iPhoneでSuicaを使えるようにするには

iPhoneでSuicaを使うにはカードを登録するか、アプリ上でカードを作成するか、のどちらかになります。今回はアプリ上から直接使えるようにする方法を紹介します。

iPhoneでSuicaを使えるようにするには

 

Last update 2016-11-02 11:53

twitter Facebook はてブ LINE pocet

 

iPhoneでSuicaを使えるようにするには、
① 持っているSuicaカードを登録する
② Suicaアプリから直接使えるようにする
の2つの方法があります。

Sponsored Link

 

①のすでに持っているSuicaカードをiPhoneに登録する方法は、iPhoneにSuicaカードを登録するを参考にして下さい。
今回紹介する方法は、SuicaカードがなくてもiPhoneでSuicaを使えるようにする方法です。

必要なもの・準備

Suicaアプリ

SuicaアプリあらかじめSuicaアプリをインストールしておいて下さい。

クレジットカード

Suicaアプリから新規に登録する場合、クレジットカードが必要になります。
クレジットカードなんて持っていないよ!という人は、審査なしでもクレジットカードを持つことが出来る、プリペイド式のクレジットカードでもOKです(ソフトバンクカードやau WALLET クレジットカードなど)。ただし、コンビニで売られているプリペイドカードは使えないっぽい。

Suicaアプリ上からSuicaを発行する手順

Suica発行をタップSuicaアプリを立ち上げたらこのような画面になるので、右下の「Suica発行」をタップします。

My Suica 記名式をタップ「新規発行」の中から発行したいSuicaを選択します。

無記名と記名式の違いは?

Suica(無記名)とMy Suica(記名式)の違いは、カードのSuicaと同じ意味で

  • Suica(無記名)
    • 名前や生年月日などを登録しない代わりにスピーディーに発行できる。(iPhoneでは会員登録する必要がある)
  • My Suica(記名式)
    • 自分専用のSuica。紛失した場合に使えなくしたり出来る。基本的にこちらを選択する。
  • Suica定期券
    • 通勤・通学で使用する場合はこちら。

iPhone版Suicaの無記名と記名式、どちらも会員登録をしないと作成できないので、無記名を選択する必要性はほぼないです。iPhoneをなくしたときでも、インターネット上から使用停止できるのは「My Suica(記名式)」なので、新規発行する際は「My Suica(記名式)」を選択して下さい。

すでにSuicaを登録している人

Suicaアプリをタップなお、iPhoneは複数のSuicaを登録できるのですが、すでにSuicaを登録している人の場合は、この画面になります。新たにSuicaを追加したい場合は、画面下の左側の「Suicaアプリ」をタップします。

会員登録

会員登録をタップはじめて使う場合は、会員登録必要があります。
会員登録しておくと、iPhoneを紛失したときなどに使えなくさせる設定をWeb上からすることが出来ます。

「会員登録」をタップします。

モバイルSuica会員規約に同意する「モバイルSuica会員規約」などに同意するか聞いてくるので、「同意する」をタップします。

会員登録メールアドレスと、ログインするときに使用するパスワードを決めます。
パスワードは8桁の英字・数字を使用し、英字(小文字)か英字(大文字)か数字が混在したものでないといけません。

パスワードは確認のために、同じものをもう一度入力します。

名前と生年月日と性別名前を漢字、カタカナで入力し、生年月日と性別を入力。
郵便番号をハイフン無しで入力します。

秘密の質問そのまま下にスクロールし、メール配信を希望するか選択(私は希望しない、に設定しました)。

「秘密の質問」は、パスワードなどを忘れたときの再発行に利用する本人しか答えられない質問を選択し、その答えを登録しておきます。

質問を決める秘密の質問は結構豊富に用意されていて、本人なら必ずこの答えを言う。というものを選択し、答えを入力しておきます。

完了をタップする秘密の質問の答などすべて入力し終わったら、画面右上の「完了」をタップします。

アップグレードが完了しましたアップグレードが完了しました、と表示されるので、「OK」をタップします。

Suica発行

なお、今登録したパスワードは必ず、どこかにメモをしておくか、パスワード用のアプリなどに保存しておいて下さい。
ここからSuicaの購入になります。

名称とクレジットカードの登録「SUICAの名称」には、わかりやすい名前を記入しておきます。
iPhoneには複数のSuicaを登録できるので、区別できるように名前をつけます。

「クレジットカード」は、チャージするときに支払うクレジットカードの選択です。すでに「Apple Pay」にクレジットカードが登録してある場合(参照:iPhoneでおサイフケータイ(iD)を使うには)は、「登録しない(Apple Payで支払う)」を。
まだ登録していない場合や、Apple Payで登録したクレジットカード以外のカードを使いたい場合は、「他のクレジットカードを登録する」をタップし、その下に「カード番号(クレジットカードの番号)」と「カード有効期限」を入力します。

次へ右上の「次へ」をタップします。

セキュリティコードもし、ここでクレジットカードを登録した場合は、「セキュリティーコード(3桁の暗証番号)」を入力し、②「完了」をタップします。

チャージ金額を選択チャージする金額を選択します。

SFチャージ今登録したクレジットカードで支払うか、Apple Payで支払うか選択します。

Apple Payの場合Apple Payで支払う場合、このような画面になるので、ホームボタンに指を乗せ指紋認証をします。

指紋認証が完了ピコーンという音がして、このような画面になれば支払い完了。

Apple Payにカードを追加Apple Watch Series 2を持っている場合は、このようにiPhoneに登録するかApple Watchに登録するか選択します。なお、Suicaは、iPhoneかApple Watchのどちらかにしか登録できないようで、どちらでもSuicaを使いたい場合は、iPhone用とApple Watch用の2つを登録する必要があります。

カードを追加「カードを追加」の画面になるので、右上の「次へ」をタップします。

利用条件「東日本旅客鉄道株式会社ICカード乗車券取扱規則」の利用条件が表示されるので、目を通したら右下の「同意する」をタップします。

チェックが入るカードが追加されました。右上の「次へ」をタップ。

エクスプレスカードに設定完了登録が完了しました。
エクスプレスカードとは、支払い時にいちいち指紋認証しなくてもかざすだけでSuicaが使える設定のことです。

「完了」をタップします。

通知が来るWalletアプリの方にも追加され、通知が着ます。
「Walletアプリ」とは、iPhoneのApple Payに登録したカードを管理するアプリです。

Suica一覧Suicaアプリを立ち上げると、このように登録されたカードと残高が表示されます。
ここからチャージも出来ます。

Suicaアプリにログイン

Suicaアプリにログインなお、Suicaアプリは、時間が経過するとログアウトされてしまいます。
なので次回以降アプリを立ち上げると、このような「"Suica"でTouch IDを使用」という画面が出てきます。
これは指紋認証でログインする、ということです。

関連ページ

最終更新日 2016-11-02 11:53

 

twitter Facebook はてブ LINE pocet

Sponsord Link

 

 

投稿日: | このページのトップへ | コメントを書く | 管理