iPhone入門

iPhoneの購入の仕方から、電話を使えるようにする設定をはじめ、おすすめアプリや活用術を紹介しています。

iPhoneを購入する

人気記事

スポンサードリンク

iPhone活用記

兄弟サイト

Sponsored Link

 

iCloudでメッセージが保存できない場合の対策

iCloudに保存する設定を開くと、メッセージがオフに。オンにしようとすると、警告が表示されてオンに出来ません。解決策を紹介。

iPhoneの設定の「iCloud」に保存するアプリの一覧を見ると、「メッセージ メッセージ」がオフになっていることがあります。
オンにしようとすると、「iCloudにメッセージを保管は利用できません」と表示されてオンに出来ない場合の対処法を紹介します。

iCloudでメッセージがバックアップできない❓

iCloudのメッセージがオフiPhoneの設定 設定にある「Apple ID」の「iCloud」を開くと、iCloudにデータを保存できるアプリの一覧が表示されるのですが、まれに「メッセージ」がオフになっていて・・・

iCloudにメッセージを保管は利用できませんメッセージをオンにしようとすると、このように「"iCloudにメッセージを保管"は利用できません」と表示されてしまいました。
よく読んでみると、「iCloudおよびiMessageのアカウントが異なるため」iCloudにメッセージのデータが保存できないようです。

エンドツーエンドの暗号化を使用しますさらに「"iCloudにメッセージを保管"は、エンドツーエンドの暗号化を使用します」というようなよくわからない警告が表示されることも。
この場合は「続ける」をタップしてください。

原因

iCloudからサインアウトこのようにiCloudにメッセージが保存できなくなったのは、iPhoneで別のApple IDでサインインしたのが原因。
なにかしらの理由で、iCloudからサインアウトし、別のApple IDでサインインし直したのが原因です。

対策

設定のメッセージを開く設定 設定を開き、メッセージ メッセージという項目を探しタップします。

送受信をタップ「送受信」の部分をタップします。

Apple IDをタップApple IDの部分が現在のApple IDと違っているはずです。ここをタップ。

サインアウトをタップ「サインアウト」をタップ。

iMessageにApple IDを使用「iMessageにApple IDを使用」というボタンが表示されるようになるので、ここをタップ。

ほかのApple IDを使用をタップ「ほかのApple IDを使用」をタップ。

パスワードを入力してサインイン現在サインインしているApple IDのメールアドレスが入力された状態で表示されるので、②の部分にパスワードを入力し、③の「サインイン」をタップします。

よけいなアドレスのチェックを外す現在のApple IDでiMessageが使えるようになりました。
この時、いろいろなメールアドレスを登録しているとこのように複数のメールアドレスもiMessageとして使用されてしまいます。必要がない(電話番号以外)メールアドレスのチェックは外しておいた方がいいかもしれません。

iCloudでメッセージが保存できるようになったiCloudにメッセージが保存できるようになりました。

Apple WatchでiMessageにサインイン

Apple Watchでもサインインの警告がなお、Apple Watchを持っている場合、Apple Watchでも「iMessageにサインイン」という表示が出ることがあります。
この場合もiPhone側で上の手続きを行えば出なくなります。

関連ページ

レシートを撮影して家計簿がつけられるアプリ

レシートを撮影すると自動で品名と値段を取り込んで家計簿がつけられるアプリの紹介。CSV形式の入出力に対応。レシーピの代わり。

今までずっと便利に使ってきたレシーピが急に終了。代替としていろいろ探したのですが、ようやくかぴったりのアプリが見つかりました。
今回はレシーピのデータを取り込んで使える「recemaru(レシマル)」というレシートを撮影するだけで家計簿として記録ができる家計簿アプリを紹介します。
レシーピや他のアプリのCSVデータの取り込み方法も紹介します。

目次

レシーピからデータを抽出する

レシーピが終了今まで私のように何年間も家計簿アプリの雄、「レシーピ」を使っていた人は、急にアプリが使えなくなって困っている人もいるんじゃないでしょうか。私はiPhoneを10年以上使ってきたからわかるんですけれど、アプリが急に開発停止になって使えなくなるのはごくごくあり得ることです。
で、レシーピからCSV形式のデータファイルを抽出(取り出す)方法を紹介します。

データエクスポートをタップレシーピを立ち上げると、「データエクスポート」というボタンが表示されています。どうやら2021年2月28日までならデータの抽出が出来るようです。

「データエクスポート」をタップします。

宛先を選択メールの送信画面になるので、①の宛先をタップして自分のメールアドレスを指定します。

②をタップして送信します。

CSVファイルを保存する

cvsファイルをタップメール メールアプリに届いたメールを開き、一番下にある添付されたCSVファイルをタップします。

共有ボタンをタップグラフが表示されるので、右上の共有 共有ボタンをタップします。

ファイルに保存をタップ上にスワイプして、「ファイルに保存」をタップします。

iCloud DriveのDocumentsに保存ここでは①「iCloud Drive」の②「Documents by Readde...」と記載されているフォルダをタップしていき、最後に右上の③「保存」をタップします。

これでレシーピから取り出したCSV形式のファイルがiPhoneに保存できました。

recemaru(レシマル)の使い方

レシマル recemarurecemaruアプリをインストールします。
なお、アンドロイド版はこちら。

スキップをタップアプリをインストールして起動したら、はじめだけ使い方の説明が表示されます。
「次へ」をタップするか右上の「スキップ」をタップして進めてください。

新規ユーザーに登録してはじめる「新規ユーザー登録」の画面が表示されるので、メールアドレス、パスワード、性別、誕生年、住んでいる地域などを入力します。
なお、パスワード入力画面で半角英字が入力できないバグがありました(2020年12月)。なので、数字などの簡単なパスワードを入力して、後で変更しました。

性別や誕生年、住んでいる場所は入力しなくても構いません。

確認ではOKをタップ登録したメールアドレスに認証用のメールを送っていいか聞いてくるので「OK」をタップします。

閉じるをタップ仮登録が完了しました。「閉じる」をタップします。

メールに届いたURLをタップURLが記載されたメールが届くのでタップします。

戻る本登録が終了しました。
アプリに戻ります。

ログインログイン画面になるので、登録したメールアドレスとパスワードを入力し、「ログイン」をタップします。

ログイン成功ログインが成功しました。

撮影のコツ説明が表示されるので右上の「スキップ」もしくは「次へ」をタップします。

はじめるをタップ「はじめる」をタップします。

通知の許可通知をしてもいいか聞いてくるので「許可」をタップします。

カメラへのアクセスを許可カメラを使用していいか聞いてくるので、「許可」をタップ。

すべての写真へのアクセスを許可写真にアクセスしていいか聞いてくるのですが、ここでは「すべての写真へのアクセスを許可」をタップします。

csvデータの取り込み

はじめて家計簿アプリを使う場合は、レシートの撮影と取り込みに進んでください。
もし、レシーピなど他のアプリからCSVデータを取り込む場合は、以下のようにします。

メニューをタップ左上のメニューメニュー をタップします。

設定一番下にある「設定」をタップします。

csvファイルの取込「連携機能」にある「CSVファイル取込」をタップします。

Documentsフォルダを開く「iCloud Drive」の「Documents by ...ddle」をタップします。

保存したCSVファイルを指定先ほどのファイルがありました。CSVファイルをタップします。

処理中取り込みが開始されます。

取り込みが終了しましたCSVの全だーたが取り込まれました。「閉じる」をタップします。

レシーピのデータを取り込めた386個のデータが取り込まれたようです。

支出のグラフの見方

メニューをタップ入力されたデータのグラフを見るには、左上のメニュー メニューをタップ。

支出グラフ「支出グラフ」をタップします。

過去のデータのグラフ棒グラフが表示されました。右に行くほど最新のデータ(月)です。
項目ごとの金額も表示されていますね。

すべて取り込めたレシーピでつけていた過去のデータもこのようにちゃんと表示されていました。

品目一覧このように過去に取り込んだレシートの明細も見ることができます。

レシート一覧過去のレシートのデータです。
私は2016年からレシーピを使い始めたのですが、4年ほどで144万円も買い物をしていたんですね!

レシートの撮影と取り込み

最後にレシートからデータを取り込む方法を紹介しておきます。

カメラをタップレセマルのホーム画面の左下のカメラのアイコンをタップします。

シャッターボタンカメラが起動するので、レシートを撮影します。

解析中解析が始まります。

うまく読み取ってくれたこのように店名、電話番号、品目、金額、合計金額などを取り込むことができました。
「保存」をタップすると保存できます。

費目一括各品目を分けるには、「費目一括」をタップし、

食費適切な費目をタップ。一度タップするとその品目が自動的に選択された状態で取り込めるっぽい。

というわけで、今度からはこのrecemaruを家計簿アプリとして使っていこうと思います。
ちなみに私の場合は、ここ最近は1か月に使う買い物の合計は4~5万円で推移しています。ただ、2016年ごろは2~3万円だったんですよね~。なのでお金の使い方が荒くなっているかもです。。。

関連ページ

ファミリー共有したApple WatchのフィットネスをiPhoneで見るには

ファミリー共有したApple Watchで取得したアクティビティやワークアウト、ヘルスケアなどをiPhoneで見る方法を紹介します。

Apple Watchは基本的にiPhoneがないと使えませんが、Apple Watch セルラーモデルであれば、「ファミリー共有」という機能を使い、iPhoneがなくてもApple Watchを使うことができます。
今回はファミリー共有したApple Watchで取得した日々のエクササイズ(歩数やワークアウトなど)のデータをiPhoneで表示させる方法を紹介します。

目次

iPhoneでファミリー共有したApple Watchのアクティビティを見るための条件

アクティビティが更新されないApple WatchをiPhoneを持っていない父親に使ってもらおうと、Apple Watch Series 5をファミリ共有したのですが、使い始めた初日のアクティビティはiPhone側で表示されたものの、以後同期しなくなりせっかくApple Watchをファミリー共有したのに、時計としてしか機能しなくなってモヤモヤしていましたが、ようやく解決策がわかりました。

ネットワークに接続すること

ファミリー共有するには、Apple Watchがネットワークに接続する必要があります。セルラーモデルでないとファミリー共有できないのはこのためっぽい。
私はセルラーの契約をしていなかったのですが、Wi-Fiに接続すればファミリー共有したApple Watchのアクティビティが共有できるっぽい。

Apple Watchの設定を開くファミリー共有したApple Watchの「設定 設定」を開きます。

Wi-Fiをタップ「Wi-Fi」をタップします。

ネットワークを選択接続したいネットワークをタップします。

Apple WatchでWi-Fiのパスワードを入力するには、(なんと)手書き入力。半角英数字を1文字1文字手書き入力して入力します。が・・・

Wi-Fiパスワードの共有すでにそのWi-Fiに接続しているiPhoneが近くにあると、iPhoneの画面にこのような「Wi-Fiパスワード」という画面が表示されるので、「パスワードを共有」をタップ。

Wi-Fiパスワードの共有の完了iPhoneに保存してあるWi-FiのパスワードがApple Watchに送られ・・・

Apple WatchがWi-Fiに接続できるようになります。

連絡先にiPhoneが登録されていること

それとApple Watchの連絡先にiPhoneの連作先が登録されていること。
iPhoneを持っていない人は、連絡先が白紙な可能性があるので、iCloudにログインしてあらかじめiPhoneと連絡が取れるようにiPhoneで使っている電話番号、メールアドレスなどを登録しておいてください。

iPhoneなしでiCloudの連絡先にデータを追加するには

iCloudの連絡先iPhoneなしでApple IDの連絡先に電話番号などを追加するには、パソコンで追加するのが一番楽です。
パソコンのブラウザでiCloudを開き、「連絡先」を開きます。

新規連絡先左下にある①プラスのアイコンをクリックし、②「新規連絡先」をクリックしてiPhoneの連絡先を追加しておきます。

iPhoneとアクティビティを共有するには

以上でiPhoneにファミリー共有したApple Watchのアクティビティなどを表示させる条件がそろいました。
では早速iPhoneに表示させてみましょう。

アクティビティの共有

Apple Watchでアクティビティを表示基本的にファミリー共有したApple Watchは、iPhoneとは独立して動作します。一応、単独でもApple Watchのワークアウトなどを使用してエクササイズや心拍数、歩数などを記録することができますが、記録したデータはApple Watch上でしか見ることができません。

合計歩数と距離Apple Watchのフィットネスアプリを開くと、Apple Watchで記録した歩数、距離、ワークアウトなどの記録が表示されます。
が、iPhoneには同期されません。

そこで、「アクティビティ共有」で家族の使っているiPhoneにアクティビティなどを表示させることができます。

Apple Watchのアクティビティを開くApple Watchのアクティビティアプリを開きます。

左へスワイプ右から左へスワイプします。

友だちに参加依頼をタップ「共有」が表示されるので、「友だちに参加依頼」をタップします。

連絡先が開くApple Watchに保存されている連絡先が開きます。
この時iPhoneを持っている連絡先をタップします。

iPhoneに共有のお知らせが届くするとそのiPhoneに共有承認の通知が届きます。

iPhoneのフィットネスを開く通知が届いたiPhoneの「fitness」を開きます。

アクティビティを共有①右下の「共有」をタップ。

②の右上に数字の①が表示されているはずです。ここをタップします。

承認をタップ「承認」をタップします。

共有中の相手これでファミリ共有したApple WatchのアクティビティがiPhoneで見られるようになりました。
「iPod touch」という名前になっているのは、Apple IDにつけた名前からですね。

ファミリー共有のApple Watchのフィットネスタップすると、ファミリ共有したApple Watchで取得した「ムーブ」「エクササイズ」「スタンド」「歩数」「距離」などが表示されました。

共有で一覧できるiPhoneで確認するには、「フィットネス」アプリの「共有」タブをタップすることで表示されます。

ヘルスケア

ヘルスケアより詳細にApple Watchで取得したデータを見るには、「ヘルスケア」アプリを使用します。
iPhone内のヘルスケアを立ち上げます。

ブラウズを開く①の「ブラウズ」をタップし、②に表示されたApple Watchの名前をタップします。

ファミリー共有したApple WatchのアクティビティするとApple Watchで記録してきた様々なデータが表示されます。

ワークアウトの情報エクササイズのデータもここで表示されます。

体重や身長など過去7日間のデータも表示させることができます。

歩数例えば遠く離れた場所に住んでいる両親もこの機能を使えば、寝込んでいるのかわかります。
このデータはWi-FiかモバイルデータでiCloud経由で保存されているっぽいので、セルラーモデルでないとファミリー共有できないのはそれが理由なんだと思います。

その他のできること

居場所をリアルタイムで調べる

お子さんや離れた場所に住む両親の居場所を知る場合、今まではキッズ携帯やみまもりケータイを使用するなど限られていましたが、Apple Watchを身につけていればiPhone上でリアルタイムに位置情報を確認できるようになります。

探すiPhoneの「探す」を開きます。

デバイスを探す下の「デバイスを探す」をタップします。

現在位置ファミリー共有しているApple Watchの現在位置が表示されました。

ファミリー共有したApple Watchを設定する

Watchを開くファミリー共有したApple Watchを設定するには、Apple Watchの設定アプリからも出来ますが、初期設定したiPhoneのWatchアプリ上でできます。

ファミリーウォッチWatchアプリを開き、「すべてのWatch」を開き、「ファミリーウォッチ」にファミリ共有したApple Watchが表示されます。ここをタップしてチェックを入れます。

チェックを入れるチェックが付いている間は設定できます。
自分のApple Watchを持っている人は、自動で自分のApple Watchにチェックが付いてしまうので注意。

ファミリー共有したApple Watchの設定このように設定することができます。

関連ページ

 

カテゴリー

最新の記事