、と相談してきました。調べてみるとツイッターやインスタグラムでも同じような悩みを抱えている人が多いようで、今回はiPhoneのアプリから写真が見られなくなった場合の解決策を紹介します。

アプリから写真が見られなくなった理由

プライバシーの強化

iOS14からプライバシーの強化の一環として、アプリから写真へのアクセスが、「許可しない」「許可」以外に「選択した写真のみ」が追加されました。が、ほとんどの人がこの意味をよく分からないまま「OK」をタップしてしまったために、アプリ上からiPhone内の写真が見られなくなったんだと思います。

LINEから写真にアクセスしようとしていますLINEで写真を送ろうとすると、「LINEから写真にアクセスしようとしています」という警告が表示され、
「その他の写真を追加選択」か「現在の選択項目を保持」の2つしか選択肢がありません。
この場合はあとで紹介する、すべての写真へのアクセスを許可する方法を実行してください。

すべての写真へのアクセスを許可インスタやツイッターからiPhone内の写真を投稿しようとすると、このような警告が表示されませんか?
このような警告が表示された場合は、「すべての写真へのアクセスを許可」を選択してください。
これで解決するはずです。

アプリから写真へアクセスできるようにする

LINEの写真を選択するアイコン友人が相談してきたのは、LINEで写真を送信するアイコンをタップしても、一部の写真しか表示されない、というのです。

上にスワイプはじめは意味が分からず、写真の一覧の部分を下から上にスワイプすると、画面いっぱいに写真一覧が表示されるから試して。と返事をしたのですが、それでも一部しか表示されない、と言ってきます。

アルバムの選択画面いっぱいに表示させたら上に「アルバム」の一覧が表示されるから、そこから送りたいアルバムを選んで!と返事をしたのですが、それでも見られないというのです。

写真へのアクセスをすべて許可するには

今回はLINEを例にとりますが、インスタグラム、ツイッター、Facebookなども同じ手順でできます。

設定のLINEを開く設定 設定を開き、下にスクロールし、アプリ一覧の中から「LINE」を探してタップします。

写真を開く「写真」をタップします。
*ここが「選択した写真」になっている場合、アプリから写真が見られなくなっています

すべての写真にチェック「すべての写真」をタップしてチェックを入れます。
これでアプリからすべての写真が見られるようになりました。

最近の項目すべての写真が表示されました。

関連ページ

新しいiPhoneをiTunesで復元できない・固まる場合

機種変で新しく購入したiPhoneをパソコンにバックアップしたデータから復元しようと、ライトニングケーブルでパソコンと接続。iTunesを起動してもiPhoneのアイコンがクリックできない場合。

以前からそうだったのですが、新しくiPhoneを購入し、パソコンに保存したバックアップから復元したり、新しいiPhoneとして使用する場合、iTunesでの操作が必要なのですが、パソコンとiPhoneをUSBケーブルでつなげ、iTunesに表示されたiPhoneのアイコンをクリックしようとしてもクリックできない問題。iTunes自体が固まってしまうような症状の解決策です。

バックアップが選択できない新しく購入したiPhoneとiCloudにバックアップしたデータは、iOSのバージョンが違うので、iCloudのバックアップから復元できませんでした。

iPhoneとパソコンをつなぐその場合は、iPhoneとパソコンをつなげてiPhoneのiOSをバージョンアップしてから復元してくれ、とのこと。
というわけで、ライトニングケーブルでパソコンと接続。

iTunesのiPhoneのアイコンが白黒のまま反応しないiTunesを起動して、iPhoneのアイコンをクリックしようとしたら全然認識してくれない。
確か以前も、iPhone8を購入した時同じような目にあったような気が・・・

ライブラリにしても反応なし「ライブラリ」に移動してもアイコンが白黒のまま…。

時間が解決してくれる

さて、このように新しいiPhoneをパソコンに繋げ、iTunesで認識しようとしてもiPhoneのアイコンが表示されなかったり、グレーアウト(白黒)になってクリックできない時の対処法を紹介します。

と言っても、単にしばらくこのまま放置するだけ。

タスクマネージャー実はこの時、iTunesはバックグラウンドでいろいろな処理をしているらしくて、そのためにアイコンがクリックできなくなるっぽい。
その証拠に「タスクマネージャー」を起動すると、iTunesが忙しく動いているようです。

新しいiPhoneへようこそだいたい5~10分ほど放置していると、このように「新しいiPhoneへようこそ」の画面が表示されます。

バックアップから復元この状態で復元してもいいし、「新しいiPhoneとして設定」でiOSをアップデートしてからでもOK。

iOSpublicベータ版をインストールしている場合

さて、私の場合は実はもっと厄介で、古いiPhoneのほうにiOSpublicベータ版をいんすとーるして、iOS14.2にアップグレードしていたんです。
が、正規版のiOS14は、iOS14.1が最新版。
この場合、バックアップから復元させるには・・・

同じバージョンのバックアップから復元する

私の場合は、1か月前にiOS14.1版のバックアップがあったので、そちらから復元しました。最近のアプリは、独自のバックアップを用意していたり(LINEなど)、クラウド上にデータが保存していてバックアップ自体が必要ないもの(Faebookやドラゴンクエストウォークなど)、MicroSDカードにバックアップする手段などがあるので、さほど消失したデータはありませんでした。

新しいiPhoneにiOSpublicベータ版をインストールしてアップデート

どうしても消えてしまうデータがある場合は、新しいiPhoneにpublicベータ版をインストールしてiOSをバージョンアップすることも出来ます。
あるいは正規版iOSが同じバージョンが公開されるまで待つ、という方法もあります。

古いiPhoneをダウングレード

古いiPhoneのiOSをダウングレードする方法もあります。が、publicベータ版は、ダウングレードしたいバージョンのiOSのバックアップから復元する方法しかないので、結局最初に紹介した方法と同じような状態になってしまうようです。

関連ページ

 

カテゴリー

最新の記事