iPhoneとAndroidの比較

iPhoneとアンドロイドはどう違うのでしょうか?スマホでもiPhoneとアンドロイドでは得意、不得意があり、できることと出来ないことがあります。画像を交えて詳しく解説しています。

iPhoneとAndroidの比較

 

 

Last update 2014/06/12 12:04

 

iPhoneとAndroid購入したスマホとタブレット
iPhoneとAndroid、どちらが使いやすいか!?

2014年3月14日に6台目のアンドロイドELUGA P-03Eを購入。
ついにアンドロイド スマホ6台、iPhoneが2台(iPhone4とiPhone5)、タブレットが4台(AQUOS Pad、Nexus
7とiPad Retina、iPad mini)。
合計12台のスマホ、タブレットをいじってきて判明した、iPhoneとAndroidの比較を紹介したいと思います。

iPhoneとアンドロイド 所有率が逆転!

iPhone57.5%。アンドロイド42.2%こちらの画像は、私が所有するとあるサイトのアクセス解析での、iPhone・iPad(57.5% 青)とアンドロイド(42.2% 緑)の比率です。
2013年中頃までは、アンドロイドが50%程度で、iPhoneが45%程度とアンドロイドのほうが多かったのですが、ドコモからiPhoneが発売されてから少しずつ、iPhoneユーザーの方が増えてきたようです。

iPhoneとアンドロイド どう違う?

iPhoneとアンドロイドの違いは、プレステとWiiの違いのようなものです。よく、「iPhoneとスマホ、どう違うの?」と言う人がいますが、iPhoneもスマホ(スマートフォンの略)になります。

昔は、種類が多いが性能が悪く、使いにくかったアンドロイド。使い方が優しいが、画面が小さかったiPhone。と、違いがはっきりしていましたが、今では差がなくなりつつあります。

iPhoneとAndroid 早見比較表

難しいことはわからない!とか、まだスマホに触ったことがない、というのであれば、以下の簡単なiPhone、Androidの比較を参考にしてください。

  得意な点
iPhone ○ 音楽を聞きたい
○ HP(サイト)などの閲覧が多い
○ ヌルヌルサクサクがいい
○ 操作が簡単
○ 有名アプリ・ゲームが多い
○ セキュリティに強い方がいい
○ 写真を手軽にパソコンに転送したい
○ カーナビとしても使いたい
○ 端末代を安く抑えたい
◯音声で指示・操作ができるSiriが超便利
アンドロイド ○ ワンセグは必要だ!
○ 防水がいい
○ おサイフケータイが使える
○ ブログやSNSの書き込みが多い(日本語入力する機会が多い)
○ SDカードにデータを保存したい
○ 卓上充電ができる
○ 不在着信・メール受信のお知らせLEDがある!

私が感じた、iPhone・アンドロイドの不満

続いて、今まで使ってきて感じた不満をiPhone、アンドロイドでそれぞれ挙げてみます。

  得意な点
iPhone ○おサイフケータイに対応して欲しい
◯防水に対応して欲しい
◯もう少し大きい画面のタイプも発売して欲しい(iPhone5sは4インチ)
◯戻るボタンがあったらいいな
◯通話時、ダイアログが表示されると、電話が切れない
◯着信ランプがついていると便利なのに
◯日本語変換が頭が悪い
◯文章の修正が、超めんどくさい
◯卓上充電に対応して欲しい(もしくはワイヤレス充電)
アンドロイド ○ スクロールが非常に使いづらい
◯使っていなくても、バッテリーがなくなっている時がある
◯いまだにもたつく時がある
◯バックアップをiPhone並みにしてほしい
◯音楽プレーヤーが使いにくい
◯日本語対応のアプリがまだまだ少ない
◯薄く、軽くして欲しい(iPhoneの1.5倍の重さ)

全体的に、iPhoneにはあるのに、アンドロイドにはない。もしくは、アンドロイドにはあるのに、iPhoneにはない、というものが不満点の気がします。
なので私は常に、iPhone、アンドロイドの両方を持ち歩いています。ただ、メインで使用しているのは、今のところ(2014年)は、iPhone。
iPhone7割、アンドロイド3割といったところです。

私が、iPhoneをメインで使用している理由は、「音楽プレーヤーが秀逸」「スクロールが心地いい」「バッテリーのもちがいい」の3つ。
逆に言うと、この3つが気にならない人は、アンドロイドでもいいと思います。

iPhoneとアンドロイド プラン・料金の比較

月々の料金

以前は、iPhoneとアンドロイドでは、月々の料金や使用できるパケット量に差がついていたのですが(iPhoneのほうが安く、そして多くパケットを使えた)、2014年のドコモ、au、SoftBankの新料金プランの誕生により、iPhoneとアンドロイドで、基本料などは同一になりました。
以下は、最も安いプランを選択した場合の月々の料金です。

  ドコモ au SoftBank
基本使用料 カケホーダイ
プラン
電話カケ放題
プラン
話し放題
2,700円/月 2,700円/月 2,700円/月
インターネット
接続料
spモード
300円/月
LTE NET
300円/月
S!ベーシック
パック(i)
300円/月
パケット定額 データSパック
3,500円/月
データ定額2
3,500円/月
データ定額
パック

3,500円/月
パケット制限 2GB/月 2GB/月 2GB/月
合計 6,500円/月 6,500円/月 6,500円/月

消費税を含めると、 7,020円/月になります。
2年間の総支払額は、16万8480円にも。

  Y!mobile
スマホプランS スマホプランM スマホプランL
基本料金 2,980円 ※1 /
3,980円
3,980円 ※1 /
4,980円
5,980円 ※1 /
6,980円
ネット
接続料
0円
音声定額 スーパーだれとでも定額
1,000円
パケット代 0円
1GB/月
0円
3GB/月
0円
7GB/月
合計 3,980円 ※1 /
4,980円
4,980円 ※1 /
5,980円
6,980円 ※1 /
7,980円

※1 ドコモ、auからのMNPの場合

イー・モバイルとウィルコムは、2014年7月17日から、「Y!mobile」に変更になり、料金プランも一新されました。
ドコモなどと違い、基本料金だけで「音声通話」「ネット接続料」「パケット定額」が含まれます。
「スーパーだれとでも定額」は、24時間どこへかけても通話料無料のオプションですが、Y!mobileの基本料金は、10分以内の通話を月300回まで無料で話せるので、つけなくてもOK。
その場合、最安値は2,980円となります。

本体価格の違い

iPhoneもアンドロイドも本体価格は、8~10万円ほどするのですが、2年契約を条件に割引が付きます。その割引が、iPhoneとAndroidではだいぶ違ってきます。
例えば、2014年夏モデルのSONY XPERIA Z2と、iPhone5s 32GBを比較すると、どちらも本体価格は8万円以上になりますが・・・

  iPhone5s XPERIA Z2
本体価格 82,944円 85,320円
実質価格 10,368円 46,440円
割引 3,024円/月 1,620円/月
本体価格の
月々の支払
432円/月 1,935円/月
2年間の
支払価格合計
10,368円 46,440円

2年間の実質的な支払額は、

iPhone5s 32GB → 10,368
XPERIA Z2 → 46,440

となっています。
差額が36,072円にもなるので、安いほうがいい!というのであれば、iPhoneのほうがいいかもしれません。

ただし、iPhoneは発売後、割引はほぼ変わらないのに対し、アンドロイドは古い機種などは、本体価格が安くなったり、GALAXY S5のような、割引が大きい(2,295円/月)機種があるので、古い機種で安く済ませる、という方法も選択できます。
iPhone5s 16GB版は、実質0円となっています。
写真をたくさん撮ったり、音楽や動画を詰め込んだりしないのであれば、16GBで充分かもしれません。
プランや料金については、月々の料金比較 ドコモ・AU・ソフトバンクを参考にしてください。

中古価格

iPhoneは、ヤフオクなど中古市場でも、それほど価格は安くなりません。たいてい、最新モデルだと、5~7万円ぐらいで出品されています。が、アンドロイドは、最新モデルでも3~5万円ほどで出品されています。
最近流行のMVNO(ドコモやau以外の安い携帯電話SIM)と組み合わせて使用する場合、中古を購入すれば、2年間の料金を10万円以下に押さえることも出来ます。

目的別 比較

基本的に「どちらにしたらいいかわからない!」とか「難しいことはよくわからない!」というのであれば、iPhoneにしておけば間違いはありません。
私の周りには(友人、仕事関連)スマホユーザーが数十人いますが、アンドロイドの不満はすごく耳にする(というか、相談を受けます)が、iPhoneでの不満は殆ど聞かない、という点からも実感しています。が、年々、アンドロイドの進化が飛躍的に伸びてきて、今ではどちらを購入しても、失敗した!ということはないと思います。
ただ、それぞれ得意、不得意があるので、以下で紹介します。
なお、iPhoneとアンドロイドの得意な分野を交互に紹介していきたいと思います。

音楽を聞きたいなら iPhone

私はアンドロイドを6台も購入しましたが、普段使っているのは圧倒的にiPhoneが多いです。理由の一つが、音楽再生・管理・購入がiPhoneのほうがずっと得意だからです。
ただし、私の周りの友だち、知人は、ほぼ音楽をスマホで聞かないらしいので、あまりiPhone有利の決定打にはならないようですが、アンドロイドの音楽再生にすんごい不満があるんです。
以下、iPhoneとアンドロイドの音楽再生の比較。

アンドロイドの音楽プレーヤーの場合

アンドロイドの音楽プレーヤーの不満点をあげると・・・

ジャケットがうまく表示されない?

アンドロイドはアルバムジャケットがうまく表示されない
iTunesで保存したパソコンの音楽ファイルをアンドロイドに転送したら、なぜかアルバムのジャケットが別のアルバムで統一されてしまった!

アーチストの写真がめちゃくちゃに

アーチストもおかしな表示に
アーチストも全然関係ないアーチストの写真に入れ替わってしまった・・・。しかも、同じ写真ばかり・・・。
アンドロイドの漢字の扱い
↑アンドロイドはふりがなを登録しても、漢字の曲、アーチストは最後にまとめられてしまう。

iPhoneの場合
ふりがなをつけることが出来る

ふりがなを降ることができる
iPhoneはふりがなが登録されている曲、アーチストは、きちんとあいうえお順に表示させることができる。

曲の購入が簡単

iPhone上から曲を購入
アプリと同じように曲を簡単に購入できる点は、iPhoneならでは。
購入した曲は、パソコンや他のiPadなどでも聞くことができる。

音楽の管理が簡単

iTunesで音楽・iPhoneの管理
iTunesというパソコン用ソフトで、音楽、動画、電子書籍、そしてアプリやバックアップなどを管理できる!
もちろん、パソコン上でも曲を購入できる。

それ以外でも、iPhoneでは音楽をかけながらカーナビアプリ動作中に、音声案内があると、音楽のボリュームを下げてくれる(アンドロイドは音楽が一時的にミュートになる)
たり、iTunes Macthでクラウド上に音楽を保存して、複数のパソコン、iPhone、iPadなどで音楽を統一
することができるのも、iPhoneの特徴です。

 

日本語入力はアンドロイドが有利

iPhoneの弱点が、文字入力や日本語入力が弱い点です。アンドロイドは、その点このiPhoneが弱い部分をうまくカバーしています。(2014年秋のバージョンアップiOSで、iPhoneも自由に漢字変換アプリを選択できるようになるようです)
日本語を入力した時に、ひらがなを漢字に変換するソフトをIME(アイエムイー。インプット・メソッド・エディタの略)といいますが、iPhoneはApple製で変更できません。が、アンドロイドは各メーカーが開発したIMEを自由に交換できるんです。パソコンで最もよく使われているATOKやgoogle日本語入力を使うこともできるし、手描きで入力するIMEなども用意されています。
また、ATOKなどは漢字変換が非常に賢く、他にも入力を補助するための機能が豊富に用意されているのが特徴。
なので、ブログをスマホで書いている人や仕事で長文を書く人、Facebookやツイッターを頻繁に利用している人は、アンドロイドのほうが使いやすいでしょう。
では、どのように違うのか、を見ていきます。

iPhoneは文字の修正が面倒!

iPhoneの文字修正
「まちがいがあたばあい」
を修正したい場合、iPhoneでは間違っている部分付近を指で長タップし・・・
指で長タップして移動させる
カーソルを間違った文字の後ろに移動させなければならない

アンドロイドの場合

アンドロイドの文字修正
ディスプレイ上に矢印ボタンがあるので、カーソルをボタンで移動
カーソル移動ができる
あとは消すだけ

漢字変換の賢さは?

iPhoneの場合

iPhoneはいまいち
「でもじにゅうりょく」
をiPhoneで変換すると・・・「で文字入力」と変換して欲しいのに、候補にすら出てこない・・・

アンドロイドの場合

ATOKは漢字変換が賢い
アンドロイドのATOKは、このように正しく変換
その前に確定した文章や単語から判別しているのかもしれない
手書き入力にも対応
手書き入力に対応しているIMEも多く、文字認識率も高い

 

超高性能!サクサクを求めるなら iPhone


私は普段はiPhoneをメインに使っているのですが、その最も大きな理由が「インターネット(サイト)を見るのにサクサクで使いやすい」という点。
長いページを表示した時に、iPhoneはスクロールがすごいスムーズなんです。なので、ネットでニュースやブログなどをチェックする人は、iPhoneのほうがストレスがたまらないでしょう。
以下、違いを見ていきます。

ブラウザのスクロール

iPhoneの場合

iPhoneのスクロール
iPhoneのスクロールは、スムーズですぐに停止してくれる

アンドロイドの場合

アンドロイドのスクロール
アンドロイドはスクロールが多少カクカク。スクロールすると、いつまでのスクロールしてしまう・・・。
文章をじっくり読みたいのに、「どこいくねんっ!」と思うこともしばしば。
横にもスクロールしてしまう
ページを拡大した時にiPhoneは縦スクロール中は、縦にしかスクロールしないように固定されますが、アンドロイドは横にもスクロールしてしまうので、読みにくい!

 

アンドロイドはおサイフケータイが使える

おサイフケータイで改札
私がアンドロイドを手放せない理由がこれ。
おサイフケータイ」。小銭をもたなくていい、とか、財布をもたなくていい、とか色々なメリットがあるんですが、一番のメリットは、めちゃめちゃポイントが貯まる。という点。
もし、アンドロイドのスマホを持っている人は、ぜひ!おサイフケータイを利用してください。

Suicaやnanacoのカードを持っている人も、引き継ぐことができるのと、スマホだけで契約可能なので、簡単です!
ただし、おサイフケータイは日本独自の規格なので、iPhoneでは使用することが出来ません。

アンドロイドの場合

半年でポイントが5000を超えた
セブンイレブンで週2~3回、コカコーラとおにぎりを買う程度でも、半年で5,000ポイントもたまった!
アプリ上から簡単にマネーとして交換できる。

iPhoneの場合

iPhoneでおサイフケータイ
iPhoneのケースの中には、電子マネーカードをセットできるものもある。
が、1枚しか入れれないし、しかも反応が悪い!
また、アプリが無いのでカードをセット出来るだけ・・・

 

iPhoneなら写真を自動でPCに転送できる

スマホで最も利用されているアプリの1つが、カメラアプリ。私の周りの人でも、みんなすごい量の写真を撮っています。
私のようにパソコンを持っている人は、パソコンで加工したり、バックアップしたりしたいわけですが、iPhoneではWi-Fiにつなげれば、自動的にパソコンにダウンロードして保存できるんです。
この無料で使えるAppleのサービスをフォトストリームといいます。

私のようなブロガーや写真を加工して投稿したい場合は、今まではUSBケーブルでiPhoneとPCをつないで・・・なんてしなければなりませんでしたが、iPhoneであれば、全て全自動。
アンドロイドでも出来なくはないのですが、上級者でないと難しいのと、アプリが有料なのが玉に瑕・・・

iPhoneの場合

iCloudのフォトストリーム
iPhoneで撮影した写真や画面のキャプチャー画像。
Wi-Fiで転送される
自宅や会社にWi-Fiがあれば、パソコンを起動すれば自動的に転送される
詳しくは、フォトストリームとは?を参考に

アンドロイドの場合

Androidで自動転送
アンドロイドでも同じことが出来る。参照:FolderSyncの使い方
が、有料アプリなのと、設定が必要なので上級者向け

 

防水は意外と大事 アンドロイドなら大丈夫

私の周りで最も多い、スマホのトラブルが「水没すいぼつ」による故障です。単純にトイレや洗濯機、お風呂の湯船に落としてしまったものから、汗による水没も多いんです。
先日の大雪の時、交通機関が麻痺して、バスと電車を利用したんですが、この時吹雪の中でも使えたアンドロイドは、すごく便利だと感じました。
iPhoneは真夏、ポケットに入れたままだと「大丈夫かな?」と常に心配していないといけません。
実は、汗で水没すいぼつ扱いになることが多いんです。

アンドロイドの場合

水の中に入れても平気雨や雪の中でも撮影できる
日本のメーカー製のアンドロイドであれば、ほぼ完全防水

雨や吹雪の中でも撮影できるのは、アンドロイドの防水スマホだけ

 

iPhoneはウィルスに感染しない?

iPhoneの場合

私はスマホのアプリも作成していますが、iPhoneは、アプリ上の制限が非常に多く、アプリの配布もAppleの厳しい審査を通過しないと、配布できません。また、ストアで配布する場合は、Appleに年間参加費を支払って登録する必要があり、毎年更新しないといけない、など、非常に厳しい条件が課せられます。
そのため、ほぼウィルスは気にしなくていいと言ってよいでしょう。

ただし、過去においてLINEの乗っ取りや、iOSのバグを突いたものなどなど、完全に安心できる、とは言い切れません。
とはいえ、アンドロイドに比べるとずっと安全であると言えます。

アンドロイドの場合

アンドロイドの場合、作成したアプリを簡単に後悔することが出来ます。
悪意あるアプリは、見つけられ次第削除されますが、iPhoneに比べると、敷居が低く、ほぼ毎日のように悪意あるプログラムが発見されていることを踏まえると、仕事などで使用する場合は、iPhoneのほうが安全かもしれません。

一応、セキュリティアプリも公開されていますが、どこまで効果があるか・・・は、疑問です。

アンドロイドは着信ランプがある

アンドロイドの場合

着信ランプ

ガラケー時代から当たり前のようにあった、不在着信時に点滅してくれるLED
車に置き忘れた時や、トイレに行っている間に着信やメールが届いても、着信ランプで知らせてくれるわけですが、これがiPhoneにはついてない!
いや、私はいいんです。
ただ、相手にはついていて欲しいんです!(笑)
外国では不在着信ランプやストラップは、ないのが当たり前らしくて、日本製のスマホや日本に合わせたスマホでないと、ついていないっぽい。

iPhoneではどう確認する?

iPhoneの不在着信
iPhoneで不在着信があった場合は、画面に表示される
LINEやメールもこのようにスリープ画面に表示される

卓上充電器が!?

iPhoneの場合

iPhoneの充電iPhoneには卓上充電器は、ありません。
充電を行う場合は、専用のUSBケーブルを繋げるしかありません。


一応、iPhone用の卓上充電器も販売されていますが、 使い勝手があまりよくないようです。

iPhone用ワイヤレス充電iPhone用のワイヤレス充電対応のケースも販売されています。
こちらは非常に使い勝手がよく、めちゃめちゃ気に入っています。

アンドロイドの場合

卓上充電器アンドロイドの場合、日本のメーカーの製品は、ほとんど卓上充電器が付属しています。
乗せるだけで充電できるので、非常に手軽です。

ワイヤレス充電器一部の製品は、ワイヤレス充電器(おくだけ充電)に対応しています。

 

バッテリーのもちがいいiPhone

私がiPhoneをメインに使用している理由の2つ目(1つは、スクロールの動作)が、バッテリーのもちです。
iPhoneもアンドロイドも、画面をつけていると、バッテリーはすぐに無くなってしまいますが、アンドロイドはたまに、画面を消していても(スリープ状態)異常にはやくバッテリーが無くなる時があります。

比較

3時40分で60パーセント例えば3時40分の段階で、iPhoneはバッテリー残量が60%でした。

アンドロイドの場合アンドロイドも、同じ時刻で60%でした。
この状態で、iPhoneもアンドロイドもアプリは全て終了させ、スリープ状態にしました。
すると・・・

7時5分で52パーセント25分が経過し、iPhoneはバッテリー残量が52%になりました。8%の減少ですね。

25分後の状態ところがアンドロイドの方は、7時5分で49%にまで減っていました。
二つの端末とも、25分間の間、何もしていないのにもかかわらず、です。

基本的に最近のアンドロイドの端末は、iPhoneよりもバッテリー容量が大きく、一度フル充電をすれば、2~3日もつこともありますが、理由は不明ですが、まれに使っていないのに一気にバッテリーが減ることがあります。

この現象が、今まで何度も遭遇したので、iPhoneをメインに使用しています。

関連ページ

 

 

【 tom 】 2012/10/14 09:11

大変参考になります。現在アンドロイドスマートフォンを使用していますがRAMの容量限度でこれ以上アプリを入れられない状態になっています。その点(インストール可能なアプリの数)のiphoneとの比較もお願いします。

 

【 akihaginshari 】 2012/10/25 09:24

どこのタブレットを買おうか迷ってPCの中をうろうろしていたら遭遇しました。アンドロイド、アイフォンどちらも疎い私にとって、知りたかったことをほとんど教えていただいて、すごく助かりました。研究熱心ですごいですね~。ありがとうございました。またときどき立ち寄ります

 

【 ゆうか 】 2012/11/08 19:08

検索サイトからやって来ましたがとても参考になりましたー!AndroidとiPhone二台もちですがうんうんとなります私的にはAndroidのサイト等閲覧中にダブルタップで自動改行する機能あとiPhoneの文字入力のさいに長押しででてくるカーソルの移動が好きですね♪

 

【 かっすん 】 2012/12/24 00:39

すごく分かりやすいです!参考になりました。ありがとうございます。

 

【 弍等空兵 】 2013/01/14 22:30

確かにiphoneのほうが特筆すべき点が多いですね。Gmailなどのフリーメールでも、iphoneならeメールと同じように扱うことができ、また複数のアカウントを保存できますからね。それにデザインがとてもかっこいいですし。

 

【 sannba 】 2013/01/14 22:33

フルキーボードなんかはiPhoneが断然使いやすいです

 

【 名無し 】 2013/02/02 15:45

iPhoneにしようかアンドロイドにしようか迷っています。ATOKが使えそうではありませんか?

 

【 sonetto80 】 2013/03/17 09:00

娘がどちらにしようか迷っていたので、PCで調べていたところ、こちらにヒットしました。私は普通の携帯しか持っていないので、この機会に一緒に変えようかと思っています。わかりやすくて、大変参考になりました。おそらくiphoneにすると思います。

 

【 ひろこ 】 2013/04/07 09:52

とても、参考になりました。私はGALAXYシリーズを使い続けています。今はノート2を使っていますが、今までのデメリットが全て改善された気がします。いかがでしょうか?

 

【 管理人 】 2013/04/07 11:41

Note II、いいですね!最近、スマホやタブレットなどで読書をしているので、私もほしい製品の一つです。軽くて薄いのが魅力ですよね。Androidは、スクロール(早すぎる&行き過ぎる)とバッテリー(急に0になったり)が解決されれば、iPhoneに引けをとらないと思います。先日、欲しい、欲しいと思っていたシャープの最新のスマホを触って来ました。が、まだまだもっさり感があったのが残念です。サクサク感では、Nexus 7はいい線をいっていると思います。

 

【 jugon28 】 2013/06/30 09:00

スマホ初心者でも大変わかりやすい的確な解説で、参考になりました。

 

【 aerobat 】 2013/09/08 19:23

携帯が壊れたのでスマホにしようかどうかと考えたが、何をどうやって選んでいいかさっぱりわからず、これを読んでとても参考になりました。

 

【 sam 】 2013/09/20 16:36

最近のAndroid と iPhone の比較情報があれば、是非拝見したいです。手間がかかるとは思いますが、楽しみにしていますのでよろしくお願いいたします。

 

【 ゆき 】 2013/09/25 14:43

要約が分かり易くて助かります ^o^iPhoneのWi-Fi切り替えですが、7.0アップデートによって、ホーム画面から切り替えられるようになりましたよ ^_^下からシャッターを引き上げる動作はしなくちゃいけないんですが、手軽になりました!

 

【 たけ 】 2013/10/07 17:24

iOS7の記事も目を通しましたが見当たらなかったので質問です。私が最大にiPhoneに移行できない理由、それはファイル受信ができないことです。mp3等のファイルですら受信もできません。こちらは送る側なのですがよく作業内容の確認、および完成品を送るのですがiphone相手だとLINE・Skype等使っても納品することができません。この点は非常に不便なのですがiOS7ではどうなっているのでしょうか?

 

【 管理人 】 2013/10/07 18:21

えーっと、おっしゃっていることが100%理解できなかったので、的を得ているかわかりませんが、要はiPhoneはファイルのやりとりがAndroidに比べ扱いにくい、ということでしょうか。どういったファイル形式・目的でファイルを送りたいかわからないので、参考程度に。まず、LINEであればパソコン上からファイルを送ることが出来ます。MP3やら動画、PDFなど自由に送れます。動画なんかはLINEで開くことが出来ますが、MP3やPDFなどは対応するアプリを開く事ができます。また、WebDAV NavやSkyDrive、google Driveなどを利用するのも手かと思います。iOS7になってからAirDropという、Bluetoothを利用したファイルの送信(相手はiPhoneで近くにいる必要がありますが)も可能になりました。ただ、残念ながらiTunesで同期した、iPhoneに収められているMP3やPDFや動画は、相変わらずiPhone上からはアクセスできません。もともとiPhoneはAndroidに比べ、セキュリティーが強固で、iPhoneやパソコンからはiPhoneの中身を自由に見ることが出来ません。日本語入力自体を交換できないのも、セキュリティーを考えた上でそうなんだと思います。セキュリティーのリスクを上げるために、そういったほとんど需要がないファイルやiPhoneの中身にアクセスさせる必要はないと判断しているんじゃないでしょうか。個人的には仕事で使うなら、なおさらって言う気もしますが。(笑)保存してある電話番号が外部に漏れる危険性があるAndroid・・・を仕事で使うか、ファイルのやりとりが出来ないiPhoneを使うか、どっちがいいんでしょうね。

 

【 Rika 】 2014/06/19 17:04

iPhoneのwi-fi機能が壊れて使えなくなったのでこれを機に機種変更を考えました。アンドロイドとiPhoneの違いがとてもわかりやすくて参考になりました。ありがとうございます。

 

【 Happy 】 2014/07/08 09:24

スマホ・タブレットを持っていないので大変参考になります。ウェブ閲覧・SNS・通話・メールがメインになりそうなので、文字入力とウィジェットでアンドロイドにしようかと思っております。質問ですが「ウィジェットが便利」の画像にある大阪市の天気予報ウィジェットを教えていただけませんでしょうか?探しても見つからなくて・・・。よろしくお願いいたします。

 

【 管理人 】 2014/07/08 13:59

こんにちは。Happyさん。ご訪問、ありがとうございます。今、調べたんですけれど、画像に写っている天気予報のウィジェットは、2年前あたりの画像で、今はないっぽいです。XPERIAなんですが、今、確認して動作させようと思ったのですが、ウィジェットの一覧にはなくなっていました。また時間があるときに確認してみますが、もしかしたら、すでに配布が終わっているのかも・・・?しれません。

 

【 Happy 】 2014/07/08 20:57

ご回答ありがとうございます。子供が登校する時に傘を持たすかの良い判断になるのかと思いまして。でもまたiPhoneに気持ちが揺らいだり・・・。なかなか決められそうにありません。また何かありましたらよろしくお願いいたします。

 

【 さっしー 】 2014/07/15 22:44

とても面白い記事ありがとうございます。
筆者さんはゲームをやりますか?
最新のandroidでもiPhoneには勝てませんよね。ゲームのヌルヌル感が違います。
まぁ、動かしてる物が違いますからね(笑)
ios8でandroidがまたピンチになるかもしれないですね。
でも、androidもandroidですきなんですよね。
僕はiPhone5とandroidタブレットを共用して使ってます!
iPhoneは主にTwitterやゲームやニュースで使ってます。
androidタブレットはウォークマンに音楽を転送したり、動画をダウンロードしたりちょっとiPhoneだと見にくいサイトをみたりしてます。
よくiPhoneとandroidで喧嘩する奴がいますが、ぼくはどちらもメリットがありデメリットがあるんです。喧嘩するやつはこの記事を読んで欲しいですね(笑)
追記
すこし誤字あります。

 

【 管理人 】 2014/07/16 01:01

さっしーさん、こんにちは。
どうやら私と同じ、iPhone、アンドロイドの両方を使われているようですね。気持ちがわかっていただいて、うれしいです。
ゲームはほとんどやりませんが、バイオハザードと百鬼夜行大戦は、はまりました。
実はTwitterやらコメントで、アンドロイド信者(?)で、「ステマ!」とか「Apple信者が!」など、書いてくる人が多いのですが、私自身、中立な立場で正直なレビューをしているつもりです。
実は、私は3ヶ月に1回、アンドロイド端末を購入しているんですが。笑
アンドロイドで音楽を聴いているんですね!私は、どうもアンドロイドの音楽プレーヤーでいいのが見つからず、それがiPhoneを手放せない理由でもあります。
誤字については申し訳ありません。
私のブログフォームの入力欄の文字が小さいのと、1つの記事あたりの文字数が多すぎて、未確認のまま投稿してしまっているのが原因です・・・。以後、注意したいと思います。

 

 

2014/06/12 12:04 | このページのトップへ | コメントを書く | 管理