ロック状態でも音楽再生をコントロールできる?

iPhoneで音楽を聴きながらスリープモードにしている時でも、簡単な音楽再生コントロールはできます。

 
 

Home  About this site  BBS  Mail  Link

 
 

ロック状態でも音楽再生をコントロールできる?

Last update 2010/12/19 12:56

 

 

iPhoneでiPodを使用すると、画面表示を消した状態(スリープ状態)でも音楽をかけっぱなしにする事が出来ます。
もともとiPodから進展したiPhoneだからなのか、意外とiPodで音楽を聴いている時はバッテリーを食いません。
以前、バッテリー残量100%の状態でiPodで音楽を聴き、スリープモードにさせておいたところ、20分間かけっぱなしでもバッテリー残量は100%のままでした。

iPhoneでインターネットを見たりしている時は、結構バッテリーを消費する(参照 バッテリーのもちについて)のですが、音楽をかけっぱなしにする程度であれば、結構バッテリーは長持ちしそうです。

スリープモードでiPodで音楽を聴いている時のちょっとしたテク

イヤフォンジャックからコードを抜く

ヘッドセットコネクタiPhoneのヘッドセットコネクタにヘッドフォンのコードを差し込んで音楽を再生している時に、コードを抜くと、自動で再生が一時停止になります。
不意に電車の中などでコードが抜けても、周りに迷惑をかけません。

ロック状態でコントロール

スリープ状態を解除したところ左の画像は、音楽を再生させた状態でスリープモードを解除したところです。
このようにアルバムにジャケットがある場合は、ジャケットが表示され、同時に時刻も表示されます。
下の「ロック解除」の部分を指で左から右へなぞると、ロック状態が解除されますが、この状態だとロックを解除しないと音楽再生のコントロールは出来ません。

ホームボタンを2回押したところ今度はスリープ状態の時に、ホームボタンを2回連続で押してやると左のような画面になります。
今度は、巻き戻し、再生・一時停止、早送り、そしてボリュームコントロールが表示されました。

このようにホームボタンを2回連続して押すと、音楽の再生やボリュームをコントロールする事が出来ます。
プレイリストを使って再生している場合は、早送りをタップすると次の曲に移動します。

ロック解除画面は、なにもしないとすぐに再びスリープモード(画面が消える)になってしまうのですが、このようにコントロールを表示させると、しばらく画面は点灯したままになります。

iPhone4は、マルチタスクに対応しましたが、バックグラウンドでiPodを立ち上げている状態でも、このホームボタンの2度押しによるコントロール表示は可能です。
iPhoneをiPod代わりにしている人にお勧めのテクニックです。

 

カテゴリー

同じカテゴリーの記事

Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 にほんブログ村 携帯ブログ iPhoneへ 2010/08/21 20:03 | このページのトップへ | コメントを書く | 管理