iTunesのインストール

iPhoneを購入する前に済ませておきたいのが、iTunesのインストール。iPhoneは、パソコンがなくても使えますが、パソコンとiTunesの組み合わせがiPhoneをより使いやすくしてくれます。

home HOME about About this site Mail Mail

iTunesのインストール

Last update 2017-02-27 00:33:54

twitter Facebook はてブ LINE pocet

 

iPhoneの設定は、基本的にはiTunesというソフトを使って、PCで操作をすることになります。
このページでは、iTunesのダウンロードからインストールまでを画像を使って紹介します。
この作業はiPhoneがなくても可能なので、まずはiPhoneを手に入れるまでに実行しておいてください。

Sponsored Link

 

目次

iTunesのダウンロード

今すぐダウンロードをクリックまずはAppleのiTunesのページへ行き、その下の「今すぐダウンロード」をクリックします。

メールアドレスは入力しなくても構いません。その場合は2箇所のチェックを外します。
逆にAppleからニュースやソフトウエアアップデート、iTunesオファーなどをメールで受け取りたい場合は、2箇所のチェックを入れたまま、メールアドレスを入力してください。

実行をクリックIEを使用している場合は、下の方に画像のようなボタンが表示されるので、「実行」をクリックしてください。

ChromeやFirefoxでも同じようにダウンロードして、実行します。

iTunesのインストール

ダウンロードしたファイルをクリックダウンロードが完了したら、ダブルクリックして開きます。

iTunesインストールウィザードが開始インストーラーが起動するので「次へ」をクリックします。

インストールをクリックデスクトップにアイコンを作成するか、などのチェックがあるので、すべての項目にチェックを入れ、「インストール」をクリックします。

アカウント制御ははい警告してくるので、「はい」をクリックします。

インストールの完了インストールは2~3分かかります。
インストールが完了すると、このような表示になるので、「完了」をクリックします。

同意するiTunesが立ち上がり、はじめの一回だけ、このような「iTunesソフトウェア使用許諾契約」が表示されます。
ひと通り目を通したら、「同意する」をクリック。

同意しますをクリックiTunesが表示されます。
ようこそ画面になり、ライブラリを送信してジェケットやアーチストの写真を関連付けていいか聞いてくるので、「同意します」をクリックします。

メディアをスキャンすでに音楽がパソコン内にある人は、「メディアをスキャン」をクリックすると、パソコン内の音楽ファイルを探しだして、iTunesに登録してくれます。

iTunes Storeにサインインへ進みます。

safebrowsing.clients.google.com の識別情報を確認できません

一部のユーザーで、iPhoneを繋げると「safebrowsing.clients.google.com の識別情報を確認できません」といったエラーが表示されるようです。
この「safebrowsing.clients.google.com」というのは、Googleが公開している、クレジットカードや会員情報を抜き取るフィッシングサイトやスパムサイトかどうかをチェックするサービスなのですが、まれにこのようなエラーが表示されてしまうことがあるようです。

対策

アカウントの認証をクリックiTunesのメニューにある(メニューの出し方はメニューバーを表示させるを参考に)①「アカウント」をクリックし、②「認証」をクリックします。

このコンピューターを認証「このコンピューターを認証」をクリックします。

認証をクリックApple IDとパスワードを入力します。

コンピュータの承認が完了しました認証が完了しました。
これで出なくなると思います。

iTunes Storeにサインイン

人型のアイコンをクリックiPhoneやiPadを持っている人、あと、iTunes Storeで音楽や動画を購入する予定がある人は、iTunesの上の方にある人型のアイコン(画像参照)をクリックします。

iTunes StoreにサインインiTunes Storeにサインインします。
Apple IDとパスワードを入力してください。
iCloudを開始しよう!Apple IDの作成

購入したアルバムや曲過去にiTunes Storeで音楽や動画などを購入したことがあれば、このようにジャケットが表示されます。
※注意 表示されているだけでパソコンにダウンロードされていない状態

iPhoneを繋げる

iPhoneとパソコンを繋ぐiPhoneに付属してきた、USBケーブルを使ってiPhoneとパソコンを繋ぎます。

許可

アクセスの許可初めて繋ぐ場合は、このような警告が表示されるので、「続ける」をクリックしてください。

このコンピュータを信頼しますかiPhone側にもこのような警告が表示されるので、「信頼」をタップします。

iPhoneをつないだすると、画面左上の方に、小さなiPhoneのようなアイコンが表示されます。
※ もしいつまでたってもiPhoneのアイコンが表示されない場合は、iTunesやエクスプローラーでiPhoneが認識されない場合の対処法を参考にしてください

iPhoneをクリックこのiPhoneのアイコンをクリックすると、左側に「概要」など、iPhoneの中身が表示されるようになります。
音楽を同期したり、iPhoneをバックアップするには、ここから開始します。

メニューバーを表示させる

iTunesの左上をクリックiTunesでは初期状態だと、この画像のようにシンプルな表示になっているので、「メニューバー」と「サイドバー」を表示させておきましょう。
まずは、iTunesの左上の四角の横にある三角をクリックします。

メニューバーを表示「メニューバーを表示」をクリックします。

メニューが表示されるメニューバーが表示されるようになりました。

iCloudをインストール

Windowsパソコンの場合、iPhoneとパソコンで写真をワイヤレスで同期するiCloud for Windowsというソフトをインストールします。
このiCloud for Widnowsをインストールすると、iPhoneで撮影した写真や保存した画像をWi-Fiで接続した時に、自動でパソコンに転送してくれます。
また、iCloud Driveもパソコン上で使えるようになり、インターネットを経由して複数のパソコンでファイルを共有することができます。
すごく便利なので、インストールしておいてください。
インストールするには、フォトストリーム PCに転送するにはを参考にしてください。

iTunes Match

iTunes Matchとは、パソコンに保存してある音楽をインターネット上に保存しておき、他のパソコンで聞いたり、ダウンロードできるサービスです。
ただし、有料(3,980円/1年)です。
iTunes Matchを利用している場合は、iTunes Matchをオンにすればインターネット上に保存してある曲をストリーミングで聴くことができます。
iTunes Matchをオンにする方法は以下。

メニューバーを表示iTunesの左上の▼をクリックして、「メニューバーを表示」を選択します。

このコンピュータを認識メニューバーにある「Store」をクリックし、「このコンピュータを認識」を選択します。

Apple IDとパスワードを入力Apple IDとパスワードを入力します。
なお、1つのIDにつき5台のパソコンを認証することができます。

承認完了認証が完了しました。
新しいパソコンを購入して、古いパソコンを使わなくなった場合は、古いパソコンのiTunes上から「このコンピュータの認証から解除」を選択するようにしてください。

StoreのiTunes Matchをオン再び「Store」をクリックし、「iTunes Matchをオン」を選択します。

このコンピューターを追加

このコンピューターを追加「Match」をクリックし、「このコンピューターを追加」をクリックします。

インターネット上にある曲以前、iTunes Matchを使ってアップロードした曲が表示されます。
ダブルクリックをすると音楽を聞くことができます。が、ストリーミングで再生されるだけなので、ダウンロードする場合は、ダウンロード の部分をクリックします。

Windows10で標準の音楽プレーヤーをiTunesに変更する

Windows10から、コントロールパネルが廃止されつつあります。と、同時に既定のソフトウエア変更方法も変わりつつあるので、標準の音楽プレーヤーをiTunesに変更する方法を紹介します。

スタートボタンの設定を開くスタートボタンをクリックし、「設定」をクリックします。

システムを開く「システム」を開きます。

既定のアプリのGrooveをクリック「既定のアプリ」をクリックし、「音楽プレーヤー」のGrooveミュージックをクリックします。

iTunesをクリックiTunesを選択します。
これでMP3など音楽ファイルを開くと、iTunesが立ち上がるようになります。

まとめ

はじめてiTunesを使った人には、少し違和感があると思いますが、慣れれば他のソフトは使いたくないぐらい、使いやすく感じると思います。
私もそうでした。
また、パソコンにある音楽とiPhoneの音楽をすべて同じにする、「同期」という考え方もはじめは違和感がありました。が、iPhoneの容量が大容量化するにしたがい、むしろ同期でないとめんどくさくてしょうがない。と感じるようにもなりました。

また、iPhoneの管理として大事なソフトウエアでもあるので、iPhone、iPadを持っている人で、パソコンを所有している人は、必ず入れておいてください。

関連ページ

最終更新日 2017-02-27 00:33:54

 

twitter Facebook はてブ LINE pocet

Sponsord Link

 

投稿日:2010-09-19 | このページのトップへ | コメントを書く | 管理

カテゴリー

同じカテゴリーの記事