スマートフォン 薄さ比較

ドコモのMEDIAS N-04Cは、厚さ8.7ミリ。重さ105gとiPhone4をはるかにしのぐ薄さ・重さで登場しました。各キャリアのスマートフォンの薄さを比較。

 
 

Home  About this site  BBS  Mail  Link

 
 

スマートフォン 薄さ比較

 

 

Last update 2011/04/17 01:54

某電気屋でAndroidスマートフォンに触れてきました。
AndoroidなんてまだまだiPhoneの敵じゃないな。なんて思っていましたが、国産メーカーが本腰を上げたことによって、iPhoneを追い抜く日も近いんじゃないか。と確信しました。

で、びっくりしたのはその薄さ。
iPhone4もずいぶん薄いんですけれど、NECカシオモバイルコミュニケーションから発売されたMEDIAS N-04C
めちゃめちゃ薄い!
そして軽い!
iPhone4をもったとき、薄い割にずっしりと感じましたが、N-04Cは軽いですね~。

というわけで、今回発売されたスマートフォンの薄さを比較してみました。


機種名 幅×高さ×薄さ ディスプレーサイズ 重さ キャリア
iPhone4 58.6x115.2x9.3mm 3.5インチ 137g ソフトバンク
iPhone3G 62x112x12mm 3.5インチ 133g ソフトバンク
dynapocket SoftBank X02T 62x121x12mm 4.1インチ 129g ソフトバンク
IS03 63x121x12.6mm 3.5インチ 138g au
IS05 112x55x14mm 3.4インチ 132g au
MEDIAS N-04C 62x127x8.7mm 4インチ 105g docomo
GALAXY S 64x122x12mm 4インチ 118g docomo
REGZA Phone T-01C 62x126x14.7mm 4インチ 149g docomo
Xperia arc SO-01C 63x125x11.4mm 4.2インチ 118g docomo

こうしてみると、MEDIAS N-04Cがいかに薄くて軽いかがわかりますね。
薄い=バッテリー容量が小さい
では意味がないんですけれど、連続待ち受け時間が360時間なので、iPhone4よりも長いんですよね。

で、もう一つ気になったのがXperia arc SO-01C。
こちらは、MEDIAS N-04Cに比べればちょっと厚みがありますが(実際触れた感じも、そんな薄いってイメージはなかった)、4.2インチと国産Androidの中では最大のディスプレーサイズになります。
その割に118gと軽く、連続待ち受け時間も400時間とワンランク上の待ち受け時間になっています。
iPhone4は、言われているほどバッテリーの持ちが悪いわけじゃないんですけれど、色々なことが出来るので、ついつい使ってしまっていつの間にかバッテリーが減っていた。なんてことが多々あるので、次期iPhoneでは性能うんぬんよりバッテリー容量をもう少しあげてほしいな。なんて思っていましたが、こりゃあ、次回買い替える時はAndroidでもいいかなぁ。なんて思い始めていたり。

それにしてもiPhoneが登場したころ、スマートフォンは日本では普及しないなんてドコモもAUも、スマートフォンの販売に消極的でしたが、蓋を開けてみればスマートフォンブーム。
現在は、Appleとサムスンがスマートフォンで携帯電話市場の勢力を拡大しましたが、iPhoneが登場したころ、日本メーカーに先見の明があれば、今頃世界市場にくみこめていたんでしょうね。
だって、後発とはいえ、薄さ・性能に加え、カメラ性能・赤外線・ワンセグを詰め込んだスマートフォンなんて国産メーカーだけですからねえ。

肝心のレスポンスですが、MEDIAS、Xperia共にサクサク動いていました。
デモ用なのでそれほどアプリが入っていなかったので、触る程度しかできませんでしたが、WEBを見る分には問題ないレベル。
またgoogleマップも十分サクサク。

アンドロイドは、iPhoneと違って互換性の低さ(バージョンによってできないことが出てきたり、メーカーによって出来なかったり)が問題ですが、2年単位で買い替えることを考えれば、あとは値段ぐらいなのかなぁ。

 

カテゴリー

同じカテゴリーの記事

Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 にほんブログ村 携帯ブログ iPhoneへ 2010/08/21 20:03 | このページのトップへ | コメントを書く | 管理