有料アプリの勝手に・知らないうちに課金されるを防ぐ

iPhoneなどのスマホで勝手に課金されていた。とか知らないうちに課金されていたという相談が多いので、確認方法や解約方法、課金しない方法を紹介します。

home HOME about About this site Mail Mail

有料アプリの勝手に・知らないうちに課金されるを防ぐ

Last update 2019-03-07 16:15:48

twitter Facebook はてブ LINE pocet

 

ツイッターやSNSで、iPhoneの有料アプリが勝手に課金されていた。とか知らないうちに課金されていたと言う日という発言や相談が多いので、原因や対策を紹介したいと思います。

Sponsored Link

 

目次

勝手に課金されることはありえない?

基本的にiPhoneでもアンドロイドの有料アプリでも、勝手に課金されることは仕組み上ありません。

有料・課金アプリの種類

有料アプリには、

アプリ自体が有料1.ダウンロード時にお金がかかるもの。つまりアプリ自体に料金がかかり、一度支払うとあとは無料で使えるもの。

アイテムの購入2.アプリ内でなにかアイテムなどを購入するときにだけ支払が発生するもの(ポケモンGoのアイテム購入用の「ポケコイン」の購入や、LINEのスタンプ購入用のコインの購入など)。

LINEミュージックの場合3.そして継続して使用するには毎月料金がかかるものの3つに別れます。
このうち勝手に課金されていると勘違いしてしまうのが、3番目の継続して使用するには料金が発生するアプリ内課金のものです。

無料期間に注意!

継続して使用するには料金が発生するアプリは、たいてい、無料試用期間があります。が、実はこの無料期間内に解約しないと、仕組み上自動的に有料プランに移行してしまうのです。

課金アプリ実際に無料試用期間がある有料アプリで確認してみます。
このアプリは、アプリ自体は無料です。

無料期間と課金についての注意ところがアプリをインストールすると、このような注意書きが表示されました。
「7日間無料でお試し」出来るものの、「無料期間終了後は、自動的に有料のウィークリープランに更新されます」と書かれています。
また、解約するには「現在の有料期間が終了する24時間前までに自動更新機能が解除されない限り自動的に更新されます」となっています。

LINEミュージック独自の警告LINE Muisicの場合は、このような警告が表示されました。

継続時に確認が必要

課金の認証また、このような無料期間終了後に有料プランに移行するアプリでは、ダウンロード時にこのように「価格」のところに「無料試用期間」と「有料プランの料金」が必ず記載されているので、アプリをインストールする場合は必ずここをチェックしてください。

完了このまま顔認証(もしくは指紋認証)を行うと、購入が完了してしまいます。

購入手続きが完了しました必ずこのように「購入手続きが完了しました」と表示されるので、「勝手に課金」されることはありません。

課金されているか確認するには

現在、継続して使用する有料コンテンツを契約しているか確認するには以下。

iTunes StoreとApp Store設定 設定を開き、「iTunes StoreとApp Store」をタップします。

Apple IDをタップ「Apple ID」の部分をタップします。

Apple IDを表示をタップ「Apple IDを表示」をタップします。

登録をタップ下にスクロールしていき、「登録」をタップします。
*「登録」が無い場合は、課金しているアプリはありません

解約したいアプリをタップ課金し続けているアプリがある場合、「有効」の部分にアプリが表示されています。

購入履歴を確認する

購入履歴「登録」の下にある「購入履歴」をタップすると・・・

購入履歴が表示されたこのように履歴が表示されます。
なお、無料のアプリもここには表示されて、その場合は「0円」になっています。

メールが届く

メールで届くまた、料金が発生すると毎月(もしくは毎週)、このようなAppleから明細が届きます。

課金を解約するには

登録をタップ先程の登録をタップし、

解約したいアプリをタップ解約したいアプリをタップします。

登録をキャンセルするをタップ「登録をキャンセルする」をタップします。

キャンセルの確認解約しても無料期間中は使用することが出来る旨が書かれています。
「確認」をタップします。

解約済み解約しても指定された期限が来るまでは、「有効」に表示されたままです。

期限が過ぎたアプリのリスト使用期限がすぎると、このように「有効期間終了」の方に移動します。

課金できないようにするには

課金しないようにするには以下のようにします。

スクリーンタイムをタップ設定 設定を開き、「スクリーンタイム」をタップします。

スクリーンタイム 続ける一度もスクリーンタイムを使用していない場合は、このような画面になります。「続ける」をタップします。

これは自分のiPhoneです「これは自分用のiPhoneです」をタップします。

スクリーンタイムをオンにする「スクリーンタイムをオンにする」をタップします。

コンテンツとプライバシーの制限をタップ「コンテンツとプライバシーの制限」をタップします。

パスコードを入力「スクリーンタイム・パスコード」を設定している場合は、パスコードを入力します。
* ロック解除用のパスコードとは違います

コンテンツとプライバシーの制限をオンにする「コンテンツとプライバシーの制限」をオン(黄緑色)にします。

iTunesおよびApp Storeでの購入をタップ「iTunesおよびApp Storeでの購入」をタップします。

App内課金をタップ「App内課金」をタップします。

許可しないにチェック「許可しない」にチェックを入れます。

本当に課金できないかチェックする

課金不可App内課金を許可しない設定にしていると、このように継続して料金がかかるようなアプリの場合は警告が出て契約できなくなります。

YouTube Premiumの場合YouTube Premiumの場合はこのように警告が表示されます。

注意!課金できる場合もある!

期限が過ぎた課金の場合ただし、App内課金を禁止していても過去に一度でも継続使用したことがあるアプリは・・・

課金されてしまったこのように課金できてしまいました。
なので一度でも無料期間もしくは有料で使用したことのアプリの場合は注意してください。

課金の拒否ができなかったこのように「App内課金を禁止」にしても課金できてしまいました・・・。

支払い方法をなしにする

また、「支払い方法」を「なし」にすることで、課金できなくすることも出来ます。
詳しい設定は、有料アプリのインストールとクレジットカードの登録は?を参考にしてください。

関連ページ

最終更新日 2019-03-07 16:15:48

 

twitter Facebook はてブ LINE pocet

Sponsord Link

 

投稿日:2019-03-07 | このページのトップへ | コメントを書く | 管理

カテゴリー

同じカテゴリーの記事