iPhoneで有料アプリや課金の支払い方法を設定するには

iPhoneで有料アプリやアプリ内課金、曲の購入、LINEのスタンプの購入に使用する支払い方法の設定方法を紹介します。クレジットカードがなくても有料アプリは購入できるんです。

home HOME about About this site Mail Mail

iPhoneで有料アプリや課金の支払い方法を設定するには

Last update 2018-07-20 21:47:39

twitter Facebook はてブ LINE pocet

 

iPhoneで有料アプリやLINEのスタンプ、曲などを購入するにはあらかじめ支払い方法を設定しておく必要があります。
支払い方法はクレジットカードが一般的ですが、携帯電話の料金に合算したり、コンビニで販売されているプリペイドカードを使ったチャージにも対応しているので、クレカがない人でも有料アプリを購入することができます。

Sponsored Link

 

目次

支払い方法の選択

支払い方法を変更する

最も一般的なのが「クレジットカード」による支払い。なお、クレジットカードだけでなく、デビットカード(支払うと銀行の口座から引き落とす仕組み)も登録できます。
クレジットカードが持てない人は、デビットカードかあとで紹介するiTunesカード(ギフトカード)を使う場合でも有料アプリを購入できます。

Apple IDをタップ設定 設定を開いたら、一番上の自分の名前が表示されている部分をタップします。

iPhoneにサインインをタップ* 名前が表示されていない場合は、ここをタップしてApple IDとパスワードを入力してサインインしてください。
参照:iCloudを開始しよう!Apple IDの作成

支払先と配送先「支払いと配送先」をタップします。

パスコードを入力iPhoneのパスコードを入力します。
このパスコードは、iPhoneの指紋認証がうまくいかなかったときに入力するパスコードです。

お支払い方法をタップ「お支払い方法」にある現在の支払い方法をタップします。

支払方法を選択

支払い方法を以下から選択して進んでください。

クレジットカードの場合

クレジットカード、もしくはデビットカードの場合は以下。

クレジットカードを選択「クレジットカード/デビットカード」をタップします。

請求番号を入力①まずクレジットカードに申請している氏名を入力します(漢字)。

②続いてクレジットカードの番号を入力します。

③右上の「次へ」をタップします。

有効期限とCVVを入力①クレジットカードの有効期限日時を選択します。

②CVVには、クレジットカードの3桁のセキュリティーコードを入力します。(カードの裏側に記載されているもの)
ちなみに「CVV」とは「Card Verification Value(カード検証値)」の略です。

③「請求先」には、郵便番号、住所、

電話番号を入力そしてクレジットカード会社に登録している電話番号を入力してください。

入力が完了したら右上の「完了」をタップします。

クレジットカードが登録されたクレジットカードの登録が完了しました。

携帯電話の料金に合算する場合

キャリア決済を選択もし、有料アプリなどの料金を携帯電話と合わせて支払いたい場合は、①「キャリア決済」をタップして、②「次へ」をタップします。

なお、キャリア決済は今のところ、ドコモ、au、ソフトバンク、Y!モバイル、UQモバイルのみの対応となっています。
格安SIMは今のところまだ使えないので注意。

携帯電話番号を入力①氏名を入力し、
②携帯電話の電話番号を入力します。

③「次へ」をタップします。

確認コードの入力欄確認コードを送信したという画面になります。

コードをメモ4桁のコードがSMSで届きます。

確認コードを入力届いたコードを①に入力し、②の次へをタップします。

キャリア決済に変更したこれでキャリア決済(携帯電話の料金に合算して支払うこと)が完了しました。

キャリア決済の明細なお、携帯電話で有料アプリなどを購入すると、このように「iTunes等」と表示されます(ソフトバンクの場合)。

iTunesカード(ギフトカード)を使う場合

コンビニで売られているカードクレジットカードを持っていない(もしくは登録したくない)人や、格安SIMを使っていてキャリア決済ができない場合は、コンビニで販売されている「ギフトカード」を使って、iTunesストアにお金をチャージして使うこともできます。

なお、クレジットカードなどの支払いを選択した場合でも、チャージ済みの金額が残っている場合は優先的にチャージしたお金が使用されます。

チャージ金額チャージ金額はカードの右上に記載されている金額です。
1,500~10,000というような記載のカードは、好きな金額を指定することができます。
コンビニのレジで金額を伝えれば、その金額をチャージできるカードになります。

銀色のシールを剥がすギフトカードの裏側には銀色のテープが貼られているので、ここを剥がします。

剥がすすると数字と英字の文字列がでてきます。
*コンビニで支払わないとこの文字列は有効になりません。

App Store「App Store」というアプリを起動させます。

Todayのアイコン①「Today」にある右上の②アイコンをタップし、

ギフトカードまたはコードを使う「ギフトカードまたはコードを使う」をタップします。

カメラで読み取るをタップ「カメラで読み取る」をタップします。

カードをスキャンカメラが起動するので、先程はがしたあとに表示された文字列の部分をカメラのファインダーに重ねると、すぐさま文字が読み取られ・・・

コードの引き換えに成功しました「コードの引き換えに成功しました」と表示されれば完了です。お金がチャージされました。
右上の「完了」をタップします。

残高を確認するには

Apple IDに金額を追加「App Store」の一番下にある「Apple IDに金額を追加」をタップすると

残高が増えたこのように残高が表示されます。

優先的に使われる

先程も書いたように、チャージした金額はクレジットカードやキャリア決済を指定していても、優先的にチャージした金額が使われます。

有料アプリを購入試しに有料アプリを購入してみます。

支払いをタップ「支払い」をタップします。

残高が減ったすると残高が減っていました。

課金したくない場合

最後に勝手に課金されるのが怖い!という人のために、課金したくない、つまり支払い方法に「なし」を設定する方法を紹介します。

なしを選択「お支払い方法の種類」に「なし」を選択するだけです。
ただし、まれにこの「なし」が表示されていない場合があります。
これは継続して課金するようなアプリに契約している(例えば音楽聴き放題の「Apple Music」のような)可能性があります。
iCloudの容量を追加している場合は、この制限を受けないようです。

「なし」が選択できない場合は、iPhoneのお支払い方法に「なし」がない場合の解決策を参考にしてください。

関連ページ

最終更新日 2018-07-20 21:47:39

 

twitter Facebook はてブ LINE pocet

Sponsord Link

 

投稿日:2018-07-20 | このページのトップへ | コメントを書く | 管理

カテゴリー

同じカテゴリーの記事