iPhoneで単語登録

iPhoneで単語を登録する方法。また、iOS6になってから登録ができなくなるバグがあるみたいです。設定のユーザ辞書で登録できるのですが

home HOME about About this site Mail Mail

iPhoneで単語登録

Last update 2017-03-17 00:55:19

twitter Facebook はてブ LINE pocet

 

iPhoneでなかなか変換できない漢字や独自の顔文字などを「ユーザ辞書」に登録する方法を紹介します。
なお、iCloudを利用すると、辞書を自動でネット上に保存できたり、iPadや新しくiPhoneを買い替えても、保存してあるユーザ辞書をすぐに使えるようになります。

Sponsored Link

 

ユーザ辞書

一般をタップiPhoneの漢字変換機能は、賢ければいいのですが、あまり賢くない場合があります・・・。
そこでなかなか変換できないような漢字や名前、顔文字などは登録しておくと、次回から一発で変換できるようになります。
特によく使用するメールアドレスを入力しておくと、すぐに呼び出せるので便利です。

漢字や顔文字の登録は、「設定」を開き「 設定 一般」をタップします。

キーボードをタップリストの中に「キーボード」があるのでタップして開きます。

ユーザ辞書をタップ下の方に「ユーザ辞書」という項目があるのでタップします。

右上のプラスをタップ今まで登録したユーザ辞書が表示されます。
新たに単語などを追加したい場合は、右上のプラスの部分をタップします。

よみと単語を入力登録したい漢字や顔文字を上の入力欄に(単語の部分)。読み方をその下の入力欄(よみの部分)に入力します。
今回は「める」と打つと、「 example@hoge.com 」と変換されるようにしてみます

最後に右上の「保存」をタップ。

入力してみる

変換候補に表示されたメモ帳でためしに「める」と打ってみると、さっそく変換候補の2番めに表示されていました。

1回目はすべて入力する

途中だとまだ変換候補にでない長い読みの単語を登録した場合、「よみ」に登録したすべてのひらがなを入力しないと、変換候補にはでないっぽい。

すべて入力すると候補にすべて入力するとこのように変換候補の1番目に表示されました。

次から一文字で表示された2回目以降は一文字入力すると、一番最初に表示されるようになります。

修正と削除

編集をタップ修正したり、削除したい場合は、左下の「編集」をタップします。

削除と修正削除したい登録した単語の左側のをタップすると、削除。
修正したい単語をタップすると、修正することができます。

iPadや辞書のバックアップ

iCloudを利用すると(デフォルトで利用するようになっています)、保存した辞書を自動的にネット上に保存(バックアップ)したり、iPadと同期したり、新しくiPhoneを買い替えてもすぐに復元したり出来るようになります。

iCloudに同じメールアドレスでログインiPadを持っている人や新しくiPhoneを買い替えた人は、「 設定 設定 」の「iCloud」に同じメールアドレスでログインしていると、同じアカウントで保存した辞書が自動的に復元され、保存されます。

iPadのユーザ辞書もおなじになったiPadの方でも辞書が同じになりました。

ユーザ辞書が登録できない!?

iOS6やiPhone5になってからユーザ辞書に単語が登録できなくなったというバグがでたっぽい。
私のiPhone5も、何度もユーザ辞書に単語を登録しても、一度設定を閉じて再び開くと、まっさらになっている・・・。
色々対策を探してみましたが、私の場合以下の方法で治りました。
この状態になると、漢字変換も普通であれば一度変換した漢字は次回以降優先的に先頭に表示されるのですが、いつまでたっても初回の変換候補のまま・・・。

再起動する

単純ですが私はこれで治りました。

iCloud

iCloudをタップ再起動でも治らない場合、この方法を試してください。
「設定」の「iCloud」をタップします。

書類とデータをタップ「書類とデータ」をタップします。

書類とデータをオフにする「書類とデータ」をオフにします。
画像のように警告が出ますが、削除でOKです。

ユーザ辞書に単語を登録して確認してください。

まとめ

iPhoneやiPadの漢字変換機能はAndroidやWindowsに比べ、それほど頭がよくありません。
が、単語登録をすることによって、また、使い込むことによって学習していき、ミスも少なくなってきます。

残念なことに、このユーザ辞書はSiriには無関係のようで、いくら登録しても音声入力やSiriには反映されませんでした。
Siriでも参照できるようになれば、ものすご~く音声での文字入力が楽になるのになぁ。

関連ページ

最終更新日 2017-03-17 00:55:19

 

twitter Facebook はてブ LINE pocet

Sponsord Link

 

投稿日:2012-11-18 | このページのトップへ | コメントを書く | 管理

カテゴリー

同じカテゴリーの記事