iCloud キーチェーンの詳細が消えた?

会員サイトのパスワードやクレジットカードの番号などを保存して、自動的に入力してくれるキーチェーンの設定にある詳細がなくなってしまいました。

iCloud キーチェーンの詳細が消えた?

 

Last update 2017-02-07 10:58:46

twitter Facebook はてブ LINE pocet

 

キーチェーンの詳細以前、設定 設定のiCloudの中にある「キーチェーン」を開くと、この画像のように「詳細」があったのですが、最近開いてみたところ「詳細」がなくなってしまいました。

Sponsored Link

 

キーチェンの詳細が消えたこちらが最近の設定の中にある「キーチェーン」を開いたところです。

以前はあった「詳細」のボタンが消えています。

キーチェーンの詳細が消えた理由

キーチェーンの詳細が消えたのは、「Apple ID」の2段階認証(サインインするときに、パスワードだけでなくiPhoneに届く確認コードを入力しないサインインできない)を「2ファクタ認証」にしている場合、キーチェーんの詳細がなくなります。

そもそもキーチェーンの詳細って?

新しくiPhoneを買い替えたり、iPadを購入した場合、今まで保存したパスワードやID、クレジットカードのデータを引き継ぐことが出来ます。
その引き継ぐ際には、

  • セキュリティーコード
  • SMSに送られてくる確認コード

の2つが必要になります。でないと、iCloudのIDとパスワードが流出すると、赤の他人が引き継いだり出来てしまうからです。
キーチェーンには、銀行のサイトや株、FXなどのサイトへのログインパスワードも保存されている可能性があるので、iCloudのパスワードだけでなく、さらに2つのコードが必要なわけです。

詳細で出来ること

セキュリティコードを変更そこでiPhoneの設定 設定には、新しいiPhoneやiPadにキーチェーンを引き継ぐときに、「セキュリティコード」を使って引き継ぐか、を設定する事ができます。

また、「確認コード」が届くSMSの送り先の電話番号もここで変更できます。

2ファクタ認証では

iCloudのサインインに必要な2段階認証を「2ファクタ認証」にすると、よりiCloudへのログインが厳しくなり、キーチェーンを引き継ぐときにセキュリティーコードなどが不要になるんです。
2ファクタ認証では、iCloudのパスワードだけでなく、指紋認証と指紋認証によって保護されたiPhoneによる認証が必要になります。
また、iPhoneの中身のデータは暗号化されていて、FBIどころかAppleですらデータを解読することが出来ないと言われています。
そのため、強固なセキュリティーの2ファクタ認証を設定している人は、セキュリティーコードなどの認証が必要ないってことですね。

仮にiPhoneをどこかに落として誰かに拾われても、指紋認証を解除するのはほぼ不可能で、内部のデータも暗号化されているので、キーチェーンで保存したパスワードが流出するというのは、ほぼないと思ってもいいでしょう。(現にそういった事件は一度も起こっていません)

2ファクタ認証を設定している場合の引き継ぎ

2ファクタ認証を設定している場合、iPhoneでiCloudにサインインし、指紋認証を設定していれば、キーチェーンをオンにするだけで使うことが出来ます。
2ファクタ認証をオンにする方法や、使い方は、2ファクタ認証とは?2ステップ確認や2段階認証とどう違う?で詳しく解説しました。

関連ページ

最終更新日 2017-02-07 10:58:46

 

twitter Facebook はてブ LINE pocet

Sponsord Link

 

 

投稿日:2017-02-07 | このページのトップへ | コメントを書く | 管理