Fitbitの睡眠記録をヘルスケアに取り込むPowerSyncの使い方

FitbitはiPhoneにも対応していますが、残念なことに睡眠記録のデータをヘルスケアに取り込むことが出来ません。無料でPower Syncというアプリを使ってヘルスケアに睡眠データを取り込む方法。

home HOME about About this site Mail Mail

Fitbitの睡眠記録をヘルスケアに取り込むPowerSyncの使い方

最終更新日 2021-06-20 15:17

twitter Facebook はてブ LINE pocet

 

Fitbitは、数あるスマートウォッチ/スマートブレスレットの中でも最も睡眠記録データが正確で、私もほぼ毎日のように寝ている時間を記録し続けているのですが、睡眠データを見るときには専用のアプリ上からしか見ることが出来ず、ヘルスケアに取り込めないんです。
そこで今回は、無料でFitbitの各データをiPhoneの「ヘルスケア」に取り込むことが出来る、Power Syncの使い方を紹介します。

Sponsored Link

 

目次

PowerSyncを使ってFitbitの睡眠データを取り込む

Fitbitの公式アプリは、睡眠状態を詳しく表示させるグラフなどを見ることが出来るのですが、iPhoneの「ヘルスケア」に対応していなくて、Fitbtiで計測した歩数や睡眠データ、ジョギングなどのデータを取り込むことが出来ないんですよね。
そこで、「Power Sync for Fitbit」というアプリを使ってヘルスケアにデータを同期させることが出来ます。

有料?

Power Sync for Fitbitは基本的に有料(月極のサブスクリプション)なのですが、無料でも使用することが出来ます。有料版は自動でヘルスケアに同期してくれますが、無料版は手動。と言っても、まとめて一気に取り込むことが出来るので、無料版でも全然普通に使うことが出来ます。

PowerSyncの使い方

Power Sync for Fitbitアプリをインストールしたら、起動します。

自動同期の通知を受け取るか最初の一回だけ英語で警告表示があります。
有料で自動で同期しますか?的な内容になります。「Turn on」をタップすると有料申込画面になります。

「Not now(今はやめる)」をタップします。

Sync Nowをタップいきなり基本画面が表示されます。
ここで「Sync Now(今すぐ同期)」をタップしてください。

Fitbitへのログイン画面するとやはり最初の1回だけ、Fitbitにログインする画面になります。

Fitbitに登録をタップFitbitアプリを使い始めるときに、会員登録が必要なので、この時に登録したメールアドレスとパスワードを入力してください。(もしくはGoogleアカウントで続ける)

パスワードを忘れた場合は、公式サイトからリセットできます。

ログインする「ログイン」をタップします。

Health Access Instructions再び何やら英語で警告が表示されました。
これは「ヘルスケアアプリに移動してデータを取り込む設定」的なことがかかれているので、「Continue」をタップします。

ヘルスケアの設定

ヘルスケアのすべてのカテゴリをオンヘルスケアアプリの画面になります。
最初に「すべてのカテゴリをオン」をタップします。

水分や摂取エネルギーをオフにする下にスクロールし、「BMI」「水分」「摂取エネルギー」「体脂肪率」「体重」をオフにしてください。
Fitbitではこれらのデータは取得できないので、オンにしたままだと他のデバイスから取得したデータを上書きされてしまう可能性があります。

体脂肪率や体重をオフにするFitbitでは取得できないデータはオフにします。

POWER SYNCにデータの読みだしを許可下にスクロールして、「POWER SYNCにデータの読みだしを許可」のほうも必要のないデータをオフにしておきます(同じものでOK)。

許可をタップ最後に右上の「許可」をタップします。

Fitbitのデータを取込中するとFitbitアプリからのデータの取り込みおよび、ヘルスケアへの転送が始まります。

「Turn on Auto Sync」は有料画面が表示されるので、必要がなければタップしないでください。
有料版は自動でヘルスケアと同期してくれるっぽい(?)。

Successful Synced「Successful Synced!(同期に成功!)」と表示されたら完了です。
「ヘルスケア」アプリを立ち上げてください。

ヘルスケアアプリで睡眠データを確認する

睡眠データが取り込まれたこのようにFitbitで取得した睡眠データがヘルスケアに取り込まれていました。

目覚めた状態1時間14分こちらはFitbitアプリの睡眠の様子。浅い眠りや目覚めた時間など詳細が確認できます。

睡眠時間がずれている残念ながらヘルスケアに取り込まれたデータは、「眠りについた時刻」と「眠っていた時間」だけです。
よく見るとヘルスケアのほうでは、目覚めた時刻が「2時32分」となっています。

目覚めた状態1時間14分これは目が覚めた時刻(ここでは3時46分)から、夜中、目覚めていた時間(ここでは1時間14分)を引いた(つまり、2時32分)かららしい。

この辺はちょっと残念ですが、まあ眠っていた時間がわかればいいかな、と。

睡眠データが取り込まれたヘルスケアでは「平均就寝時間」「平均睡眠時間」がわかります。

有料画面が表示された場合

課金の画面が出てしまった場合このようにサブスク申し込みの画面が表示されてしまった場合、戻ることはできません。ここで「Continue」をタップしてしまうと・・・

iPhoneの課金画面本当に課金してしまうので注意。
課金してしまった場合の解約方法は、iPhoneの有料アプリを解約する方法に進んでください。

Power Syncを強制終了する課金画面が表示されてしまった場合は、アプリを強制終了します。ホームボタンを2回押すか、顔認証のiPhoneの場合は画面の下部から上にスワイプすると、アプリ履歴が表示されるので、「Power Sync」アプリを上にはじいて強制終了してください。

時計の睡眠スケジュールをオフにしておく

Fitbitで睡眠データを記録している場合、iPhoneの「睡眠スケジュール」はオフにしておいてください。iPhoneの睡眠スケジュールは、寝る時間と起きる時間を設定しただけの記録なので、本当の睡眠データではありません。オフにする方法は以下。

変更をタップ時計アプリを起動し、「アラーム」を表示させます。

「睡眠|起床」が表示されている場合は、「睡眠スケジュール」がオンになっています。
「変更」をタップします。

ヘルスケアで睡眠スケジュールを編集「ヘルスケアで睡眠スケジュールを編集」をタップします。

睡眠スケジュールをオフにする「ヘルスケア」が立ち上がるので、「睡眠スケジュール」をオフにします。

アラームなしになった時計アプリに戻り、「アラームなし」になっていればオフに出来ました。
iPhoneを目覚まし時計代わりに使っている場合は、独自にアラームを設定してください。

関連ページ

最終更新日 2021-06-20 15:17

 

twitter Facebook はてブ LINE pocet

Sponsord Link

 

最終更新日 2021-06-20 15:17 / 投稿日:2021-06-20 | このページのトップへ | コメントを書く | 管理

カテゴリー

同じカテゴリーの記事