iPhone入門

iPhoneの購入の仕方から、電話を使えるようにする設定をはじめ、おすすめアプリや活用術を紹介しています。

iPhoneを購入する

人気記事

スポンサードリンク

iPhone活用記

兄弟サイト

Sponsored Link

 

iPhoneでバイブにするには

iPhoneに着信があった場合、バイブで知らせる方法、オンとオフの仕方を紹介します。

iPhoneに電話やメールなどの着信があった場合、バイブレーション(振動)で知らせてくれる設定にするにはどうしたらいいのでしょう?
アンドロイドからiPhoneに移った人なんかは、やり方が分からなくて戸惑ってしまうかもしれません。

目次

iPhoneでバイブをオンにするには

マナーモードをオンにするには

iPhoneのサイレントモードiPhoneでマナーモードにするには、左サイドに有る「サイレントスイッチ」を下げ、オレンジ色の状態にします。
が、これだけだとバイブレーションがオンになるわけではないんです。

また、iPhoneの場合は、マナーモードオフの状態でバイブレーションもオンにできます。

バイブのオンとオフ

iPhoneでバイブをオン、もしくはオフにするには以下。iOS16の最新版です。

サンドと触覚をタップ設定 設定を開き、「サウンドと触覚(しょっかく)」をタップします。

着信音をタップiPhoneの場合、バイブのオンオフは電話、メール、メッセージごとに別れています。
まずは「着信音」をタップします。

バイブレーションがなしになっている一番上に「バイブレーション」という項目があります。ここをタップ。

バイブレーションを設定バイブをオンにする場合は、ここのリストにあるどれかをタップします。

バイブレーションを指定こんな感じ。
これがバイブがオンの状態。

iPhoneのバイブをオフにするには

なしをタップ逆にバイブをオフにするには、一番下にある「なし」をタップしてください。

オリジナルのバイブを作成する

新規バイブレーションを作成iPhoneではバイブレーションの振動のリズムをオリジナルで作成できます。
着信とメールなど、別々の振動にしておけば、バイブの振動だけで、どちらかを区別することができるかもしれません。

独自の振動を作成するには、「新規バイブレーションを作成」をタップします。

画面を好きなようにタップするピンク色で囲っている部分を適当にタップしたり、指を離したりします。

再生をタップ「再生」をタップすると、いま作成したリズムを再生してくれます。

バイブレーションが再生される再生中はこんな感じ。

名前をつけて保存①「保存」をタップし、②で名前をつけます。
③「保存」をタップします。

自作バイブ独自のバイブレーションを設定できました。

アンドロイドの場合

アンドロイドはiPhoneと違い、着信の設定は3つあり、簡単に切り替えることができます。
いくつか方法がありますが、一番オーソドックスなのは以下。

アンドロイドのコントロールセンター通知センターを下ろし、通知の上にあるスピーカーのアイコンをタップします。

バイブになった1回タップすると、「バイブ」になります。
着信音はならなくなり、バイブレーションだけオンになります。

サイレントもう一度タップすると「サイレント」になり、バイブレーションもオフになります。

アンドロイドのコントロールセンターもう一度タップすると、ノーマルの状態に戻ります。

関連ページ

2022/08/03 18:21 【 iPhoneでバイブにするには 】 | コメント |

トップへ

 

iOS16をひと足先にインストールしよう!

iOS16パブリックベータ版が公開されました。そこでさっそくアップデートしてインストール。

iOS16 バブリックベータ版が公開されました。公式版は9月以降になると思いますが、ベータ版をインストールして使うこともできます。
今回は、iOS16パブリックベータ版のインストール方法を紹介します。

目次

iOS16 Public β版をインストールする条件

iOS16パブリックベータ版をインストールするための条件は2つ。

iPhone 8以降

iOS16では、2016年9月に発売されたiPhone 7は切り捨てられてしまいました。なので、iOS16をインストールするためには、iPhone 8以降のiPhoneが必要になります。
iOS16にアップデートできる機種は以下。もちろん、今期発売されるiPhone 14シリーズははじめからiOS16がインストールされていると思われます。

iPhone 13 iPhone 11 Pro
iPhone 13 mini iPhone 11 Pro Max
iPhone 13 Pro iPhone XS
iPhone 13 Pro Max iPhone XS Max
iPhone 12 iPhone XR
iPhone 12 mini iPhone X
iPhone 12 Pro iPhone 8
iPhone 12 Pro Max iPhone 8 Plus
iPhone 11 iPhone SE(第2世代以降)

Apple Beta Software Programに登録する必要がある

そしてもうひとつは、「Apple Beta Software Program」と呼ばれるプログラムに参加する必要があります。が、最近はとても登録が簡単になって、Apple IDを登録するだけです。
Apple Beta Software Programの登録は、Apple Beta Software Programへの登録を参考にしてください。

バックアップをしておくこと

必須ではないのですが、必ずiOSを最新版にアップデートし、バックアップをしておいてください。
不具合があった場合にiOS15へダウングレードする場合や、商用リリース版(正式なiOS16版)が公開された後に、正式版に変更する場合に、最新版のリリース版のiOSのバックアップがないとかなりややこしいことになります。
そのため、iOSを最新版にアップグレードし、その状態でバックアップをしておいてください。

iOS16インストール

では、以下、パブリックベータ版のiOS16のインストール方法。

iOSをタップデバイスを登録の画面へ行き、「iOS」をタップします。
この時、アップグレードしたいiPhoneでページにアクセスしてください。

iOS 16プロファイルをダウンロードをタップ下にスクロールすると、「プロファイルをダウンロード」というボタンがあるので、ここをタップします。

インストールファイルの許可をタップ構成プロファイルをダウンロードしていいか聞いてくるので、「許可」をタップします。

閉じるをタッププロファイルのダウンロードは一瞬で完了します。「閉じる」をタップ。

プロファイルがダウンロード済みをタップ今度は、設定 設定を開くと、上のほうに「プロファイルがダウンロード済み」という項目が表示されているので、ここをタップします。

右上のインストールをタップ右上の「インストール」をタップします。

パスコードを入力iPhoneのパスコードを入力します。

インストール「承諾」と表示されるので、もう一度右上の「インストール」をタップします。

画面下のインストールをタップ今度は画面下に「インストール」と表示されるので、ここをタップ。

再起動が必要です再起動を即されるので、「再起動」をタップします。

iOS16 Public Betaがあります再び設定 設定を開くと、「iOS 16 Public Betaがあります」という表示になっているので、ここをタップ。

ダウンロードしてインストールここからはiOSのアップデートと同じ手順で進めます。「ダウンロードしてインストール」をタップします。

パスコードを入力再びパスコードを入力します。

モバイルデータ通信を使うかここで、モバイルデータ通信を使ってダウンロードするか聞いてきますが、Wi-Fiを使用している人は、「モバイルデータ通信を使用しない」をタップしてください。
最近では5Gが普及してきたせいか、iOSのアップグレードはモバイル通信でもできるっぽい(昔はWi-FiかPCにつながないと出来なかった)。

容量が足りない!

iPhoneの容量が足りない場合iOSのアップデートには、iPhone内のストレージの空き容量が10GBぐらい残っていないと、このようなエラーが出てしまいます。
この時、一時的にアプリを削除してアップデート後に復元する機能が表示されるので、「続ける」をタップしてください。

ソフトウェア・アップデート中iOS16のダウンロードが開始されます。
だいたい30分以内で終了します。

インストール開始!

今すぐインストールをタップダウンロードが完了すると、このようなダイアログが表示されるので、「今すぐインストール」をタップします。

あとはインストールが完了するまで、iPhoneを充電器に接続し、しばらく待っているとiOS16のインストールが完了します。

iOS16の新機能

ロック画面がカスタマイズ出来る

iOS16の新機能ですが、大きな目玉は「ロック画面にウィジェットを配置できる」点でしょう。
ウィジェットとは、アプリを立ち上げなくてもアプリの一部を表示させておくことができる機能で、例えば天気予報のウィジェットを配置しておくと、いちいち天気アプリを立ち上げなくても、ロック画面上に現在の天気の情報を載せておくことができます。
面白いのが、ロック画面の壁紙を天気予報に指定すると、現在の天気がアニメーションの壁紙として表示されるので、視覚的に天気がわかりやすいです。
さらに面白いことに、ホーム画面の壁紙も天気状況にすることができ、天気アプリを開く機会が少なくなるかも。

Siriのイントネーションがより自然に

他にも公式サイトにも掲載されていませんが、Siriの発音がようやく自然になりました。
声も微妙に変更になったっぽい。
今までのようにいかにも機械がしゃべるアクセントは、iOS16でようやく修正されることになりました。

音声入力で句読点が自動入力

音声入力アンドロイドの音声録音機能では、会話などを自動でテキスト化し、適切な場所で句読点が挿入される機能がありますが、iPhoneの音声入力も自動で句読点が挿入されるようになりました。が、実際に試してみたところ、Googleの音声入力に比べると、出来はいまいち。そもそも音声入力の精度もGoogleに比べると若干落ちる気がします。今まで通り句読点の音声入力もできるので、少し便利になったかな、程度かもしれません。

まとめ

以前に比べると、パブリックベータ版のiOSは、より簡単にインストールできるようになった気がします。
iOS16をインストールして、1日が経過しましたが、一部のアプリで日本語入力後、強制終了してしまう以外は、特に不具合もなし。
やっぱりロック画面のカスタマイズは、かなりいい感じ。
今回は、Apple WatchのWatchOS9もインストールしたので、別の記事でやり方を紹介します。

関連ページ

eSIMの自分の電話番号が表示されない!?

楽天モバイルからpovo2.0へMNPしたのですが、さっそくeSIMをiPhoneに登録したところ、自分の電話番号が表示されません。

楽天モバイルが0円廃止になるので、同じ0円で維持できるpovo2.0にMNP(マイナンバーポータビリティ)したのですが、eSIMだとその日のうちに(1時間ぐらい)手続きが完了し、すぐに使うことができるようになりました。が、設定 設定の「モバイル」を見てみると、自分の電話番号が表示されません。
というわけで自分の電話番号が表示されない場合の解決方法を紹介。

eSIMの電話番号が表示されないeSIMで電話回線を追加するには、設定 設定の「モバイル通信」から行うのですが、無事にQRコードを読み取り、回線が開通したにもかかわらず、自分の電話番号がいつまでたっても表示されません。

SIM有効化完了このように「お手続き状況」は、「SIM有効化完了」になっています。

自分の番号も表示されないタップして開いてみると、「自分の番号」も番号が表示されていません。タップしても無反応。

この状態でもモバイル通信も行えるし、電話を掛けたり受けることもできるのですが、なんだかモヤモヤして気持ち悪い。
解決方法は以下。

設定のメッセージをタップ設定 設定の「メッセージ」を開きます。

送受信を開く「送受信」の部分をタップして開きます。

povoをタップここにはiMessageで使用する電話番号やメールアドレスの一覧が表示されるのですが、ここでは「povo2.0」がありました。
ここをタップします。

povo2.0がない?

プランの名称が旅行ちなみにここでは「povo2.0」になっていますが、これは私が変更してつけたから。もともとなぜか「旅行」になっていました。

povo2.0に変更これを変更して「povo2.0」にしたわけ。

グルグルグルグルが開始されます。

チェックが付いた1分ほど待っているとチェックが付きました。

モバイル通信で電話番号が表示された先ほどの「モバイル通信」の画面に戻ると、ちゃんと番号が表示されるようになりました。

自分の番号も表示された自分の番号にも電話番号が表示されるようになりました。

関連ページ

 

カテゴリー

最新の記事