CDの曲をiPhoneに取り込むには

CDの曲をiPhoneに取り込む方法を紹介します。まずはiTunesをインストールしCDをセット。パソコンに取り込んだら、iPhoneをつなげて同期するだけ。

CDの曲をiPhoneに取り込むには

 

Last update 2014-09-26 11:38

Sponsord Link

 

CDのアルバムや曲をiPhoneに転送して聴く方法を紹介します。
ただし、CDから曲を取り込むにはパソコンが必要になります。
また、iPhoneやiPadをパソコンで管理する、「iTunes」という無料で配布されているソフトが必要です。

iTunesのインストール

iTunesのダウンロードiPhoneにCDの曲を取り込むには、iTunesソフトが必要です。
Appleのサイトから無料でダウンロード出来ます。
「メールアドレス」の部分にメアドを入力したら、「今すぐダウンロード」をクリックします。
すると、ファイルがダウンロード出来るので、適当な場所にダウンロードします。

ダウンロードしたファイルをダブルクリックダウンロードしたファイルをダブルクリックしてインストールします。
詳しいインストールの仕方は、iTunesのインストールを参考にしてください。

メニューバーを表示させる

iTunesの左上をクリックiTunesでは初期状態だと、この画像のようにシンプルな表示担っているので、「メニューバー」と「サイドバー」を表示させておきましょう。
まずは、iTunesの左上の四角の横にある三角をクリックします。

メニューバーを表示「メニューバーを表示」をクリックします。

メニューが表示されるメニューバーが表示されるようになりました。

サイドバーを表示させる

表示のサイドバーを表示続いてサイドバーも表示させておきましょう。
メニューバーの「表示」をクリックします。

サイドバーが表示される「サイドバー」が表示されました。iPhoneを接続すると、ここに「iPhone」と表示されるようになります。

CDから曲を取り込む

CDをセットiTunesのインストールが完了したら、iTunesを起動します。
その後、取り込みたい曲が収まったCDをセットします。

別のプレーヤーが立ち上がってしまう場合

コントロールパネルの自動再生CDをセットしたあと、iTunesではなく、他のソフトが立ち上がってしまう場合は、「コントロールパネル」を立ち上げ、右上の「表示方法」を「大きいアイコン」にし、コントロールパネル内にある「自動再生」を開きます。

オーディオCD「オーディオCD」の部分を「曲を表示(iTunes)」か「曲をインポート(iTunes)」にしておきます。

CDから曲を取り込む

インポート CDをパソコンにセットしてしばらくすると、このようにCDをiTunesに取り込むかどうか聞かれるので、「OK」をクリックします。

インポートが開始される 取り込みが開始されます。
このまましばらく待ちます。(だいたいCD1枚で2~3分で取り込みが完了します)

インポートが完了 チャイムが鳴って終了を知らせてくれます。
このように緑色の丸でチェックが付いていると、その曲は取り込まれています。

続いてiPhoneに曲を転送するへ進んでください。
また、iPhoneでアルバムのジャケットを表示させたり、ふりがなを振り、漢字の曲やアルバムでもアイウエオ順に並ばせることも出来ます。

何も言ってこない場合

デバイスをクリック 普通はCDをセットした時にiTunesが立ち上がっていれば、取り込むかどうか聞いてくるのですが、もし、何も反応がなければ、iTunesの左側の「デバイス」という部分にパソコンにセットしてあるCDのアルバム名が表示されているので、ここをクリック。

取り込みたくない曲がある場合

取り込みたくない曲のチェックを外しておく もし、取り込みたくない曲がある場合は、チェックを外しておきます。

保存形式を選択したい場合

右上のインポートをクリック iTunesの右上の「インポート」をクリックします。

OKをクリック取り込むファイルタイプを選択する画面が表示されます。
普通はこのまま「OK」をクリック。

MP3にも出来るMP3で取り込みたい場合は「インポート方法」をクリックして「MP3エンコーダ」を選択します。

CDに関するオーディオ情報を送信CDの情報を「Gracenote」に送信するか聞いてくるので、「送信」をクリック。(送信しない、でも構いません)

保存されている場所を確認する

My MusicのiTunesのiTunes MediaのMusicの中に保存取り込んだ曲は「My Music」の中の「iTunes」の中の「iTunes Media」にある「Music」というフォルダの中に、アーチスト名ごとにフォルダが作成され、その中にアルバム名のフォルダが出来ているので、この中に曲が収められています。

転送された曲を再生する

最近追加した項目パソコンに転送した曲を再生するには、左側の「最近追加した項目」という部分をクリックすると、右側に曲の一覧が表示されます。

アルバムジャケット画像を表示させるには

CDから取り込んだ曲は、曲名・アルバム名・アーチスト名はCDから取り込まれるのですが、アルバムのジャケットは取り込まれません。
そこで、ジャケット画像を設定する必要があります。

googleで画像検索アルバムジャケットの画像が、すでにパソコンに保存されていればそれを使えばいいのですが、googleで画像検索すると簡単に探すことができます。

右クリックして名前を付けて保存好きなアルバムジャケットを表示させたら、右クリックで表示されたメニューの中から「名前を付けて保存」を選択。
保存ができたら、保存した場所をエクスプローラーで開いておきます。

曲を選択してプロパティ画像が用意できたら、iTunesで取り込んだ曲のアルバムにある曲全部を選択肢ます。
最初の曲をクリックしたら、アルバムの最後の曲を「Shift」を押しながらクリックすると、複数の曲が選択されます。

選択したら、右クリックし、「プロパティ」を選択。

情報のアートワークにドラッグ「情報」タブの「アートワーク」の部分に、保存した画像をドラッグ・アンド・ドロップします。
もちろん、好きな画像でも構いません。

ジャケットが表示されるすると、iTunesで再生するときに、アルバムジャケットが表示されるようになります。

ふりがなをふる

読みがなを入力CDから曲を取り込んだ場合、読み仮名のデータは取り込まれません。
そのため、あいうえお順に表示させる場合、漢字で始まるアーチストや曲名は、うまく並ばせることができません。
そこでふりがなを付けてやります。ふりがなを付けるには、「読みがな」タブをクリックし他入力欄にひらがなで入力。
アーチスト名やアルバム名のひらがなを入力できます。

曲のひらがな曲名にふりがなを振りたい場合は、曲を右クリックしてプロパティの「読みがな」タブで入力。

iPhoneに転送する

iPhoneをUSBケーブルで繋げる続いてiPhoneにCDから取り込んだ曲を転送してみましょう。
まずはUSBケーブルでパソコンと繋ぎます。

音楽を同期にチェックを入れ同期iTunesを起動させると、①左側の「デバイス」のところに「iPhone」と標示されるので、ここをクリック。
②右側の上の方にある「ミュージック」をクリック。
③「音楽を同期」にチェックを入れます。
④「ミュージックライブラリ全体」にチェックが入っていると、保存した音楽ファイルすべてが転送されます。
好きな曲だけ転送するには「選択したプレイリスト、アーチスト、アルバム、及びジャンル」の方にチェックを入れます。
⑤最後に右下の「同期」をクリックします。

転送が始まるので、しばらく待ちます。

iPhoneに取り込まれたiPhoneにアルバムが転送されました。
ちゃんとジャケットも表示されています。

まとめ

iPhoneはiPod touchから派生したこともあり、曲の転送と再生に関しては、アンドロイドのようなスマートフォンより簡単に実現することができます。
ただし、CDから曲を転送させたい場合はパソコンが必要になるので、注意が必要です。

関連ページ

アンドロイドで曲を聞くには

最終更新日 2014-09-26 11:38

 

Sponsord Link

 

 

投稿日:2013-03-16 | このページのトップへ | コメントを書く | 管理