Viberの使い方と設定

Viberは、SkypeやLINEと同じ無料電話アプリなのですが、なんと!起動しなくても着信が出来るんです。Viberの使い方と設定を紹介します。

 
 

Home  About  BBS  Mail  Link

 
 

Viberの使い方と設定

 

 

Last update 2012/04/18 22:19

 

ViberViberは、唯一起動していなくても着信が行える無料電話アプリの1つです。
SkypeやLINE、050Plusの弱点として、起動していないと着信が受けられない。というのがあるのですが、Viberは、起動していなくても着信ができちゃうんです。

Viberの使い方と設定

Viberの読み方

Viberの読み方なんですけれど「バイバー」とか「ヴァイバー」と読むらしいです。
私は「ビーバー」と初め、呼んでいましたが・・・。
なお、ViberはiPhoneだけでなく、Androidなど他のスマートフォンでもインストールして使えます。
認証用の電話番号に050Plusも使えるので、私はソフトバンクのiPhoneと、アンドロイド用に050Plusで認証したものを使っています。

インストールと認証

Continueをタップ
インストールして立ち上げると、このような画面になります。
Viberは、無料で通話ができ、SkypeのようにIDの登録や、友達にIDを聞き出す必要がない。などのメリットが記載されています。
このまま、「Continue」をタップします。

連絡帳を参照していいか?
iPhoneの連絡帳にViberがアクセスしていいか、聞いてきます。
連絡帳データから、すでにViberをインストールして使っている人をピックアップしてくれるためです。
「OK」をタップします。

携帯の電話番号を入力
自分の携帯電話の番号を入力します。

SMSを送ってもいいか?Approveをタップ
登録した電話番号にSMSを送っていいかどうか聞いてくるので「Approve(承認する)」をタップします。

4桁のコードが書かれたメールが届きます
このような4桁の認証コードが記述されたSMS(メール)が届きます。

4桁のコードを入力
SMSに記述されていた4桁のコードを入力します。

Viberの認証が完了Viberをインストールしている人のリストが表示される
コードが正しいと、このようにViberが起動します。
すでにViberをインストールしている人のリストが表示されます。

各種ボタンの使い方
Viberの基本画面の紹介です。
Viberは、単に無料電話が出来るだけでなく、LINEやiPhoneのメッセージのように、テキストメッセージを送信できる機能もあります。
その他、使用方法はiPhoneの電話とほとんど同じ。

Free Callをタップすると電話できる
Viberで無料通側出来るのは、相手もViberをインストールしている場合。
連絡帳では、iPhoneに登録しているすべての連絡先を見ることができますが、相手がViberをインストールしていない場合は、普通の携帯電話から通話します。

電話の画面は普通の携帯電話と変わらず
通話中の画面。
iPhoneの携帯電話の画面とそれほど変わりないですね。
スピーカーフォンも使えるし、通話したままネットを検索したり、天気予報やメールのチェックも出来ます。

起動しなくても使える?

Viberを終了させて
無料電話アプリは、SkypeやLINE、050Plusなどがありますが、これら無料電話アプリの最大の弱点は、アプリを起動していないと着信ができないこと。
アプリを起動したままでもいいのですが、Skypeなんかはバッテリーの減りが気になるし・・・。
参照: Skypeを起動した場合のバッテリー

ところが、Viberは起動してない状態でも、着信があると自動的に起動してくれるんです。
ほんとにそんなことが可能か、実験してみました。
ホームボタンを2回素早く押して、一番下に表示させる最近起動したアプリ一覧の中から、Viberを長押して、アイコンがプルプル震えだしたら、タップすると強制終了することが出きます。
この状態で、AndroidのViberからiPhoneのViberに電話をかけてみました。

Androidからかけてみた
Androidの方からViberにかけてみます。

iPhoneが使用状態の場合

スリープ状態じゃないと通知センターに控えめに表示
iPhoneを使用中にViberから電話がかかってくると、ワンコールだけ鳴って、画面の一番上に通知されました。
ワンコールしかなっていませんが、相手には呼び出し音が鳴り続けます。

通知センターを引き出す
通知センターを引き出して、Viberの部分をタップすると・・・

Answerをタップするとでれる
このような着信画面になるので、「Answer」をタップすると、出ることができます。

スリープ状態だと

スリープ状態だと
スリープ状態だと、メッセージのように画面が点灯して、通知されます。
スリープ状態の場合は、呼び出し音は相手が切らないか、こちらが出るまで鳴り続けます。
Viberのアイコンを右にスライドすると、電話にでることができます。

まとめ

Viberは、

  • 知名度が低いので、あまり使っている人がいない
  • 無料通話が出来るのは相手もViberをインストールしている人だけ
  • 日本語化されていないので、とっつきにくい

という弱点もありますが、起動していなくても(もしくは起動し忘れていても)着信や、メッセージを受け取る事が出来る唯一の(有名なアプリの中では)無料電話アプリです。
知名度が低く、あまりインストールしている人がいないのが弱点ですが、もし友達にスマートフォンユーザーがいれば、ぜひすすめて無料電話をいつでも出来るようにしてみてはいかがでしょうか?
Androidにも対応しているので、いつでも電話やメッセージを送ることができますよ。

音質は、3G回線ではいいほうだ。と言われています。
お互いがWi-Fiだと、SkypeやFacetimeの方がグッと音質がいいんですけれど、安定して通話ができるViberは、意外と他の無料電話アプリより使い勝手はありそうです。

関連ページ

 

【 takaharu 】 2012/11/13 16:27

電話番号を入録し送信したのですが確認コードが届きませんが数回送ると使えなくなりますか

 

【 管理人 】 2012/11/13 18:40

どうもiPhone5では現在、LINEやViber用の認証SMSが受信できないようです。
なので、音声通話で認証コードを聞いて入力してみてください。
日本語はありませんが、簡単な英語なんで聞き取れるはずです。

 

カテゴリー

同じカテゴリーの記事

にほんブログ村 携帯ブログ iPhoneへ 2012/04/18 22:19 | このページのトップへ | コメントを書く | 管理