Apple Pencilの充電方法やバッテリー残量の確認方法

Apple Pencilの充電方法やバッテリー残量の確認方法、使用中どれくらいバッテリーが減るのか、などを検証してみました。意外と長持ちです。

Apple Pencilの充電方法やバッテリー残量の確認方法

 

Last update 2017-01-07 21:18

twitter Facebook はてブ LINE pocet

 

Apple PencilにはモニターやLEDなどが搭載されていないので、バッテリー残量が単体だとわかりません。また、充電はどのようにするのでしょう?

Sponsored Link

 

実際にApple Pencilを購入してしまえばすぐに分かるのですが、まだ購入をためらっている人にとっては、「どうやって充電するんだろう?」とか「バッテリー残量の確認方法は?」とか、「どれくらいもつの?」といった疑問があると思います。
今回はこの3つの疑問に答えてみようと思います。

Apple Pencilのバッテリ残量の確認方法

Apple Pencilには電源スイッチもボタンもディスプレイも、LEDも搭載されていません。なので、単体ではバッテリー残量がわかりません。
どうやってバッテリー残量を確認するかというと・・・

Apple Pencilのバッテリー残量の調べ方通知センター(ディスプレイの上端から下に指をスライドさせると表示される画面)を表示させ、①「ウィジェット」の部分をタップ。
すると「バッテリー」という項目が表示されるので、ここに表示されます。

表示されない!?

通知センターに表示させるには、BluetoothでiPad Proと接続している状態でないといけません。ペアリングしていても、Apple Pencilを使わないでいると接続が一時的になくなった状態になるようで、この状態だと表示されないようです。なので、Apple Pencilで一度iPadのディスプレイをポンとタップしてやると、すぐに接続され通知センターにも表示されるようになります。

それでも表示されない場合は、Apple Pencilのバッテリーが完全に空になって接続が切れてしまっているか、ペアリングが解除されてしまっている可能性があります。

Apple Pencilの充電方法は?

キャップが外れるApple Pencilの充電方法はすごく簡単。
ペンの後ろがキャップになっていて、外すとLightning端子(オス)が出てきます。キャップは磁石でペンとくっついているようで、大抵は勝手に抜け落ちたりしません(意外と強力です)。

iPadのLightning端子に刺すと充電で、iPad本体のLightning端子(メス)に挿すと充電することが出来ます。
15秒の充電で30分使うことができるので、大抵はバッテリーをそれほど気にせず使用することができると思います。

iPhoneでも充電できるもちろんiPhoneに挿して充電することも出来ます。

Lightningアダプターで充電また、Apple Pencilにはライトニングケーブル用の充電アダプターもついてくるので、この充電アダプターを使えば、Lightningケーブルを刺して充電することも出来ます。

充電アダプターをつけっぱなしにしてるよく、Apple Pencilのキャップが充電中になくしてしまいそう。という意見がありますが(コロコロ転がるし)、私の場合は常に充電アダプターをつけて、キャップの方はしまって無くさないようにしているので、あまり気になりません。充電もほとんどLightningケーブルを使うことが多いので、つけっぱなしのほうが楽です。

Apple Pencilのバッテリーはどれくらい持つのか

Apple Pencilのバッテリーについて検索していると、「すぐに無くなる」という意見と「なかなか減らない」という2つの感想があることに気が付きました。

  iPad Pro Apple Pencil
17時54分 83% 70%
19時14分 82% 66%
19時54分 82% 66%
20時54分 82% 66%
1時04分 81% 65%
2時04分 81% 64%
2時14分 80% 64%
2時24分 78% 63%
2時34分 77% 62%
2時44分 76% 61%
2時54分 76% 61%

   待機中      使用中

待機状態でどれくらい減るか

まずは使っていない状態でApple Pencilのバッテリーがどれくらい減るか調べてみました。

  経過時間 Apple Pencil
17時54分 測定開始 70%
19時14分 1時間20分 66%
19時54分 2時間 66%
20時54分 3時間 66%
1時04分 7時間10分 65%

7時間経過した時点で、5%減でした。この減り方だと、100%の満充電状態から0%になるまで、140時間かかる計算になります。待機だけだと、だいたい5日以上もつ計算になります。

使用中のバッテリー

  経過時間 Apple Pencil
2時04分 測定開始 64%
2時14分 10分経過 64%
2時24分 20分経過 63%
2時34分 30分経過 62%
2時44分 40分経過 61%

さすがに使用しているとバッテリーのヘリは加速しました。40分連続でApple Pencilを使用した場合、3%ほどのバッテリーを消費しました。
1時間で4%程度減少するようです。
ということは、100%の満充電の状態から空になるまでに、25時間かかりそうです。

というわけで、使用してもしなくてもそれほどバッテリーの消費を気にしなくても大丈夫そうです。

急に一気に減る時がある

ところがたまにバッテリーが急激に減る時があります。

3時48分100%3時48分。この時はバッテリー残量が100%でした。
この状態でApple Pencilを使って手書き入力していると・・・

10分経過で98%約10分後には2%減りました。
先ほどの検証では30分で2%減る計算だったのですが、10分で2%も減りました。

20分経過で10%減少そのまま使い続け使い始めてから20分が経過。すると、10%減少していました。
このようにたまに一気にバッテリーが減る問があります。原因はわかりませんが、ごくごくたまに起こる程度の頻度です。

ただ、このような状態になってもしばらくするとバッテリーの減り方が今までどおりに戻る場合がほとんど。
バッテリーがまだ充分あると思っていたら、急に0になった。というような症状は今のところ起こっていないので安心してください。

充電時間は

ライトニングケーブルでも充電できる今度は充電時間を計測してみました。
ライトニングケーブルで繋いで充電してみます。

1時丁度55%1時ちょうど、バッテリー残量は55%の状態で充電開始。

1時21分に100%すると約20分後の1時21分には100%の状態になっていました。この時はこんなに早くフル充電になると思わなかったので、実際には15分ぐらいでフル充電担っていたかもしれません。
どちらにしろだいたい40分ぐらいあれば、0%の状態からもフル充電できるようです。

関連ページ

最終更新日 2017-01-07 21:18

 

twitter Facebook はてブ LINE pocet

Sponsord Link

 

 

投稿日: | このページのトップへ | コメントを書く | 管理