iPhone入門

iPhoneの購入の仕方から、電話を使えるようにする設定をはじめ、おすすめアプリや活用術を紹介しています。

iPhoneを購入する

人気記事

スポンサードリンク

iPhone活用記

兄弟サイト

Sponsored Link

 

iPhone・iPadをリカバリーモードにするやり方

iPhoneの調子が悪い場合やパスコードを忘れてしまった場合、リカバリーモードにしてバックアップから復元すると治る場合があります。iPhone・iPadをリカバリーモードにする方法を紹介します。

iPhoneが起動しなくなったり、調子が悪い、またはパスコードを忘れた場合は、iPhoneをリカバリーモードと呼ばれる状態にし、バックアップから復元すると治ることが多いです。ただし、リカバリーモードにするにはiPhoneのバージョンによってやり方が微妙に違うので、今回はiPhone、そしてiPadをリカバリーモードにする方法を紹介します。

リカバリーモードのやり方

リカバリーモードとは

リカバリーモードリカバリーモードとは、iPhoneやiPadをバックアップから復元したり、初期化するためにiPhoneを専用のモードにすることです。
ただし(今のところ)必ずパソコン(WindowsもしくはMac)とパソコンにインストールされたiTunesが必要です。もし、パソコンがない場合は、ネット喫茶のパソコンでもOK。
ただし、初期化の場合はバックアップデータがなくても可能ですが、バックアップした状態に復元するにはそのパソコンでバックアップしたことがないと復元できません。

iPhoneの場合

まずはiPhoneから。

iPhone X XR XS 8 など最新のiPhoneの場合

iPhone 8以降のiPhone X / XR / XR (Plusも含む)のような最新のiPhoneの場合。

ケーブルを差し込むiPhoneとパソコンをUSBケーブルで接続します。このときなるべく純正のライトニングケーブルを使用してください。

iPhoneとパソコンを接続したらiTunesを起動しておきます。

iPhone7の音量ボタンiPhone 8/X/XR/XS のリカバリーモードをオンにする方法はちょっとややこしいです。なのでまず始めにきちんと手順を覚えてから実行してください。

まず、iPhone 8・Xシリーズには左サイドに音量を上げるボタン(上)と下げるボタン(下)があります。

iPhone7のサイドボタン右サイドには「サイドボタン」(スリープ/スリープ解除ボタンと呼ばれたり電源ボタンと呼ぶ人もいます)があります。

音量を上げるボタンを押す

音量を上げるボタンと最初に「音量を上げるボタン」(上にあるボタン)を押します。このときすぐに離してください。iPhoneのロック解除した状態でもスリープ状態や電源オフの状態でもOKです。

音量を下げるボタンを押す

音量を下げるボタン続いてすぐに「音量を下げるボタン」を押します。こちらもすぐに離してください。

サイドボタンを押し続ける

サイドボタンを押しっぱなしにするすぐに左にある「サイドボタン」を押し続けます。
すぐに「スライドで電源オフ」と表示されますが、かまわず押し続けます。

リンゴのマークが出てもそのまま10秒ほど押し続けていると画面が真っ暗になり、リンゴのマークが表示されますが押し続けてください。

リカバリーモードになった合図さらに押し続けるとこのような音符のマークとライトニングケーブルが表示されます。これでリカバリーモードに移行しました。

なお、ここまで表示されるまでにボタンを離してしまった場合は、最初からやり直してください。

iPhone 7 / 7 Plusの場合

続いてiPhone 7および7 Plusの場合。なぜかこの7シリーズだけやり方が違います。

iPhone7の音量のボタンiPhone 7の左サイドには「音量を上げるボタン(上)」と「音量を下げるボタン(下)」があります。

iPhone7のサイドボタン右サイドには「サイドボタン」(スリープ/スリープ解除ボタンや電源ボタンと呼ぶ人もいる)があります。

iPhone7をパソコンにつなげるパソコンとiPhoneをUSBケーブル(ライトニングケーブル)で接続します。

iPhone7のリカバリーモードのやり方左サイドにある下側のボタン「音量を下げる」ボタンと、右サイドにある「サイドボタン」をリカバリーモードの画面になるまで同時に押し続けます。

iPhone7のリンゴマーク画面が消え、リンゴのマークが出てきても押し続けます。

iPhone7をリカバリーモードにしたこのような音符のマークとケーブルの画像が表示されたら指を離してOKです。これでリカバリーモードに出来ました。

iPhone 6以前(4/5/5s/6/SE)の場合

最後は古いiPhone(6/6s/5/5s/SE)をリカバリーモードにする方法です。

iPhone 6以前のホームボタンiPhone 6以前(SEを含む)の場合は、ホームボタンと。

iPhone6以前の上部のボタンiPhone上部にあるスリープ解除ボタンを利用します。

iPhone 6にケーブルを挿すまずはiPhoneとパソコンをUSBケーブルで接続します。

iPhone 6のトップボタンiPhoneの上部のボタンと

iPhone 6のリンゴのマークホームボタンを同時に押し続けます。
そのうち画面にリンゴのマークが表示されますが、ずっと押し続けます。

iPhone 6のリカバリーモードこの画面になれば指を離して大丈夫です。リカバリーモードになりました。

iPadの場合

続いてiPadをリカバリーモードにする方法です。

Face IDを搭載したiPadの場合

ホームボタンがないiPadの場合は以下。

iPadのトップボタンiPadの上部のボタン「トップボタン」と

iPhone7の音量のボタンiPadの右サイドには音量を上げるボタン、下げるボタンがありますが、「トップボタン」とこのどちらかのボタンを同時に押し続けます。

リカバリーモードこの画面が表示されるまで押し続けます。
これでiPadをリカバリーモードに出来ました。

ホームボタンがあるiPadの場合

iPadのトップボタントップボタン(もしくはサイドボタン)を押し続けます。

スライドで電源オフ「スライドで電源オフ」という画面がでたら、ボタンを離し、画面をスライドして電源をオフにします。

iPadのホームボタン続いて「ホームボタン」を押しながら、パソコンに接続します。

リカバリーモードこの画面が表示されるまでホームボタンを押し続けます。

これでiPadをリカバリーモードにすることが出来ました。

iPhoneに問題がありますと表示された!?

iPhoneに問題がありますまれにリカバリーモードにしてiTunesを立ち上げると、このように「アップデートまたは復元を必要としているiPhoneに問題があります」と表示される場合があります。が、iPhoneがおかしくなくてもこのような警告が出る場合も多いので、あまり気にする必要はありません。

バックアップから復元する場合は、「復元」を。もし、工場出荷時の設定に戻す場合は「アップデート」をクリックします。

iTunesでiPhoneを設定していく

新しいiPhoneへようこそリカバリーモードにし、iTunesを立ち上げるとiTunesがこのような画面になります。
バックアップデータがある場合は、「このバックアップから復元」にチェックを入れ、バックアップのデータを選択してください。

もし、バックアップがなかったり新規のiPhoneとして使用する場合は、「新しいiPhoneとして設定」にチェックを入れ「続ける」をクリックしてください。

バックアップを選択バックアップがある場合はそのパソコンに保存されているすべてのバックアップが表示されます。が、iOSが同じバージョンでないとバックアップから復元が出来ないので注意してください。

関連ページ

iOS13パブリックベータ版からiOS12へダウングレードするには

iOS13パブリックベータにアップグレードしたのですが、ダウングレード方法を知りたくてiOS12へ戻してみました。が、途中、とんでもないことに・・・

せっかくiOS13パブリックベータ版のインストールとアップグレードを実行したのですが、結局iOS12へ戻しました。別に不具合があったわけでも無く、iOS13が使いにくいというわけでは無いのですが、ダウングレード方法を知りたくなってダウングレードしてみたのですが、おそろしく手間がかかってしまうことに。。。というわけで、安全にiOS13パブリックベータ版からiOS12へダウングレードする方法を紹介します。

目次

iOS13から12へ戻す方法

IPSWファイルを利用したダウングレード方法

最も簡単なのは、Beta Software DownloadsにあるIPSWファイルをダウンロードし、iTunesから適用させる方法・・・なのですが、現在(2019年8月)、公式サイトにそれらしいものがありませんでした。

「More」をクリックしてもそれらしいものはありません。

なので、「PhoneRescue」というWindowsのソフトを使って復旧させようとしたのですが大失敗。(笑)起動すら出来ない状態に。。。
いろいろ調べてみると公式では無いのですが、IPSWが公開されているようなので、そこから必要なファイルをダウンロードして実行してみてください。やり方は以下。
※ iOS12のバックアップが必要です。

iOS12.3.1の場合

iOS12.3.1 IPSWiOS13から元のiOSにダウングレードする場合、iOS13にする前のiOS12のバージョンがなんだったかがわかっている必要があります。もし忘れてしまった場合は、あとで紹介するリカバリーモードから復元する方法に進んでください。

iOS12.3.1だった場合は、iOS12.3.1IPSWのページを開きます。

IPSWをダウンロード適当な場所にファイルをダウンロードします。

iOS12.4の場合

iOS12.4 IPSWもし、以前使っていたiPhoneがiOS12.4の場合は、iOS12.4 IPSWのページからダウンロードしてください。

iTunesとiPhoneをつなげる

iTunesのiPhoneのアイコンをクリックiPhoneとパソコンをつなげ、iTunesを立ち上げます。

iPhoneのアイコンをクリックします。

iTunesのiPhoneの概要iPhoneの概要が表示されます。

Shiftを押しながらクリック「Shiftキー」を押しながら「更新プログラムの確認」をクリックします。

ダウンロードしたファイルを指定先ほどダウンロードしたIPSWファイルを指定します。

ソフトウェアにアップデートされます「アップデート」をクリックし、あとは指示どおり進んでください。

リカバリーモードから復元する方法

リカバリーモードにするには

① iPhoneとパソコンをUSBケーブルで接続します
② iTunesを立ち上げます

iPhone 8以降 XやXRやXSなど

③ iPhoneのボリュームを上げるボタン(左サイドの上側)を押し、すぐに離す
④ ボリュームを下げるボタンを押してすぐ離す
⑤ スリープ解除ボタン(右サイドのボタン)を下の画像が表示されるまで押し続ける。

iTunesに接続済み

iPhone 7 / iPhone 7+の場合

③ iPhoneのボリュームを上げるボタン(左サイドの上側)とスリープ解除ボタン(右サイドのボタン)を上の画像が表示されるまで押し続ける

iPhone 6以前の場合

③ iPhoneのスリープ解除ボタン(上側にあるボタン)とホームボタンを上の画像が表示されるまで押し続ける

iPhoneの復元

ここから先はバックアップからの復元になります。iOS13にしてから追加されたデータなどは消えてしまう可能性があるので(写真や動画など)注意してください。また、意外と時間がかかったので時間があるときに実行するか、iOS13 パブリックベータ版を使い続ける方がいいかも。

iPhoneに問題がありますiTunesに接続すると何やらiPhone側に問題がある、という表示になりましたが、このまま「復元」をクリックします。

iPhoneソフトウェアアップデート「iPhoneソフトウェアアップデート」という画面になりました。ここで「iOS12.4」と記載されています。どうやらiOS12に戻れるっぽい。

「次へ」をクリック。

同意するをクリック重要なお知らせが表示されるので、「同意する」をクリックします。

iPhoneリカバリーモードiTunesが「iPhoneリカバリーモード」になりました。

ダウンロードの進行状況進行状況はiTunesの右上にある検索窓能登なりのボタンをクリックすると表示されます。

「同時ダウンロード」をチェックしておくと多少早く進行するかも。

iPhoneソフトウェアアップデートになったダウンロードが完了し、アップデートが始まりました。

ソフトウェアを抽出中iTunesで「ソフトウェアを抽出中」となりました。

復元中「iPhoneソフトウェアを復元中」になりました。ここまで結構時間がかかりました。

工場出荷時の設定に戻る工場出荷時の設定に戻りました。初期化が終わっただけかいっ!!!

バックアップから復元

新しいiPhoneへようこそここからバックアップからの復元作業になります。iTunesがこのような「新しいiPhoneにようこそ」という画面になるので、「このバックアップから復元」にチェックが入っていることを確認し、iOS13パブリックベータ版を適用する前にバックアップしたデータを選択します。

バックアップを選択私の場合は長年iPhoneを使っているので、大量にありました。。。

パスワードを入力バックアップにパスワードを書けている人は、パスワードの入力をします。

バックアップから復元中バックアップからの復元が開始されました。

と、ここから先も結構時間がかかりました。。。が、無事、iOS12へダウングレードできました。
ただ、Apple Payに登録したクレジットカードやSuicaがいったん削除(iCloud上に待避される)されてしまうので、戻す必要があります。
ところがSuicaが全然復活しない。。。正確に言うと、Suicaが元通り登録できたのですが、残金がまったく表示されなくなってしまいました。。。どうもこれはiPhoneかiOSのバグのようでいろいろな人が同じような報告をしているっぽい。

プロファイルを削除する

いくつかiOS13パブリックベータ版からiOS12へ戻す方法を紹介してきましたが、急いで戻す必要が無い場合は、インストールしたiOS13パブリックベータのプロファイルを削除すれば、次回のiOS12のアップデート時に最新のiOS12に戻るそうです。

関連ページ

iOS13 パブリックベータ版をインストールするには

iOS13 パブリックベータをiPhoneやアンドロイドにインストールする方法を紹介します。ダークモード採用やアプリのバージョンアップ方法が大きく変更されました。

iOS13のパブリックベータ5が公開されました。このバージョンのパブリックベータは、Appleアカウントがあれば誰でも無料でiPhoneやiPadにインストールして使えるようです。今のところ、「これは便利!」という機能は、非通知や知らない電話番号からの着信を拒否してくれる機能と、有機ELディスプレイのiPhoneであれば、画面を点けている間のバッテリーの消費を抑えるダークモードぐらいですが、興味のある方は以下のやり方でiOS13 パブリックベータ5をインストールしてみてください。なお、正式版のiOS13は2019年9月か10月あたりに公開されると思われます。

目次

iOS13 パブリックベータ版のインストール

時間にして1時間ほどあればほぼ完了します。

バックアップをしておく

今のところ不具合らしきものはありませんでしたし、ほとんどのアプリがそのまま使えたので大丈夫かと思いますが、万が一アプリのデータなどが消えたりすることもあり得るので、あらかじめバックアップしておいてください。なお、できればiTunesを使ったバックカップiCloudへのバックアップの2つにバックアップしておいた方がベター。

iOS13 プロファイルのインストール

手順としてはiOS13パブリックベータ版のプロファイルをダウンロードし、設定からインストール。再起動後にiOSのバージョンアップという感じ。

Apple IDでサインインAppleのサイトの bate.apple.com/profile を開きます。

Apple IDでサインインApple IDとパスワードを入力しサインインします。

許可酢るをタップ2段階認証を設定している人は、サインイン要求を許可し、

2ファクタ認証表示された6桁のパスコードを入力します。

ブラウザを信頼する「信頼する」をタップします。

契約「契約」が表示されるので下にスクロールします。

承諾をタップ右下にある「承諾」をタップします。

パブリックベータ用ガイドパブリックベータ用ガイドのページが表示されます。

ここまで来てもプロファイルへのリンクが表示されないので、もう一度 bate.apple.com/profile を開きます。

プロファイルをダウンロード「プロファイルをダウンロード」というボタンがあるので、ここをタップします。

プロファイルの許可ダウンロードしていいか聞いてくるので、「許可」をタップします。

閉じるをタップ「閉じる」をタップします。

プロファイルのインストール

プロファイルがダウンロードされ設定 設定を開くと、「プロファイルがダウンロードさ...」のような表示があるのでここをタップします。

インストールをタップ右上の「インストール」をタップします。

パスコードを入力iPhoneのパスコードを入力します。

インストールをタップもう一度右上のインストールをタップします。

右上のインストールをタップ「承諾」というページが表示されるので、もう一度「インストール」をタップします。

画面下のインストール今度は画面下に「インストール」というボタンが表示されるので、タップします。

再起動をタップ再起動しろと言ってくるので、「再起動」をタップします。

一般をタップ再起動したら再び設定 設定を開き、「一般」を開きます。

ソフトウェア アップデート「ソフトウェア・アップデート」をタップします。

ダウンロードとインストール「ダウンロードとインストール」をタップします。

パスコードを入力iPhoneのパスコードを入力します。

ダウンロードとインストール中ダウンロードとインストールが開始されます。「残り時間2時間」と表示されていますが、実際には20~30分で完了すると思います。

iOS13のセッティング

アップデートが完了したしばらくするとiOS13のインストールが完了します。
画面が点灯して「アップデートが完了しました」と表示されたら指示に従っていきます。

外観モードの選択いきなりダークモードにするか聞いてきました。

ダークモードダークモードを選択するとこんな感じ。Galaxyでは以前からダークモード対応していたので、それほど違和感は感じませんでした。
もともとアンドロイドは黒の背景だったんですけれどね。

ようこそiPhoneへおなじみの「ようこそiPhoneへ」が表示されました。

iOS13はプライバシーが強化されている

Bluetoothへの使用許可iOS13にしてからLINEを立ち上げたのですが、いきなりBluetoothの使用許可を求めてきました。
まだ警告の内容が英語の部分があるようです。

"これにより、「LINE」がBluetoothアクセサリを見つけて接続できるようになります。 このアプリは、Bluetoothを使用して、近くにいることを確認することもできます。"

「OK」をタップしました。

ダークモードの設定ダークモードにすると設定はこんな感じ。まだアプリはダークモード対応のものがほとんどないので、今のところ設定ぐらいしか影響がないようです。

iOS13のホーム画面ホーム画面はこんな感じ。「Feedback」と「探す」が加わっていました。
実はiOS13から「友達を探す」と「iPhoneを探す」が1つのアプリ「探す」に統合されるようです。

iOS13の新機能

iOS13から搭載された新機能は主に以下。

詳しくは公式サイトのiOS13のプレビューを参考にしてください。

iOS13にアップグレードすべき?

しばらく使ってみた感想としては、不具合も無いようなのでアップグレードしてもいいかもしれませんが、逆に言うと特別便利な機能もないので急いでアップグレードする必要もないような気もしました。
私は今までiOSのアップグレードで不具合はなかったのですが、場合のよっては再起動を繰り返して使えない状態になる人もいるようなので、仕事で使っている人はもう少し様子を見た方がいいかも。

見知らぬ電話番号からの電話を拒否

あまり騒がれていませんが、iOS13の最も大きな新機能が「見知らぬ電話番号からの電話を拒否」する機能。今までは「おやすみモード」にしないとこうしたことは出来ませんでしたが、標準で対応されました。ただし、念願の「非通知」のみを拒否する機能はありませんでした。
アンドロイドではほぼ当たり前のように使える「非通知からの着信拒否」ですが、iPhoneではまだまだ先になりそうです。
なお、iPhoneで非通知からの着信拒否をするには、iPhoneやスマホで非通知を拒否するを参考にしてください。iPhone自体は対応していませんが、キャリアの機能を使えば非通知からの着信を拒否できます。

関連ページ

 

カテゴリー

最新の記事