Skypeのバッテリー

iPhoneにSkypeをインストールすると、ほんと電話感覚で無料通話ができてしまいます(相手もSkypeの場合)。AUもSkype au を発表するなど、実用性が増してきましたが、バッテリーの消費は

 
 

Home  About this site  BBS  Mail  Link

 
 

Skypeのバッテリー

Last update 2010/11/15 19:51

 

 

76パーセントでスタートSkypeとiPhoneの組み合わせは、携帯電話の世界に革命を起こすかもしれません。それぐらいすごい衝撃がありました。
というのも、実際に使ってみればわかるんですけれど、ほとんど電話をかけるのと変わらない感覚。
MSMメールの代わりにチャットもできちゃうし、チャットも通話もスリープ状態でもリアルタイムに受信するし。
相手はiPhoneや他のスマートフォンにSkypeをインストールしている人や、パソコンにSkypeをインストールした人であれば、無料で通話ができちゃいます。
パケット代はかかりますが、たいていパケット定額に入っているでしょうから、実質な料金は無料。

それだけじゃなくて、普通の固定電話や携帯電話にもSkypeからかけることができます。
こちらは料金がかかってしまう(クレジットカードの登録が必要)ものの、実は通話料金自体がすごく安い。

と、まさに言う事なしのアプリなんですけれど、以下の弱点があります。

Skypeの弱点

アプリを起動していないといけない

iPhoneにしろPCにしろ、スカイプを起動していないと着信する事が出来ません。
iPhoneは、マルチタスキングに対応しているので、一度起動しておけばあとは強制的に終了しない限り、立ち上がりっぱなしなんですけれど、パソコンの場合はパソコン自体を起動していないと、着信ができないのが弱手ですね。
あと、iPhoneと違って常に身近に置いておける存在でもないので、相手はデスクワークの仕事でパソコンの前に常にいる。というような相手じゃないと、かけにくいですよね。

バッテリーを消費する

今回の本題。
iPhoneにSkypeをインストールして、立ち上げたのはいいものの、バッテリーの消費が激しかったら立ち上げ続けるのは難しい。
そこで今回は、Skypeを立ち上げていた場合、どれくらいバッテリーを消費するのか確認してみました。
条件は以下。

スカイプのバッテリー消費は?

Wi-Fiでスリープ状態の待ち受け

86パーセントで開始Wi-Fi(無線LAN)の電波圏内で、Skypeを立ち上げスリープ状態にしたままのバッテリー消費は、どれくらいでしょう。
21時37分に開始。
バッテリーの残りは86%でした。

84パーセント23時34分に、84%になりました。
だいたい2時間ほどで2%減りましたね。
1時間当たり1%の消費でしょうか。

77パーセントにさらに4時4分には、77%まで減少していました。
だいたい6時間半で9%ほど減ったことになりました。
1時間当たり1.4%ほど減る計算です。
100%フルに充電し、Wi-Fiの下で待ち受けした場合、71時間ほどもつことになります。

Wi-Fiで通話し続けた場合

76パーセントでスタート続いて、Wi-Fi電波圏内で、Skypeを立ち上げ、パソコンのSkypeと通話し続けました。

iPhoneのSkypeから通話をかける場合、電話をかける場合と同じで左のような画面になります。
ミュート」や「保留」、「スピーカー」、「ダイアル」も使えます。

終了をタップすると通話を終了することができます。

4時21分に開始し、バッテリーの残量は76%でした。

74パーセントまで低下Skypeで通話する場合は、電話をかけたときと同じでスリープ状態にしたまま通話が可能です。
スリープ状態にしてSkypeでの通話中は、ホームボタンを押すと左のような画面になり、画面上側にSkypeで通話中であることを示す、赤い帯が表示されます。

通話を終了する場合は、ロックを解除して終了をタップします。

上の赤い帯をタップするとSkkypeの画面に4時35分には、73%に減っていました。
通話中にホームポジションにすると、左のような画面になり、やはり画面上部に赤い帯が表示されます。
また、この状態で赤いオブをタップすると、Skypeの画面が表示されます。

71%まで減少4時47分には、71%まで減りました。
4時21分 → 4時47分
76% → 71%

26分で5%消費した計算になります。
1時間で約11.5%消費することになりますね。
フルに充電した場合、約9時間ほど通話できることになります。

iPhoneバッテリーの通話時間はどれくらい?

前回、iPhoneの電話でのバッテリーの消費を実験したときは、1時間に15%ほど消費したので、もしかしたら電話で話すよりSkypeで通話した方がバッテリーはもつかもしれませんね。

3G回線でスリープ状態の待ち受け

3G回線でのスタート続いてもっと実践的なデータ、3G回線でSkypeを立ち上げ、スリープ状態にした状態でどれくらいバッテリーが消費されるか実験してみました。

14時22分で、66%でした。

54%まで低下19時46分には、54%にまで低下しました。
5時間24分で、12%低下したことになります。
1時間に2.2%ほど減っていく計算になりますね。
Wi-Fiだと、1.4%減っていく計算だったのですが、やはり3G回線だとバッテリーの消費は激しいみたいですね。

まとめ

Skypeを使用した場合や、ネットサーフィンなどをした場合、通話をした場合などのバッテリーの消費と、使用可能時間をまとめると、以下のような感じになりました。

条件 1時間当たりの消費量 フルに充電した状態から
何時間使えるか
Wi-Fiの場合
Skypeで通話 11.5% 9時間
音楽をかけながら
ネットサーフィン
10% 10時間
Skypeでスリープで待ち受け 1.4% 71時間
3G回線の場合
ネットサーフィン 20% 5時間
電話での通話 15% 6時間40分
音楽をかけっぱなしで
スリープ状態にさせた
(スピーカー使用)
5% 20時間
Skypeでスリープで待ち受け 2.2% 45時間20分
スリープ状態での待ち受け 1.7% 50時間

関連ページ

 

カテゴリー

同じカテゴリーの記事

Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 にほんブログ村 携帯ブログ iPhoneへ 2010/08/21 20:03 | このページのトップへ | コメントを書く | 管理