iTunesで重複した曲を簡単に削除するには

Windowsを再インストールしたときや、HDDを交換したり、パソコンを買い替える時に問題になるのが、iTunesの曲の重複。これを簡単に削除する方法を紹介します。

iTunesで重複した曲を簡単に削除するには

 

Last update 2016-06-22 03:14

twitter Facebook はてブ LINE pocet

 

iPhoneで曲が重複しているiPhoneやiTunesに、同じ曲が重複して登録されてしまった場合の解決策と原因を紹介します。

Sponsored Link

 

目次

iTunesやiPhoneで曲が重複してしまう原因

iTunesに同じ曲が重複して登録される原因はいくつかあるのですが、主な原因はパソコンなどを買い換えたり、SDカードやDVDにバックアップしていた曲を新しいパソコンで復元した時に重複してしまった。というパターンが多いです。

それ以外に、iTunes以外のプレーヤーでCDからパソコンに曲を取り込んだり、ネット上からダウンロードした曲をiTunesで再生すると「iTunes Media」というフォルダに曲がコピーされるためです。

Media Goでインポートした曲例えば、「Media Go」というソフトで取り込んだ曲を・・・

iTunesで再生iTunesで再生すると・・・

iTunes Mediaにコピーされたこのように「ミュージック」内にある「iTunes Media」の中に曲がコピーされます。
この場合、iTunesには重複して登録されないのですが、iTunesをインストールしなおしたり、パソコン内の曲を再スキャンした時に重複して取り込まれることが多々あります。

これを防ぐには以下のようにします。

iTunes Mediaにコピーさせないようにするには

編集の設定iTunesの「編集」をクリックし、②「設定」をクリックします。

ライブラリへの追加時にコピー「詳細」タブをクリックし、「ライブラリへの追加時にファイルを[iTunes Media]フォルダーにコピーする」のチェックを外します。

ただし、このチェックを外すとパソコン内のいろいろな場所に曲が散らばったままになってしまうので、なるべくCDやネットから曲を取り込んだ時は、はじめからiTunes Media内に保存しておくといいと思います。

アンドロイドを持っている場合

厄介なのが「Media Go」のようなiTunes以外のプレーヤーをあとからインストールしたりすると、このパソコン内にいろいろ散らばっている曲をスキャンして曲を重複して登録してしまう点。
アンドロイドで曲が重複して転送されてしまうのは、これが原因だったりします。

違うアルバムで同じ曲がある場合

違うアルバムで同じ曲そしてもう1つの理由が、違うアルバムで同じ曲がある場合です。

この場合、曲のアルバム名を確認して必要であればどちらか削除してしまってもいいし、チェックを外しておけばOK。

重複した曲を削除するには

重複したままiPhoneを繋げてしまうと、同期でiPhoneの中の曲も重複した状態になってしまう事があるので、はやめに重複した曲は削除しておきましょう。

以下は、iTunes Ver.12.4.1のやり方です(バージョンが変わるごとに手順が変わるので注意)

重複する項目を表示①「ファイル」の②「ライブラリ」をクリックし、③「重複する項目を表示」をクリックします。

重複する曲の一覧が表示するとこのように重複した曲だけが表示されるようになります。

不要な曲を右クリック同一の曲で、捨ててしまってもいい。というのであれば、不要な曲のほうを右クリックし、②「削除」を選択します。

ごみ箱に入れるごみ箱に捨ててもいいか聞いてくるので、削除してしまっていいのであれば「ごみ箱に入れる」を。
もし、ファイルはそのままにiTunes上から消すだけにとどめるのであれば、「ファイル保持」をクリックしてください。

削除していいのかわからない場合

チェックを外すもし、削除するのが不安だったりする場合は、チェックを外すだけでもOK。

音楽を同期をチェックチェックを外しておけば、iTunesで再生されなくなります。

チェックマークのある曲とビデオだけを同期iPhoneに転送するときも、「チェックマークのある曲とビデオだけを同期」のチェックを入れておくと、iPhoneには転送されなくなります。

一気に削除するには

もし、重複した曲が多すぎてまとめて削除したい場合は以下のようにします。

重複している曲をCtrlを押しながらクリックします削除したい曲をクリックしたら、削除したい2曲目以降の曲を「Ctrl」を押しながらクリックしていくと、複数の曲が選択できるようになります。
曲名の背景が青くなっているのが、選択されていることを示しています。

選択した曲の上で右クリック選択された曲名のどこでもいいので、右クリックし、表示されたメニューの中から「削除」を選択します。
削除をクリック確認のダイアログが表示されるので、「削除」をクリックして下さい。
なお、ここで削除を選んでも実際の曲ファイルは削除されません。
また、iPhone側でも曲が重複してしまった場合は、削除した後パソコンとつなぎ、同期すれば削除した状態が反映されます。

最初から曲を登録し直す

iPhoneやAndroid、そして別のパソコンとも同期していると、曲が重複して登録されることもそうですが、曲が見つかりません。というエラーや、Android上だけ曲が重複される。なんていう問題にぶつかる時があります。
そんな時はいったん曲をライブラリから削除して、新たに登録しなおしてやるとライブラリをリセットすることができます。
AltとAを同時に押すiPhoneの「ミュージック」ライブラリを表示させた状態で、キーボードの「Ctrl」と「A」を同時に押すとすべての曲が選択されます。

反転で右クリックし、削除を選択反転された(青くなっている)部分のどこかで右クリックし、表示されたメニューの「削除」を選択します。
するとライブラリに登録されていた曲、すべてがなくなり真っ白な状態になります。
このとき音楽ファイル自体は削除されていません。

ファイル→フォルダをライブラリに追加続いてメニューの「ファイル」から「フォルダをライブラリに追加」を選択します。

音楽ファイルが保存されているフォルダを指定音楽ファイルが保存されている場所を指定すると、再び曲が登録されます。
登録はフォルダ内に保存してある曲のみ登録されるので、重複や曲が見つからないというリストもなくなります。

関連ページ

最終更新日 2016-06-22 03:14

 

twitter Facebook はてブ LINE pocet

Sponsord Link

 

 

投稿日: | このページのトップへ | コメントを書く | 管理