iPhone入門

iPhoneの購入の仕方から、電話を使えるようにする設定をはじめ、おすすめアプリや活用術を紹介しています。

iPhoneを購入する

人気記事

スポンサードリンク

iPhone活用記

兄弟サイト

Sponsored Link

 

MacにiPhoneの画像・動画を取り込むには

MacやMacbookにiPhone内の画像や動画を取り込む方法を紹介します。Windowsに比べると若干転送方法は楽かもしれません。

iPhone内にある画像や動画をMacやMacbookに取り込む(転送)方法を紹介します。iPhoneとMacは同じApple社製の製品なので、Windowsに画像を取り込むときよりも比較的簡単に転送させることが出来ます。

目次

写真AppならWi-Fi経由で自動転送

写真.app画像だけであればMacの「写真.app」にWi-Fi経由で自動的に転送されます。
「写真.app」はiCloudの「フォトストリーム」に保存されている写真・画像が自動でMac内のここに保存されます。
なのでiPhoneの最新の画像はこの「写真」を開けばすぐに見られるはずです。ただし、iPhoneがWi-Fiに接続された状態でないとiCloud上に保存されないので注意。

イメージキャプチャで取り込む

イメージキャプチャ動画も含めてiPhone内にある画像・動画を丸々Macに転送したい場合は、「イメージキャプチャ」というアプリを使います。
※ 最初からインストールされています

MacとiPhoneをUSBケーブルでつなぐiPhoneとMacをUSBケーブル(ライトニングケーブル)でつなぎます。

イメージキャプチャ「イメージキャプチャ」を立ち上げます。

iPhoneをクリックMacがiPhoneを認識すると、左側の「デバイス」にiPhoneのアイコンが表示されるので、クリックします。

iPhoneのロックを解除する

iPhoneのロックを解除してくださいはじめてMacとつなぐ場合、このように「iPhoneのロックを解除してください」と表示されることがあります。この場合はiPhoneのロックを解除してください。

iPhone内の画像が表示される

iPhone内の画像・動画するとiPhone内の画像・動画が表示されます。

画像を取り込む

読み込み後に削除イメージキャプチャの左下に取り込み後の設定があります。
「読み込み後に削除」にチェックを入れるとiPhone内にある取り込まれた画像・動画が自動で削除されます。iPhoneの容量がいっぱいの時はここにチェックを入れておくといいかも。

保存先

読み込み先イメージキャプチャの中央下部に「読み込み先」がありますが、ここに転送されます。デフォルトでは「ピクチャ」になっています。別の場所に保存したい場合はここをクリックして場所を指定します。

カメラごとにサブフォルダを作成この時「カメラごとにサブフォルダを作成」にチェックをつけておくと、iPhoneの画像は「iPhone」。デジタルカメラの場合はデジタルカメラの製品名のフォルダを自動で作成して取り込んでくれます。

すべてを読み込む「すべてを読み込む」をクリックするとiPhoneからの取り込みが開始されます。

取り込み中進行状況が表示されるのでしばらく待ちます。

取り込んだ画像・動画を表示する

ピクチャフォルダを開く取り込みが完了したら「Finder」を立ち上げます。

「ピクチャ」をクリックします。

iPhoneフォルダに転送された私の場合は「iPhone」というフォルダに転送されていました。

まとめ

MacでiPhoneの画像を取り込む場合は、基本的には「写真App 写真.app」に自動で転送されるので、「イメージキャプチャ」を使う必要はないかもしれません。が、手動で画像を取り込みたい場合は、上で紹介したやり方で取り込んでみてください。なお、「イメージキャプチャ」はiPhoneだけでなく、デジカメやアンドロイドから画像・動画を取り込むことも出来ます。

関連ページ

Googleマップにお気に入りの地点を登録する方法

Googleマップには、自宅と職場以外にもよく訪問する場所などを登録することが出来ます。簡単に呼び出して、カーナビを開始したり渋滞情報を確認することが出来ます。

私は運送会社に勤めているのですが、道を覚えるのがあまり得意じゃないので、あらかじめ納品先をGoogleマップに登録して、iPhoneやアンドロイドをカーナビ代わりにして走っています。Googleマップは渋滞情報がかなり正確なので、道を覚えた後もどの道で行けばどれくらいで到着するのがわかって便利なんですよね~。
というわけで、今回はGoogleマップによく行く場所を登録してすぐに呼び出して、ナビを開始する方法などを紹介します。

目次

よく行く場所を登録

登録したい場所を長タップ登録したい場所をGoogleマップに表示させたら、指で画面をタップし続けます。

登録した場所を長タップピンが表示されます。
画面下の「保存」をタップします。

お気に入りをタップどこに保存するか聞いてくるので、「お気に入り」か「行きたい場所」をタップします。
もし、たくさん登録したい場所がある場合は、登録したいリストを作成することも出来ます(「新しいリスト」をタップ)。

リストを表示保存されました。
「リストを表示」をタップしてみます。

登録された「お気に入り」に登録した地点が表示されます。

が、住所が表示されるだけでちょっとわかりにくい。

コメントを追加

コメントを追加そこで「・・・」をタップ①し、「コメントを追加」をタップ②します。

説明を追加わかりやすい説明を追加します。

保存をタップ右上の「保存」をタップします。

登録した地点を呼び出すには

メニューをタップ登録した地点を呼び出すには、右上のメニュー メニューボタンをタップします。

マイプレイス「マイプレイス」をタップします。

保存済みをタップ「保存済み」をタップします。

お気に入りを開く「お気に入り」もしくは登録したリストをタップします。

お気に入りが開いた「お気に入り」が表示されました。下にスクロールすると・・・・

登録された場所登録した地点がありました。カーナビとしてGoogleマップを使うにはタップします。

登録した地点までナビ

経路をタップ画面下の方に「経路」というボタンが表示されるので、ここをタップします。

開始をタップ現在位置から登録した地点への道順が表示されました。

「開始」をタップすれば現在位置から目的地までのカーナビが開始されます。

電車や徒歩も可能

電車やバスを使う場合電車のアイコンや徒歩のアイコンをタップすれば、移動手段に応じた乗り換えや運賃、かかる時間が表示されます。

わかりやすい名前で登録したい

先ほどの登録方法だと、リストに住所として登録されるので、たくさん登録してしまうと、探しにくいです。
そこで「〇〇スーパー」とか「納品先」と言ったわかりやすい名前で登録する方法を紹介します。

ラベルをタップ登録した地点を呼び出すと、このように「ラベル」というボタンがあります。ここをタップします。

ラベル名を記入①の部分にわかりやすい名前を入力します。
②の「ラベルを追加」の部分をタップします。

ラベルが保存されたするとラベル付きに保存され、入力した名前で登録出来ました。

マイプレイスマイプレイスを呼び出し・・・

マイプレイスのラベル付き「ラベル付き」の部分に表示されました。
よく行く場所は「ラベル付き」にも登録しておくとベター。

履歴

検索履歴頻繁に行く場所を探すには、履歴からたどった方が早いかもしれません。
履歴は検索欄をタップすると表示されます。

自宅と職場を登録する

Googleマップにはこれ以外にも自宅と職場を登録しておき、すぐに呼び出すことが出来ます。検索入力欄に「自宅」と入力するだけで検索してくれるし、「OK Google」に「自宅までの道順を教えて」と尋ねるとナビの画面になります。
また職場を登録しておくと、道が渋滞しているときや電車が遅れたときなどを知らせてくれるっぽい。(混んでいることが無いので、通知が来たことはありませんが・・・)

メニューをタップメニュー メニューをタップします。

設定をタップ「設定」をタップします。

自宅や職場を編集をタップ「自宅や職場を編集」をタップします。

自宅か職場をタップそれぞれ登録したい方をタップします。

自宅の住所を入力地図上や連絡先から登録することも出来ますが、住所を入力した方が簡単。

候補の中から選択住所を入力すると、候補が表示されるのでここをタップ。

これで登録されました。

通勤情報を設定自宅と職場を登録すると、「通勤情報を設定」の画面が表示されます。

通勤手段を選択通勤手段を選択します。

職場に着く時刻会社に到着する時刻と、会社を退社する時刻を選択します。

終了をタップこれで通勤の設定は完了です。道が渋滞していたり、電車に遅れがあると通知してくれる・・・はずです。(笑)

関連ページ

App内課金アイテムの購入は許可されていませんとは?

LINEのスタンプなどを購入しようとしたら「App内課金アイテムの購入は許可されていません」と出て買えません。今回は、このような警告が出る意味と購入方法を紹介します。

App内課金アイテムの購入は許可されていませんLINEの有料スタンプを購入しようとしたり、ゲームのアプリで課金しようとしたり、有料アプリを購入しようとしたら、「App内課金アイテムの購入は許可されていません」という表示が出て、「OK」しか選択肢がない場合に遭遇することがあります。
今回は、このような警告が表示される原因と解除方法を紹介します。

決済ができませんでしたこのとき「OK」をタップすると、「決済ができませんでした。もう一度お試しください」と表示され、ここでもOKをタップしないと先に進めません。

目次

有料アプリ・課金ができない原因

さて、「App内課金アイテムの購入は許可されていません」は、日本語の表現がわかりにくいので戸惑ってしまうかもしれませんが、簡単に説明すると、iPhoneの設定で有料コンテンツの購入をできない設定にしているので、購入はできませんよ、ということです。

そういえば以前、勝手に課金というか引き落としされていることがあって、自分で課金出来ないように設定しておいたのを忘れていました。(笑)
で、この設定の解除方法なんですけれど、結構ややこしい。。。。なので画像付きで分かりやすいように紹介しますね。

スクリーンタイム

設定のスクリーンタイムお子さんが誤って課金しないように設定を制限する場所は、「スクリーンタイム」という機器慣れない場所に移動してしまいました。スクリーンタイムとは、自分がどれくらいiPhoneを使っていたか(眺めていたか)をグラフで表示したり、ある一定以上の時間iPhoneを使っていると使えなくさせる制限ができる項目です。
ここに有料アプリなどの課金の制限が移動してしまいました。
iPhoneを子供用に制限させるには

設定 iPhoneの設定を開いたら、「スクリーンタイム」(上の方にあります)を探し、タップします。

コンテンツとプライバシーの制限「コンテンツとプライバシーの制限」というなんだか難しそうな項目があるので、ここをタップします。

パスコードがわからない!?

設定によってはここでパスコードの入力画面になることがあります。このパスコードは、iPhoneのロック解除用のパスコードとは別のものです!同じパスコードにしていればいいのですが、万が一違うパスコードにしていて思い出せない場合は、iPhoneを初期化する必要があります。
また、iPhoneを初期化してもバックアップ(PC、iCloudどちらとも)から復元させると、再びパスコードがかかった状態で復元してしまいます!
つまりiPhoneをまっさらの状態から使わないと、スクリーンタイム・パスコードを忘れてしまった場合は設定を変えることが出来ません。

App内課金を許可させる

iTunesおよびApp Storeでの購入「iTunesおよびApp Storeでの購入」をタップします。

App内課金をタップ「App内課金」をタップします。

許可をタップここが「許可しない」になっていると、有料アプリなどの購入や、アプリ内での購入(LINEの有料スタンプなど)が出来なくなります。
「許可しない」になっている場合は、「許可」をタップします。

許可にチェックが付いたこれで有料アプリが購入できるようになりました。

有料アプリ・課金ができるか試してみる

コインチャージ実際にLINEの有料スタンプが購入できるか確認してみます。

LINEのスタンプは、まずはLINEだけで使える「コイン」というものを購入し、もっているコインでスタンプを購入します。
100コイン(240円かかる)を購入してみます。

Face ID認証設定前はここで「App内課金アイテムの購入は許可されていません」と出てしまいましたが、今度は顔認証(Face ID)の画面になりました。

購入することが出来たポチ~~~ンという音がし、購入出来ました!

購入手続きが完了しましたLINEに戻るとLINEのコインが購入出来ました。

有料スタンプが購入できたLINEの有料スタンプは、このコインを使って購入します。

まとめ

私のように、昔有料アプリ・課金ができないように設定していたのを忘れて、「App内課金アイテムの購入は許可されていません」と出てあれ!?と慌てている人も多いのではないでしょうか?
以前はこの設定はもっとわかりやすい場所にあったのですが、最新のiOSではわかりにくくなりました。なので参考にしてください。

関連ページ

 

カテゴリー

最新の記事