iPhoneにDVDを取り込むには

iPhoneでDVDに収められた動画を見る方法を紹介します。DVDをパソコンにコピーしたら、iPhoneで再生できる形式に変換してみましょう。

iPhoneにDVDを取り込むには

 

Last update 2017-01-22 20:17:49

twitter Facebook はてブ LINE pocet

 

iPhoneは動画の再生もお手のもの。普通はYouTubeを再生させているかもしれませんが、ここではDVDをiPhoneで見られる形式に変換し、iPhoneに転送する法を紹介します。
DVDはプロテクトがかかっていないもの(ビデオカメラで撮影しDVDにしたものなど)ならパソコンにコピーできるので、まずはパソコンにDVDの中身をコピーします。
※プロテクトがかかっているものは、コピー出来ません

Sponsored Link

 

目次

無料で動画を変換してくれるソフト

DVDや動画をiPhoneで見られる形式に変換してくれるソフトは色々あるのですが、ここでは無料で変換できるHandBrakeというソフトを紹介します。
字幕や音声が複数あるDVDから吹き替えを選択することも可能です。

HandBrakeの使い方

handbreakeをダウンロードまずはダウンロードページへ行き、handbrakeXXX.zip(XXXはバージョン)をクリックします。

ダウンロードに保存適当な場所にダウンロードします。
デスクトップやマイドキュメント、Windows 10であればダウンロードでいいでしょう。

すべて展開ダウンロードしたファイルはZIP形式で圧縮されているので、右クリックし「すべて展開」を選択します。

展開をクリック「展開」をクリックすると解凍が始まります。

展開したフォルダを開く展開し終わると、handbreak093jp-b1というフォルダが表示されるのでクリックして開きます。

Handbreakeをダブルクリック解凍したファイルの中から「Handbrake.exe」をダブルクリックして起動させます。

DVDを取り込む

変換元をクリックではさっそくDVDを取り込んでみましょう。
左上の「変換元」というボタンをクリックし、パソコン内に保存したDVDフォルダを指定します。
DVDから直接取り込むには、その下の「DVDドライブ」を選択します。

DVDフォルダを選択パソコン内に取り込んだDVDのフォルダを指定します。

画質の選択

プリセットDVDをiPhoneで見られる動画に変換するときの画質を選択します。
handBreakeの右側にある「プリセット」の「iPhone & iPod Touch」を選択してください。

平均ビットレートなお、iPadのように大きな画面で見る場合、高画質の方がいい!というのであれば、①「動画」タブをクリックし、「平均ビットレート(kbps)」の値を4000~8000ぐらいで調節してください。
数字が大きいほど高画質になります。
ただし、高画質になるほどファイルサイズが大きくなるので注意。

音声・字幕を選択

音声トラックを選択吹き替えなど複数の音声がある場合は、「音声と字幕」の「音声トラック」の部分で好きな音声を選択できます。

また、その下の「字幕」で字幕のあるなしも選択できます。

吹き替えも選択できる複数の音声がある場合、「音声・字幕」タブの「音声トラック」で選択することができます。

字幕も選択可字幕があるDVDは、字幕を選択することができます。

保存先

ブラウズをクリックDVDをiPhoneで見られる形式のファイルに変換する保存先を決めます。
「ブラウズ」と書かれた部分をクリックし

保存をクリックファイル名を決めます。

変換開始

変換開始をクリックここまで出来たらさっそく変換してみましょう。
「変換開始」というボタンをクリックします。

変換が開始このような真っ黒の画面が表示されます。

進行状況%で表された数字がありますが、ここが進行状況。
100%になれば完了。
最新のパソコンであればだいたい5分ぐらいでDVD1枚分の映画が変換できます。

iPhoneにDVD動画を転送する

動画が作成されたしばらく待つと動画が変換されました。

iTunesのiPhoneをクリックiPhoneとパソコンをケーブルで繋ぎ、iTunesを立ち上げます。
なお、iTunesをまだインストールしていない人は、iTunesのインストールを参考にインストールしておいてください。

iTunesを立ち上げたら、iTunesの左上にiPhoneのアイコンが表示されるので、ここをクリックします。

ムービーをクリック左サイドのメニューから「ムービー」を選択します。

動画をドラッグ・アンド・ドロップ変換した動画ファイルをiTunesにドラッグ・アンド・ドロップします。

ムービーを同期にチェック①「ムービーを同期」にチェックを入れ、②iTunesに登録された転送したい動画にチェックを入れます。

適用をクリックiTunesの右下の「適用」をクリックすると、iPhoneに転送(同期)が始まります。

iPhoneで再生させるには

ビデオをタップ転送した動画は、iPhoneの「ビデオ」アプリで再生します。

ホームビデオビデオアプリを立ち上げると「ホームビデオ」の再生リストが表示されて、転送した動画が登録されています。

再生された無事再生されました。

動画の詳細情報動画の詳細なデータも表示させることが出来ます。

iTunesのムービーの編集

動画をドラッグ・アンド・ドロップiTunesに登録した動画は、先程の画面では登録を解除したり削除したり出来ません。

ミュージックをクリックiTunesに登録した動画を整理・編集する場合は、iTunesの右上の「ミュージック」の部分をクリックし・・・

ムービーを選択「ムービー」を選択します。

ホームビデオを選択左サイドメニューにある「ホームビデオ」をクリックします。

ライブラリから削除不要な動画を右クリックし、「ライブラリから削除」を選択します。

ファイルを保持ライブラリから消すだけなのか、ファイル自体をパソコンから削除するか聞いてくるので、「ファイルを保持」をクリックします。

iTunesで動画を再生

罰じるしをクリックiTunesに登録した動画を再生した場合、元の画面に戻るには動画の右上の方にある小さな罰じるしをクリックします。

最近のiTunesは以前と使い方がだいぶ変わってしまって、使いにくくなりましたね。

有料アプリTMPGEnc

TMPGEncでも作成できる今回は無料で動画形式を変換できるHandBrakeというソフトを紹介しましたが、動画編集で超人気なTMPGEncを使うともっとはやく変換できます。
また、チャプター単位でなくフレーム単位で好きな部分だけを抽出したり、複数のDVDや動画を繋いだりすることも簡単に出来ます。

映像エンコーダをIntel Media SDK Hardwareを選択TMPGEncでもiPhone専用に変換するモードが用意されているので、初心者でも簡単。

まとめ

私は家でも会社でもパソコンでDVDが見られるし、移動は車かバイクなのでiPhoneで動画を見たいとはあまり思わないんですけれど、バスや電車で動画を見るとほんと熱中できるんですよね。
「あ、そうだ。電車に乗ってたんだ」
見終わったあと我に返るぐらい、あの小さな画面でも見入ってしまう時があります。
なのでバスや電車通勤の人には今回の方法でDVDをiPhoneに取り込む方法は、意外と役に立つんじゃないでしょうか?

iPhoneの解像度はDVDを上回る1,136 × 640(iPhone5)ですが、画面が小さいのでDVDの解像度(720x480)でも十分綺麗に見ることができます。

関連ページ

最終更新日 2017-01-22 20:17:49

 

twitter Facebook はてブ LINE pocet

Sponsord Link

 

 

投稿日:2012-09-28 | このページのトップへ | コメントを書く | 管理