iPhone入門

iPhoneの購入の仕方から、電話を使えるようにする設定をはじめ、おすすめアプリや活用術を紹介しています。

iPhoneを購入する

人気記事

スポンサードリンク

iPhone活用記

兄弟サイト

Sponsored Link

 

SIMロック解除したのにネットに繋がらない!?

SIMロックを解除したのに、他のキャリアのSIMを刺してもインターネットに繋がらない!?接続できない!原因と対策がわかったので紹介します。

せっかくSIMロックを解除したスマホやiPhoneを購入したのに、ドコモやソフトバンクのSIMを差し込んでも、ネットに接続できない!
いろいろ調べても対策や対処法が載っていない。。。私だけか?と思ってショップやサポートに聞いたら原因がわかりました。

目次

SIMロックを解除したのにネットに接続できない

総務省のお達しにより、ドコモ、au、ソフトバンクともにSIMロック解除が容易にできるようになりました。ちなみに各キャリアのiPhone、アンドロイドのSIMロック解除のやり方は、iPhoneやスマホのSIMロック解除の仕方を参考にしてください。
基本的にSIMロックフリーの端末やSIMロック解除した端末であれば、どのキャリア(ドコモやau、ソフトバンクのこと)のSIMを差し込めば特に設定なしで使えるようになるのですが、なぜだか私がSIMロック解除したスマホやヤフオクで購入した元々SIMロックフリーのスマホに刺してもWi-Fiをオフにするとインターネットに繋がらないんです。

SIMとは?

SIMの交換SIMとは、小さなチップのことでこのチップに電話番号などの情報が保存されています。このSIMを刺せば同じキャリアであれば別の人が使っていたスマホでもすぐに使えるようになります(アンドロイドの場合は再起動が必要)。

SIMロック解除したスマホであれば、他のキャリアのSIMを刺しても(基本的には)使うことが出来ます。
が、実は今回紹介するように、設定が必要だったり制限がかかっているようです。

電話は使える

電話を受けることはできるただし電話だけは使えるようで、電話を受けることも・・・

電話を発信することも出来るかけることも出来ました。ところが・・・

インターネットに接続できない

インターネットに接続されていませんヤフオクで購入したauのSIMロック解除済みのXperiaにdocomoのSIMを差し込んだのですが、このように「インターネットに接続されていません」と出てしまいます。

ネットワークに接続していませんdocomoのSIMロックを解除したiPhoneにSoftbankのSIMを刺したところ、やはり「ネットワークに接続していません」と表示されて使えませんでした。
と、右上の電波状況を示すアンテナのところが「3G」となっていました。

SoftbankのSIMを使っている場合

ヤフオクで購入したdocomoのSIMロックを解除したGalaxy S10、同じくヤフオクで購入したdocomoのSIMロックを解除したiPhoneに、Pixel 3で使っていたSIMを差し込んだのですが、どちらもモバイル通信ができません!
いろいろ調べてみましたが、それらしい情報もなし。そこでオンラインサポートと、ソフトバンクショップの2つに聞いてみました。

SoftbankはSIM自体にロックがかけられている?

SoftbankのSIMの場合、実はSIMには「アンドロイド用」「iPhone用」「他社のSIMフリー端末用」「Galaxy用」の数種類があり、SIMロックを解除したスマホでも、この条件を満たしていないSIMだと電話は使えても、モバイル通信が出来ない仕様らしい。
つまり、iPhoneの購入で契約したSIMは、アンドロイドなどには使えないというわけ。

docomoのGalaxyにSoftbankのSIMPixel 3の購入時に付属してきたソフトバンクのSIMを抜き、docomoのSIMロックを解除したGalaxyに差し込んでみました。

インターネットに接続されていませんと、やはりインターネットに接続できません。

docomoのiPhoneにSoftbankのSIM同じくSIMロックを解除したdocomoのiPhoneに差し込んでも通信ができません。
また、ソフトバンクののiPhoneでも通信ができませんでした。

繋がったスマホ

ところが、ソフトバンクのAQUOSと、SIMロックを解除したauのXperia Iに差し込んだらインターネットに接続できるようになりました。まとめるとこんな感じ。

端末名 キャリア
契約していたスマホ Pixel 3 Softbank
ネットに繋がらない Galaxy S10 docomo
iPhone X docomo
iPhone 8 Softbank
ネットに繋がった AQUOS R2 Softbank
Xperia I au

つまり、アンドロイドで契約したSIMは、Galaxy以外であればSIMロックを解除した他社のアンドロイドで使えるが、iPhoneだと使えない。同キャリアのGalaxyなら(多分)使える、と。

SoftbankのAPNの設定

SoftbankのAPN設定SoftbankのAPNの設定をすれば繋がるかな、と思ったのですが、公式ページに載っていた設定を入力しても接続できませんでした。
ソフトバンクショップの人に聞いたら、「APNの設定をしても繋がらないのであれば、SIM自体に制限がかかっている」とのことでした。。。

というわけで、私のようにあれこれスマホを使いまわしたい人は、Softbankはやめておいた方がベター。(笑)

それでもどうしても使いたい場合

このように契約したスマホ以外のスマホでSoftbankのSIMを使いたい場合、いったん解約して再契約が必要らしいです。
注意しなければならないのは、この時に事務手数料3,000円(税抜き)がかかってしまう点。
また、解約扱いになり、場合によっては端末分割代金の割引がその時点で終了してしまう可能性があるそうです。
現在ソフトバンクでは、「トクするサポート+」で分割代金が端末返却によって、それ以降の分割代金を支払わなくてよくなるオプションがありますが、場合によってはこれが適用されなくなる可能性もあるかもしれません。

私の場合は、Pixel 3の電源が入らなくなってしまったのですが、ヤフオクでSoftbankのAQUOS R2を購入したら使えたのでよかったのですが、このようなトラブル時に使えなくなる可能性があるので注意。

docomoのSIMを使っている場合

インターネットに接続されていませんドコモのSIMの場合、ソフトバンクに比べて制限がだいぶ緩やかです。が、SIMロックを解除したauのXperia Iに差し込んだところ、電話は出来るのですがWi-Fiをオフにしてしまうとネットに接続できない。

SIMのステータスを調べる

デバイス情報を開くSIMのステータスを調べてみます。
設定を開き、「デバイス情報」をタップします。

SIMのステータス「SIMのステータス」を開きます。

モバイルネットワークの状態 切断「ネットワーク」は「NTT DOCOMO」になっているのですが、「モバイルネットワークの状態」が「切断」になっています。

docomoのAPN

このような場合は、ドコモのAPNを設定すれば接続できるようになります。
* APNを設定できるのはアンドロイドのみです

ネットワークとインターネットを開く「設定」を開き、

モバイルネットワークを開く「モバイルネットワーク」を開きます。
この段階でも「NTT DOCOMO」にはなっていますね。

詳細設定を開く一番下の「詳細設定」を開きます。

アクセスポイント名を開く「アクセスポイント名」をタップします。

プラスをタップ右上のプラスの部分をタップします。

名前をタップ「名前」の部分をタップし、

わかりやすい名前を付ける①に「docomo」と入力します。「名前」はわかりやすい名前であればなんでもOK。
②「OK」をタップ。

APNをドコモのものにする「APN」をタップして「spmode.ne.jp」と入力します。

ユーザー名なども設定とりあえず設定するべき部分は、「①名前」「②APN」「③ユーザー名」

MCC、MNC、認証タイプを設定「④MCC」「⑤MNC」「⑥認証タイプ」です。

項目
名前 docomo
APN spmode.ne.jp
ユーザー名 spmode
MCC 440
MNC 10
認証タイプ CHAP

メニューをタップすべて入力が完了したら、右上の「…」をタップ。

保存をタップ「保存」をタップします。

チェックを入れる作成したAPNが表示されているので、チェックボタンをタップ。

チェックを入れたところこのようにチェックが入ればOK。

4Gという表示が付いたすると電波受信レベルを示すアンテナの横に「4G」と表示されるようになりました。

Wi-FiをオフにしてみるWi-Fiをオフにしてネットに接続できるか確認してみます。
と、ちゃんとインターネットに接続できました!

モバイルネットワークの状態 接続「SIMのステータス」を確認してみると、「モバイルネットワークの状態」が「接続」になっていました。

VoLTEがオンにならない

ちなみに上の状況では、ネットに繋がらないだけでなく、「VoLTE(ボルテ)」もオンになりません。

設定のモバイル通信を開くiPhoneの設定 設定を開き、「モバイル通信」を開きます。

通信のオプション「通信のオプション」をタップします。

音声通話とデータ「音声通話とデータ」をタップします。

VoLTEをオンにしようとすると「VoLTE」の部分をオンにしようとすると・・・

4G回線による通話機能をオンにできません「4G回線による通話機能をオンに出来ません」と表示されてオンに出来ませんでした。

関連ページ

iPhone 12 ProとiPhone 11 Proを性能比較してみた

iPhone 12及びiPhone 12 Proが発売されました。が、あまり魅力的な追加機能はなかったようです。そこで、安くなるであろうiPhone 11Proと性能比較してみました。

iPhone 12及びiPhone 12 Proが発売されました。数か月前からリークされていた通り、iPhone 12 miniも発売されました。とはいえ、今回の新しいiPhoneはどちらかというとマイナーアップデート的な感じで、目新しい機能や性能の追加はありませんでした。
というわけで、買い替えるか悩んでいる人のために、iPhone 12 ProとiPhone 12、そしてiPhone 11 Proを比較してみました。

目次

iPhone 12 Pro/iPhone 12/iPhone 11 Proの違い

大きな違い

5G対応かどうか

最も大きな目玉は、5G(ファイブジー)に対応しているかどうか、ですね。
4Gの通信速度は0.1~1Gbpsですが、5Gでは10Gbps(理論値の最大は100Gbps)と、約10倍ほどの速さになります。
ただ、まだ5Gアンテナはそれほど普及しておらず、また、5Gは障害物に弱く、そもそもサーバーの反応速度などがボトルネックになるので、今のところすごい速い!と実感できるほどではありません。
私のようにほとんどWi-Fiに接続して使っている人には、あまり魅力的ではないかもしれません。おそらく5Gが生きてくるのは、次期iPhone、もしくは2代あとのiPhoneになるでしょう。

デザイン・画面の大きさ

iPhone 6から続いてきた縁が丸いデザインでしたが、iPhone 5Sのように角ばったデザインに変更になりました。アンドロイドもほとんどが丸みを帯びたデザインなのと、個人的には角ばっていたデザインのほうが好きなので、この点はすごくうれしいのですがカバーをしてしまうと、ほぼ見えなくなるのでやはりあまり魅力的な変更ではないかも。

それよりも今回はディスプレイの大きさが5.8インチ → 6.1インチと若干大きくなりました。また、iPhone 12 miniで5.7インチのディスプレイなので、miniというよりは今までのサイズを継承したような感じになっています。

LiDARスキャナ搭載

個人的に一番魅力的なのが、iPhone 12 Pro/iPhone 12 Pro Maxに搭載される「LiDAR(ライダー)スキャナ」。
「Light Detection and Ranging」の略。レーザー光を発射し、物体からはねっ帰ってくるまでの時間をもとにその物体までの距離や大きさを測定する技術。
範囲は5m程度らしいのですが、AR(拡張現実感 Augmented Realityの略)対応のアプリで威力を発揮します。
ポケモンGoやドラクエウォークなどで、カメラで写した部屋などにモンスターを配置させ、あたかも実際にいるかのように見せる技術で活躍します。今までも実現出来てはいましたが、LiDARスキャナによって、障害物があるとちゃんとその部分が隠れたり、パンしてもテーブルの上に乗ったままにするなどよりリアリティが増したARが使えるようになると思います。

個人的にはあまりそういった遊びはしないのですが、この正確に距離や大きさを測れる技術を使った新しい技術が登場するんじゃないかと期待してるんですよね~。

価格の比較

一番気になる価格について比較してみました。価格はすべてAppleの公式ページの価格です。またすべて税抜き価格になります。
ここ数年、10万円を超える価格まで跳ね上がっていましたが、廉価版のiPhone SEであれば44,800円で購入可能。廉価版と言ってもCPU性能などは申し分なく、Apple Payも使えるので「古い機種が壊れたから」といった物理的な理由で買い替えるのであれば申し分なし。ただし、カメラレンズは1つだけで、生体認証は「指紋認証」になります。マスクが常識となった今、iPhone SEで十分かも。

名称 容量 価格
iPhone SE 64GB 44,800
128GB 49,800
256GB 60,800
iPhone 11 64GB 64,800
128GB 69,800
256GB 80,800
iPhone 12 mini 64GB 74,800
128GB 79,800
256GB 90,800
iPhone 12 64GB 85,800
128GB 90,800
256GB 101,800
iPhone 12 Pro 128GB 106,800
256GB 117,800
512GB 139,800
iPhone 12 Pro
Max
128GB 117,800
256GB 128,800
512GB 150,800
iPhone 11 Proが消えた

残念ながらAppleストアからは、iPhone 11 Proは削除され購入できなくなってしまいました。ヤフオクで新品未使用、もしくはそれに近い「iPhone 11 Pro」を探したのですが、今のところ64GB版の最安値で9万円前後でした。
それぐらいなら1万6000円程度を追加して、iPhone 12 Proの方がいいかな。

単なる買い替えなら

私はiPhone X(2017年11月発売)まで2年おきに買い替えてきたのですが、iPhone X以降は進化がある程度ひと段落したので、ずっと使い続けています。ただし約3年使い続けてきて、バッテリーの劣化が激しくなってきたので、今回ようやく買い替えようかな、と。同じようにバッテリーや物理的な破損、容量不足等によって買い替えを検討しているのであれば、廉価版のiPhone SEもしくは去年最新だったiPhone 11でいいかもしれません。

機能・性能比較表

iPhone 12 Pro/iPhone 12/iPhone 11 Proの3つで性能を比較して表にして観ました。

iPhone 12 Pro iPhone 12 iPhone 11 Pro
106,800円~ 85,800円~ 約90,000円~
*ヤフオク
6.1インチ 5.8インチ
5G対応 4G対応
超広角
広角
望遠
超広角
広角
---
超広角
広角
望遠
Dolby Vision 対応HDR
最大60fps 最大30fps
4倍の光学ズームレンジ 2倍の光学ズームレンジ 4倍の光学ズームレンジ
LiDARスキャナ
ナイトモードポートレート
より速いオートフォーカス
A14 Bionicチップ A13 Bionicチップ
最大17時間のビデオ再生 最大18時間のビデオ再生
Face ID
セラミックシールドの前面
4倍の耐落下性能
ガラスの前面と背面
水深6mで最大30分の耐水性能 水深4mで最大30分の耐水性能
MagSafeアクセサリとワイヤレス充電機に対応
128GB
256GB
512GB
64GB
128GB
256GB
64GB
256GB
512GB
2,532x1,170ピクセル
460ppi
2,436x1,125ピクセル
458ppi
146.7mm
71.5mm
7.4mm
144.0mm
71.4mm
8.1mm
187g 162g 188g
超広角:f2.4
広角:f1.6
望遠:f2.0
超広角:f2.4
広角:f1.6
超広角:f2.4
広角:f1.8
望遠:f2.0

関連ページ

モバイルPASMOで定期券を購入・使うには

iPhoneのApple Payに登録したPASMOで私鉄・バスの定期券を購入する方法を紹介します。今回は小田急線の定期券を例に説明します。

PASMOの定期券ようやくiPhoneでもPASMOが使えるようになりました。
なお、近畿地方で支流のICOCA(いこか)のApple Pay対応化ですが、2位のPASMOの半分程度のユーザーしかいないので、実現は難しいと言われています。
今回は、iPhoneのApple PayでPASMOの定期券を使う方法を紹介します。

目次

準備

Apple Payにクレジットカードを登録しておく

定期券の料金の支払はクレジットカードになるのですが、Apple Payに登録したものになります。
あらかじめApple Payeにクレジットカードを登録しておく必要があります。

PASMOアプリをインストールしておく

App StoreのPASMOPASMOの定期券はPASMOアプリ上から行います。あらかじめインストールしておいてください。

会員登録

会員登録定期券を使うにはあらかじめPASMOの会員登録をしておく必要があります。会員登録をすることによって機種変や無くしてしまった時やその他のトラブルから回復することが出来ます。会員登録の方法については、PASMOの会員登録方法を参考にしてください。すぐに終わります。

PASMOの定期券の購入

iPhoneでPASMOの定期券を使うには、
「すでにApple Payに登録したPASMOに定期券を追加する」
「新規にPASMOの定期券を発行する」
「使っていたPASMOカードを取り込む」
の3つの方法があります。

登録してあるPASMOに定期券を追加する方法

PASMOアプリの基本画面あらかじめ定期券ではないただのPASMOを新規に作成していたので、このPASMOに定期券をつけ足してみます。

定期券・管理をタップPASMOアプリを立ち上げたら、右下の「定期券・管理」をタップします。

定期券購入「鉄道定期券」か「バス定期券」を選択します。今回は小田急線で登録してみます。

新規に入力して購入「新規に入力して購入」をタップします。

鉄道会社を選択購入する鉄道会社を選択します。なお、文字の色が薄いのですが、タップすると選択できます。

小田急電鉄の例説明が表示されるので、右上の「次へ」をタップします。

乗車駅と降車駅を入力「乗車駅」と「降車駅」を入力し、

入力例右上の「次へ」をタップします。

駅名が表示されるすると入力した文字から候補の駅が入力されます。
なお、複数の候補がある場合はタップして選択します。

右上の「次へ」をタップします。

経路を選択経路が表示されます。今回は1つだけでしたが、複数の経路が表示される場合は適したものを選択してください。

開始日時定期券の使用開始日を選択します。
14日前から購入できるようです。

期間を選択続いて期間を選択します。「1か月」「3か月」「6か月」の3つから選択できるようです。

選択が完了したら右上の「次へ」をタップします。

発売額「発売額」が表示されます。
「区間」「期間」「経路」に間違いがないことを確認し、右上の「次へ」をタップします。

定期券購入内容確認「Apple Payで購入に進む」をタップします。

Apple Payで支払うApple Payに登録したクレジットカードで支払います。

定期券購入完了定期券の購入が完了しました。

PASMOの定期券登録してあったPASMOの表示に乗車駅と降車駅の名前、それと有効期限が表示されました。
なお、このままだとiPhoneを改札にかざしても使えません。エクスプレスカードの登録に進んでください。

定期券だけを購入する方法

右上のプラスをタップPASMOアプリを立ち上げたら、右上のプラスをタップします。

新しくPASMO定期券を作る真ん中の「新しくPASMO定期券を作る」をタップします。

鉄道かバスか選択「鉄道定期券」か「バス定期券」か選択します。

PASMOの名称を決めるPASMOの名前を決めます。ここは何も入力しなくて、次へ進んでかまいません。

SFチャージ金額を決めるチャージ金額を決めます。定期券以外にPASMOを使う場合は、ここで入金(チャージ)が出来ます。
「チャージしない」も選択できます。

Apple Payにカードを追加PASMO定期券を追加する端末を選択します。
Apple Watchや複数iPhoneを所有している場合は、ここで定期券を使うデバイスをタップします。
なお、1つのPASMOは、1台でしか使えません。

カードを追加「カードを追加」の画面になるので、右上の「次へ」をタップします。

カードを追加中「カードを追加中」となりました。しばらく待ちます。

WALLETの通知すると通知で「PASMOがApple Payで利用可能になりました」と表示されます。

PASMOの発行が完了しましたPASMOが追加されました。「OK」をタップします。

新規に入力して購入「新規に入力して購入」をタップします。

鉄道会社を選択どの鉄道会社(もしくはバス会社)の定期券を購入するか選択します。

小田急電鉄の例ご案内が表示されました。今回は「小田急線」を例に進めます。
右上の「次へ」をタップします。

入力例「乗車駅」と「降車駅」を入力します。
入力が完了したら、右上の「次へ」をタップします。

駅名が表示される入力された駅目をもとに、正しい駅の候補が表示されます。
もし、同じ名前の駅が複数ある場合、タップして正しい駅を選択してください。
右上の「次へ」をタップします。

経路を選択定期券で使用する経路をタップします。福栖の経路がある場合は、使用する経路をタップします。

開始日時定期券を開始する日にちを決めます。
14日前から設定できるようです。

期間を選択期間を「1か月」「3か月」「6か月」の中から選択し、右上の「次へ」をタップします。

発売額確認画面が表示されます。誤りがなければ、右上の「次へ」をタップします。

定期券購入内容確認支払いはApple Payに登録したクレジットカードで支払います。
Apple Payにクレジットカードを登録していない場合は、iPhoneでおサイフケータイ(iD)を使うにはを参考に登録しておいてください。

Apple Payで支払うApple Payで生体認証を行えば支払いは完了します。

定期券購入完了定期券の購入が完了しました。

PASMOの定期券定期券はこのように乗車駅、降車駅、定期券の有効期限が表示されます。

使っているPASMOカードを登録する

すでにプラスチックカード型のPASMOの定期券を所有している場合は、iPhoneに取り込んで継続して使い続けることが出来ます。
やり方は以下。

右上のプラスをタップPASMOアプリを立ち上げたら、右上のプラスのアイコンをタップします。

お手持ちのPASMOカードではじめる「お手持ちのPASMOカードではじめる」をタップします。

記名PASMOをタップ「記名PASMO」をタップします。

はじめる をタップ「はじめる」をタップします。

Walletが立ち上がるWalletアプリが起動します。しばし待ちます。

お手持ちの交通系ICカードを追加をタップ「お手持ちの交通系ICカードを追加」をタップします。

PASMO ID番号と生年月日プラスチック型のPASMOカードの裏に記載されている「PASMO ID番号」と「生年月日」を入力します。
「PASMO ID番号」は末尾4桁を入力します。

PASMO IDとは「PASMO ID番号」はカードの裏の右下に記載されています。

入力したら右上の「次へ」をタップします。

利用規約に同意する「利用規約」が表示されるので、「同意する」をタップ。

残高を転送PASMOカードの上にiPhoneを重ねます。

PASMOの定期券成功するとPASMO一覧に取り込んだ定期券が表示されます。

iPhoneを改札にかざすだけで使えるようにする

iPhoneの交通系ICカードは、生体認証なしに使用することが可能ですが、そのためには「エクスプレスカード」に指定しないといけません。なおエクスプレスカードとして指定できるのは1枚だけ。

設定のWalletとApple Payをタップ設定 設定を開いたら、「WalletとApple Pay」をタップします。

エクスプレスカードをタップ「エクスプレスカード」を探してタップします。

PASMO定期券をオンにする作成したPASMOの定期券をオンにします。

OKをタップ聞いてくるので「OK」をタップします。
なお、今までエクスプレスカードに指定していたカードは、オフになります。
アンドロイドの場合も、SuicaとPASMOを1台の機種にインストールした場合、同時に使えるのは1つだけになります。
モバイルSuicaとPASMO どちらが使用される?

関連ページ

 

カテゴリー

最新の記事