2ファクタ認証を有効にするとは?

iPhoneの設定を開くと、「2ファクタ認証を有効にする」という警告のような表示がある場合、どうしたらいいのでしょうか?そもそも2ファクタ認証とは?

home HOME about About this site Mail Mail

2ファクタ認証を有効にするとは?

最終更新日 2021-06-23 15:45

twitter Facebook はてブ LINE pocet

 

昔作ったApple IDでサインインしたり、古いiPhoneをひさびさに起動させたときなど、設定を開くと「2ファクタ認証を有効にする」という注意喚起のような表示を見かけたことがあるかもしれません。
有効にしていいのか?そもそも2ファクタ認証とは?ここでは2ファクタ認証とは何か、有効にするには?などを紹介します。

Sponsored Link

 

目次

2ファクタ認証とは

2ファクタ認証とは、日本語で言うと「2段階認証」のことで、「ファクタ」は日本語で「要素」とか「因子」のことです。2回の要素の認証という感じでしょうか。
昨今のパスワード流出事件や安易なパスワードを設定している人達に、iPhoneやApple IDが乗っ取られる事件が多発しているので、最近では大手のサービスはパスワードがマッチしてもログインできない、2段階認証を取り入れるところが多くなってきました。
iPhoneの2ファクタ認証は、生体認証(もしくはパスコード)を有効うにしているiPhoneに2段階目の6桁の数字を表示させ、それを入力しないとサインインできない仕組みになっています。

似たような仕組みで、6桁の確認コードが届くものもありますが、「2ファクタ認証」は認証済みのiPhoneにしか確認コードが表示されず、なおかつ確認コードを表示させるには生体認証(指紋・顔認証)かパスコードを入力しないと見ることが出来ません。
また、認証しているiPadやMacがあれば、iPhone以外に複数の端末で確認コードを受け取ることが出来ます。

iCloudへサインイン例えば、AppleのサービスのiCloudにサインインしようと、IDとパスワードを入力し・・・

6桁の確認コードの入力画面このような「2ファクタ認証」の画面が表示されました。
6桁の入力欄があります。

サインインの要求の通知iPhoneでこのような通知が表示されます。

サインインの要求の通知生体認証かパスコードを入力して、iPhoneのロックを解除します。

許可するをタップすると、サインインしようとしている人がいるだいたいの場所が表示されるので、「許可する」をタップします。
サインインしていないのにこのような表示が出た場合は、「許可しない」をタップしてください。

Apple ID確認コードApple ID確認コードが表示されました。
この6桁の数字を先ほどの画面に入力します。

確認コードを入力する最後の1文字を入力すると、自動的にサインインします。

このように「2ファクタ認証」では、パスワードの認証後に、認証済みのiPhoneに確認コードを表示させ、確認コードを入力しないとサインインできない、2段階の認証システムです。

サインインしたままにする

サインインしたままにする毎回サインインするたびに2ファクタ認証をしないといけないとなると、結構めんどくさい。
なのでたいていは「サインインしたままにする」にチェックをしておくと、次回以降サインインしたままの状態を維持しています。
ただし、ある程度時間が経過すると、もう一度2ファクタ認証をする必要があります。

Apple IDを乗っ取られるとどうなるか

Apple IDが乗っ取られると、

などの操作を行われる可能性があります。安易なパスワードを使っている人で、2ファクタ認証を有効にしていない人は気を付けてください。
なお、2ファクタ認証を有効にしている場合、見覚えの無い確認コードが記載されたSMSが届いた場合は、iPhoneやApple IDが乗っ取られた?対策をとってみたを参考にしてください。

2ファクタ認証を有効にする

設定の2ファクタ認証を有効に設定 設定の上の方にこのように「2ファクタ認証を有効にする」と表示された場合は、まだ2ファクタ認証が有効になっていません。
なるべく早い段階で2ファクタ認証を有効にしておきましょう。
この部分をタップします。

2ファクタ認証を有効にする2ファクタ認証に関する簡単な説明が表示されます。
「有効にする」をタップします。

電話番号iPhoneで使用している電話番号を入力し、「SMS」のほうをチェックします。

確認コード確認コード入力画面が表示されます。

SMSが届く登録した電話番号にSMSで確認コードが届くので、入力して完了です。

2ファクタ認証を無効にできる?

2ファクタ認証は、2019年あたりから無効に出来なくなりました。また、Apple ID作成時に強制的に2ファクタ認証もオンの状態(昔は有効にするか選択できた)になっています。

電話番号を変更した場合

注意してほしいのは、電話番号を変えてしまった場合。どのiPhoneにもサインインしていない状態の場合、確認コードは、登録した電話番号にSMSで届きます。
そのため、ずっと昔に作ったApple IDをひさびさに使おうと思ったが、電話番号を変更してしまったので、サインインできない、なんて場合は注意が必要です。

iPhoneもない

確認コードを受信していませんかiPhoneもない、電話番号も変更してしまった。という場合、確認コードを受信する方法がありません。
「確認コードを受信していませんか?」をタップすると・・・

その他のオプションSMSで受け取るか、「その他のオプション」をタップすると・・・

電話番号の入力画面電話番号を入力する画面しか表示されません。

違う電話番号を入力違う電話番号を入力しても、このように登録した電話番号を入力してください。と出てしまい、他のやり方が表示されません。

関連ページ

最終更新日 2021-06-23 15:45

 

twitter Facebook はてブ LINE pocet

Sponsord Link

 

最終更新日 2021-06-23 15:45 / 投稿日:2021-06-19 | このページのトップへ | コメントを書く | 管理

カテゴリー

同じカテゴリーの記事