iPhone入門

iPhoneの購入の仕方から、電話を使えるようにする設定をはじめ、おすすめアプリや活用術を紹介しています。

iPhoneを購入する

人気記事

スポンサードリンク

iPhone活用記

兄弟サイト

Sponsored Link

 

Apple Watchでnanacoを使うには

Apple Watchでnanacoを使う方法を紹介します。iPhoneを持ち歩かなくても、nanacoで支払いが出来ます。

Apple Watchでnanacoを使う方法を紹介します。Apple Watchでnanacoを使えるようにしておけば、iPhoneは置いたまま出かけても、Apple Watch単独でセブンイレブンやヨークマートで買い物ができます。
nanacoカードと同じような立ち位置なので、Apple Watchがモバイル通信に接続していなくても使えます。

目次

nanacoをiPhoneで使えるようにしておく

Apple Watchでnanacoを使うためには、予めiPhoneでnanacoが使えるようにしておく必要があります。
かんたんに説明してしまうと、iPhoneで使っているnanacoをそのままApple Watchに転送する、という感じ。
iPhoneでnanacoを使うには、iPhoneでnanacoを使うにはを参考にしてください。

nanacoをApple Watchに転送する

iPhoneでnanacoが使えるようになったら、そのnanacoをApple Watchに転送します。ここで大事なのが、転送したnanacoは、iPhoneでは使えなくなる点。
でも大丈夫。nanacoはiPhoneで複数発行できます。私も予備用として3枚ぐらいiPhoneでnanacoを使えるようにしています。

以下は、iPhone側での操作になります。

WatchアプリiPhoneの「Watchアプリ」を開きます。

ウォレットとApple Payをタップ「ウォレットとApple Pay」を開きます。

追加したいnanacoをタップするiPhone上にあるApple Payに登録した電子マネーが表示されるので、Apple Watchに転送したいnanacoを探し、「追加」をタップします。
※このとき、転送したいApple Watchの電源をオンにし、ロックを解除しておいてください

nanaco追加中転送中の準備中。

カードを転送 次へをタップ「カードを転送」という画面になります。先程も書きましたが、Apple Watchに追加すると、iPhone上から削除されます。
nanacoもSuicaも、WAONも、1つのカードで1つの端末でしか使えません。両方で使いたいときは、2枚のカードを発行すればOK。

「次へ」をタップ。

追加中「追加中」と表示されるので、このまま画面を開いたまま待ちます。

Apple Watchに追加中転送中です。

カードの追加このように✔が表示されれば、Apple Watchに追加が完了しました。

完了をタップ「完了」をタップします。

iPhone側からnanacoが消えたiPhone上のnanacoが消えました。

アクティベートが完了するまで使えない

Apple Watchでもアクティベート中実は、まだ使えません。
この後「アクティベート」が行われます。アクティベートとは認証ですね。
ネット上のサーバーと通信して、認証(アクティベート)が行われるので、この「アクティベート中」が表示されなくなるまで待ちます。

通知が届くアクティベートが完了すると、このようにiPhoneとApple Watchに「nanacoがApple Payで利用可能になりました」という土が届きます。

メインカードにnanacoを指定する

メインカードをタップnanacoをメインカードとして指定することも出来ます。
メインカードとは、Apple Payを表示させたときに最初に表示されるカードのこと。
nanacoをよく使う場合は、nanacoをメインカードとして登録しておくことをおすすめします。
やり方は以下。

メインカードをタップWatchアプリの「ウォレットとApple Pay」を開き、「メインカード」を開きます。

nanacoをメインカードとして指定できない!?

メインカードとして使用できませんこのように「メインカードとして使用できません」という表示が出ている場合は、まだアクティベーションが終了していません。
もうしばらくこのまま待ってください。

アクティベート中アクティベート中はこんな感じ。

メインカードをnanacoにするアクティベートが終わったら、nanacoをタップしてチェックを入れます。

Apple Watchでnanacoが使えるようになったするとApple Watchのサイドボタンを2回素早く押すと、最初にnanacoが表示されます。

nanacoで支払うには

Apple Watchでnanacoを表示させる

デジタルクラウンとサイドボタンを同時に押すApple Watchでnanacoを使うには、「サイドボタン」を素早く2回押します。意外と慣れないとむずかしいので、あらかじめ練習しておいてください。特にケースを付けていると、押しにくかったりするので注意。

Apple Watchでnanacoが使えるようになったするとApple WatchのApple Payが起動し、nanacoが表示されます。
Apple Watchで支払うには、リーダーにApple Watchをかざすようにします。

Apple Watchのnanacoのかざし方

Apple Watch nanacoかざし方この写真はSuicaを改札でかざす方法ですが、このようにApple Watchの画面をレジのリーダーにかざすようにしてください。

関連ページ

2023/01/31 15:08 【 Apple Watchでnanacoを使うには 】 | コメント |

トップへ

 

AirPodsのバッテリー残量を表示・調べるには

AirPodsにはディスプレイが搭載されていないので、バッテリー残量がわかりにくいです。AirPodsのバッテリー残量を調べる方法。

私は頻繁にAirPods Proを使うわけではなく、騒音対策や歩いて買い物に行くときにたまに使う程度なのですが、いざ使おうとするとAirPodsのバッテリーがなかったりしてがっかりすることがあります。
そこで今回は、AirPods、AirPods Proのバッテリー残量を表示させる方法、調べる方法を紹介します。

目次

AirPods/AirPods Proのバッテリー残量を表示させる方法

画面にAirPodsのバッテリー残量を表示させる

AirPodsのバッテリーを調べるには、iPhoneとBluetoothで接続されている必要があります。ペアリングされているだけでは調べられません。
一番手っ取り早くAirPodsのバッテリーを調べるには、

AirPodsの充電ケースを開くAirPods/AirPods Proの充電ケースを開きます。これだけでAirPodsはiPhoneと接続されます。

AirPodsと充電ケースのバッテリー残量が表示されるすると、画面(アプリを開いていようといまいと)下からこのようなAirPodsと充電ケースの写真が表示され、下にバッテリー残量が表示されます。
これが最も簡単で確実なAirPodsのバッテリーを調べる方法です。が、意外と表示されないことも多いんですよね・・・

設定から調べる

設定のAirPodsの名前をタップAirPodsを使用中、設定 設定を開くとApple アカウントの名前の下にAirPodsの名前が表示されるので、ここをタップします。

バッテリー残量するとAirPodsのバッテリーが表示されます。

Bluetoothから調べる

上記の方法でも表示されない場合は、

Blutoothを開く設定 設定を開き、「Bluetooth」を開きます。

AirPodsの接続済みをタップ接続しているAirPodsの名前があるので、「i」の部分をタップします。

AirPodsと充電ケースのバッテリーが表示されたAirPodsとAirPods充電ケースのバッテリーが表示されます。

ウィジェットでAirPodsのバッテリーを表示させる

バッテリー表示のウィジェットなので私の場合は、ウィジェットで表示させるようにしています。
AirPodsのバッテリーを表示させるウィジェットの設定は以下。

ホーム画面を左へスワイプiPhoneのホーム画面を表示させたら、左から右へスワイプします。

一番下の編集をタップ一番下までスクロールし、「編集」をタップします。

左上のプラスをタップ左上のプラスのアイコンをタップします。

バッテリーをタップ下からリストが表示されるので、一覧の中から「バッテリー」をタップします。

バッテリーの状況のウィジェットいくつかサイズがあります。
最も小さいものはこの4つまでのデバイスのバッテリー残量が表示されます。が、残念ながら数値は表示されません。

横長のウィジェット横一直線タイプです。
こちらはきちんと数字で表示されます。

ウィジェットを追加をタップ4つ以上はこの一番大きなラージタイプです。

追加するサイズが決まったら「ウィジェットを追加」をタップします。

完了をタップ右上の「完了」をタップします。
なお、ウィジェットは普通のホーム画面上にも配置できます。

時計の下をタップApple WatchやAirPodsなどのバッテリーが表示されました。

ロック画面でAirPodsのバッテリーを表示させる

もっと手軽にAirPodsのバッテリーを確認したい場合は、ロック画面上に表示させることも出来ます。

壁紙をタップ設定 設定を開いたら、「壁紙」を探してタップします。

ロック画面の方のカスタマイズをタップ「現在の壁紙」の左側(ロック画面)の方の「カスタマイズ」をタップします。

時計の下をタップこのような画面が表示されるので、■色で囲った部分をタップします。

バッテリーをタップ一覧の中から「バッテリー」をタップします。

ウィジェットを追加にドラッグ使用したいウィジェットをタップするかドラッグします。

ウィジェットが追加されたロック画面にバッテリーウィジェットが配置されました。

完了右上の「完了」をタップします。

下から上にスワイプ画面の下から上にスワイプします。

iPhoneのバッテリー残量が表示これでロック画面にバッテリーウィジェットが表示されました。

AirPods使用中の場合AirPods接続中はこのようにAirPodsのバッテリーが表示されます。
なお、このウィジェットを複数個設置しても、表示されるのは1つのデバイスのみっぽい。

横長のウィジェットの場合横長のウィジェットだと、このようにバッテリー残高が数字で表示されます。

iPhoneのバッテリー残量も数字化ただしAirPodsを接続していないときはiPhoneのバッテリーが表示されます。

横長のウィジェットは数字も表示されるAirPods接続中です。

AirPodsケースのバッテリーが表示されない!?

バッテリーが表示されないまれにAirPodsケースのバッテリー残高が表示されないことがあります。

ウィジェットでも表示されない表示されてもこのようにほとんどバッテリーがない状態として表示されることも・・・

解決法

AirPodsの充電ケースを開くこの場合、一度AirPodsを充電ケースに戻し、蓋を開けた状態にしてください。

AirPodsケースのバッテリーが表示されたで、再びバッテリーを確認してみると、このようにAirPodsケースのバッテリーがきちんと表示されるようになりました。
この不具合は結構頻繁に起こるので、このやり方で確認してみてください。

関連ページ

パスキーとは?使い方と実例を紹介

iOS16から、パスワードを使わない認証方法のパスキーが使えるようになりました。使い方と実例を紹介します。

iOS16の新機能として搭載された「パスキー」。どんな機能なのかいろいろ調べたのですが、まだ新しい技術のせいか調べてみてもあまり詳細がわからない。ということで、実際にiPhoneでパスキーを使ってみて、どのような仕組みなのか。使い方は?などの疑問と解説を紹介したいと思います。

目次

パスキーとは?

パスキーそもそも「パスキー」とは?パスコードと名前が似ていますが、まったく関係ありません。
今までWebサイトにログインやアプリにサインインする場合、「ID」と「パスワード」の組み合わせを使っていました。最近ではそれに「確認コード」と呼ばれるSMSに送られてくる数字を入力しないといけなかったり、結構めんどくさいです。
また、意外に多くの人が簡単なパスワードにしたままだったり、パスワードを忘れてしまったりとトラブルも多いです。

またつい最近も「LastPass」というパスワード管理サービスからIDとパスワードのデータが流出したニュースがあったり、常にセキュリティーリスクに晒されています。
なお、過去、私もいろいろなアカウントがクラッキングされて、痛い目にあっています。。。

パスワードを使わない認証

そこで最近ではパスワードを使わない認証方法が登場してきました。そのひとつがパスキー。
iPhoneでもiOS16で使えるようになりましたけれど、実際にはアンドロイドやWindowsなどでもすでに使えるようになっています。

サイトやアプリにログインする場合に、IDとパスワードの組み合わせではなく、IDと生体認証を搭載したスマートフォンで本人確認をしてログインするのがパスキーです。
言葉だけだと分かりづらいので、実際に使い方を紹介します。

パスキーの使い方例

まだあまり対応したサイトやアプリがありませんが、Yahoo JAPAN のログインも対応しています。

Yahoo!のログイン

IDとパスワードを使ったログイン

Yahooにログインする場合今まではYahooにログインする場合、IDを入力し・・・

普通はパスワードを入力する続いてパスワードを入力し・・・

確認コードを入力してください最近ではさらに2段階認証で、送られてきた確認コードを入力しないとログインできません。
こうした2段階認証も最近では突破されることも。

パスキーを使ったログイン

パスキーを設定している場合、ログインは以下のような感じ。

IDをタップするログイン画面が表示されると、自動的に画面の下部に「iCloudキーチェーンのパスワードを使用してyahoo.co.jpにログインしますか?」と表示されます。
ここで保存してあるIDをタップします。

次へをタップIDが自動的に入力されるので、「次へ」をタップ。

Yahooでパスキーを使うすると画面の下からこのような「サインイン」が表示されます。
ここに「パスキー」と記載されていますね。

「続ける」をタップします。

生体認証生体認証が行われます。指紋認証でも顔認証でもどちらでも使えます。

YahooにログインできたYahooにログインできました。
このように従来のIDとパスワード、そして2段階認証よりも簡単で、しかもセキュリティが堅固です。

Yahooのログインにパスキーを使う

Yahooアカウントのログインにパスキーを使うには、あらかじめ設定しておかないといけません。やり方は以下。

YahooのメニューをタップYahooを表示させたら、右上のメニューメニュー をタップします。

Yahoo JAPAN IDをタップする「Yahoo! JAPAN ID」の下にある自分のアカウント名をタップします。

ログインとセキュリティをタップ下の方にある「ログインとセキュリティ」をタップします。

指紋・顔などでログイン「指紋・顔などでログイン」をタップします。

この端末を登録「この端末を登録」をタップします。

続けるをタップするこのような画面が表示されるので、「続ける」をタップします。

Face IDが行われる生体認証が行われます。

登録が完了しました登録が完了しました。

設定済みになったこれで次回以降、このスマホでYahooにログインする場合は、パスキーでログインできるようになります。

なお、後述しますが、WindowsパソコンやアンドロイドでYahooにログインする場合、必要に応じてパスワードによるログイン画面が表示されたり、QRコードによる生体認証が行われます。

パスキーの登録と呼び出し

example_usernameをタップ続いてもっとわかり易い例を。
webauthn.ioというサイトで実際に使ってみることが出来ます。

ページを表示させたら、「example_username」をタップします。

パスキーを保存する

適当な名前を入力適当な文字列を入力し、「Register(登録)」をタップします。

登録をタップページを日本語化するとわかりやすいかも。

キャンセルをクリックしたかタイムアウトしたこのようなエラーが出た場合は・・・

エラーの日本語訳パスキーは意外と時間にうるさいです。もたもたしているとすぐにエラーになります。

パスキーを保存しますかきちんと手順を踏むと、このような画面が表示されます。
今入力した文字列をパスキーとして「iCloudキーチェーン」に保存していいか聞かれるので、「続ける」をタップします。

なお、「iCloudキーチェーン」とは、iPhoneやiPadで使うパスワードを暗号化してネット上に保存し、パスワードを覚えなくても自動で入力するシステムのこと。

生体認証生体認証が行われます。

生体認証が行われる「iCloudキーチェーン」に今のIDが保存されました。

パスワードは?
パスキーではパスワードを使わないので、覚えさせるのはIDだけです。

パスキーを使ってログインする

登録が成功した無事登録できたら今度は、「Authenticate(認証する)」の方をタップします。

Authenticateをタップするといま登録したIDが表示されました。
IDの部分②をタップします。

このWebサイト用のパスキー場合によってはこのようにキーボードの上に表示されることもあります。その場合ここをタップ。

生体認証生体認証が行われます。

ログインしましたログインできました!

このようにパスワードは使用せず、「登録時に使ったスマートフォン」と「生体認証」で資格情報を作成し本人証明のお墨付きをして認証しています。
このパスキーという方法だと以下のメリットがあります。

パスキーのメリット

IDやパスワードを覚える必要がない

スマートフォンでパスキーを使ってログインする場合、該当するサイトのログインページが表示されると、自動的に保存してあるパスキーの候補が呼び出されます。
いちいち、えーっとIDは何だったっけ?と思いだしたり、パスワード管理アプリを立ち上げる必要はありません。

フィッシング詐欺に強い

フィッシングメールに記載された詐欺サイトのURLを開いても、パスキーは動作しません。
仮に銀行サイトにそっくりに作られた詐欺サイトを開いてしまっても、パスキーは正規のURLと組み合わせて保存されるので、パスキーが発動することはありません。

安易なパスワードによる被害

過去に何度も私はアカウントを乗っ取られたことがあります。その原因のひとつが、パスワードを簡単にしていたこと。それと、怪しいサイトの登録に同じメールアドレスを使っていたので、ID自体がアングラサイトなどで出回っていたんですね。
パスワードを複雑なものにしてからはほぼ、乗っ取られ被害はありません。

パスキーはパスワードを使ったログインではないので、ユーザーが覚えやすいようにと予測しやすいようなパスワードを作成して乗っ取られる被害がなくなります。

パスキーのデメリット

対応しているサイトやアプリが少ない

まだまだ対応しているサイトやアプリが少ないです。が、そのうちパスキーが主流になるんじゃないでしょうか。銀行系アプリが似たような認証を使用していますが、もっと手続きが多くてめんどくさいんですよね。

スマホやデバイスを勝手に使われたらおしまい

パスキーはスマートフォン単位で認証するので、勝手にスマートフォンを使われてしまったら、パスキーも勝手に使われてしまいます。
基本的にパスキーは生体認証を設定しているスマートフォンでないと動作しませんが、複数の指を登録できる指紋認証のスマートフォンだと、他人の指紋を登録している場合、その人もパスキーが使われてしまいます。

パスキーの疑問・トラブル

アンドロイドでも使えるか?

パスキーはiPhoneなどApple製デバイスだけでなく、アンドロイドやWindowsでも使えます。
アンドロイド版パスキーの使い方は以下。

登録をタップアンドロイドのブラウザで、パスキーが使えるページを開きます。
ここでは先ほど紹介した、webauthn.io を例に説明します。

「登録」をタップ。

Android版のパスキーの作成こんな感じで「パスキーの作成」が表示されるので、「続行」をタップします。

画面ロックを使用する生体認証をします。

パスキーの作成に成功したこれでアンドロイドにパスキーが保存されました。

呼び出すときは・・・

パスキーを選択するこんな感じで保存したパスキーが表示されます。

Windowsでも使えるか?

一応、Windowsでも使えました。

Windowsでも使えるパスキーを使うページを表示し、パスキーを登録するボタンをクリックすると、このように「パスキーを作成する」という表示が現れます。

もし、パソコンに生体認証が搭載されている場合は、「外部セキュリティキーまたは内蔵センサー」をクリックします。
生体認証を搭載していないと・・・

WindowsのPINコードを入力このようにPINの入力画面が表示されました。
ここでWindowsにログインする時に設定したPINを入力すると・・・

Windowsでパスキーを使う場合無事、パスキーが作成されました。

使用するときもこのようにPINの入力が表示されます。

Windowsでログイン成功PINが正しいと、このようにログインが成功しました。

複数のパスキーがある場合

キーのアイコンをタップ同じページに複数のパスキーを設定している場合、パスキーを使用する画面のときに、右下にある鍵のアイコンをタップします。

保存してあるパスキーを選択するとこのように保存してあるパスキーが呼び出せました。

iCloudキーチェーンが選択できない?

その他のオプション本来パスキーを使う場合、iPhoneの場合はこのように「iCloudキーチェーンのパスキー」という項目が選択できるのですが、

2つしか選択肢がないこのように選択できない場合があります。これは、パスキーを使う設定にしているのに、パスキーを保存していないスマホでアクセスした場合に表示されるっぽい。
この場合は、「iPhone、iPad、またはAndroidデバイス」の方にチェックを入れます。

QRコードが表示されるするとこのようなQRコードが表示されます。
このQRコードを生体認証設定済みのスマホのカメラでフレームに表示させます。

Webアドレスをタップするするとこんな感じで「Webアドレス」が表示されるので、ここをタップ。

画面ロックを使用する生体認証をします。

Windowsでログイン成功ログインできました。

iPhoneを買い替えたら?

パスキーは基本的にはスマートフォン単位で動作するのですが、iCloudに保存されるため、同じApple アカウントでサインインすれば、すぐに新しいiPhoneでも使うことが出来ます。

まとめ

パスキーは、すでに前から使えるdアカウントアプリの生体認証によるログインに似た機能で、iPhoneでもアンドロイドでも、また特別なアプリをインストールしなくても使える、新世代の本人確認機能です。
まあ、私も以前は何度もアカウントを乗っ取られたことがあるんですけれど、パスワードを複雑化してからはもう数年、乗っ取られたことはありません。最近ではほとんどのサービスが、IDとパスワードだけでなく、2段階認証やサーバー側で怪しいアクセスは弾いてくれるので、パスキーの便利さみたいなものがあまりクローズアップされませんでしたけれども、今後はこのパスキーを使ったサイトのログインが増えてくるかもしれません。

このパスキーは再度だけでなく、アプリでも使用できるので、例えば新しいスマホに買い替えたときにFacebookやインスタ、アマゾンなどはいちいちメールアドレスや電話番号を入力し、パスーワードを入力して復元しなければなりませんでしたが、パスキーがあればもっと簡単に買い換えたときの以降ができるようになるかもしれません。

関連ページ

 

カテゴリー

最新の記事