iPhone入門

iPhoneの購入の仕方から、電話を使えるようにする設定をはじめ、おすすめアプリや活用術を紹介しています。

iPhoneを購入する

人気記事

スポンサードリンク

iPhone活用記

兄弟サイト

Sponsored Link

 

カレンダーが重複してしまった場合の解決策

iPhoneのカレンダーでスケジュールが重複してしまう症状になった場合の原因と解決策を紹介します。

カレンダーアプリiPhoneのカレンダーアプリを利用している人は多いと思いますが、長くiPhoneを利用しているといつの間にか同じ予定・スケジュールがいくつも表示されてしまうことがあります。
今回は重複した予定表を削除する方法と原因を紹介します。

目次

カレンダーの予定が重複してしまう原因

スケジュールが重複しているiPhoneを買い替えたりして何年も使っていると、カレンダーの予定やスケジュールが重複して表示されてしまうことがあります。

iCloudからサインアウト・サインインした時が原因

データのコピーをこのiPhoneに残しますかカレンダーのスケジュールが重複してしまう原因は、iCloudからサインアウトしたりサインインした時にカレンダーのデータを残しておいてしまうため。

結合新たにサインインした時に、「結合」を選択してしまうと、iPhoneに残していたカレンダーデータとiCloud(ネット上)に保存してあるデータが結合、つまり重複されてしまうため。

コピーをオフにする何らかのきっかけでiCloudをサインアウトした場合は注意が必要です。
この場合の対策は、サインアウトする時に「コピーを残す」をすべてオフにしておくこと。
なんとなくデータが消えてしまいそうで怖い!と思われるかもしれませんが、この「Safari」「カレンダー」「連絡先」「リマインダー」などのデータは、全てインターネット上のiCloudという場所に自動でバックアップされているので、コピーを残しておかなくても次にサインインした時に自動的に復活するので大丈夫です。

重複した予定・スケジュールを削除するには

では続いて重複してしまったカレンダーのスケジュールを削除する方法を紹介します。

カレンダーをタップカレンダーアプリを立ち上げます。
画面の一番下中央に「カレンダー」というボタンがあるのでここをタップします。

アカウントが複数登録されているカレンダー用のアカウントが表示されました。「カレンダー」というアカウントが2つ重複していますね。

削除したいカレンダーをタップ不要な方の i をタップします。

カレンダーを削除をタップ一番下の「カレンダーを削除」をタップします。

もう一度カレンダーを削除本当に削除していいかもう一度聞いてくるので、「カレンダーを削除」をタップします。

他にも不要なデータが有れば削除してください。

重複したカレンダーが消えた必要なもの以外削除してみました。
なお、祝日などを表示させる「日本の祝日」も削除できますが、これを削除してしまうと祝日の名前が表示されなくなるので、あまりおすすめできません。

全て完了したら右上の「完了」をタップします。

スケジュールをジャンル分けするには

もし、仕事用、プライベート用、家族用など内容によってジャンルを統一したい場合は、新しくカレンダーを作成し、ジャンル分けしておくことも出来ます。

カレンダーを追加先程の画面で、左下にある「カレンダーを追加」をタップします。

カレンダーの名前を入力①新しいカレンダーの名前を入力します。
色(カラー)を選択し、②「完了」をタップします。

以後、仕事のスケジュールはこの「仕事関係」で登録しておくと、あとで管理が楽になります。

関連ページ

Amazon Musicで音楽をダウンロードする方法

Amazonプライム会員なら無料で音楽聴き放題のサービス「Amazon Music」。アプリの使い方と曲のダウンロード方法、iPhone内の音楽と同時に使う方法などを紹介します。

amazonのプライム会員であれば、追加費用無しで100万曲の中から好きな曲を聞くことが出来ます。
このAmazonの音楽聴き放題のサービス「Amazon Music」をiPhone上から利用する方法や、曲を無料でダウンロードする方法、iPhone内の曲と混合して聴く方法を紹介します。

目次

Amazon Musicとは

Amazon Musicとは、Amazonのプライム会員(税込み3,900円/年)が利用できる音楽聴き放題のサービス。ただし、曲数が100万曲以上と少ないです。
年額7,800円のAmazon Music unlimitedというサービスも有り、こちらは4,000万曲が聞き放題になります。

各プランの違い

プラン prime music music unlimited
個人プラン
music unlimited
Echoプラン
楽曲数 100万以上 4,000万以上 4,000万以上
料金追加料金なし 980円/月 380円/月
プライム会員の場合
780円/月
年額
7,800円/月
他の類似サービスとの比較

LINE MusicやGoogle Play Musicと料金の比較をしてみました。

プラン Apple Music Amazon music
Unlimited
Google Play Music LINE Music
楽曲数 4000万曲以上
料金 980円/月 980円/月
プライム会員の場合
780円/月
980円/月 960円/月
ファミリープラン
1,480円/月
年額
7,800円/月
ファミリープラン
1,480円/月
学生プラン
600円/月
学生プラン
480円/月
ファミリープラン
1,480円/月
月20時間まで
500円/月

Echoプランだと月380円

Echo dotの一式以前紹介したAmazonのスマートスピーカーEchoのみで聞ける「music unlimited Echoプラン」は月々380円なのでかなり安いですね。
こちらはプライム会員でなくてもこの料金のようなので、音楽好きならお得。

ただ、私が持っているスピーカーAmazon echo dotは、モノラルで音質がいまいちなので、echoプランの場合は「echo」か「echo Plus」の方がいいかもしれません。

Amazon Musicアプリの使い方

インストール

Amazon Musicはプライム会員なら無料で100万曲の曲をストリーミング再生及び、ダウンロードが出来ます。
インストールは以下から。

設定と使い方

Amazon Musicインストールが終わったらアプリを立ち上げます。

AmazonアカウントでログインAmazon Musicは、Amazonの会員でないと使用できないっぽい。
登録しているメールアドレスとパスワードを入力してログインします。
なお、パスワードを忘れてしまった場合は、パスワードアシスタントで再設定できます。

起動中しばらくこのまま待ちます。

メディアライブラリへのアクセスを許可ミュージックライブラリなどにアクセスできるようにするか聞いてくるので、「OK」をタップします。

通知を受け取るおすすめの曲などがあった場合通知していいか聞いてくるので、「OK」もしくは「後にする」をタップします。
通知がうざい場合は「後にする」で構いません。

通知の許可通知を受け取る場合は「許可」をタップします。

Amazon Musicの基本画面こちらが「Amazon Music」のホーム画面。
個人的にAmazonのデザイナーのセンスは好きです。(笑)

検索の仕方

検索Amazon Musicが使えるようになったら、聞きたい曲を検索してみましょう。unlimitedでないと4000万曲を利用できませんが、意外と100万曲でも聞きたい曲がヒットしたりします。

検索方法はAmazon musicの右下にある「検索」ボタンをタップし・・・

検索キーワードを入力検索キーワードを入力します。
キーワードは、曲名やアルバム名、アーチスト名など。
また、キーワードを一部入れると、下に候補が表示されるのでタップすればOK。

ダフト・パンクの曲が表示されたプライイム会員が無料で聞ける曲が表示されます。
意外と多い。

再生してみた再生画面です。標準の「音楽」アプリに近い感覚で使用することが出来ます。

音楽をダウンロードするには

基本的にはストリーミング再生(パケットを使用して再生)なのですが、聞くたびにパケット通信をしなければならないので、スマホに曲をダウンロードすることも出来ます。

右上をタップダウンロードしたい曲を再生している場合は、右上の丸で囲った部分をタップします。

ダウンロードしたい曲検索結果を再生中の場合は、右側の丸で囲った部分をタップします。

ダウンロードをタップスマホ本体に曲をダウンロードするには「ダウンロード」をタップします。

ダウンロードに追加ダウンロードリストに追加され、ダウンロードが開始されます。

ダウンロード済みダウンロード済みの曲はアイコンがプラスマークからこのようなものに変わります。

ダウンロードした曲を聞くには

マイミュージックを開くダウンロードした曲は「マイミュージック」をタップし

最近追加された楽曲をタップ「最近追加された楽曲」に登録されています。

ダウンロードした曲達ダウンロードした曲やマイミュージックに登録した曲が表示されました。

ダウンロードできない場合

曲のダウンロードの注意点としては、初期設定ではWi-Fi環境でないとダウンロードできない点。この場合、Wi-Fiで接続しないとダウンロードが開始されません。
そこでWi-Fi以外でもダウンロードできるようにするには以下。

メニューをタップホーム画面の右上の丸で囲った部分をタップします。

設定をタップ「設定」をタップします。

Wi-Fi接続時のみダウンロードする「Wi-Fi接続時のみダウンロードする」をオフにします。

なお、パケット通信時(Wi-Fi以外)はパケットを消費したくない!という場合は、「Wi-Fi接続時のみストリームする」をオンにしておくといいでしょう。

iTunesの曲と同時に使うには

Amazon Musicアプリでは、iPhone内にあるiTunesで同期した曲も聞くことが出来ます。
参照:CDの曲をiPhoneに取り込むには

オフライン再生モード

iPhone内の曲もAmazon Musicで聴く場合は、「オフライン再生モード」をオンにします。
やり方は以下。

メニューをタップホーム上の右上のメニューボタンをタップします。

オフライン再生モード「オフライン再生モード」をオンにします。

プレイリストを取り込む

設定をタップ今度は「設定」をタップします。

端末からプレイリストを追加「端末からプレイリストを追加」をタップします。

iPhone内のプレイリストを選択追加したいプレイリストにチェックを入れます。
なお、プレイリストにある曲でないと取り込めないようです。プレイリストの作成方法は、iPhone上で好きな曲だけ聴くには プレイリスト作成を参考にしてください。

ダウンロードした曲iTunesで同期した曲とAmazon Musicの曲が表示されるようになりました。

注意点

「オフライン再生モード」をオンにすると、ストリーミング再生ができなくなります。
なので、ダウンロードしていないAmazon Musicの曲は表示されなくなります。

パソコンでAmazon Musicを聴くには

パソコン版Amazon MusicパソコンでAmazon Musicで音楽を聴くには、ブラウザでAmazon Musicにアクセスし、プライムアカウントでログインすれば聴くことが出来ます。
また、Amazon Echoを所有しているなら、自由に聞くことが出来ます。

関連ページ

iPhoneを買い替えたときのApple Watchの引き継ぎと復元方法

iPhoneを買い替えた場合、Apple Watchを新しいiPhoneに引き継ぐ(ペアリング)ためのバックアップや復元方法を紹介します。

Apple Watchは、1台のiPhoneとしか接続(ペアリング)出来ません。なのでiPhoneを新しく買い替えた場合、古いiPhoneとの接続を解除し、新しいiPhoneに接続し直さなくてはなりません。
今回は古いiPhoneから新しいiPhoneに買い替えた場合のApple Watchの引き継ぎ方法を紹介します。

目次

Apple Payについて

Apple WatchでApple payを使っている場合は、新たにApple PayにクレジットカードやSuicaを登録し直さないといけません。バックアップから復元するときに、Apple Payに登録していたカードの候補が表示されますが、クレジットカードかSuicaのどちらかしか復元できません。
この場合、新しいiPhoneにペアリングした後、残りの方を復元する必要があります。

古いiPhoneでの操作

まずは古いiPhone(Apple Watchと接続して使っていたiPhone)との接続(ペアリングと言います)を解除します。

WatchアプリiPhoneにある「Watch」というアプリを開きます。

マイウォッチをタップマイウォッチの下に接続中のApple Watchの名前が表示されているので、ここをタップします。

iの部分をタップもう一度Apple Watchの名前が表示されるので右側にある i の部分をタップします。

iPhoneとのペアリング解除

Apple Watchとのペアリングを解除一番下にある「Apple Watchとのペアリングを解除」をタップします。

ペアリングを解除をもう一度タップ本当に解除していいか聞いてくるので、ペアリングを解除をタップします。

Apple IDのパスワードを入力Apple IDのパスワードを入力します。
Apple IDのパスワードを忘れた場合は、Apple IDのパスワードを忘れた場合の復元を参考にしてください。

ペアリングを解除中Apple Watchとのペアリング解除が開始されます。
しばらく時間がかかるので、このまま待ちます。

ペイアリングを開始このように表示されたらペアリング解除の完了です。

注意点

iPhoneとのペアリングを解除すると、Apple Watchが初期化されます。初期化するときにデータがバックアップされますが、iPhoneとペアリングしないとApple Watchは使えないので注意。

新しいiPhoneでの操作

続いて新しいiPhoneでの操作になります。

Apple WatchとiPhoneを近づけるApple Watchを起動させた状態で新しいiPhoneのそばに置くと、このようにiPhoneの画面の下の方にApple Watchと接続するか聞いてくるので

続けるをタップ「続ける」をタップします。

Watchアプリもし、上のような表示が出ない場合は「Watch」アプリを開き・・・

ペアリングを開始をタップ「ペアリングを開始」をタップします。

Apple Watchの画面をカメラのファインダーに表示させるApple Watch側で銀河のようなアニメーションが開始されます。
iPhoneもカメラが起動し、中央に四角い枠が表示されるのでここに銀河のアニメーションが収まるようにします。

Apple Watchを設定をタップペアリングが完了しました。
「Apple Watchの設定」をタップします。

バックアップから復元をタップすでにApple Watchを使っていて、iPhoneを古いiPhoneのバックアップから復元させた場合、このように「バックアップから復元」が選べるようになっています。
バックアップ(バックアップはペアリングを解除した時に作成されます)から復元する場合は、ここをタップします。
なお、iPhone内にApple Watchがない場合は、

装着する腕このようにバックアップ復元用のボタンが表示されず、いきなりどちらの腕でApple Watchを使うか聞いてきます。

この場合、Apple Watchのバックアップデータから復元できませんが、Apple Payは後でiCloudのデータから復元できるし、アプリはiPhoneにインストールされているものからApple Watchに対応しているものが自動でインストールされるので、このまま新しいApple Watchとして設定してしまったも構いません。

なお、バックアップから復元しなくてもほぼ、手順は同じなのでこのまま進んでください。

バックアップを選択バックアップしたデータから復元したいものを選択します。
一番上ほど新しいバックアップデータになります。

利用規約に同意するここからはバックアップからの復元も、新しいApple Watchとして登録する場合も同じ手順になります。

「利用規約」が表示されるので、右下にある「同意する」をタップします。

同意するをタップもう一度確認してくるので、「同意する」をタップします。

アカウントにサインイン中ですiCloudのアカウントにサインインします。
時間がかかるのでこのまましばらく待ちます。

共有される設定GPSを搭載しているApple Watch Series 2以降の製品は、「共有される設定」が表示されます。
「共有される設定」とは、GPSなどを使って位置情報を共有する設定です。
「OK」をタップします。

※ GPSを搭載していないApple Watchではこの設定は表示されません。

Apple WatchのパスコードApple Watchのパスコードを設定します。
Apple PayをApple Watchで使用する場合は、必ず使用してください。
使用しない場合は「パスコードを追加しない」でも構いません。

※ パスコードは腕にはめている場合は一度入力すると、腕から外すまで(もしくは再起動するまで)は入力する必要はありません。

パスコードを作成パスコードはApple Watch側で作成します。
この画面になったら・・・

Apple Watchでパスコードを設定Apple Watchの画面がパスコードの画面になるので、4桁のパスコードを2回入力し、パスコードを作成してください。

NIKEモデルのApple Watch

今日も走ろう NIKEアプリNikeモデルのApple Watchの場合、「Nike+ Run Club」という専用のアプリがインストールできます。が・・・使い勝手もよくない(すぐ落ちる)ので私はインストールしていません。
それより標準にインストールされる「ワークアウト」の方がずっと使いやすいのでおすすめです。
「あとでダウンロード」をタップします。

Apple Payの設定

Apple Payの設定Series 1のようにApple Pay未対応のApple Watchでもこの「Apple Pay」の設定が表示されます。
Apple WatchでApple Watchを使う場合は、「続ける」をタップします。

カードの種類でクレジットカードかSuicaを選択クレジットカードかSuicaか選択します。
なお、この復元設定操作時は、どちらかを選択するともう片方の方は設定できないっぽいので、よく使う方を選択してください。
選択しなかった方は、あとで「設定」できます。(iPhoneから設定できます)

Suicaを選択した場合

Suicaのカードを追加の次へをタップSuicaのデータはiCloud上(ネット上)に保存されているので、iPhoneで使っているSuicaか、今までApple Watchで使っていたSuicaが表示されます。
追加する場合は右上の「次へ」をタップします。

※ iPhone上のSuicaをApple Watchに追加してしまうと、iPhone上のSuicaが削除されます(1台のiPhone、もしくはApple Watchにしか設定できない)。

カードを追加中カードを追加中と表示されるので、このまましばらく待ちます。

Apple Watchにカードが追加されたカードの追加と表示され、その右横にチェックが付けばApple Watchで使えるようになりました。

エクスレスカードに設定完了Suicaの場合は自動的にエクスプレスカードとして登録されます。
エクスプレスカードとは、いちいちサイドボタンをダブルクリックしなくてもSuicaを使うときは、Apple Watchを改札などにかざせば使えるようにする機能です。

クレジットカードの場合

クレジットカードを追加Suicaではなくクレジットカードを選択した場合は、今までApple Watchに登録していたクレジットカードやiPhoneに登録しているクレジットカードが表示されるので、「続ける」をタップします。

セキュリティコードを入力クレジットカードは1つずつ登録していきます。
クレジットカードの3桁のセキュリティコードを入力します。

カードの追加右上の「次へ」をタップします。

同意するをタップする使用許諾契約などが表示されるので、右下の「同意する」をタップします。

クレジットカードがApple Watchに追加された認証が開始され、しばらく待っていると「カードの追加」と表示され、チェックが付けば完了です。

iDとして使えるようになったiDとしてApple Payで使用できるようになりました。
右上の「次へ」をタップします。

これを登録するクレジットカード分だけ繰り返します。

その他の設定

緊急SOS 続けるApple WatchのApple Payの設定が終わったら、「緊急SOS」の使い方が表示されるので、「続ける」をタップします。

利用可能なAppをインストール「利用可能なAppをインストール」では、今までApple Watchで使っていたアプリを今、インストールするかということなのですが、Apple Watchを2年間使ってきて感じたのが、「ワークアウト」と「リマインダー」「天気予報」「時計関連」以外はほぼ使わないし、使えないアプリが多いので、「あとで選択」をタップしました。

Apple Watchと同期中ですApple Watchと同期中ですと表示されるので、しばらく待ちます。
この時間が結構掛かるので、放置しておくといいかも。

同期の進行具合一応、進行状況が円で表示されます。

使い方の説明が表示されるこの同期中の間、Apple Watchのディスプレイにはかんたんな使い方が表示されるので、暇つぶしに見ておくのもいいかも。

同期が完了した完了するとこのような画面になります。

デジタルクラウンを押すデジタルクラウン(矢印の部分)を一度短く押します。

Apple Watchが使えるようになったようやくApple Watchを復元することが出来ました。

まとめ

新しいiPhoneにペアリングし直すのは、単にBluetoothの接続を解除して、新しいiPhoneでペアリングするだけかな。と思ったのですが、初期化してバックアップから復元という手順を踏まないとダメっぽいです。
それとApple Watchは、1台のiPhoneとしかペアリング出来ないようなのですね。
ただし、1台のiPhoneに2台以上のApple Watchをペアリングは出来るようです。

関連ページ

 

カテゴリー

最新の記事