iPhone入門

iPhoneの購入の仕方から、電話を使えるようにする設定をはじめ、おすすめアプリや活用術を紹介しています。

iPhoneを購入する

人気記事

スポンサードリンク

iPhone活用記

兄弟サイト

Sponsored Link

 

Apple Watchで手洗いタイマーを使うには

Apple Watchは、WatchOS 7.0よりコロナ対策として、20秒間手を洗うと通知オンや振動で知らせてくれる手洗いタイマーが使えるようになりました。

風邪などの感染予防として、20秒間の手洗いが有効とされています。が、なかなか秒数を数えるのはめんどくさいもの。そこでApple Watchでは、手を洗おうとすると自動で反応し、20秒間のカウントダウンをとってくれます。
今回はApple Watchで手洗いタイマーを使う方法やリマインダー、反応しないことが多い?など使ってみた感想などを紹介したいと思います。

目次

Apple Watchで手洗いタイマーを使うには

WatchアプリApple Watchの「手洗いタイマー」はデフォルトではオフになっているっぽい。手洗いタイマーをオンにするには、iPhoneの「Watch」アプリを立ち上げます。

手洗いをタップ下にスクロールし、「手洗い」を確認します。

手洗いタイマーをオンにする「手洗いタイマー」をオン(黄緑)にします。

手洗いリマインダー「手洗いリマインダー」が表示されるので、必要に応じてオンにします。なお、手洗いリマインダーの使い方は後述します。

Appの使用中は許可手洗いリマインダーをオンにすると、一度だけこのように位置情報の使用を許可するか聞いてくるので、「Appの使用中は許可」をタップします。

実際に手洗いを始めてみる

蛇口をひねる手洗いタイマーは、重力加速度や内蔵マイクを利用し手洗いの動作と蛇口から出る水の音などから検知して自動的にカウントダウンを開始します。

カウントダウンが始まる検知すると、通知音がしてこのように数字が表示されます。
手洗いタイマーは20秒固定ですが、検知した時点ではほぼ確実に20秒未満の数字になります。

水の音がしてからカウントダウンされている撮影した動画を分析してみると、実際には蛇口から水が出る音を検知した時点で、バックグラウンドでカウントダウンされていて、

5秒後にカウントダウンが表示された手を洗う動作(ごしごしこする動作)で手洗いと確定し、音とともに画面に表示される仕組みっぽい。つまり、水道の音が聞こえた時点でカウントダウンは開始されるものの、その後の手首の動きで手を洗っているかどうかを確認しているわけですね(多分)。

手洗いが完了した知らせ20秒が経過すると、もう一度通知音がして、画面にこのようなグッドのマークが表示されます。この画面は自然に消えます。

反応しない?

ただし、何度か確認したのですが検知しないことも多いです。その後何度も何度も繰り返すうちに、検知される率が上がってきた気がします。

リマインダーとは

手洗いリマインダーとは、自宅に帰宅したら手を洗うようにApple Watchが通知してくれる機能。

手洗いの時間ですオンにしておくと、自宅に到着するとこのような「手洗いの時間です」という通知が表示されます。
私の経験上は、自宅に到着して10~20秒以内に通知されました。また、ほぼ確実に通知してくれます。

手洗いリマインダーの通知見逃した通知もApple Watchを上から下にスワイプると表示されます。

自宅の登録

iPhoneの連絡先自分の自宅の住所を登録するには、連絡先を開き、

自宅に指定する自分の電話番号を登録してある連絡先を編集し、住所のところに「自宅」を指定して住所を入力します。

設定の連絡先続いて設定 設定を開き、「連絡先」を開きます。

自分の情報をタップ「自分の情報」の部分をタップして・・・

自分の連絡先をタップ「連絡先」が開くので、自分の電話番号が保存されている連絡先をタップしてください。

何回手を洗ったかヘルスケアで確認

ヘルスケアアプリApple Watchの手洗いタイマーで検知された手洗いは、「ヘルスケア」アプリで手を洗った時間、日付などを確認できます。

すべてのヘルスケアデータを表示「ヘルスケア」を開き、「全てのヘルスケアデータを表示」を開きます。

手洗いの記録「手洗い」を開くとこのように過去の手洗いの記録をグラフで表示できます。

Wear OS by Googleで手洗いタイマーを使う

最後にアンドロイドのApple Watch版「WearOSByGoogle」にも「手洗いタイマー」が搭載されたのですが、使い方や簡単にタイマーを起動する方法を紹介します。

Wear OS By Googleの手洗いタイマーWear OS By Googleで手洗いタイマーを立ち上げるには、再度ボタンを押してアプリ一覧を表示させ、その中にある「手洗いタイマー」を選択するだけです。

秒数をタップWearOsByGoogleの手洗いタイマーは、40秒(固定)のようです。
数字の部分をタップするとカウントダウンが開始されます。

カウントダウンが開始されるこんな感じ。

簡単に起動できるようにする

Apple Watchに比べ手動なのでめんどくさいのですが、簡単に起動させるように改良してみます。

WearOsByGoogleの画面を左へスワイプ時計の画面の状態で、右から左へスワイプします。

押し続ける時計以外の画面になったら、画面をタップし続けます(画面から指を離さない)。

右から左へスワイプこのように画面が小さくなるので、右から左へスワイプさせます。

プラスの部分をタッププラスの部分をタップします。

手洗いタイマーをタップ手洗いタイマーをタップします。

手洗いタイマーがセットされたこれで手洗いタイマーがショートカットに加わりました。

手洗いタイマー時計の画面の時に右から左へスワイプすると、手洗いタイマーへすぐにアクセスできるようになります。

Fossilのようなスマートウォッチの場合は、サイドボタンが複数あるので、再度ボタンのどれかを押すと手洗いタイマーを起動させることも出来ます。

関連ページ

iPhoneの標準ブラウザをChromeにするには

iOS14からiPhoneで使用するブラウザをSafariからChromeに変更できるようになりました。が、いくつか問題点があるので、やり方や問題点を紹介します。

ようやくというかアンドロイドでは以前から出来ていた、標準アプリの変更のうち「ブラウザ」と「メール」がiPhoneでも変更できるようになりました。今のところはブラウザは今回紹介するChromeだけのようですが、Firefoxなど増えていくかもしれません。今回は、iPhoneの標準ブラウザを変更する方法と、問題点を紹介します。

目次

SafariからChromeへ変更するには

iPhoneの標準ブラウザを変更するには、あらかじめ変更したいブラウザアプリ(ここではChrome)をインストールしておく必要があります。

Chromeをタップ設定 設定を開き、下の方にある「Chrome」(もしくは他のブラウザ)をタップします。

デフォルトのブラウザAppをタップ「デフォルトのブラウザ」をタップします。
*この項目がない場合、OSがiOS14未満の可能性があります。デフォルトアプリを変更できるのは、iOS14以降になります

Chromeにチェックを入れる変更したいブラウザ(ここではChrome)をタップします。

これでデフォルトのブラウザがChromeになりました。

spotlightの検索もChrome

spotlightで検索した場合iPhoneのspotlight検索を使うと、検索結果の一番上がChromeのGoogleで検索する表示になりました。

LINEの場合ただし、LINEで送られてきたURLをタップすると・・・

LINEで表示されるLINE内のブラウザで表示されました。Chromeは立ち上がりません。

問題点

さて、私のようにパソコンも多用している場合は、iPhoneでChromeでもChromeを簡単に使用できるようになったのはいいのですが、唯一にして最大の問題点があります。それはChromeで開くときに必ず警告で開くかどうか確認する手順が必要になったこと。

警告が表示される例えばPushbulletというアプリで送られてきたURLを開こうとすると、このように「〇〇が"Chrome"を開こうとしています」と表示され、「キャンセル」か「開く」か選択しなければなりません。

先ほどの設定を「Safari」のほうに戻すと、このような警告は表示されずに、Safariが起動しました。

Chromeで開いたURLからChromeが起動しました。
これは意外とめんどくさい仕様です。(笑)

関連ページ

マイナポイントの申込とエラー対策

iPhoneでマイナポイントの申込の仕方と何度もエラーになってしまう場合の対処法、電子マネーの登録などを紹介します。

マイナポイントとは何なのかよくわからないまま予約・申込を行ったのですが、マイナンバーカードの読み込みでエラーが頻発、原因と対策や電子マネーなどの結びつける方法などを紹介します。

目次

マイナポイントとは?

テレビやラジオ、雑誌などで盛んに「マイナポイントで最大5,000円もらえる」的な話題でにぎわっているのですが、何のことかよくわからず今までスルーしていたのですが、実際に申し込んでみて何となくマイナポイントが何なのかわかってきたので、今回はマイナポイントとは?予約と申込方法は?などを解説してみたいと思います。

まず、マイナポイントとはマイナンバーカードを普及させるためのポイントって感じです。私はとっくの昔にマイナンバーカードを発行していたので当たり前のように使っていたのですが、世間的には全然普及していないっぽい。(2020年7月の時点で16%ほど)
そこでマイナンバーカードを取得してもらい、電子マネーやクレジットカードなどと結びつけると期間限定で、結び付けた電子マネー・クレジットカードを使った分の25%をポイントでバックしますよ。という感じ。

ポイント還元とは?

あとで紹介しますが、私の場合は電子マネーのSuicaと結びつけました。Suicaの場合は、有効期間(2020年9月~2021年3月末)に結び付けたSuicaをチャージもしくは決済すると、チャージ(もしくは使用した)金額の25%(最大5,000円)がSuicaにポイントとして還元されます。
Suicaの場合は、JRE POINTというポイントがあるのですが、このJRE POINTという形で最大5,000ポイントが還元されると。JRE POINTは、ポイントをSuicaにチャージできるので、最大5,000円がキャッシュバックされるようなイメージですね。

マイナポイントの予約

マイナポイントをややこしくしているのが、「マイナポイントの予約」と「マイナポイントの申込」です。この「予約」と「申し込み」が何なのかよくわからないという人が多いかと思います。
「予約」はマイナポイントを使えるように申請すること。
「申し込み」はマイナポイントを電子マネーやクレジットカードのポイントに交換できるように結び付けることです。
以下、実際の手順になります。

アプリのダウンロードとインストール

マイナポイントアプリ予約と申込にはアプリが必要です。アプリがなくても可能ですが、アプリ上から予約・申し込みが可能です。ただし、NFCに対応したスマートフォンが必要です。
iPhone7以降の機種かおサイフケータイに対応したアンドロイドで使用可能です。
Android版はこちら。
iPhone版はこちら。
対応機種はこちら。

マイナポイントの予約をタップアプリを立ち上げると、このような画面になります。「はじめての方はこちら」にある「マイナポイントの予約(マイキーIDの発行)」をタップします。

マイナンバーカードの読み取りアプリを立ち上げた時点でもう、マイナンバーカードを読み込む手続き。
「次へ進む」をタップ。

スマホとカードの位置に注意!

読み取り開始をタップイラストでこんな感じにマイナンバーカードの上にiPhoneを乗せてください、と表示されます。ちなみにアンドロイドの場合は、カードの位置がもう少し下になります。

アンドロイドの場合アンドロイドのNFCセンサーの位置はもう少し下にあるので、カードとスマホの位置はこんな感じ。

iPhoneとアンドロイドの違いうまくカードを読み込めない場合は位置に注意。
iPhoneはカードがiPhoneの上端から少しはみ出る感じ。
アンドロイドの場合はカードの位置はもっと下。

マイナンバーカードにかざすiPhoneの場合はこんな感じ。

公的個人認証サービス利用者照明用パスワードマイナンバーカード取得時に設定した4桁の数字の暗証番号を入力し、「OK」をタップします。
なお、この4桁のパスワードを忘れて何度も入力し直すと、ロックがかかってしまいややこしいことになります。
そのため、パスワードを忘れてしまった場合は、市役所に行き、パスワードを初期化(再設定)する必要があります。
*ロックがかかってしまった場合も、市役所に行き初期化してもらいます。

スキャンの準備が出来ましたスキャンの準備が出来ました。と表示されるのでこのままじっと待ちます。
*画面が切り替わるまで動かさないこと!

マイナンバーカードが読み取れないエラー

エラー マイナンバーカードが読み取れませんこのように「エラー[MKCZ405E]マイナンバーカードが読み取れません。マイナンバーカードが正しくセットされているか確認してください」というようなエラーが表示されてしまう場合、スマホの位置と、読み取りが完了するまでにスマホを動かしてしまうのが原因です。
私も何度やってもこのようなエラーが表示されてしまうので、よくよく調べたら画面に完了の表示が出る前に動かしてしまうのが原因でした。
おサイフケータイの感覚で、すぐに終わるのかと思ったのですが、読み取りには3~5秒ほどかかるのでそれまでスマホを動かしてはいけません。

また、位置も注意してください。iPhoneのNFCセンサーはカメラのレンズの横あたりにあるので、そこがマイナンバーカードの中央あたりに来る必要があります。
iPhoneのApple Payが反応しない?FeliCaのアンテナの位置

マイナンバーカードの読み取りが完了しましたカードの上にスマホを置いてこの画面が出るまで動かさないでください。この画面が出た後・・・

発行をタップ「パスワードの確認に成功しました」と表示されるので、「発行」をタップすると予約の完了(マイナポイントの申請)です。

マイナポイントの予約を確定もう一度確認してくるので、「OK」をタップします。

マイナポイントの申込

さて、ここまではマイナポイントをもらうための申請が完了しただけです。次はポイントをもらう方法を申請します。
マイナポイントはWAONやnanaco、Suicaなどのポイントとしてもらったり、QRコードやクレジットカードのポイントとして受け取ることが出来ます。受け取ったポイントはチャージして使うことが出来ます。
ただし、ポイントを受け取るには次に紹介する「マイナポイントの申込」と、紐づけした電子マネー(やQRコード、およびクレジットカード)を使う(もしくはチャージ)する必要があります。
ここでは「マイナポイントの申込」を紹介します。先ほどのアプリの続きから申し込めます。

申込へをタップマイナポイントの予約が完了すると、このような画面になるので「申込へ」をタップします。

キーワードにSuicaを入力紐づけしたい電子マネーを検索します。今回はSuicaを例に進めます。
私の場合は、iPhoneのApple Payに登録したSuicaになります。

「キーワード」に「Suica」と入力して検索。

選択をタップ「Suica x JRE POINT」がヒットしました。
JRE POINTは、ViewカードでSuicaにチャージすると貯まるポイントで、貯まったポイントはSuicaにチャージ可能です。
「付与タイミング」では「1か月分のチャージ額に応じて、翌月上句以降にまとめて付与」と記載されています。

「選択」をタップ。

次へ進むをタップ確認画面が表示されるので、「次へ進む」をタップ。

申込へ進むをタップ「マイナポイント利用規約」及び「決済事業者利用規約」に同意しますにチェックを入れ、「申込へ進む」をタップ。

JRE POINT交換番号なんだかややこしい画面が表示されました。(笑)
これは以下のように入力すればOK。

JRE POINTへログインまず、JRE POINTへログインします。

マイナポイント決済サービスIDすると「JRE POINT交換番号(マイナポイント決済サービスID)」の横に数字が記載されています。この数字をコピーします。

名前カタカナと生年月日を入力マイナポイントのアプリに戻り、「決済サービスID」の部分に表示されていた数字(コピーしたもの)をペーストします。

「セキュリティコード1」は自分の名前をカタカナで入力。

「セキュリティコード2」は、生年月日を入力します。

確認をタップ「セキュリティコード3」と「セキュリティコード4」そして、「電話番号(下4桁)」は入力しなくても構いません。

「確認」をタップします。

確認画面入力した内容が表示されるので、下にスクロールし・・・

申込をタップ「申込」をタップ。

申込を確定させます確認画面が表示されるので、「OK」をタップ。

読み取り開始をタップここでもう一度マイナンバーカードが必要になってきます。「読み取り開始」をタップ。

公的個人認証サービス利用者照明用パスワード4桁の数字の暗号を入力。

スキャンの準備が出来ましたスキャンの準備が出来たら・・・

マイナンバーカードにかざすスマホをマイナンバーカードにかざしじっとしています。

マイナンバーカードの読み取りが完了しましたこの画面が表示されればOK。

マイナポイントの申込が完了これで(一応)電子マネーのポイントとマイナポイントの紐づけが完了。

一括利用申込その後、「マイナポータル利用登録の申込」と「マイナンバーカード健康保険証利用の申込」も申請するか聞いてくるので、両方にチェックを入れて「一括利用申込」をタップ。

申込を確定させますOKをタップします。

一括利用の申込が完了しましたこれで紐づけの申込が完了しました。

申込状況照会申込直後は「申込状況照会」はこのような感じでした。

あとは2020年9月になったら、Suicaにチャージすれば翌月にJRE POINTにポイントが還元されるはずです。

関連ページ

 

カテゴリー

最新の記事