iPhoneでウィジェットを配置するには

iOS8からiPhoneにもウィジェットを配置できるようになりました。今回は配置の仕方八回方を紹介します。

iPhoneでウィジェットを配置するには

 

Last update 2016-12-30 1:15

Sponsord Link

 

iPhoneにウィジェットを配置する方法を紹介します。
アンドロイドでは以前からウィジェットを表示させることができましたが、iOS8でようやくiPhoneにもウィジェットを追加できるようになりました。

ウィジェットとは

ウィジェットとは、アプリを起動しなくてもそのアプリの1部の機能を表示、または使用できる機能のことです。
アンドロイドやパソコンには以前から会ったのですが、ようやくiPhoneでも使えるようになりました。が、アンドロイドやパソコンと違い、「通知センター」と呼ばれる場所にのみ表示できます。

通知センターとは通知センターとは、iPhoneやiPadの画面上部から下へなぞる(スワイプ)と表示される機能です。

iPhoneでウィジェット

では、iPhoneでウィジェットを使う方法を紹介します。なお、iOS8移行でないとウィジェットは使えないので、古いiPhoneの場合は、アップデートをしておいてください。

通知センターを表示まずは通知センターを表示させます。

編集をタップ一番下にある「編集」をタップします。

追加できるウィジェットの一覧ウィジェットとして表示させることができるアプリのリストが表示されます。

緑色の丸をタップ表示させたいアプリの左側にある緑色の丸をタップします。

追加されたウィジェット表示リストに追加されました。利用したいアプリがなくなるまで繰り返します。

表示順序を変更できる表示順序を変更することもできます。
順序を変更するには、リストの右側にある3本のラインをタップしながら、上下にスライドさせます。

変更中順序を変更できました。

完了をタップすべて完了したら、右上の「完了」をタップします。
ウィジェットを追加するにはこれだけ。

ウィジェット

以下代表的なアプリのウィジェットを紹介します。

エキサイトニュースエキサイトニュースのウィジェットです。
3件ほどのニュースと画像が表示されます。

ページの切り替えこちらはオススメ、「Yahoo!ニュース」のウィジェット。
左右の矢印をタップすると、別のニュースを表示させることができます。

アプリが起動したニュースをタップするとアプリが起動し、そのニュースの記事のページが表示されます。
ウィジェットのニュースは随時更新されるようです。

MoneyForwardの場合こちらは「Money Forward」のウィジェット。
最近の入出金の金額と名称が5件ほど表示されるようです。

「もっと見る」をタップするとアプリが起動します。

ヤフオクこちらは「ヤフオク」。
入札している場合、リストが表示されるようです。
個人的にはウォッチリストも表示してほしいなぁ。

Evernote「Evernote」。
Evernoteは、各投稿作成画面に素早くアクセスできるボタンが表示されるだけのようです。

ドライブサポーター意外と便利なのがこの「ドライブサポーター」。
タップするだけで周辺の駐車場情報を検索してくれるっぽい。
アプリを起動して、ジャンル検索を選択して・・・なんてめんどくさい処理をすっ飛ばして即座に検索できます。

今はあまり種類がありませんが、今後、各アプリのアップデートで対応数も増えてくると思います。

たぶん、株やFX、天気予報なんかは充実してくるんじゃ無いでしょうか。
個人的にはLINEのウィジェットがほしいかも。

関連ページ

最終更新日 2016-12-30 1:15

 

Sponsord Link

 

 

投稿日:2014-09-18 | このページのトップへ | コメントを書く | 管理