iPhoneの画像をPCに転送するには

iPhoneのカメラで撮影した画像をパソコンに転送する方法を紹介します。

iPhoneの画像をPCに転送するには

 

Last update 2014-09-29 22:41

Sponsord Link

 

iPhoneで撮影した写真や画像をパソコンに転送する方法を紹介します。

iPhoneの写真・画像をパソコンに転送する

iPhoneで撮影した写真やLINEなどで送られてきた画像をパソコンに転送する方法は、2つの方法があります。
1つは、手動でパソコンに転送する方法。もう一つは、自動でパソコンに転送する方法。
バックアップなどで、すぐにパソコンに保存したい場合は、「手動で」。
自動でパソコンに転送させる方法は、「iCloud Drive」がお勧めです。
すごく簡単なので、是非実践してみてくださいね。(他にもメールで送る、とかありますが、今回紹介する方法はもっとスマートな方法です)
まずは、手動でパソコンに写真を転送させる方法から紹介します。
自動でパソコンに転送したい場合は、iCloudのフォトストリームで自動転送へ進んでください。

USBケーブルを使った写真の転送

一番確実で簡単な方法は、USBケーブルでiPhoneとパソコンをつないで、写真をバックアップする方法です。
USBケーブルによる写真のバックアップは、iTunesがインストールされていないと出来ないので、まずはiTunesをインストールしてください。
iTunesは、無料で使用できるパソコンで音楽を聞いたり、iPhoneを管理する事ができるソフトです。

iPhoneをUSBケーブルで繋げるまず、iPhoneに付属してきたUSBケーブルをDockコネクタにつなぎ、片方をPCにつなぎます。

Windows 8の場合

以下はWindows8のパソコンの場合。Windows7でもだいたい同じ手順でバックアップできます。

画面右上をクリックWindows 8の場合、iPhoneをパソコンに接続すると、画面の左上にこのようなお知らせが表示されるので、クリックします。
もし、このような表示が出ない場合は、こちらへ進んでください。

画像とビデオの読み込みをクリック「画像とビデオの読み込み」をクリックします。
続いてこちらへ進んでください。

WinキーとXを同時に押すもし、上のような表示が出ない場合は、キーボードの「Windowsキー」と「Xキー」を同時に押し・・・

エクスプローラーをクリック画面の左下からメニューが表示されるので、「エクスプローラー」をクリックします。

画像とビデオのインポート左側の「PC」の下にある「iPhone」を右クリックし、「画像とビデオのインポート」をクリックします。
もし、「iPhone」が表示されない場合は、iPhoneからUSBケーブルを抜いたり挿したりして、しばらく待ってみてください。

写真とビデオの読み込みはじめて写真を転送する場合は、「読み込むアイテムを確認、整理、グループ化する」をチェック。
新たに撮影した写真だけを自動的に取り込みたい場合は、「すべての新しい項目の読み込み」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。

日付ごとにわける日付ごとに写真をわけるか、を設定します。
「グループの調整」のバーを一番右にすると、1つのフォルダに保存されます。
「インポート」をクリックすると、パソコンへの転送が開始されます。
数が多いと時間がかかるので、しばらく待ちます。

インポートされたパソコンに転送されると、自動的にフォルダが開きます。

どこに保存された?

ピクチャの中に保存転送した写真は、「ピクチャ」の中に保存されています。

Windows XPの場合

スキャナとカメラのウィザードをクリック自動的に「Microsoft スキャナとカメラのウィザード」が立ち上がります。
もし、自動的に立ち上がらない場合は、別のUSBに繋げてみてください。
それでも立ち上がらない場合は、Windowsを再起動してみてください。

ウィザードを開始ウィザードが開始されます。
「次へ」をクリックします。

転送したい画像にチェックを入れます転送したい画像にチェックを入れます。
なお、最初からすべての画像にチェックが入っているので、必要な画像だけ転送したい場合は、「すべてクリア」をクリックしてからチェックを入れてください。

保存先を選択します保存先を選択します。
「コピー終了後に画像をデバイスから削除する」にチェックを入れると、転送した画像をiPhoneから削除します。

画像の転送と削除が始まる転送と削除が始まります。

転送の完了作業を終了するにチェックが入っていることを確認し、「次へ」をクリックします。

自動的にエクスプローラーが立ち上がる自動的にエクスプローラーが開き、転送した画像の一覧が表示されます。

iCloudで自動転送

フォトストリーム

iCloudフォトストリームを利用すると、Wi-Fiに接続していれば、自動的にパソコンやiPadなど他のデバイスに写真を転送することができます。
条件としては、

  • iCloudをオンにしていること
  • Wi-Fiで接続していること

さらに、Windowsパソコンの場合は、「iCloud コントロールパネル」をインストールしておく必要があります。

iCloudがオンか確認する

設定をタップまずは、iPhoneのiCloudがオンになっているか確認します。
「設定」を立ち上げます。

iCloudをタップ「iCloud」をタップします。

iCloudにログインまだiCloudにログインしたことがなければ、サインインします。

写真をタップ「写真」をタップします。

自分のフォトストリームをオンにする「自分のフォトストリーム」をオン(緑色)になっていれば、「フォトストリーム」はオンになっています。
iPhoneがWi-Fiに接続していれば、自動的にサーバーに写真がアップロードされ、パソコンやiPadに自動的に転送されます。

パソコンにiCloudをインストールする

コントロールパネルのiCloudをクリックiTunesがパソコンにインストールされている場合、たいてい「iCloudコントロールパネル」がインストールされているはずです。
「iCloudコントロールパネル」がインストールされているか確認するには、「コントロールパネル」を開き、右上の「表示方法」を「大きいアイコン」にし、「iCloud」のアイコンが表示されれば、インストールされています。
クリックして開きます。

写真にチェックiCloudを開いた時に、「写真」にチェックが入っていることを確認します。

iCloudがインストールされていない場合

iCloudコントロールパネルにチェックもし、iCloudがインストールされていない場合は、iTunesをインストールしてください。その時に「iCloudコントロールパネル」をインストールするか尋ねられるので、チェックを入れてインストールするようにしてください。

iPhoneから画像を転送する

自分のフォトストリームにダウンロードされるさて、ここまで準備が整ったら、実際にiPhoneからパソコンに画像を転送させてみましょう。
といっても、なにもしなくてOK。iPhoneがWi-Fiに接続されていれば、勝手にパソコンに画像や写真が転送されます。

転送された画像は、マイコンピュータの中の「マイピクチャ」の中にある「iCloudフォト」(古いバージョンのiCloudコントロールパネルの場合、「Photo Stream」というフォルダ)の中にある「自分のフォトストリーム」というフォルダを開くと、iPhoneから転送された画像が保存されているはずです。
うまく転送されない!という場合は、フォトストリームが同期されない!?タイミングは?を参考にしてください。

PCの画像をiPhoneに転送するには

パソコン上の画像をiPhoneに転送することができます。
やり方は以下。
PCの画像をiPhoneに転送するには

関連ページ

最終更新日 2014-09-29 22:41

 

Sponsord Link

 

 

投稿日: | このページのトップへ | コメントを書く | 管理