iPhoneの有料アプリを解約する方法

iPhoneの有料アプリを解約したり退会する方法を紹介します。アプリ内課金の中には、自動的に更新して料金が自動的に支払われる物があります。

iPhoneの有料アプリを解約する方法

 

Last update 2017-01-27 10:20:28

twitter Facebook はてブ LINE pocet

 

iPhoneの有料アプリには、「アプリ自体が有料」のものと、「アプリは無料でアプリ内の一部の機能を使いたい場合は有料」になる2つのパターンが有ります。
後者の方はさらに、「1回の支払いで永久に使用できる」ものと、「継続して使用するには毎月(もしくは1年間単位)で料金を支払わないといけない」ものとの2つがあります。
この毎月、もしくは毎年料金を支払うタイプの有料アプリは、自動的にクレジットカードから引き落とされるので、今回はこうした継続的に支払う必要がある有料アプリの解約(もしくは退会)方法を紹介します。
ちなみに「1回の支払いで永久に使用できる」タイプは、iPhoneを買い替えても、アプリを削除(アンインストール)しても、無料で再インストールし、使用することができます。

Sponsored Link

 

目次

有料コンテンツを解約するには

設定をタップまずは、「設定 設定」を開きます。

iTunesアンドApp Storeをタップ下にスクロールしていくと、「iTunes & App Store」があるので、ここをタップします。

Apple IDをタップ「Apple ID:xxxxxxxxxxx@xxxxx」という項目があるので、ここをタップします。

Apple IDを表示 をタップ「Apple IDを表示」をタップします。

最新のiOSの場合

最新のiOSか古いiOSかでやり方が微妙に違います。iPhone5やiPhone4など古いiPhoneを使っていて、自宅などにWi-Fiがない場合は、古いiOSの場合に進んでください。

指紋認証かパスワード認証指紋認証もしくはパスワードを入力して進みます。

登録をタップ下へスクロールすると、「登録」という項目があるので、ここをタップします。

解約したいアプリをタップ有料契約を解約したいアプリをタップします。
なお、ここに表示されない有料アプリの場合は、ドコモやアプリを公開している会社が独自に採用している課金システムを使っている場合があります。
その場合はこちらを参考にしてください。

登録をキャンセするをタップ一番下にある「登録をキャンセする」をタップします。
なお、たいてい、登録をキャンセルしても有効期限まで使用できます。

解約できた解約できました。
再び有料サービスを利用する場合は、ここから新たに申し込むことが出来ます。

iOS9以前のiPhoneの場合

古いiOSの場合は、以下のようにして解約します。

iTunes StoreにサインインiTunes Storeにサインインするためにパスワードを入力します。
なお、指紋認証をオンにしていてもここではパスワードを入力する必要があります。

管理をタップアカウントが表示されるので、「管理」をタップします。

有効をタップすると、現在有料アプリと契約しているアプリや、過去において有料購読をしていたアプリのリストが表示されます。
「有効」と書かれているものは、現在自動的に料金が支払われているもの。
「有効期限終了」は、過去、契約していたものになります。
なお、解約しても、契約期限が来るまで「有効」のままになります。
解約したい場合は、この「有効」をタップします。

自動更新をオフにする有効期限が表示されます。この有効期間内であれば、解約しても使用することができます。
下の「自動更新」の部分をタップして、青からグレーに変更させます。
なお、たいていの有料アプリは一ヶ月ごとの更新より、1年間ごとの更新のほうが安いので、ここで1年間ごとの更新に変更することもできます。

オフにするをタップ警告が出るので「オフにする」をタップします。

終了をタップこれで解約出来ました。右上の「終了」をタップして閉じます。

Apple MusicやiTunes Matchの解約

iTunes Matchの解約Apple MusiciTuens Matchを解約する場合も、この方法で解約できます。

設定 設定 → 「iTunes & App Store」
 → 「Apple IDをタップ」 → 指紋認証
 → 「登録」 → 「iTunes Match」もしくは「Apple Musci」をタップ

解約できるものとできないもの

注意しなければならないのは、このiPhoneの設定上で解約できるのは、「アプリ内課金」だけです。

今回の方法で解約/退会できるもの

今回の方法で解約、退会できるものは、そのアプリ内で有料契約する「アプリ内課金」と呼ばれるものだけです。

アプリ内課金を購入するときアプリ内課金とは、このようにアプリ上で「購読の確認」が表示されたり・・・

同意するをタップサービスの申し込みに同意するというような警告が出るものだけです。

「設定」から解約できないもの

UULAやdビデオそれに対して「UULA」や「dビデオ」など、ドコモやau、ソフトバンクが独自に提供している会員登録をしないと利用できないコンテンツは、今紹介した方法では解約することができません。

dキッズを解約する場合これらのコンテンツを解約するには、ドコモやau、ソフトバンクの「マイページ」へログインして解約する必要があります。

ドコモのオリジナルコンテンツ逆にこれらのコンテンツやサービスに申し込むには、アプリ上ではなく、「 Safari ブラウザ Safari」やパソコン、ドコモショップなどから申し込まないといけません。
このようなアプリ上で契約できないコンテンツやサービスは、今回の方法では解除できないので注意してください。
これらのコンテンツの解除方法は、ドコモのオプションの解約やパケットプランの変更を参考にしてください。

関連ページ

最終更新日 2017-01-27 10:20:28

 

twitter Facebook はてブ LINE pocet

Sponsord Link

 

【 みなっぺ 】 2015/03/05 12:49

ずっとお金とられていて、モヤモヤしていました。
アップルストアで相談したら料金かかるし、いや~すっきりしました!

 

【 管理人 】 2016/03/27 13:49:41

>みなっぺさん
こちらこそ、お役に立てて嬉しいです。

 

【 【みかれ】 】 2017/01/13 21:02:44

とっても役に立ちました!ありがとうございました!

 

 

投稿日:2015-02-05 | このページのトップへ | コメントを書く | 管理