iTunesのライブラリ・プレイリストのバックアップと復元

iTunesのライブラリ(プレイリストなど)をバックアップする方法、また突然初期化されてしまったライブラリの復元方法などを紹介します。

home HOME about About this site Mail Mail

iTunesのライブラリ・プレイリストのバックアップと復元

Last update 2017-05-30 01:11:05

twitter Facebook はてブ LINE pocet

 

私もそうですが、iTunesで自分独自のプレイリストを作成して聞いている人も多いと思います。
ところが何かのきっかけで、iTunesを立ち上げたらすべてが初期化されていた。なんてこともあるんですよね。
原因はいろいろありますが、ライブラリ用のファイルが壊れてしまったり、新しいPCに買い替えた場合に発生します。

Sponsored Link

 

目次

iTunesのライブラリが初期化された!?

iTunesが初期化された何がきっかけだったかよくわからないのですが、iTunesを立ち上げたらすべてが初期化されていました。
どうも外付けHDDにデータ用のドライブを同期してバックアップを取っておいたのですが、何らかの不調でiTunesのライブラリファイル(曲の場所やプレイリスト、再生回数などが記録されている)が壊れたか消去されてしまったようです。

しかもiTunesに登録してある曲すべてがiTunes上から消えてしまい、すべて1からやり直さなければならない羽目に・・・。
このような状態になる前にiTunesのライブラリはバックアップしておいた方がいいですね。
iTunesのライブラリのバックアップはすごく簡単。以下やり方・・・というかライブラリのファイルの場所を紹介します。

iTunesのライブラリのバックアップ方法

iTunesのライブラリのファイルの場所はこちら。

PCのミュージックを開くエクスプローラーを立ち上げ、「PC」内にある「ミュージック」を開きます。

iTunesを開く「iTunes」というフォルダがあるのでこれを開きます。

iTunes Library.itlここにある「iTunes Library.itl」というファイルがライブラリのファイルです。
こいつをUSBメモリなどに保存しておいてください。

iTunesフォルダに有るファイルをコピーUSBメモリなどに余裕がある場合は、それ以外のファイルもすべて保存しておきます。

新しくPCを購入した場合は、これらのファイルを同じ場所(「ミュージック」フォルダの中の「iTunes」フォルダの中)へ上書き保存すればOK。

iTunesのライブラリを復元する

Previous iTunes Librariesに保存されているさて私のように急にiTunesが初期化(ライブラリファイルが壊れた)場合の復元方法を紹介します。
実はiTunesはアップデートするたびに指定されたフォルダに自動でバックアップしているんです。
それが「Previous iTunes Libraries」というフォルダ。

iTunesを開く「ミュージック」フォルダの中の「iTunes」フォルダの中に「Previous iTunes Libraries」というフォルダがあります。
「Previous iTunes Libraries」の「Previous(以前の)」という意味でバージョンアップ時にここにライブラリなどのデータがバックアップされるようです。

以前のiTunesライブラリが保存されている中身を確認してみると「iTunes Library 20XX-XX-XX.itl」のようにファイル名に日付が付加されてたくさん詰まっていました。
私の場合は、最古は2010年09月03日のものがありました。実際にはもっと以前から(iTunesが登場した翌年の2002年ぐらい)使っていたと思います。

もし、バックアップを取っていなかった!という人は、この「Previous iTunes Libraries」というフォルダの中にライブラリファイルが残っていないか確認してみてください。
ただし、子のバックアップされたファイルをiTunesに取り込むには以下のような手順が必要です。

以前のライブラリから復元

Shiftを押しながらまず、iTunesを起動するときにキーボードの「Shiftキー」を押しながらiTunesのアイコンをクリックして起動してください。

Shiftを押しながらiTunesをクリックスタートボタンから起動するときはこんな感じですね。
Shiftを押したままクリックします。

iTunesライブラリを選択するとこのように「iTunesライブラリを選択
iTunesを続けるにはライブラリが必要です。」
というような警告が出るので、右側の「ライブラリを選択」というボタンをクリックします。

Previous iTunes Librariesをクリックもし、「Previous iTunes Libraries」の自動バックアップされたファイルを指定する場合は、「ミュージック」の中の「iTunes」を開き「Previous iTunes Libraries」を開き・・・・・

一番最新のものをクリック一番日付が新しいライブラリファイルをクリックしてください。

iTunesのライブラリやプレイリストなどが復元した無事、プレイリストなどが復活しました。

プレイリストのアイコンの意味

プレイリストの違いさて、iTunesのプレイリストにはこの画像のように「ダイアル」のものと「音符」の2種類があります。
この違いなのですが、ダイアルのほうは「最近再生」とか「最近追加した項目」といった、条件によって登録された曲が変更するプレイリストです。
実はこれが結構便利で、私は全曲の中から最も再生している曲トップ100みたいな条件をしてプレイリストを作成しているんです。
こうした条件は自作できるので、例えば「アーチスト」が「Daft Punk」という条件を指定しておけば、新たにDaft Punkの曲を追加しても自動的にそのプレイリストに追加されます。

それに対して音符のアイコンのプレイリストは、曲を直接指定する普通のプレイリストですね。

関連ページ

最終更新日 2017-05-30 01:11:05

 

twitter Facebook はてブ LINE pocet

Sponsord Link

 

投稿日:2017-05-30 | このページのトップへ | コメントを書く | 管理

カテゴリー

同じカテゴリーの記事