携帯電話の通話料を安くするアプリ 050 plus

携帯電話の通話料を無料・安くするアプリが登場しました。その名も050Plus。IP電話を利用したアプリで、ホワイトプランの半分以下の通話料でかけることが出来ます。

携帯電話の通話料を安くするアプリ 050 plus

 

Last update 2015-10-14 07:28

 

050 plusお奨め度:★★★★☆
料金:無料

Sponsored Link

 

携帯電話への通話料が1分、16.8円
固定電話への通話料は、3分、8.4円という、ホワイトプランの半分以下の通話料で電話をかけることが出来るアプリが登場しました。

携帯電話の通話料との比較

SoftBankがホワイトプラン(ソフトバンク同士の音声通話が21~1時を除いて無料)を開始してから、auもdocomoも、スマートフォンの音声通話の料金が30秒21円に固定化されました。
最新のLTE回線での契約の場合、以前のように無料通話分がある音声通話プランは、選択できなくなりました。
そのため、頻繁に他社や固定電話に電話をする人は、実質電話料金が値上げされました。

そこで、通話料が約半額の050PlusやSMARTalkと言ったIP電話サービスが盛んになってきました。
今回紹介する050Plusは、CMでも有名な電話番号がもらえ、なおかつ電話台が約半額の確約電話アプリになります。
インストールして、契約する必要がありますが、普通の携帯電話のように話すことが出来ます。

似たようなサービスとして、SkypeプリベイドやSMARTalkがありますが、知名度はこちらのほうが抜群。
また、下4桁の番号も選ぶことができるので、普段、よく電話する人にはお勧めです。
ちなみに050Plus同士だと、24時間電話代はかかりません。
最近、私の上司も050Plusをインストールして使っているので、私も必然的に050Plusを使うことが多くなったんですけれど、意外と使い心地はいいです。
多少、遅延が気になりますが、大事な仕事の連絡として使ってもじゅうぶんなぐらいのレベルでした。
IP電話は、1つの電話番号を複数のスマートフォンで使うことができるので、2台以上スマートフォンを持っていたり、iPadやiPod Touchでも使えるので、メインのスマホの電池が少なくなってきた時も、別のスマホで使うことができるので、電池切れの心配が少なくなるのもメリットです。

Skypeとの比較

Skypeは、PC間のメッセンジャー同士で無料で音声通話が出来ることで人気を博しましたが、iPhoneやスマートフォンにインストールすることで、スマートフォン間で無料通話が出来るようになりました。
また、Skypeから電話をかけることも出来て、携帯電話には1分約20円+接続料約5円/回と、やっぱりホワイトプランの約半分の通話料で電話をかけることが出来ます。

Skypeの弱点

ただ、Skypeも弱点があって、

  • Skypeを立ち上げていると、バッテリーの消費が激しい
  • 電話番号をもらうには、3ヶ月1500円必要
  • 相手には非通知としてかかる

となってしまいます。
せっかく通話料が安くても、相手には非通知としてかかると、無視されてしまうことが多いんですよね。
また、番号をもらわないと相手からはかけてもらえないのも弱点です。
また、Skypeを立ち上げっぱなしにすると、バッテリーが結構速く消費してしまって、使い終えるたびに終了させなくてはなりません。
参照:Skype番号と050Plus 通話料が安いのは?

050 plusのメリット

Skypeに対向するアプリも色々登場しました。
たとえば、Viberfringなど。
でも、これらのアプリのサービスは、相手に通じなかったり、途中で切れてしまったり、また、Skypeと同じ相手には非通知としてかかってしまうなど、Skypeを超えることはありませんでした。

ちゃんと番号が表示されたところがこの050 plusは、IP電話を使用するため、契約すれば電話番号をもらえますし、相手にもちゃんと電話番号が表示されます。
(050ではじまる番号になります)
もちろん、相手からもかけることが出来ます。
左の画像は、iPhoneにインストールした050 plusからかけたところ。
※ ただし受けるには050 plusを立ち上げておく必要があります

また、050 plus同士での通話は、24時間無料ですし、050ではじまるIP電話にも無料でかけることが出来ます。
※ 無料でかけることが出来るIP電話は、こちらを参考に。

さらに、ドコモやauにも、1分16.8円で、固定電話には3分8.4円でかけることが出来ます。
これはホワイトプランの半分以下の料金です。

さらにいえば、050 plusは、日本のアプリなので完全日本語。
サービスも日本風できめ細かいところもポイント。

050 plusのデメリット

次に050 plusの弱点も乗せておきましょう。
050 plusの弱点は、クレジットカードが必要なことと、毎月315円がかかってしまうこと。
アプリ自体は無料ですが、使うにはNTTコミュニケーションズと契約し、クレジットカード払いで月々315円が必要です。
これは、42円で割ると7.5なので、1ヶ月に7.5分以上電話をかける人にとっては、お得になるということになります。
※ 実際には10分程、通話する場合でお得になってくるでしょう

もう一つは、050 plusを立ち上げておかないと受信が出来ないこと。
この点はSkypeと変わりないのですが、気持ちSkypeに比べバッテリーの消費が少ないので、普段から立ち上げておいてもかまわないかも。

最近登場したSMARTalkは、これらの2つのデメリットを解決していて、基本使用料0円。アプリを起動してなくても着信が可能。さらに、転送電話を指定できる。というすげーメリットが有ります。が、SMARTalkは、着信にすごく時間がかかる(ヘタしたら着信になる前に留守番に転送されたりする)のと、遅延がひどい、といった使いにくさもあります。
参照:SMARTalkと050Plus、Skypeの比較

音質は?

音質を比較してみました。ビデオカメラのマイクとiPhoneのヘッドフォン端子にケーブルをつなぎ、携帯電話同士の音声と、050Plusから携帯電話に電話した場合の音声を比較してみました。
音質はほとんど携帯電話の音質と変わりないです。ただ、若干遅延があります。
お互いが早口でしゃべると、国際電話のようにちょっと遅れて聞こえるので、話しにくい場合があります。
これは050Plusに限らず、LINEやSkypeでも起こる現象で、通話料が安い反面、こうしたことに我慢できるか、が決め手となりそうです。

インストール

評価も高く、無料インストールと使い方ですが、App Storで入手できます。
意外と評価も高いので期待できますね!

はじめて立ち上げたところインストールが終了し、起動させると左のような画面になります。

使用するには申込が必要です下にスクロールすると、申込画面へのボタンがあるのでタップします。

ちょっとした説明が表示されます050 plusのメリットが漫画と共に表示されます。
下にスクロールしていきます。

050から始まる電話番号がもらえる申込にはクレジットカードが必要です。
また、電話番号がもらえるんですけれど、下4桁を好きな番号にすることが出来ます。
ただし、当然の事ながらいい番号はすでに取得されてしまっていますが・・・・

同意するをタップ利用契約許諾書が表示されるので、同意する。をタップ。

あらかじめ用意されていた番号か、指定した番号を取得できる電話番号は、下4桁を自分で選ぶか、すでに用意された番号を選択するか決めることが出来ます。
当然自分で決めたいので、自分で選ぶことにします。

下4桁を入力して使えるか検索好きな4桁の数字を決めます。
ただし、すでにその番号が取得されていないか検索する必要があります。
私は今のiPhoneの番号と同じものにして検索してみると、取得されていませんでした。

名前、住所を入力番号が決まったら、名前、住所を入力します。

設定用のパスワード、クレジットカード情報を入力クレジットカード情報を入力します。

セキュリティコードを入力し、内容確認へをタップ友達からの紹介であれば、ここに友達用の紹介コードを入力します。

202BHE62

と入力すると、毎月抽選で100名に500円分のQUOカードが送られてきます。
キャンペーン期間中でないと、当たらないのですが、意外とキャンペーンは頻繁に行われています。

入力内容を確認をタップします。

500円分のQUOカードが送られてくる毎月100名というと、意外と少ないんじゃないか、と思うかもしれませんが、実際には050Plusに申し込む人って、すごく少ないらしくて、かなりの高確率でQUOカードが送られてきます。(笑)
まぁ、月々350円でもこの500円でチャラになる可能性もあるので、お試しで始めてもいいかも。

お申し込み確認コールへ進むをタップ入力内容が正しければ、「お申し込み確認コールへ進む」をタップします。

好きな4桁の暗証番号を入力確認用の電話がかかってきます。
そのときに入力する4桁の暗証番号を決めます。
好きな4桁でかまいません。

しばらくすると電話がかかってきます

応答をタップ しばらくすると、NTTコミュニケーションズから電話がかかってきます(自動音声です)。
テンキーを表示させ、先ほど決めたすきな4桁の暗証番号をタップします。

設定が完了しましたこれで完了です!
すぐにでも使えるようになります。

キーパットをタップすると、すぐに使えます電話をかけるにはこんな感じ。
もちろん、iPhoneの電話帳も使えます。

会社にかけてみましたかけている最中はこんな感じ。
普通の電話とかわりありません。

切ったあと、どれくらいお得だったかの目安が表示されます電話を切ると、ホワイトプランやダブルホワイトと比べていくらお得だったか。が表示されます。
050 plusでは3分8.4円の設定みたいで、3分未満だとちょっと損をします。

オリジナルの電話帳もついていて使いやすい050 plusは電話帳機能がありますが、iPhoneの電話帳がすでに繁栄されています。
グループ分けにもなっていて、意外と使いやすい。

会社の電話からかけてみました逆に050 plusに着信があると、こんな感じで着信します。

応答をタップすると、でることが出来ますスリープモードでかかってくると、ごらんのような画面になります。

設定をタップすると、月ごとのかけた回数などが表示されます

ホワイトプランの半額以下でかけることが出来ます
1ヶ月間の通話料金やお得になった額が表示されます。
こうしたサービスは日本ならではですね。

相手がドコモやauが多い人には、まさにうってつけのサービスではないでしょうか?
私は相手がソフトバンクが多いので、微妙なんですけれど、仕事でドコモやauにかけることがあるので、すぐに申し込んでしまいました。

参考ページ

最終更新日 2015-10-14 07:28

 

Sponsord Link

 

 

投稿日: | このページのトップへ | コメントを書く | 管理