Suicaがエラーで使えない場合の原因と解決策

先日、iPhoneのSuicaで支払いを済ませようとしたら、何度やってもエラーで決済できません。そこでいろいろなSuicaのエラー原因を調べてみました。最終的にサポートに連絡して解決。

home HOME about About this site Mail Mail

Suicaがエラーで使えない場合の原因と解決策

Last update 2017-06-20 01:25:09

twitter Facebook はてブ LINE pocet

 

Apple PayをかざしてもiPhoneのApple PayでSuicaが使えなくなったときの対策と解決法を紹介します。
先日、コンビニでiPhoneのApple Payの「Suica」で支払を済ませようとしたら、何度も何度もやり直してもエラーが出てしまいました。
後ろを振り返ると、行列ができていたので慌てて「現金で!」と言って現金で支払ったのですが、同じようにiPhoneのおサイフケータイ(正式にはApple Payですが)でエラーになってしまった場合の対策と解決方法を紹介します。
ちなみに私の場合は、3か月ほど使用していない期間があり、iPhone内蔵のICチップのSuicaのデータが古く、データが反映できない状態によるエラーでした。この場合の解決策も紹介しています。

Sponsored Link

 

目次

iPhoneのSuicaでエラーになる症状とは

ご利用できないカードですと表示される私の場合はしばらくiPhoneのApple Payは使っていなかったのですが、久々にコンビニで使おうとしたところ、何度やり直してもSuicaでエラーになってしまうのです。

お店のFeliCaリーダーが悪いのかもしれない。と思って、今度はSuica対応の自販機でやってみたのですが、「ご利用できないカードです」と表示されて使えません。
PASMO対応の自動販売機でもSuicaは使えるので、明らかに私のiPhoneのSuicaが異常なのだと判明しました。

カード照会 今回のご利用に支払いは発生しませんでしたその後、別の自動販売機でも試しましたが、使えません。多分、改札で使っていたらエラーになって、通れなかったと思います。iPhoneを再起動してもダメでした。
iPhoneの通知には

カード照会
今回のご利用に支払いは発生しませんでした

と表示されています。

iDや他のSuicaは使える

後でAppleのサポートの話を聞いたところ、考えられるのが「iPhone内のNFCもしくはFeliCaのアンテナの故障」。
ところが私の場合は、同じiPhoneで「iD」だとちゃんと動作するし、2つ登録しているSuicaのもう1つだと使えることもわかりました。

改札でエラーになった場合

私は電車は使わないので大丈夫なのですが、サポートに聞いたところ、改札でiPhoneのSuicaをかざしたらエラーになった場合は、改札脇にある駅員に問い合わせてください。とのことでした。
JRや私鉄の各駅には、表示されたエラーに対して原因を突き止める機械(?)があるようで、駅員に尋ねれば原因を調べてちゃんと対応してくれる、とのこと。
でも、なぜエラーになったか、またエラーにならないように対策はないのか知りたいですよね。

以下はiPhoneのSuicaがエラーになる原因をピックアップしてみました。

iCloudからサインアウトすると消える仕様に注意

iPhoneのApple Payは、iCloud(ネット上にデータを保存するサービス)に紐付けられています。その為、iCloudからサインアウトをするとiPhone上のApple Payの情報はすべて削除されます。
私がそうだったのですが、以前、iCloudからサインアウトした後、クレジットカードやSuicaの登録を登録・復元しないままコンビニで使おうとしたところ、やはりエラーになって使えませんでした。
その時は知らなかったのですが、iCloudから一度サインアウトすると、もう一度登録し直さないといけないので注意。

登録されたクレジットカードとSuicaWallet Walletアプリを開くと、このようにクレジットカードやSuicaが登録されているはずなのですが・・・

カードが登録されていない場合このようにiTunesしか表示されていないときは、WalletからクレジットカードやSuicaが消去されている状態です。

設定の名前をタップiCloudからサインアウトするには、設定設定の一番上(自分の名前の部分)をタップし

サインアウトをタップ一番下までスクロールし、「サインアウト」をタップしないとサインアウトできません。
基本的にはめったなことではiCloudからサインアウトすることはないと思うのですが、iPhoneを初期化したり、なんらかの理由でiCloudからサインアウトした場合は、Apple Payがすべて初期化されるので注意。

消えたSuicaは復元できる?

カードを再度追加Apple PayのSuicaはチャージ式なので、iCloudからサインアウトして消えてしまった場合、すでに入金してあるお金はどうなるのでしょう?
ご安心を。ちゃんともう一度Apple PayにSuicaを追加しようとすると、消えた「My Suica」が表示されてタップすれば元通りに復元します。

ヘルプモードで試してみる

iPhoneのApple Payはかなりセキュリティー的に強固にできていて、ちょっとしたことでエラーになる可能性があります。
そこで「ヘルプモード」と呼ばれるセキュリティーを低くできるモードがあるので、これで使えるか試してください。
Suicaのヘルプモードの使い方は以下。

WalletアプリWallet(ウォーレット)」を立ち上げます。

iをタップするエラーになるSuicaを表示させ、右下の(i)をタップします。

ヘルプモードをオンにする下の方にある「ヘルプモードをオンにする」をタップします。

指紋認証指紋認証かパスコードを入力します。

ヘルプモードになったヘルプモードになりました。
ヘルプモードの有効期限は1分間のみなので、この状態でうまく反応するか試してください。

ヘルプモードとは

ヘルプモードとは、JR東日本のサイトによると・・・

駅の改札や店舗などでSuicaをご利用の際、Suicaの読み書きを行う端末とiPhone・Apple Watchの通信に問題(無反応等)があったとき、一時的にSuicaを処理できるようにするためのサポート機能です。

ということらしいです。

エクスプレスカードにMy Suicaが指定されているかチェック

iPhoneのSuicaは、指紋認証なしで使える「エクスプレスカード」に登録することができます。
なのでSuicaを使おうとしてエラーになる場合は、エクスプレスカードに登録してあるかチェックしてください。
確認方法・登録方法は以下。

エクスプレスカードの確認

WalletとApple Payをタップ設定 設定を開き、「WalletとApple Pay」をタップします。

エクスプレスカードをタップ「エクスプレスカード」をタップします。

My Suicaにチェックが付いているか登録してあるSuicaにチェックが付いているか確認します。
「なし」になっている場合は、My Suicaをタップしてチェックを入れます。
なお、指紋認証が必要です。

サポートへ電話してみた

さて、私の場合はうえで紹介したすべてをチェックしましたが、すべて正常でした。最初にAppleサポートへ連絡したのですが、リモート操作してもらい、iPhoneに搭載されているFeliCaのアンテナが不良かどうかチェックしてもらったのですが、「正常」とのことでエラーの原因はわからないままでした。
というわけで、JR東日本のサポートに連絡したら一発で解決しました。
サポートへの連絡から解決までの手順は以下のような感じ。

サポートの電話番号をタップJR東日本のSuica Apple Payよくあるご質問を開き、一番下までスクロールします。すると、受付時間10時~19時ですが、050-2016-5077でサポートを受け付けているようです。
上記の電話番号をタップするか、電話アプリから電話を掛けます。

発信をタップ電話をかけていいか聞いてくるので「発信」をタップします。

iPhone内のICチップのデータを更新する

サポートにつながったら、ダイアルを表示させ数字の7をタップするとオペレーターにつながります。音声途中でも操作可能なので、オペレーターにつなげてください。
私の場合は、夕方18時ごろ連絡したのですが、意外とすぐにつながりました。

Suicaアプリオペレーターにつながると、「Suica識別ID」を聞かれるので、表示させておきます。「Suica識別ID」を表示させるには、「Suica」アプリを立ち上げ・・・

iの部分をタップエラーが発生するSuicaを表示させたら、右下の(i)の部分をタップします。

Suica識別ID「Suica識別ID」の部分に記載されています。たいていは自分のメールアドレス(登録時に入力したもの)になっていると思います。

チケット購入・Suica管理をタップさて、実際にエラーにならないようにICチップに最新のデータを上書きする手順は、Suicaアプリのエラーが生じるSuicaを表示させ、「チケット購入・Suica管理」をタップします。

Suicaグリーン券をタップ「Suicaグリーン券」をタップします。

待機中すると何やらしばらく待たされます。

データ処理完了しばらく待っていると(30秒ぐらい)「データ処理が完了しました」と表示されました。
どうやらこれでiPhone内のICチップにデータが上書きされ、使えるようになったっぽい。
この作業はサポートセンターに連絡しないとできないっぽいので、サポートに連絡してから行ってください。(指示される)

原因は何だったのか

JR東日本のサポートの方が言うには、今回エラーになってしまう原因は、しばらくiPhoneのSuicaを使っていない場合、iPhone内部のICチップのデータが古く、新しいデータが上書きされない状態だったらしい。
そこでサポートの方で強制的に上書きモードにして、データを書き換えた操作(上記で紹介した方法)を行ったところ、ICチップのデータが書き換えられて使えるようになったようです。

このしばらく使用しない期間というのは、サポートの方でもどれくらいの期間なのかが不明だということでした。現に、私は2つのSuicaを登録していたのですが、片方のSuicaは今回きちんと使えました。
また、Appleのサポートでは今回のような症状はほとんど相談を受けたことがないようで、せいぜいiOSを最新のものにしてください。で、解決できませんでした。
ただし、FeliCaのアンテナにトラブルがある場合は、Appleのサポートでないと解決できないので、どのようなエラーが表示されるかでどちらに連絡したほうがいいか変わってくるようです。

FeliCaの位置に注意

a href="../img/201611/?img=20161111-38507-1.jpg&width=335&height=343" target="new">iPhoneのFeliCaのアンテナの位置もし、iPhoneのApple Payの使いかにまだ慣れていない場合、FeliCaのアンテナの位置に注意してください。以前、iPhoneのApple Payが反応しない?FeliCaのアンテナの位置 でも書きましたが、
iPhoneのFeliCaのアンテナの位置は、カメラのレンズの少し右辺りにあります。

アンドロイドはFeliCaのマークの位置(中央より少し上)があるのでわかりやすいのですが、iPhoneの場合本体の上の方になるので注意。
Suicaを使おうとしたら、かざしても反応しないという人はかざす位置を確認してください。

バッテリーがなくなったら使えない?

アンドロイドのおサイフケータイの場合、バッテリーがなくなっても完全に0にならない限り使うことができます。それどころか、電源がオフになっていても使うことができます。
が、iPhoneの場合、バッテリーがなくなったり電源がオフになっているとApple Pay自体が使えなくなるので、使うことができません。

まとめ

iPhoneのおサイフケータイ(正式にはApple Payですが)は、アンドロイドのおサイフケータイに比べセキュリティーが強固なのか、ちょっとしたことでエラーになることがあります。
私の場合はアンドロイドのおサイフケータイをメインで使っていますが、ほぼ、エラーにならない(球になりますが)のに対し、iPhoneのApple Payはエラー率が微妙に高い気がします。
今までの経験上、コンビニなどで支払うときにApple Payがエラーになった場合は、かなりの確率で何度試してもエラーになるので、あきらめて現金で支払ったほうがいいかもしれません。

iPhoneのApple Payになれて現金には戻れない!と思うようになったら、次はアンドロイドに買い替えたほうがいいかもしれません。(笑)

関連ページ

最終更新日 2017-06-20 01:25:09

 

twitter Facebook はてブ LINE pocet

Sponsord Link

 

投稿日:2017-06-20 | このページのトップへ | コメントを書く | 管理

カテゴリー

同じカテゴリーの記事