無線LANルーターの設定

無線LANルーターのつなぎ方と、設定の仕方を画像付きで紹介します。意外と簡単に設定することができると思います。

 
 

Home  About this site  BBS  Mail  Link

 
 

無線LANルーターの設定

Last update 2010/10/17 13:43

 

 

 

自宅や職場でiPhoneでWi-Fiを利用するには、無線LANルーターを利用するのがもっとも確実でお手軽です。
最近では無線LANルーターの値段も安くなってきたのでおすすめです。

無線LANルーターでWi-Fiを構築するには

バッファローの無線LANルーター

無線LANルーターは、いろいろなメーカーが販売しています。
が、最も簡単と評判のバッファローの無線LANルーターでの実際の設定方法を紹介します。

すでにご家庭でインターネットを利用しているのであれば、結構無線LAN環境を構築するのはやさしいです。
まずは、安い製品でもいいので無線LANルーターを購入します。
目安としては3000~6000円のものでOK。
メーカーはバッファローが比較的初心者にも人気があっておすすめです。

今回は私が購入した、バッファローのWHR-Gという製品で進めていきます。

既存のルーターと繋げる

ルーターとモデムまずは、すでに設置されているルーターを探します。
ルーターは、パソコンにつながれたLANケーブルをたどっていくと見つかるはずです。
画像は、左側がルーターで右側がモデムです。
モデムとは、光ファイバーや電話回線から送られてきたデータをルーターや、パソコンが理解できるデータに変換する機械のことです。
最近はモデム自体にルーター機能を内蔵している製品もあります。

ルーターをよく見ると、穴がいくつか空いていて、そのうちの1つはモデムとLANケーブルで繋がっているはずです。
空いている穴に、無線LANルーターからのばしたLANケーブルをつなぎ、電源を入れます。

ルーターモードをオフにする

ルーターをOFF無線LANルーターの裏側に、ルーターモードにするかアクセスポイントモードにするか切り替えスイッチがあるので、既存のルーターに繋げる場合は「アクセスポイントモード(もしくは、ルーターオフと記入されている)」にします。
モデムに繋げる場合は「ルーターモード」に。
ルーターに繋げる場合は「ルーターオフ」か「アクセスポイントモード」にする。

ブラウザで管理画面にアクセス

ブラウザでアクセス無線LANルーターの裏側には、左の画像のような説明書きが記入されているので、ここに記述された(もしくは説明書に記述された)IPアドレスにアクセスします。

ブラウザにURLを入力ブラウザに記入されていたIPアドレスを入力します。
たいていは、http://192.168.1.1/http://192.168.11.1/とか、http://192.168.11.100/など。

管理画面にアクセスしたところ左のような画面が表示されるので、「無線の暗号化を設定する」をクリック。
右側には、現在のSSIDと、認証方式、暗号化がのっています。

この画面でもルーターモードをオフにできます。

暗号化方式を決定する暗号化方式を決定します。
WPA2-PSがもっともセキュリティーが高いです。
マンションや、公共施設が近所にある場合は、セキュリティーが高い暗号化方式の方がいいかもしれません。
iPhoneは、WPA2にも対応しています。

パスワードを入力するパスワードを設定します。
8文字以上の半角英数字を入力します。
設定」をクリックすれば完了です。

iPhoneの設定

iPhoneの設定は、
Wi-Fiとは iPhoneの設定編
で解説しています。

 

カテゴリー

同じカテゴリーの記事

 

にほんブログ村 携帯ブログ iPhoneへ 2010/08/21 20:03 | このページのトップへ | コメントを書く | 管理