iPhoneやスマホのブラウザの文字を大きくするには

iPhoneやアンドロイドといったスマホで、小さい文字で表示されているページのフォントを大きくする方法を紹介します。

home HOME about About this site Mail Mail

iPhoneやスマホのブラウザの文字を大きくするには

Last update 2017-05-19 23:38:42

twitter Facebook はてブ LINE pocet

 

数か月前ぐらいから急に老眼が始まり、スマホのように30~50センチの距離で文字を見るのが非常に困難になりました。
視力自体は1.5以上あるのですが、近距離へのピント合わせが困難になってきたという感じ。
そこで今回は、iPhoneなどのスマホのブラウザで文字・フォントを大きくする方法を紹介します。
高齢のご両親向けにスマホを購入した。なんて人も参考にしてください。

Sponsored Link

 

目次

なお、iPhoneのすべてのフォントを大きくするには、iPhoneのアイコンのサイズや文字の大きさを変更するを参考にしてください。

iPhoneの場合

実はiPhoneで標準にインストールされているSafari ブラウザ Safariでは、文字を大きくすることが出来ません。
が、アプリを使用したりブックマークレットを使って大きくする方法があります。

リーダーズモードで読みやすく

リーダーボタンをタップSafari ブラウザ Safariでサイトなどを見ていると、URLの左側に丸で囲った部分のようなボタンが有ることに気がついたことはないでしょうか。
これはリーダーズモードと言って、まだPCサイトが数多くあった頃にスマホ用に整えてくれるモードです。
ここをタップすると・・・

リーダーモードになったこのように最低限の画像と文字だけの表示になりました。

文字の大きさを変えるにはここをタップ続いてURLの右側にある AA をタップします。

文字の大小するとこのように「文字の大小」「背景とフォント色」「フォントの種類」が選択できるようになりました。
小さいAの方はフォントを小さく。大きいAの方はフォントを大きくしてくれます。

大きさの比較標準の状態(左側)と大きくした状態(右側)です。
これでずいぶん文字が読みやすくなりました。

広告がなくなり横スクロールも必要ない

リーダーズモードの利点は、広告が表示されなくなり、画面からはみ出すようなPCサイトのようなデザインのページでも横スクロールが必要なくなる点です。
今はPCサイトはあまりないのでそれほどのメリットはなくなりましたが・・・。

すべてのページ対応ではない

このリーダーズモードはすべてのページで使えるというわけではありません。先程のリーダーズモードにするボタン(URLの左側のボタン)が表示されないページには使えません。
まあ、ほとんどのページで使用できると思いますが。

背景とフォント色を変える

背景とフォントの色の変更このリーダーズモードでは、背景色とフォント色を変えて読みやすくすることも出来ます。
例えば布団の中でじっくりと読みたい場合は、灰色の背景と薄い灰色のフォント色を選択すると読みやすいでしょう。

フォントの種類の選択

また、フォントの種類も変えることが出来ます。変えたフォントは以後、リーダーズモードを呼び出すとそのフォントで表示されるようになります。
選べるフォントは「ヒラギノ角ゴシック RroN」と「ヒラギノ明朝 ProN」の2つ。

ヒラギノ角ゴ ProNこちらが「ヒラギノ角ゴ ProN」。

ヒラギノ明朝 ProNこちらは「ヒラギノ明朝 ProN」。
Windowsだと明朝体って読みにくくて敬遠される傾向がありますが、MacやiPhoneの明朝体は太くて読みやすいですね。

文字が大きいブラウザアプリ EyeFriendly

EyeFriendly上のリーダーズモードは、ページを開くたびにボタンをタップしないといけないという欠点があります。
EyeFriendlyというアプリを使えば、最初から文字を大きくして表示してくれます。

ボタンの使い方使い方は標準ブラウザのSafari ブラウザ Safariとほぼ変わりないのですが、画面下部に表示されるボタンの役割はこんな感じ。
左から「戻る」「進む」「更新」「ホームへ戻る」「設定」です。

ボタンがスケルトンページ閲覧中はボタン周辺が透けるようになっているようです。

ホーム画面ホーム画面は有名サイトが登録されているようです。

なお、あとで紹介する「ブックマークする」をタップするとここに登録されます。

文字の比較このEyeFriendlyでサイトにアクセスすると、このように文字が大きくなります。
大きさを調節することは出来ませんが、上で紹介したリーダーモードと違い、デフォルトで文字が大きいので、私のような老眼や近視、ご老人の方にはいいかも。

ブックマークする「設定」をタップするとこのようなメニューが表示されるので、「ブックマークする」をタップするとEyeFriendlyのホーム画面に登録されます。

コントラスト強調「コントラスト強調」をタップすると・・・

コントラストを上げたところこのようにメリハリがはっきりしたページになります。

見ているページのフォントを大きくする Font Size

Font Size有料ですが、Safari ブラウザ Safariで見ているページのフォントの大きさを自由に調節できるFont Size App Extensionというアプリもあります。

有料アプリ有料で120円です。

共有ボタンをタップ使い方はまず、Safari ブラウザ Safariで好きなページを表示させ、画面中央下の共有ボタン(丸で囲った部分)をタップします。

その他をタップ下の段を左にスワイプし、「その他」をタップします。

Font Sizeをオンにするすると一覧の中に「Font Size +」や「Font Size -」などの項目があるので、ここをオン(黄緑色)にします。

移動させるオンにしたら①の部分タップしたまま上にずらしていきます。
上から2~3番目あたりに移動します。

2つとも移動させたら、右上の「完了」をタップします。

共有ボタンをタップもう一度共有ボタンをタップします。

コントロールパネルに表示されたするとこのようにフォントを大きくするボタンが表示されるようになりました。
一回タップするごとに25%文字が大きくなります。

25%大きくしたところ左は標準の大きさ。
右がこのアプリで25%大きくしたところ。ずいぶん見やすくなりました。

ブックマークレットで文字を大きく

さいごに紹介するのは「ブックマークレット」という方法で文字を大きくする方法を考えてみました。
ちょっとめんどくさいですが、アプリも必要ないので試してください。

JavaScriptをコピーする

まずは、こちらのページを表示してください。

テキストエリアを長タップテキスト入力欄(画像のピンクの枠で囲まれている部分)に指をタッチし、タッチしたままにすると・・・

全選択をタップこのような吹き出しが表示されます。
このフキダシの中の「全選択」をタップしてください。

コピーをタップテキスト入ろく欄が選択(薄い青色になる)されるので、ここをもう一度タップします。
すると、今度はこのような吹き出しになるので、「コピー」をタップします。

ブックマークに登録

共有ボタンをタップ続いて、画面の下にある「共有ボタン」(画像の丸で囲まれている部分)をタップします。

ブックマークを追加をタップ画面の下から色々なボタンが表示されるので、「ブックマークを追加」をタップします。

保存をタップします「場所」が「ブックマーク」になっていることを確認し、右上の「保存」をタップします。

ブックマークレットを登録する

ブックマークのボタンをタップ今度は「ブックマーク」のボタンをタップします。

文字拡大「文字拡大」というブックマークが登録されていると思います。

編集をタップ右下にある「編集」をタップ。

文字拡大をタップ「文字拡大」をタップします。

バツじるしをタップURLの部分をタップすると、小さなバツじるしが表示されるので、ここをタップします。

すると、URLが消えました。

ペースト消えたURLの部分をタップし続けると、「ペースト」という吹き出しが表示されるので、ここをタップします。

ブックマークをタップして戻る左上の「ブックマーク」をタップします。

完了をタップ最後に右下の「完了」をタップします。

これで文字を大きくするブックマークレットの登録が完了しました。

文字を大きくしてみる

リンクをクリックでは、実際に大きく出来るか試してみましょう。
先ほどのページの「サンプル(文字が小さいページ)」の部分をタップします。

小さい文字のページこのように小さな文字のページが表示されました。
二本の指で広げようとしても大きくならないと思います。

ブックマークのボタンをタップブックマークのボタンをタップします。

文字拡大先ほど登録した、「文字拡大」をタップすると・・・・

文字が大きくなったこのようにフォントが一気に大きくなりました。

元の大きさに戻すには

更新をタップ元の大きさに戻すには、更新ボタンをタップします。

残念ながらこの方法は、新たにページを表示させたり、更新をタップすると元に戻ってしまいます。

アンドロイドの場合

アンドロイドの場合はもっと簡単。やり方は各メーカーで若干違うので、SONY Xperiaと、Samsung GALAXYの2つを紹介します。

XperiaやAQUOS PHONEの場合

Chromeの場合エクスペリアやAQUOS PHONEは、ブラウザアプリが「Chrome」になっていると思います。
以下はChromeの文字を大きくする方法。

右上のメニューをタップURLの右隣にある丸で囲った部分をタップします。

設定をタップするメニューが表示されるので「設定」をタップします。

ユーザー補助機能をタップ「ユーザー補助」をタップします。

テキストの拡大と縮小「テキストの拡大と縮小」が表示されます。
このスライダーを右に動かせば、フォントが大きくなります。(最大200%)

下の「強制的にズームを有効にする」は、ピッチアウト(2本の指で広げる)すると、ページの設定にかかわらず拡大させる機能。
ここはチェックしなくてもOK。

文字の比較100%の大きさと200%の大きさを比較したところ。
ずいぶん見やすくなりましたね。
アンドロイドの場合は、一度この設定にするとずっとこの設定のままフォントが大きくなります。

Galaxyの場合

Galaxy のブラウザGalaxy標準のブラウザはこの「ブラウザ」。
やり方はChromeとほぼ同じ。

左上のその他をタップURLの右側にある「その他」をタップします。

設定をタップ「設定」をタップします。

詳細設定をタップ「詳細設定」をタップします。

テキストサイズをタップ「テキストサイズ」をタップします。

テキストの表示倍率を動かすテキストの表示倍率のスライダーを右に動かせば、文字が大きくなります。

200%まで拡大できる200%まで拡大できます。

100%と200%の比較100%(左)と200%に拡大(右)した場合の比較です。

古いGALAXYの場合

Galaxy J以前の古いGalaxyの場合のやり方は以下。

メニューボタンをタップGalaxyでサイトの文字を大きくするには、まず、メニューボタンをタップします。

設定をタップ「設定」をタップ。

詳細設定をタップ「詳細設定」をタップします。

読みやすさ調整「読みやすさ調整」をタップします。

テキストの表示倍率「テキストの表示倍率」のスライダーを右に移動させると、フォントが大きくなります。
なお、「テキスト拡大」にチェックを入れてください。

「拡大/縮小設定を制御」は、サイトの設定でピッチイン・ピッチアウトによるページの拡大表示禁止であっても、強制的に拡大できるようにする機能です。

130%130%に拡大してみました。

100%の時ちなみに100%だとこんな感じ。

比較アンドロイドの拡大・縮小は、行間も適切に拡大してくれるようで、すごく見やすいですね。

ページの拡大

ピッチインやピッチアウトで拡大二本の指で広げるようにすると、ページ全体が拡大してしまい、文字がはみ出てしまいます。
今回紹介した方法は、画面の端に来たらきちんと改行するので、横にスクロールしなくても読むことが出来ます。

関連ページ

最終更新日 2017-05-19 23:38:42

 

twitter Facebook はてブ LINE pocet

Sponsord Link

 

投稿日:2016-02-25 | このページのトップへ | コメントを書く | 管理

カテゴリー

同じカテゴリーの記事